ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「思うように人の心を動かす話し方」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「思うように人の心を動かす話し方」に関する情報が集まったページです。

思うように人の心を動かす話し方:
「両面提示法」で、押しつけがましくなく押しつける
人を説得するためには、こちらの都合がよい情報ばかりを並べて説得する「一面提示法」と、対立する立場の理解できるところやこちらに不利な情報も交じえつつ、総合的に説得する「両面提示法」がある。相手の教育レベルや情報量によって、提示法を使い分けることが肝要だ。(2013/10/15)

思うように人の心を動かす話し方:
「お1人様3個までに限らせていただきます」の本当の意味とは?
「先着100名様に限らせていただきます」「お1人様3個まで」――。だれでもこうしたうたい文句に弱いもの。ここには、文字通りの意味とは別のメッセージが存在している。人は、言葉の裏に隠れたメッセージで欲望を刺激されるものなのだ。(2013/10/10)

思うように人の心を動かす話し方:
「お隣のAさんもBさんも」――“まわりの人”を利用する
例えば、生命保険の契約をしようと思うとき、はたしてどのくらいの額の保険に入るのが妥当なのか分からない。明確な基準というものがないからだ。そこで「お隣のAさんもBさんも」というように、判断に迷っている相手には“まわりの人”を利用して提案するのが効果的。人は不安なときほど、他人の行動が気になるものなのだ。(2013/10/8)

思うように人の心を動かす話し方:
「どうぞ、お座りください」――相手の心を無防備にするくつろぎの演出
たいていの会社には、応接用のソファーが置いてある。実は、これには意味がある。フカフカの大きなソファーにゆったりと座ったほうが、リラックスできて気持ちにゆとりができるからだ。くつろぎの演出が、相手を説得しやすくするのだ。(2013/10/3)

悪用禁止! 心理学者が教える人の心を動かす心理テク
心理学者が教える、人間関係に困っている人たちや、ビジネスで使える心を動かす心理テクを紹介します。(2013/10/1)

思うように人の心を動かす話し方:
相手の頭に引き出しを作る
何かを話すとき「言いたいことは次の3つです」と事前に明示しておくと、相手は頭の中で引き出しを作り聞く準備をするので、話が伝わりやすくなる。また、分かりやすいだけでなく、頭脳明晰な人といった良い印象を与えることもできるのだ。(2013/10/1)

転勤をすんなりと受け入れさせられる話し方
ある日突然、海外への転勤を命ぜられたらどうしますか? 家を建てたばかりで、子どものこともある――。転勤するにしても、できればもっと近くにならないものかと思うだろう。このとき「では、海外ではなく国内ならどうか?」と持ちかけられると、すんなり承諾してしまったりする。本当の要求は、無理難題のあとに出すのが効果的なのだ。(2013/9/26)

思うように人の心を動かす話し方:
相手が乗り気でないときは、中途半端に切り上げる
相手が聞く耳をもたない、どうも関心がなさそうだと感じたら、しつこく説明するのは逆効果になるので「詳しい説明は、また次の機会に」などと、話を中途半端に切り上げる。この中途半端な中断が、意外に効果的なのだ。(2013/9/24)

思うように人の心を動かす話し方:
「どうぞ、お使いください」――エビでタイをつる
人と人との関係においては、何かにつけてバランスが問題になる。贈りものをもらうのはだれでもうれしいものだが、もらうばかりでお返しをしないと気持ちが落ちつかなくなる。ベテランのセールスパーソンは、この心理的負担を巧みに利用しているのだ。(2013/9/19)

思うように人の心を動かす話し方:
一体感をかもし出す言葉に人は弱い
われわれ人間は、一体感をかもし出す言葉に弱い。例えば、コーチと選手のようにハッキリと立場が分かれている場合、コーチが、ただ「がんばってください」と言うよりも「力を合わせてがんばりましょう」のほうが、選手はよりその気になりやすいのだ。(2013/9/17)

思うように人の心を動かす話し方:
説得は、はじめは小さく、徐々に大きく
セールスパーソンが「これ、買ってください」といきなり言っても、買う人はまずいない。しかし「話だけでも聞いてください」としつこく言ううちに、「じゃあ話だけでも聞きましょうか」となることもある。実はこのとき、すでにさらなる要求を受け入れる心理状態になっているのだ。(2013/9/12)

思うように人の心を動かす話し方:
人間は理屈よりも気持ちで動く
コミュニケーション力が非常に重視される時代。話に自信のない人にとっては辛いことだ。それに加え説得力も求められているが、いまだに身につかないと悩んでいる人は少なくない。それは、人間は理屈よりも気持ちで動くからだ。(2013/9/10)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。