ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「らくらくホン ベーシック3」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「らくらくホン ベーシック3」に関する情報が集まったページです。

「見やすさ、聞きやすさ、使いやすさ」の三拍子そろった防水/防じんケータイ「らくらくホン ベーシック4」
2011年以来となるらくらくホンベーシックの新モデル「らくらくホン ベーシック4」が発表された。通話機能の充実はもちろん、使いやすさを重視した設計が施されている。【写真追加】(2014/9/30)

ドコモ、らくらくスマートフォン向けサービス「つながりほっとサポート」アプリを3月25日から提供
ドコモは、らくらくスマートフォン向けに「つながりほっとサポート」アプリを提供する。普段通りに端末を利用するだけで、指定した家族にさまざまな状況をメールで伝えることが可能。(2014/3/24)

あえて今:
最新フィーチャーフォン6機種の基本スペックを比較する
すっかりスマホが主役になってしまった携帯電話市場だが、この冬春モデルでは国内3キャリアがフィーチャーフォンの新機種を発表している。その最新6機種をスペックで比較してみよう。(2014/2/26)

ドコモの「らくらくホン ベーシック3」に新色ベールピンク 12月6日発売
「らくらくホン ベーシック3」に新色ベールピンクが登場。12月6日に発売する。(2013/12/2)

ドコモ、「らくらくホン ベーシック3」の新色ホワイトを2月17日に発売
「らくらくホン ベーシック3」に新色のホワイトが登場する。2月17日に発売予定で、2月13日から事前予約を受け付ける。(2012/2/13)

らくらくホンベーシック3のホワイトも:
ドコモ、「GALAXY S II LTE SC-03D」に新色Ceramic Whiteを追加
ドコモは、Samsung電子製のAndroidスマートフォン「GALAXY S II LTE SC-03D」に新色のCeramic Whiteを追加した。1月下旬から2月に発売する。また「らくらくホンベーシック3」にもホワイトモデルを追加した。(2012/1/5)

ドコモ、「MEDIAS N-04C」「P-07C」「らくらくホンベーシック3」のソフト更新を開始
NTTドコモは、Androidスマートフォン「MEDIAS N-04C」「P-07C」と、シニア向けケータイ「らくらくホンベーシック3」のソフトウェアアップデートを開始した。(2011/12/15)

「らくらくホン ベーシック3」のソフト更新開始 つながりほっとサポート関連の不具合を改善
ドコモが「らくらくホン ベーシック3」のソフトウェアアップデートを開始した。専用サービスの「つながりほっとサポート」に端末の利用記録が送信できない不具合を改善する。(2011/8/26)

らくらくホン7に新色を追加:
「らくらくホン」が累計2000万台を突破
ドコモは「らくらくホン」シリーズの累計販売台数が2000万台を突破したと発表した。これを記念し、「らくらくホン7」に新色のミントグリーンを追加する。(2011/7/22)

血糖値データを自動でケータイに記録――富士通、糖尿病患者の支援サービス
富士通が、携帯電話と血糖測定器を連携させた糖尿病患者向け支援サービス「からだライフ 糖尿病サポート」を開始した。(2011/6/29)

歩数もケータイから簡単に転送:
次は「健康管理」だ──富士通、「らくらくパソコン4」に新しい方向性
富士通からシニア向けパソコンの4代目「らくらくパソコン4」が登場。従来のコンセプトに加え、シニア層が抱える「健康管理」という課題に対応した製品となっている。(2011/5/31)

血糖値を「らくらくホン」でらくらく記録──富士通とアークレイ、糖尿病患者支援サービス
富士通とアークレイは5月16日、携帯電話を用いた糖尿病患者支援サービスを発表した。これまで患者にとって面倒であった手書きでの血糖値記録を自動化するという。(2011/5/17)

ケータイで糖尿病患者を支援――「からだライフ 糖尿病サポート」
富士通とアークレイが、携帯電話と血糖測定器を連携させた糖尿病患者向け支援サービスを提供する。(2011/5/16)

ドコモ、音声メッセージサービス「声の宅配便」を提供
NTTドコモが、メッセージの受信をSMSで通知する音声メッセージサービス「声の宅配便」の提供を4月22日に開始する。(2011/4/15)

「つながりほっとサポート」も提供:
ドコモ、「使い方」ボタン搭載の「らくらくホン ベーシック3」を4月22日発売
ドコモが、ワンタッチで専門のアドバイザーに無料でケータイについて相談ができる「使い方」ボタンを搭載した「らくらくホン ベーシック3」を発表。4月22日から販売する。(2011/4/15)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。