ニュース
» 2011年08月26日 16時59分 公開

「らくらくホン ベーシック3」のソフト更新開始 つながりほっとサポート関連の不具合を改善

ドコモが「らくらくホン ベーシック3」のソフトウェアアップデートを開始した。専用サービスの「つながりほっとサポート」に端末の利用記録が送信できない不具合を改善する。

[平賀洋一,ITmedia]

 NTTドコモは、富士通製の「らくらくホン ベーシック3(F-08C)」のソフトウェアアップデートを開始した。

 らくらくホン ベーシック3は、ケータイの利用状況をあらかじめ指定した通知先に送信する「つながりほっとサポート」に対応しているが、まれに利用記録が停止し情報をセンターへアップロードできないケースが判明した。今回のソフト更新では、この不具合を改善する。

photo らくらくホン ベーシック3(F-08C)

 なおアップデート前に利用記録が停止している場合、ソフト更新を行っても利用記録は自動で再開しない。更新後に利用記録を再開するには、「MENU」→「つながりほっとサポートを使う」→「利用記録を停止/再開する」→「再開する」から設定する。

 ソフト更新はあらかじめ設定された時間(デフォルトは午前3時)に自動で行われるが、手動操作での即時更新も行える。所要時間は約2分。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう