ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「プラグイン ステラ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「プラグイン ステラ」に関する情報が集まったページです。

姉川 尚史氏 CHAdeMO協議会 事務局 代表/東京電力 電気自動車担当部長:
急速充電器の標準化を世界レベルで
電気自動車の普及には、充電インフラの普及が欠かせない。CHAdeMO協議会は、2010年3月に、電気自動車用の急速充電器を普及させることを目的として設立された組織である。同事務局代表の姉川 尚史氏に、設立から1年間の成果と、今後の方針について語ってもらった。 (聞き手/本文構成:朴 尚洙)(2011/4/1)

知財コンサルタントが教える業界事情(2):
世界が注目するEVベンチャー“テスラ”の実力は?
EV関連技術の開発競争が熾烈(しれつ)を極める中、注目を集める米テスラ・モーターズ。一体どんなポジションを狙っている?(2011/1/18)

ホテル利用者に電気自動車の充電サービス――ウェスティンホテル東京
ウェスティンホテル東京は、電気自動車とプラグインハイブリッド車用の充電施設を設置した。ホテル利用者に無料で提供する。(2010/8/30)

エネルギー技術 電気自動車:
改造電気自動車を1000台納入、ゼロスポーツがJP日本郵便と契約
JP日本郵便は2009年7月に保有車両を順次、電気自動車やハイブリッド自動車へと入れ替えていく方針を打ち出している。現在までにゼロスポーツから改造電気自動車を3台、三菱自動車工業の「i-MiEV」と富士重工業の「プラグイン ステラ」をそれぞれ20台調達している。(2010/8/17)

カーエレ JAPAN/EV JAPANレポート:
EV/HEV時代に欠かせないエレクトロニクスメーカー
カーエレ JAPAN/EV JAPAN(2010年1月20〜22日開催)では、電気自動車やハイブリッド車が普及するために欠かせない技術を持つエレクトロニクス企業が注目を集めていた。次世代を担う電子部品メーカーの最新テクノロジーを紹介しよう。(2010/1/26)

キューキ、電気自動車用急速充電器を発売――i-MiEVは30分で80%チャージ
九州電力グループのキューキは、電気自動車用急速充電器「Rapid Charge for EV」3タイプ7機種を発売した。出力50キロワットの機種で「i-MiEV」に充電した場合、約30分で80%程度充電できるという。(2009/9/9)

電気自動車:
神奈川県庁と東京電力、郵便事業株式会社が共同で電気自動車導入式典を開催
神奈川県庁、東京電力、郵便事業株式会社が電気自動車計13台を導入。神奈川県庁にて合同の記念式典を開催した。(2009/7/27)

神奈川県庁と東京電力、郵便事業株式会社が共同で電気自動車導入式典を開催
(2009/7/23)

電気自動車:
東京電力、電気自動車7台を神奈川支店に配備――2009年度に310台導入を計画
東京電力が神奈川支店にi-MiEV 5台とスバル プラグイン ステラ2台を配備。2009年度中に約310台の電気自動車導入を計画しており、その第1弾だ。(2009/7/17)

東京電力、神奈川支店にi-MiEV 5台とスバル プラグイン ステラ2台を配備
(2009/7/17)

電気自動車:
郵便事業、一般業務・営業用車両として量産型電気自動車を40台導入
7月に一般販売開始となる、三菱自の「i-MiEV」と富士重の「プラグイン ステラ」を集配業務用として導入する。(2009/7/2)

郵便事業、一般業務・営業用車両としてi-MiEVとスバル プラグイン ステラを40台導入
(2009/7/2)

話題の電気自動車「i-MiEV」や「スバル プラグイン ステラ」に試乗できる!――「エコカーワールド2009」開催
 エコカーを一堂に集めた展示会「エコカーワールド2009」が横浜みなとみらい21 赤レンガ倉庫広場で開催されている。開催期間は6月7日(日)16時まで。入場料は無料。(2009/6/6)

電気自動車「スバル プラグイン ステラ」を発表――富士重工業
(2009/6/4)

東京電力、2009年度中に電気自動車を310台導入
東京電力は5月26日、電気自動車を2009年度中に310台導入すると発表した。2009年7月頃から順次導入を開始し、将来的には業務用車両の3分の1を電気自動車に切り替える計画だという。(2009/5/28)

電気自動車「スバル プラグイン ステラ」のプロトタイプを環境省に提供――富士重工業
(2009/4/15)

電動自動車の最新技術
映画「不都合な真実」に代表される地球温暖化問題やガソリン価格の急激な高騰により、CO2排出量の少ないエコカーへの注目が高まっている。バイオ燃料利用やクリーンディーゼルなど内燃機関関連の技術改良も進んでいるが、CO2削減に最も貢献すると期待されているのが、ハイブリッド車、プラグインハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車など、電気エネルギーとモーターを使って駆動する電動自動車である。 (2009/1/1)

エコプロダクツ2008:
インサイトのコンセプトモデル、日産の電気自動車――最新エコカーを見てきました
ハイブリッドカー、電気自動車、燃料電池車……自動車メーカー各社は今、「エコカー」と総称される次世代のクルマの開発に真剣に取り組んでおり、エコプロダクツ2008ではその一端を見ることができる。また記事の最後に、ちょっと変わった“ハイブリッドカー”を紹介する。(2008/12/12)

人とくるまのテクノロジー展 2008:
センシング技術の応用で新提案、発売間近の電気自動車にも注目
「人とくるまのテクノロジー展2008」が、2008年5月21日から23日まで、パシフィコ横浜で開催された。東京モーターショー開催の翌年にあたることから、自動車メーカーや大手Tier1サプライヤの新規展示は多くはなかったものの、昨年と同様に会場内に収まりきれないほどの出展社が、部品、材料、装置などに関する新規提案を行った。エレクトロニクス関連では、センシング技術をどのように利用するかに重点を置いた提案が目立った。(2008/9/1)

車載リチウムイオン電池で、電機/自動車業界間の提携が加速
充電可能なプラグインハイブリッド車と電気自動車に関する話題が業界を席巻する一方で、その中核デバイスとなるリチウムイオン二次電池について、自動車メーカー/Tier1サプライヤと電機メーカーとの間で開発提携や合弁会社設立などの動きが急加速している。(2008/9/1)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。