ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「心理学」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!心理学→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で心理学関連の質問をチェック

仕事が「つまんない」ままでいいの?(110):
エンジニアに「キャリア安全性」はあるのか
働き方が変わろうとしているいま、「将来も、きっと大丈夫だ」と思えていますか?(2024/2/14)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
ソフトバンク流 数値化仕事術のキ――ビジネスで本当に使える数値化仕事術
数値化仕事術の背景にあるツボとその活用について知って、ビジネスで本当に使える数値化仕事術を理解してほしい。(2024/2/8)

Innovative Tech:
中年以上は“マルチビタミン”を毎日飲むと記憶力低下を軽減できる? 500人以上が2年間飲み続けた結果は
米ハーバード大学などに所属する研究者らは、マルチビタミン/ミネラル(MVM)サプリメントの摂取が高齢者の認知機能に与える影響を調査した研究報告を発表した。(2024/1/30)

グッドパッチとUXの話をしようか:
ガンダムは「複雑で初心者に不向き」なのに、なぜ新規ファンが増え続けるのか
1月26日、劇場版『機動戦士ガンダムSEED FREEDOM』が公開されました。ガンダムはシリーズも多く、ストーリーも複雑で初心者に不向きなように思う。にもかかわらず、なぜ新規ファンが増え続けるのかというと……(2024/1/26)

「心理的安全性」は自ら高める “あの人”が周囲と軋轢ばかり抱える理由
心理的安全性を整えるは組織側の問題だと考えるビジネスパーソンもいるのではないか。個々人があるスキルを磨くことで組織の心理的安全性の向上に貢献し、自身のキャリアアップにも役立つ。どのようなスキルなのか。(2024/1/31)

週末に「へえ」な話:
ワタシのことが好きでしょ? え、なんで分かったの? “ときめき”を可視化するイヤリングが面白い
「あなたワタシと話をするときにドキドキしているよね」――。こうした人の“ときめき”を可視化するプロダクトが登場した。どういったモノなのかというと……。(2024/1/20)

「幸せ」に働きたい――万人の願いをかなえるヒントとは?
(2024/1/18)

現地取材で見えてきた「イスラエルAIベンチャーの今」 データ駆動は社会をこう変える
イスラエルではガザや爆撃といったキーワードで報道されることも多いものの、実はイスラエルビジネスは従来通りにきちんと機能している。現地取材で見えてきた「イスラエルAIベンチャーの今」をお届けする。(2024/1/17)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(109):
大切なのは「原因の追究」か?――トラブル発生時のコミュニケーション
重大な問題が起こると、その原因を追究したくなるかもしれません。しかし、最も大切なのは「問題を解決すること」ではないでしょうか。(2024/1/17)

中学生・高校生が将来なりたい職業 1位は?
LINEヤフーが運営する調査プラットフォーム「LINEリサーチ」は全国の中学生、高校生の男女を対象に、なりたい職業についての調査を実施。男子中学生・男子高校生・女子高校生の1位は「国家公務員・地方公務員」、女子中学生の1位は「教師・教員・大学教授」だった。(2024/1/15)

働き方の「今」を知る:
「あの頃、必死で働いたから今がある」「今の若者はヌルい」と考える上司へ
働き方改革が進む一方で「とはいえ、ハードワークで成長してきた」「今の若者はヌルい」と考えたことがある人が多いのではないだろうか。変わりゆく働き方の中で、上司や経営者はこのギャップをどのように捉えてマネジメントすべきなのか。(2024/1/4)

PR:転職サイトの「社員クチコミ」から人生の奥深さを感じる“文学的な一節”を探してみた
性格診断コンテンツで、自分と感性の近そうな人の「社員クチコミ」を読むこともできます。(2023/12/21)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(108):
「仕事? 楽しいよ!」と言えなかった僕
「仕事、楽しいですか?」という問いに、あなたなら何と答えますか?(2023/12/20)

トライバルメディアハウスのマーケ戦略塾:
分業体制の罠 「スペシャリストという名の作業マシン」を量産する組織に未来はない
業務が高度化すると、生産性向上を狙って「分業」がよく行われます。しかし、それが従業員の「やりがい」や「働きがい」を減らし、最終的に離職率や競争力を悪化させている課題があります。この問題はどう解消すべきでしょうか?(2023/12/6)

AIがもたらす離職リスク
実は深刻な「AIに仕事を奪われる」恐怖症、人を大事にするマネジメントとは?
調査によると、「AIに仕事を奪われる」という恐怖心に起因する生産性低下の損失は数百万ドル規模になる可能性がある。従業員に不安を与えずにAI技術を普及させるために、経営層はどのような配慮が必要なのか。(2023/12/1)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(107):
「主体性を持て」「自立しろ」というけれど、どうすればいいの?
不確実で先行きの見通しが立てにくい時代になって、「主体性を持て」「自立しろ」といろいろな場面でいわれます。でも、自立するのはいうほど簡単ではありません。何をどうすれば自立できるのでしょうか?(2023/11/15)

テテマーチ調査:
「インスタ映え」もう古い? 「BeReal」「MBTI診断」が若者に受けた理由
企業向けSNSマーケティング支援を中心としたビジネス展開をする、テテマーチ(東京都目黒区)のZ世代マーケ研究室「lookey(ルーキー)」が「Z世代SNSトレンドグランプリ2023」を発表した。(2023/11/11)

編集部コラム:
生成AIがシュールな笑いを獲得する日は来るのか
言語生成AIの開発競争が続く中、イーロン・マスク氏率いるxAIが「ユーモアの分かるAI」を発表したとの報道を知り、人間の対話、社会の在り方などをあらためて考えてみました。(2023/11/10)

営業DXへの心理学的アプローチ(後編):
セールステックを導入したのに”宝の持ち腐れ”に? 多くの企業がハマる「落とし穴」
セールステックを定着させ、意思決定に活用できている企業は約3割にとどまっています。多額の予算を投じ導入したにもかかわらず、なぜ多くの企業で「宝の持ち腐れ」状態になってしまうのか。導入プロセスでハマる「落とし穴」と抜け出す方法を解説します。(2023/11/2)

「等身大のCIO」ガートナー 浅田徹の企業訪問記:
ミッションは日立造船の次の100年を支えるデジタル化を進めること――日立造船 常務執行役員 橋爪宗信氏
先端テクノロジーを活用することで、グループ全体の事業に関する製品や生産技術の高度化、新事業/新製品開発のスピードアップを目指す日立造船。ICTの活用で、さらなる付加価値化を図る取り組みとは。(2023/10/31)

営業DXへの心理学的アプローチ(前編):
セールステックを導入したのに逆に生産性が低下、なぜ? 実態と対策を解説
営業現場では「セールステックを導入したのに、逆に生産性が下がっている」という声をよく聞きます。なぜそのような事態が起こるのか、そのワケを読み解き、心理学的アプローチを考えてみましょう。(2023/10/24)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(106):
「生涯エンジニアでいたい」は、本当の理想なのか?
「生涯エンジニアでいたい」――そう思っている人も多いでしょう。20年前の僕も「何となく」そう思っていました。でも、いまは……。(2023/10/18)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
カリスマ上司に罵倒され成長……パワハラとプレッシャーの境目はどこに?
カリスマ経営者のパワハラ問題が週刊誌で報道された。優秀な指導者による厳しい指導やプレッシャーにより組織や個人が成長することは少なくない。では、パワハラとプレッシャーの境目はどこにあるのだろうか。(2023/10/13)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
アラフィフ世代が感じるさみしさと孤独感の正体
40代から50歳前後の年代は、能力、体力的に、人生の大きな分岐点。これからは、これまで蓄積した知のリソースを活かして人生を生きていくことが求められる。(2023/10/5)

アマゾンから「代引き」送り付け増加 頼んでいないのに……目的は?
通販大手のアマゾンから身に覚えのない商品が代引きで届く。どう考えても怪しいが、同居家族が注文したと思って支払ってしまうケースがあるという。(2023/10/1)

生成AIをどう思うかで観覧ルートが異なる「コトバにならないプロのワザ」展、仕掛け人の意図は? “隠しプロンプト”も
日本科学未来舘で13日から「コトバにならないプロのワザ〜生成AIに再現できる?」を開催している。この展示、来場者の生成AIへの接し方で観覧ルートを選ばせるというユニークな手法を採用していて、それが秀逸なのだ。(2023/9/25)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(105):
「技術力が大事」だと思っていた元エンジニア でも、30年でたどり着いたのは……
「仕事で大切なのは、技術力だ」と思っているエンジニアは多いでしょう。僕も若いころはそうでした。でも、社会人になって30年たったいま、その考え方はずいぶん変わりました。結局は……(2023/9/20)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
組織のボトムから人的資本を高めて企業の持続的価値を向上させる“職場風土づくり”の重要性
人的資本経営が重要とされるこの時代に、社員のエンゲージメントを高めるためにも重要な“働きがい”。その“働きがい”を高める一つの手段が、組織心理学に基づき職場やチームの関係密度を高める“職場風土づくり”だ。(2023/9/14)

「AI」にマーケティングについて聞いてみた:
TikTokで話題の「蛙化現象」 Z世代に流行した理由をChatGPTに考えてもらった
マーケターが気になるあれこれについて「AI」に質問してみる本連載。今回のテーマは「蛙化現象」です。(2023/9/2)

PR:「カーセンサー」の中古車探し“体験”を劇的改善! AIを仕掛けたデータサイエンティストの活躍とは
(2023/9/4)

AI技術の誇大宣伝に物申す【後編】
「生成AIは単なるAIツール」だと理解するための2つの視点
ベンダーの宣伝するAI機能が誇張されていることに現場は気付いている。AIウォッシングに惑わされず、ビジネスにおける「生成AIの本当の価値」を理解するために何が必要か。(2023/8/30)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
“人の心を動かすプロ”である管理職が理解すべき「部下全員が活躍する上司力5つのステップ」
ダイバーシティが進んだ現在、職場を取り巻く環境も、20年前とは大きく変わっている。以前とは違い、「右向け右」という画一的な号令では部下が動かない現在、管理職に求められる新たな「上司力(R)」とは何なのだろうか。(2023/8/29)

「AI」時代のキャリアとは【第2回】
「AI系の仕事」でこれから“引っ張りだこ”になる職種は?
AI技術の利用が拡大する中で、企業が従業員のAIスキルギャップに悩む場面が広がっている。多岐にわたるAI系キャリアの中で、どの領域が今後重要性を増すのか。(2023/8/24)

つるの剛士、汚い言葉を覚えた小1息子に雷落とす さすがのアフターケアに「パパの愛」「ステキな叱り方」
さすが5児のパパ。(2023/8/23)

私の人生が動いた瞬間:
40キロ超の減量、エリートな経歴 元子役・細山貴嶺が今「本当になりたい自分」とは
“細山くん”としてお茶の間に親しまれた細山貴嶺さん。いじめや減量を経験し、エリート街道をひた走る中で見つけた“本当にやりたいこと”。(2023/8/23)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(104):
業務時間外のメールやチャットの返信、どうしてる?
デジタルツールの発展で、連絡や確認が気軽にできるようになりました。その分、業務時間外に業務に関する連絡を受け取ることも……。基本的には、仕事は業務時間内に行うとして、業務時間外の反応はどう考えたらいいのでしょうか。(2023/8/23)

四谷大塚、元講師が女子生徒盗撮で「責任を痛切に感じる」 教室内をリアルタイムで見られるシステム導入へ
「全社を挙げて再発防止に全力を尽くす所存です」と述べています。(2023/8/18)

山浦恒央の“くみこみ”な話(168):
業務効率化の道具箱(15)ツールを作るより難しい「業務改善の進め方」
ソフトウェア開発にとどまらない、PCを使う全ての人が対象となるシリーズ「業務効率化の道具箱」。第15回は、10人程度の小さな小売店で行った「自分でツールを作る」による業務効率化のケーススタディーを紹介する。(2023/8/17)

「Z世代は褒めて伸ばせ」を信じる上司が意識改革すべき、これだけの理由
“Z世代のトリセツ”はメディアにあふれていますが、もちろん万能薬ではありません。例えば「Z世代は褒めて伸ばせ」という助言に従い、とにかく否定せずに褒める、傾聴するといった対応を続けても、それだけではなかなか本人の仕事の成果は上がりません。(2023/8/8)

“AI規制”はどう進むのか【後編】
「AI」に“本当に必要な規制”とは何なのか? IBMや大学教授の見解は
生成AIの利用が急速に広がる中で、AI技術の規制に関する議論が活発化している。どのような規制案が生まれているのか。これらの規制案に対する専門家の見解とは。(2023/8/1)

恋のPDCA、回しましょ♪:
お悩みその12 生まれてから28年間、彼女がいません(28歳 男性 バックエンドエンジニア)
PDCAで打席に立つ「数」を増やし、アルゴリズムを理解して「打率」を上げるのよ。さらに心のバグをデバッグしたら、きっとすてきな恋ができますわ♪(2023/7/31)

退職者は何を思って会社を辞めていくのか 専門家がデータを基に解説
(2023/7/28)

キャリアを真面目に考えさせると、離職につながる!? 社員と会社の幸せな関係を考える
キャリア自律が重要であるといわれて長い期間がたつが、いまだにうまくいっているとは言い難いのが現状だ。その原因の1つとして、企業が従業員のキャリア自律を促すと離職につながるのではないかと考えていることが挙げられる。(2023/7/26)

マネジメント力を科学する:
第16回:メンバーたちのやる気喪失の原因は上司にある! これを気付かせ、「学習性無力感」から脱出する方法
マネジメント自体がメンバーのやる気を削ぐ行動をしてしまっているということに気付かせることが、まずなによりもやらなければならないことだが、幾つかの具体的方法を教えてもらった。(2023/7/25)

「上の指示は絶対」の組織はハラスメントが起きやすい 風土をどう変えていくか
ハラスメントへの組織的施策の中でも「組織風土の改善」は、重要だが困難な組織課題の一つだ。ハラスメント対策としての組織風土改革は、どう進めていけば良いのか。(2023/7/20)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(103):
取りあえず動く、でいいじゃないか
仕事をしていると、「どうすれば、この問題を解決できるのか?」が分からないことがあります。周囲に理解されないことも数知れません。それでも自分の中で何かが燃え始めたのなら、やるべきことは1つだけです。(2023/7/19)

「間」に人を入れる:
「この人とは相性が合わないなあ」 仕事でそう感じたとき、どうすればよいのか
「この人とは相性が合わない」――。仕事でこのように感じたとき、どうすればよいのか。(2023/7/17)

求められるのは技術スキルではない:
「最高データ/アナリティクス責任者」になった人を待ち受ける大きな壁、Gartnerに対処法を聞いた
データやデータ分析の最高責任職を設ける企業が増えている。この職に就く人に期待されているのは技術スキルではない。データを事業運営につなげることだ。では、何に力を入れればいいか。Gartnerのアラン・ダンカン氏に聞いた。(2023/7/6)

3つのキーワードで読み解く! 「WWDC23」から見えた2024年のAppleプラットフォーム
2023年5月に開催されたAppleの「WWDC23」。話題は「初の空間コンピュータ」として発表された「Apple Vision Pro」に行きがちだが、Appleのプラットフォームを支える、既存OSのバージョンアップも見逃せないポイントが多い。(2023/7/4)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
2万人以上のビジネスリーダーの睡眠を改善して分かってきた中高年のリーダーの睡眠が業績を左右する
私たちは10万人以上のビジネスパーソンを改善しており、事前に睡眠テストを行なっているが、ここ数年20代と50代の睡眠不調がかなり増加している。(2023/6/29)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。