ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

  • 関連の記事

「Plastic Logic」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

.NET TIPS:
マルチスレッドでキューやスタックなどを利用するには?[.NET 4.0以降、C#/VB]
BlockingCollection<T>クラスを使うと、lock構文などを使うことなく、スレッドセーフなキューやスタックの操作を簡潔に記述できる。(2018/2/7)

.NET TIPS:
キューを利用するには?[C#/VB]
.NET Frameworkが提供するQueue<T>クラスの基本的な使い方と、マルチスレッドで同期を取りながらQueue<T>クラスを利用する方法を解説する。(2018/1/31)

gooSimseller、NFCリーダー内蔵で約1万円のSIMフリースマホ「FLEAZ Que +N」発売
NTTレゾナントは、12月15日に通販サイト「goo Simseller」でSIMフリースマホ「FLEAZ Que +N」を発売。4.5インチディスプレイにNFCリーダー、高性能ジャイロセンサーを搭載している。(2017/12/15)

ロボットイベントレポート:
ロボットは自律でどこまで戦えるのか――ROBO-ONE auto第2回大会レポート
ロボットバトル競技の草分け「ROBO-ONE」に新たな部門が誕生。自律機のみが出場できる「ROBO-ONE auto」だ。神戸で開催された第1回大会に続き、第2回大会が2017年9月23日、神奈川県青少年センターで開催された。頂点に立ったのはどんなロボットだったのだろうか。(2017/10/6)

コヴィア、4.5型のSIMフリースマホ「FLEAZ Que」1万3800円(税別)で発売
コヴィアは、4月21日にSIMロックフリースマートフォン「FLEAZ Que」を発売。手になじむ4.5インチサイズで、FLEAZ Directでの販売価格は1万3800円(税別)。(2017/4/21)

「芸術新潮」7月号に大友克洋の新作漫画! 邦題は「悪いロボットも死んだら地獄に行くの?」
デザイン中のコマ画像も入手しました。(2016/6/15)

第36回全日本マイクロマウス大会2015 レポート:
台湾から参加の吸引式マウスが優勝、2位との差はわずか1000分の6秒
2015年11月20〜22日の2日間、東京工芸大学 厚木キャンパスで「第36回全日本マイクロマウス大会2015」が開催された。今回はマイクロマウスクラシックのエキスパート、フレッシュマンともに、海外勢が優勝した。(2015/12/24)

PCIe 3.0 x4+MVMeのM.2 SSDで新時代へ:
私のリード速度は毎秒2Gバイト超です――爆速SSD「950 PRO」を徹底レビュー
Serial ATA 6Gbps SSDはどんなに高速な製品でも、毎秒600Mバイトの転送速度を超えることはない。その壁をやすやすと超える、毎秒2Gバイト超という爆速のSSD「950 PRO」が登場した。PCIe 3.0 x4、NVMe、M.2と最新仕様を網羅した待望の新世代モデルだ。(2015/11/6)

複数画面のスマホが来る? カナダの「PaperFold」
柔軟性のある電子ペーパーを3枚使ったスマートフォン。見開き型の端末登場に期待?(2014/5/7)

OSS「JobScheduler」で実現するこれからの運用自動化(3):
排他制御などを活用して複雑なジョブ定義だってOK
JobSchedulerの排他制御や待ち合わせ制御などの機能を活用し、現実の業務で必要とされる、ちょっと複雑なジョブ定義の組み方を紹介します。(2013/12/25)

発電の仕組み(5):
なぜなぜ海洋温度差発電、なぜ静止した海水で発電できるのか
短期連載の最終回では、海洋温度差発電を扱う。「海洋+温度差+発電」という文字面からすると、海の温度差を使った発電だろうということは分かる。だが、具体的にどうすればよいのか、この方法で火力発電などに対抗できるのだろうか。(2013/8/16)

センシング技術:
曲がる有機イメージセンサー、医療からセキュリティまで幅広い分野に応用
有機光エレクトロニクスセンサーを手掛けるフランス企業と、ディスプレイ開発を手掛ける英国企業が共同で、フレキシブルな有機イメージセンサーを開発すると発表した。同イメージセンサーは、医療機器から指紋認証まで、さまざまな用途に適用できるとしている。(2013/6/19)

iPad上でアプリ開発は、どこまでできるのか(4):
Googleリーダーの代わりがない? ならば、自分好みのアプリを爆速で自作だ
タッチデバイスで手軽にアプリを作れる新しい開発ツ−ルの概要や使い方を解説。プログラミングの基本も学べる連載です。今回は、自分好みのfeed(フィード)読み込みアプリの作り方などを紹介します。TouchDevelopなら1行のコードでリーダーを作れます。(2013/4/26)

KoboとSonyは電子書籍の競争でなぜ形勢不利なのか
今後数年でソニー、Kobo、Barnes & Nobleが存在感を失っていく可能性があるが、今日はその理由を探っていこう。(2013/4/8)

リテールテックJAPAN 2013:
曲げられる42インチ電子ペーパーサイネージ世界初公開
凸版印刷と英Plastic Logicは2013年3月4日、フレキシブル大型電子ペーパーサイネージの試作品を2013年3月5〜8日の4日間、東京ビッグサイトで開催される「リテールテックJAPAN 2013」で共同展示する。(2013/3/4)

ビジネスニュース:
英国政府らが、グラフェンの研究/開発に120億円以上を投資
英国政府らは、ケンブリッジ大学とマンチェスター大学がそれぞれ主導するグラフェンの研究開発施設に8500万ポンド(約120億円)を超える資金を投入する。グラフェンの早期実用化を目指す。(2013/1/30)

Plastic Logic PaperTab電子ペーパーの実機レビュー
曲がるディスプレイを搭載した製品は日本ではいつごろ登場するだろうか。(2013/1/22)

ディスプレイ技術:
折り曲げてメールを送信、カナダの大学が紙のようなタブレット端末を開発【動画あり】
カナダの大学が、IntelとPlastic Logicと共同で、紙のように薄く、折り曲げられるタブレット端末を開発した。画面を指でタップしたりスライドしたりする代わりに、折り曲げることでさまざまな操作ができる。(2013/1/11)

2013 International CES:
曲がるディスプレイの「PaperTab」──曲げて改ページ、接触でコピー
電子書籍リーダーの英Plastic Logicとクィーンズ大学が、共同開発したIntel Core i5搭載電子ペーパータブレット「PaperTab」のプロトタイプを発表した。(2013/1/8)

エプソンの新技術、Plastic Logicのディスプレイを進化させる
折り曲げられるプラスチック製ディスプレイの研究開発を進めるPlastic Logicとエプソンが提携。エプソンのEPDコントローラーが柔軟性のあるディスプレイの登場を加速させるか。(2012/11/30)

エプソンの新技術、Plastic Logicディスプレイの未来の一助に
折り曲げられるディスプレイはここ数年の夢物語として語られてきたが、技術は着実にそれを実現しようと進化している。この領域で先を行くPlastic Logicとエプソンの提携は、そうしたディスプレイの登場を早めてくれるかもしれない。(2012/11/16)

Qualcomm、Mirasolディスプレイ開発を凍結
Mirasolディスプレイ開発を公式に凍結したQualcomm。同社の代表的ディスプレイ技術の見通しは暗い。(2012/7/26)

「魔法少女まどか☆マギカ」、文化庁メディア芸術祭のアニメ部門大賞を受賞
第15回文化庁メディア芸術祭で、「魔法少女まどか☆マギカ」がアニメーション部門の大賞を受賞。エンターテインメント部門ではGALAXY SIIを宇宙に飛ばすプロジェクトが大賞になった。(2011/12/15)

Plastic Logic 100電子書籍リーダー、ついにロシアでデビュー
Plastic Logicが4年間の苦難を乗り越えてロシアで販売を開始した電子書籍リーダー「Plastic Logic 100」。薄く、軽く、そして独特の耐衝撃性と頑丈さを備えたPlastic Paperという新技術は教育市場にうまくフィットするだろうか。(2011/9/21)

Plastic Logicの電子書籍リーダー、価格が上がる
革新的な電子書籍リーダーとして話題を集めながらもなかなか運に恵まれなかったPlastic Logicだが、ロシア企業からの資金調達に成功し、ようやく製品が日の目を見ようとしている。(2011/9/13)

FCバルセロナ公式のアラームクロノグラフ
セイコーウオッチは、FCバルセロナ公式ライセンスのクロノグラフ3モデルを10月21日に発売する。価格は2万1000円〜4万4100円。(2011/9/5)

ビジネスニュース:
ロシアの半導体産業を救うのは誰か
停滞するロシアのエレクトロニクス産業に未来はあるのか。Intelによれば、ある。モスクワ近郊の2拠点の発展に期待が掛かっている。(2011/7/8)

都内9つのライブハウスからリアルタイム配信:
KDDI、スマートフォン向け「スペースシャワーTV」を開始
KDDIは、auスマートフォン向け音楽配信サービス「LISMO WAVE」に「SPACE SHOWER LIVE Channel」を追加する。都内9つのライブハウスに常時回線を用意し、新人アーティストなどのライブをリアルタイム配信する。(2011/6/24)

Kindle、NOOK、iPadが電子書籍市場からGoogleを締め出す?
電子書籍市場はAmazonのKindleとBarnes & NobleのNOOK、AppleのiPadの3強の戦いになり、Googleやソニーなどのプレイヤーは締め出されるかもしれない。(2010/8/18)

Plastic Logicの電子書籍リーダー「QUE」、発売取りやめに
Plastic Logicは初代「QUE proReader」の発売を取りやめて、次世代バージョンに力を入れるとしている。(2010/8/11)

米国電子書籍事情:
過熱する「Kindle」と「nook」の戦い
日本語に対応したKindleがようやく登場すると沸く日本。しかし、米国ではKindleとnookが激烈な争いを繰り広げている。日本の数歩先を行く現場からの報告。(2010/8/6)

米電子書籍リーダー市場、KindleとNOOKの寡占状態へ?
今年1月に多数のメーカーが独自の電子書籍リーダーを発表したが、その多くが後退している。端末価格が下落を続けて100ドルにまで達すれば、長く戦っていけるのはAmazonのKindleとBarnes & NobleのNOOKだけかもしれない。(2010/8/5)

「SID 2010」リポート:
フルカラー電子ペーパーの夜明け
SID 2010では、メジャーなE Inkをはじめとする多くのベンダーからフルカラー電子ペーパーの発表が相次ぐなど、電子ペーパー業界は新たな成長段階を迎えた。(2010/5/27)

新型デバイスが切り開くメディアとコンテンツ産業の未来(前編)
電子ブック・リーダーやタブレット型端末などの新たなデバイスが、メディア/コンテンツ産業を劇的に変えようとしている。昨今、深刻な構造不況に直面しているこの産業は、その打開策の一環として、新型デバイスに強い関心を示している。この新しいデバイスの現状や将来性を解説し、メディア/コンテンツ産業の次世代像を占ってみたい。(2010/5/20)

YouTube、シンプルになった新動画再生ページを正式に公開
1月からテスト公開していた新ページを正式に公開。ヘルプフォーラムとTwitterでリアルタイムのフィードバックを受け付ける機会を設定した。(2010/4/1)

いよいよ始まるタブレット戦争 「両面の敵」と戦うiPad
AppleのiPad発売が近づき、タブレット市場で本格的な戦いの兆しが見えている。iPadは一方では他社のタブレットPC、もう一方ではKindleなどの電子書籍リーダーと戦うことになる。(2010/3/19)

2010 International CES:
メールも読める電子書籍リーダー「QUE」、Plastic Logicが発表――発売は4月半ば
ビジネスユースにフォーカスした電子書籍リーダー「QUE」が正式に発表された。メールやカレンダーを読めるなど高機能だが価格も649ドルからと高い。(2010/1/8)

MarvellとE-Ink、電子書籍リーダー用プロセッサを提供
MarvellのARMADAは、プロセッサと電子ペーパー技術を1つのチップに統合し、小型、省電力で低コストな電子書籍リーダーを目指す。(2009/11/4)

Plastic Logicのブックリーダー「QUE」、発売は2010年に
AmazonのKindle対抗としてBurnes & Nobleが独占販売を予定している電子ブックリーダー「QUE」は、2010年1月開催のCESでデビューする。(2009/10/20)

Amazon CEO、「消えたKindle電子書籍」問題で謝罪
ユーザーのKindleからジョージ・オーウェルの作品が消えた件で、AmazonのベゾスCEOは、権利の問題で電子書籍を削除したと説明し、謝罪した。(2009/7/27)

Kindle+Sprint対抗:
電子書籍リーダーのPlastic Logic、AT&Tの3Gを採用
Amazonの競合Barnes & Nobleとの独占的提携を発表したPlastic Logicが、3G通信事業者としてAT&Tを選択した。(2009/7/23)

Googleも50万冊を提供:
書店大手Barnes & Noble、電子書籍ストアを開設
AmazonのKindle Storeとは異なり、無料のeReaderをインストールしたさまざまなデバイスで購読が可能だ。(2009/7/21)

Kindle対抗:
GoogleがAmazonに挑戦状――電子書籍市場に参入へ
Googleが自社サイトで電子ブックの販売を開始する意向を明らかにした。特定のブックリーダーを定めることなく、各種の電子デバイスで購読できるようにする計画。(2009/6/2)

雑誌より軽くて薄い新型電子書籍端末が登場
これまでの電子書籍端末の常識を覆す、大型ディスプレイでかつ薄型、軽量の端末が登場する。(2008/9/9)

GoogleのSNS「Orkut」でWebワームが猛威、40万人が感染
Orkutの「スクラップブック」機能を利用したワームが急拡散。既に40万アカウントが感染しているという。(2007/12/20)

「プリンテッドエレクトロニクス」の可能性
着々と応用分野を広げつつあるプリテッドエレクトロニクス。これを利用した製品の数々や、製品化を支える最新技術の動向を紹介することで、この分野の将来性を俯瞰してみたい。(2007/12/1)

Ruby on Rails究極指南:
第3回 話題騒然! 「言語内DSL」の概念とRake【前編】
近年、特定の領域に存在する問題の解決に特化してデザインされたコンピュータ言語「DSL」が注目を集めている。本稿では、RubyとDSLの関係について解説していく。Railsによって注目を浴びたRakeを取り上げて、DSLの概念やRakeの特徴、その使い方などを説明する。(2007/3/20)

Ruby on Rails究極指南:
第2回 Rails専用IDE「RadRails」でRailsをもっともっと快適に
いくらRailsが「less code」をキャッチコピーに使っているとはいえ、まったくコードを書かなければ何も起きません。今回は、コードを書くための環境として、Rails専用IDEである「RadRails」を取り上げる。(2007/3/12)

EA「2006 FIFA ワールドカップ ドイツ大会」の収録曲全35曲を発表
(2006/4/13)

Rubyでアジャイルプロトタイピング(2):
Ruby超入門
(2005/12/7)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。