ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「プリントゴッコ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「プリントゴッコ」に関する情報が集まったページです。

新連載・コンビニ探偵! 調査報告書:
コンビニの年賀状印刷は、あの手この手の作戦
そろそろ年賀状について考える時期だ。10月29日にはお年玉付き官製年賀はがきが発売されるが、既にコンビニ各社は年賀状印刷の受付を開始している。新連載の一本目は、コンビニの年賀状印刷の現状を調査する。(2015/10/22)

時短&低コストを実現:
PR:封入封かんや分厚い冊子の製本にも対応! 「オルフィスEX」で“理想的な”業務効率改善
「急いでいるのに、出力待ちでイライラ」「会議資料の準備に時間がかかりイライラ」といった経験をしたことがある人も多いだろう。しかし、理想科学工業の「オルフィスEX」を使えば、そんなイライラが解消されるはず。その理由は……。(2015/7/27)

製造IT導入事例:
新工場のシステムを3カ月で稼働! 理想科学の“理想”の生産管理システムとは?
印刷関連企業である理想科学工業は、柔軟なグローバル生産体制の構築に向け、生産管理システムを刷新。25年前に導入した自社製システムをパッケージシステムに置き換え、コスト削減と生産の可視化を実現し、グローバルニーズに即応する生産体制を確立する。(2013/7/25)

ねっと知ったかぶりβ版(9/20〜9/22) 「KDDIからiPhone5発売」説にざわざわ
注目ニュースをまとめてお届けする「ねっと知ったかぶり」。今週はKDDIからiPhone5発売されるという報道や、ニコンのミラーレス一眼「Nikon 1」発表のニュースが話題になりました。(2011/9/22)

「プリントゴッコ」、完全に終了 消耗品販売も打ち切りへ
既に本体の販売は終了している「プリントゴッコ」。消耗品販売も2012年いっぱいで終了する。(2011/9/20)

Biz.ID Weekly Top10:
固定電話はお父さんと新人を悩ませる?
携帯電話が今のように普及していなかった時代には、女の子の家に電話をかけるにも、緊張したり考えたりしたものだ。「お父さんが出て切られちゃったらどうしよう」「家族に聞かれるのはなんとなく恥ずかしい」などなど――。(2008/10/22)

プリントゴッコ「年賀状イラスト集」が2009年版で販売終了
理想科学工業は10月15日、「2009年プリントゴッコ年賀状イラスト集」を発売した。プリントゴッコ本体の販売終了に伴い、専用イラスト集の販売も2009年版で最後となる。(2008/10/16)

チーム用ビジネスプリンタ選び、8つのポイント:
最後はメーカーの“得意ワザ”で選ぶ
「どの候補にも愛着がわいて決められない」と八方美人になったり、「本当にこの1台でいいのか?」と突然“マリッジブルー”になったり。そんな時に役立つのがメーカーごとの特色。ニーズや好みに合うメーカー品を選んでしまうのも、アリなのだ。(2008/10/1)

Biz.ID Weekly Top10:
紙の山から見えてきたもの
ビジネス文書を紙に印刷するメリットって、何かあるんだろうか。そんなことを考えていた筆者が、先日紙だらけのミーティングに参加した。紙の山をひっくり返しながら見えてきたものとは――。(2008/6/5)

プリントゴッコが販売終了 年賀状文化の衰退も後押し
理想科学工業は、プリントゴッコ本体の販売終了を発表した。Eメールの普及などで日本の年賀状文化が衰退したことも、販売終了の要因の1つだという。(2008/5/30)

プリントゴッコの販売が終了へ
理想科学工業は、プリントゴッコ本体のメーカー販売を6月末に終了すると発表した。(2008/5/30)

ラブラブUSBメモリに“おかしな”匂いのペン――国際文具・紙製品展
「スローライフに最適」なインクジェット版「プリントゴッコ」や、ATOKを搭載した「テプラ」など、文具とITの意外な組み合わせも。(2004/7/1)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。