ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「心理学」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!心理学→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で心理学関連の質問をチェック

仕事が「つまんない」ままでいいの?(58):
「違和感駆動」で目標を見いだそう
何を目標にしたらいいのか分からない――このような悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか。今回は、目標を見いだす1つの方法を紹介します。キーワードは「違和感」です。(2019/10/16)

イノベーションのレシピ:
ドアtoドアの空飛ぶクルマに挑む、日本人連続起業家を支える3つの力とは
新たなモビリティ「空飛ぶクルマ」の市場で注目を集めているスタートアップ・NFTの創業者兼CEOのカプリンスキー真紀氏が「SNUG Japan 2019」の基調講演に登壇。連続起業家として取り上げられることも多い同氏のこれまでの取り組みを紹介した他、起業家として信念や、NFTの空飛ぶクルマである「ASKA」の狙いなどについて説明した。(2019/9/27)

創作意欲と仕事の関係ってこういうことかも? やる気を「液体」と考える理論に共感が集まる
モチベーションを維持する助けになるかも。(2019/9/24)

「紙の本なくならない」ページめくる動作にカギ
電子書籍の市場拡大が見込まれる中、「紙の本はなくならない」と明言するのが、龍谷大社会学部の松島恵介教授(51)だ。生態心理学の観点から記憶について研究している松島教授は「記憶の仕組みを考えた場合、紙の本には電子書籍にない優位性がある」と強調する。(2019/9/18)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(57):
原因追求型のフィードバックをされると、気がめいる
部下や同僚にネガティブなフィードバックをしなければならないことがありますが、伝え方に気を付けないと、相手のやる気を削いだり人間関係を崩したりします。本来、どのようなコミュニケーションをとるべきなのかをエンジニア視点で考えてみました。(2019/9/18)

今日のリサーチ:
激動の時代、変化に適応し進化する力はあるか?――ディグラム・ラボ調べ
ディグラム・ラボは「変進力」に関する調査の結果を発表しました。(2019/9/13)

メディアで紹介される沖縄の“有名店”、地元の人は実は知らない? ローカルと観光客の分岐点
「沖縄グルメ リゾートからローカルまで」。Web媒体からこんな見出しのニュースが届いた。記者も行ったことのあるお店も紹介されているかなと思ってタップしたら、1軒も知らなかった。通勤で歩く道沿いの店でさえ……。(2019/9/9)

AI技術や精神生理学のアプローチで検証:
「表情から感情を正確に読み取れる」という仮定を実験で否定、南カリフォルニア大
「顔の表情には、人が何を考えているかが表れる」と仮定する通俗心理学やAI表情認識技術の考え方を覆すことを目指した研究の成果を、南カリフォルニア大学などの研究チームが発表した。感情を読み取るアルゴリズムはごく基本的なテストをパスできなかったものの、ある表情には他の表情にはない特徴があることが分かった。(2019/9/6)

『THE TEAM〜5つの法則〜』著者が説く「チーム変革の原動力」:
PR:チームが“ダメ”な理由を全て“リーダーのせい”にする時代は終わった
(2019/8/28)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(56):
孤軍奮闘でヘトヘトのプレイングマネジャーを助けたい
「実務+マネジメント」の両方を行うプレイングマネジャーは、多くのタスクを抱えて孤軍奮闘になりがち。どう対処すればいいのでしょうか。(2019/8/21)

京アニ事件1カ月(上):
不可解な敵意 男を凶行に駆り立てたものは 京アニ事件、容疑者の生い立ちからひも解く
「お金持ちになりたい」。友人も多く、柔道教室に通っていた小学生は、約30年後の夏、京都市伏見区のアニメ制作会社「京都アニメーション」(京アニ、本社・京都府宇治市)第1スタジオにガソリンをまいて火を放ち、35人を殺害した。(2019/8/20)

スマホ依存は「情報習慣病」 太古の人類の性質、現代に引き継ぐ 岡ノ谷一夫東大教授
インターネットに没頭してしまう、メールやSNSを神経質なほど気にする。少し前まで存在しなかった道具が、私たちの生活パターンまで変えている。依存症に陥る若者も多い。言葉の起源を研究する東京大の岡ノ谷一夫教授は「情報習慣病」と呼んでこの現象を説明する。太古の人類が生きるために身に付けた性質をいまもなお、現代人が受け継いでいるのだという。(2019/8/14)

池澤夏樹インタビュー【中編】:
池澤夏樹が「人類の終末」を問い続ける意味
作家・池澤夏樹の重要な作品テーマの1つ、「科学」。池澤氏は「科学」の視点から小説、日本社会、そして人類の未来をどう見通してきたのか。3回シリーズの中編。(2019/7/30)

“やりがい”よりも重視すべきは……:
会社を辞める本当の理由は? 「離職招く要因」見つける新サービス
「離職」が企業の大きな課題となっている。離職理由として「やりがい」が挙がるが、大部分はそうではない。家庭や健康、人間関係の問題といった「ハイジーンファクター」だ。この部分に特化した分析サービスが発表された。(2019/7/22)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(55):
働き方改革では、心の病は防げない
「心の病による労災申請過去最多」なのだそうです。ストレスチェックや働き方改革をしているのに、なぜなのでしょう?――大切なのは「労働者の心の強さ」ではなく「職場の心理的な安全」なのかもしれません。(2019/7/17)

ユーザーの思いを引き出す「コグニティブインタビュー」:
カプコンの「バイオハザード」、ロングセラー商品のリブランディングは「傾聴」から始まった
ブランドが変わらぬ価値を提供しているつもりでも、ブランドを取り巻く環境は変わる。顧客が求める価値と自社が提供している価値は同じなのか。インサイトを確認するためカプコンが選んだ手法とは。(2019/7/8)

「序列へのプライド」を捨てられない人に要注意:
変化の時代のお荷物、「上下関係にこだわる人」を見分ける方法
「俺のところに会議の出席案内きてないけど?」「何で部長に言う前に、俺のところに持ってこないの?」「これ、席順が間違ってるだろ」――。そんな「序列へのプライド」を捨てきれない旧人類を見分ける方法とは?(2019/7/5)

「知的試行錯誤」のすすめ【後編】:
『思考の整理学』著者・95歳“知の巨人”外山滋比古が「留学」を選ばなかった理由
95歳「知の巨人」外山滋比古さんが語る「アウトサイダー人生」とは――。(2019/6/25)

Twitter連携サービス「TwiGaTen」を自宅で運営しただけで家宅捜索? 神奈川県警と本人を取材
「TwiGaTen」の運営者が突然家宅捜索を受けたと告白。(2019/6/25)

よくわかる人工知能の基礎知識:
それは人類にとって脅威なのか 「強いAI」について考える
「強いAI」と「弱いAI」とは何なのか? いまある議論を整理してみたい。(2019/6/19)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(54):
終身雇用崩壊時代の「働き方のグラデーション」
終身雇用が崩壊する――ショッキングなニュースが飛び込みました。この先の働き方を考えたとき、エンジニアは何を意識し、何をしていけばいいのでしょうか。(2019/6/19)

Mocrosoft Focus:
Microsoftに「クールな会社」像は不要――幹部が語る過去からの脱却
7年前のMicrosoftと今のMicrosoftはまったく別の企業だと、チーフストーリーテラーのスティーブ・クレイトン氏は語る。7年前というと、ちょうど、現在の新たなロゴへと変更したタイミングだ。シアトルのMicrosoft本社を訪れてビジネスモデルと企業文化の変化を追った様子を、2回に分けてレポートする。(2019/6/26)

今日から始める“ダメ会議”脱却術:
その話題、いつまで話すつもり? 会議をダメにする「時間」の落とし穴
議論に集中できない、参加者が内職や居眠りをしている――。そんな“ダメ会議”を解決 する8つの動作を紹介する連載。今回はその3「会議の開始時に『時間配分』を確認する」について解説する。(2019/6/13)

AIで児童虐待の深刻度や再発リスク予測 今月から実証実験
親などによる虐待で幼い命が失われる痛ましい事件が後を絶たない。児童相談所が虐待に気付いていたのに、事件を防げなかったケースもある。背景には、深刻さの度合いを周囲が把握することの難しさや人手不足がある。こうした状況を改善しようと、人工知能(AI)を活用して、子供たちの命を守る実証実験が今月から始まる。(2019/6/10)

「中高年引きこもり」抱えた高齢親をどう救う? “支える側”の心身に限界…専門家「家族にも相談相手が必要」
「刺さなければ、自分が殺されていた」。元農林水産事務次官の熊沢英昭容疑者(76)=殺人未遂容疑で逮捕=は、引きこもり状態だった長男で無職の英一郎さん(44)を殺害した理由をこう供述した。長期化した引きこもりは、支える側の家族が体力や経済的、精神的な限界を迎え、出口が見えなくなるケースも多いという。(2019/6/10)

子供たちの命:
AIで児童虐待の深刻度や再発リスク予測 今月から実証実験
親などによる虐待で幼い命が失われる痛ましい事件が後を絶たない。児童相談所が虐待に気付いていたのに、事件を防げなかったケースもある。こうした状況を改善しようと、人工知能(AI)を活用して、子供たちの命を守る実証実験が今月から始まる。(2019/6/10)

全国61万人……深刻化する「中高年引きこもり」 専門家「“ゴール”は就労ではなく自発的な“一歩”」
中高年の引きこもりは全国に61万人とされ、80代の親が引きこもる50代の子の面倒をみる「8050(ハチマルゴーマル)問題」も深刻だ。正しい理解と適切なケアが急務だが、現実はどうなっているのか。(2019/6/6)

全国61万人:
深刻化する「中高年引きこもり」 専門家「“ゴール”は就労ではなく自発的な“一歩”」
中高年の引きこもりは全国に61万人とされ、80代の親が引きこもる50代の子の面倒をみる「8050(ハチマルゴーマル)問題」も深刻だ。正しい理解と適切なケアが急務だが、現実はどうなっているのか。(2019/6/6)

Books&Apps:
定年後、あなたも「孤立老人」に陥るかもしれない深いワケ
いつのまにか妻や子供、兄弟姉妹からも“相手にされない人”になっていたとしたら……。定年後、孤独に涙する寂しい老人にならないためにできることとは。(2019/6/5)

8050の実像:
ひきこもり、悩みどこに相談すればいい?
産経新聞が高齢の親と中高年のひきこもる子の現状を取り上げた連載「8050の実像 中高年ひきこもり61万人」(5月14〜16日付朝刊)の掲載後、読者から相談先に悩むお便りが複数寄せられた。岩崎隆一容疑者は長期間にわたり、ひきこもり状態だったとされる。自宅にひきこもってきた当事者や家族はどこに助けを求めればいいのか。専門家に聞いた。(2019/6/4)

世界を読み解くニュース・サロン:
「大麻合法化しようぜ」に感じる“胡散臭さ”の正体 医療大麻の論点とは
有名人が大麻で逮捕されるたびに、日本でも「合法化」が議論になる。だが、医療大麻の話を持ち出す容認派には、医学的な根拠を示して真剣に議論する姿勢が感じられない。医療大麻ビジネスに乗り出しているイスラエルでは、薬剤として適切に取り扱う体制がある。(2019/5/30)

元日銀マン・鈴木卓実の「ガンダム経済学」:
天才ギレン・ザビの失敗から学ぶ 宇宙世紀で生き残れる意外な“スキル”とは
宇宙世紀ではニュータイプなどの才能が活躍。ただ、ギレン・ザビはじめ必ずしも天才が生き残れる訳ではない。真に必要な“スキル”とは?(2019/5/29)

人間とロボットはどう共生? 立命館大学が実証実験
障害物を避けながら荷物を運んだり、自動で施設の清掃をしたりするロボットなどを試験的に導入。(2019/5/27)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(53):
新入社員が退職代行サービスを使うと失うもの
「退職代行サービス」が流行っているそうです。でも、簡単に辞められるからといって、サービスを使って失うものはないのでしょうか。(2019/5/22)

茨城ダッシュ、名古屋走り、伊予の早曲がり……危ない「ローカル交通ルール」、現地教習所に聞いた
自動車の暴走や交差点での事故が大きく報じられているが、運転のマナーや習慣をめぐり、地域独自の「ローカルルール」が存在する。当然ながら本来の交通ルール通りに教えている地元の自動車教習所も頭を悩ませるが、解決策はあるのか。(2019/5/21)

週末に読むべきビジネス書:
「平成の名経営書」は? ビジネススクール教員が選ぶ「決定版5冊」
ビジネススクール教員が選ぶ「平成の名経営書5冊」とは?(2019/5/18)

ライザップ調査「女性の6割がダイエットに失敗」 都道府県別の失敗ランキングは?
男女で結構な差が。(2019/5/17)

結局は……:
「採用学」は本当に使えるのか
組織・人事に関わる全ての施策は、日本人の特性や自社の独自性への洞察なしには機能しない。それは、OSが違えば、アプリが動作しないのと同じである。日本企業において本当に機能する組織・人事の考え方は……。(2019/5/17)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
なぜ日本人は「労働の奴隷」に? 新時代の働き方のヒント
日本のものづくりが世界に後れを取り、生産性が下がっているのは、私たちの働き方に「遊び」がなくなったからだ。江戸時代の職人たちは人間らしい働き方をしていたのに、なぜ現代の働く人たちは「労働の奴隷」になってしまったのだろうか。(2019/5/10)

悠仁さまの机に置かれた刃物、エヴァの「ロンギヌスの槍」模した!? 形状が話題
秋篠宮ご夫妻の長男、悠仁さまが通われるお茶の水女子大付属中学校の机に刃物が置かれた事件で、2本のナイフを槍(やり)状にした手製の刃物が、新約聖書や人気アニメに登場する「ロンギヌスの槍」に似ていると注目されている。警視庁に建造物侵入容疑で逮捕された容疑者は、天皇制を批判する供述をしているが、刃物の形状にも意味があるのか。(2019/5/9)

優れたビッグデータ分析ツールの特徴とは?
Tableau、Qlik Sense、Power BIの競合は? 「ビッグデータ可視化」の11大ツール
データドリブン志向の企業は、可視化ツールを使用してビッグデータに潜む結論を読み解き、その結論から有益な情報を導き出す。本稿ではビッグデータ分析に適した可視化ツールと選び方のポイントを紹介する。(2019/4/26)

スマホの使い方からAIが集中力を推定 勤務中の集中力予測などにも応用――ドコモ、慶大、東大が共同研究
NTTドコモ、慶應義塾大学、東京大学は、スマートフォンを普段通りに利用するだけで集中力を推定できるAI技術を開発。トラックやバスの運転手の勤務時における集中力を予測したり、働き方改革の一環として就業者が自らの集中力を把握し、意識改革を図ったりするといった活用を見込む。(2019/4/16)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(52):
つまらない仕事にアサインされて“やさぐれる”前に
「別に、やりたいことがないから」と上司に何もアピールしないのは、ひょっとしたら「つまらない仕事でも何でもやりますよ」とアピールしているのと変わらないのかもしれません。(2019/4/10)

医療技術ニュース:
視覚と聴覚で異なる時間判断の仕組みの一端を解明
産業技術総合研究所は、脳内の処理時間や処理経路の異なる感覚情報がどのように統合されて主観的な現在が構築されるのか、その仕組みの一端を明らかにした。(2019/4/3)

4月2日、Google+終了。月間ユーザー5億人、大統領やAKBも活用した「巨大SNS」の夢はなぜ破れたのか?
Google+が失ったものと、残したもの。(2019/4/2)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(51):
仕事はツラいが、何とかしたい
生活のため、お金を稼ぐために働いていただけで、「仕事が楽しい」とは思ったことなどありませんでした。(2019/3/13)

年間1万匹を超える負傷ネコを減らそう 猫の日(2月22日)に「全国交通にゃん全運転」キャンペーン、イエローハットが実施
日本語と猫語に対応したスペシャルムービーも。(2019/2/22)

口コミからスマッシュヒット。自分探しタップゲーム「ALTER EGO」が生まれるまで
カラメルカラムの大野真樹さんにインタビュー。(2019/2/23)

なぜあなたは「LINEを既読スルーする男」に惹かれてしまうのか?
あなたの心理は“ハック”されています。(2019/2/20)

ダメな組織の闇:
残業が習慣になる4つのメカニズムはこれだ!
「長時間労働をやめよう」というスローガンは、日本の雇用社会においてずっと指摘されてきた、古くて新しい課題です。なぜ一向に変わっていかないのでしょうか……?(2019/2/19)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。