ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「シニア」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!シニアライフ→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でシニアライフ関連の質問をチェック
「シニア」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

関連キーワード

「老害になるのが怖い!」「知見を広めることが良い老人への第一歩」 今年の抱負をつづる漫画に共感の声
老いは必ず来るものですが、心に留めておきたいです。(2020/1/17)

UQ mobileがシニア向け「BASIO4」を2月下旬に発売 5.6型有機EL搭載、ラジスマにも対応
UQコミュニケーションズが、「UQ mobile」向けのスマートフォン「BASIO4」を2月下旬に発売する。初めてスマートフォンを使うシニアユーザーが主なターゲット。ディスプレイの下には電話とメールの専用キーを備える。セットすると自動でマナーモードが解除される卓上ホルダが付属する。(2020/1/14)

タクシー運転手「お釣りはいらないよがなくなって寂しい」 キャッシュレス決済の導入で
ミドルシニアお仕事ナビを運営する大成広告社が「タクシー運転手の働きがい」に関する調査を発表。(2020/1/10)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
賃金は減り、リストラが加速…… ミドル社員を脅かす「同一労働同一賃金」の新時代
2020年は「同一労働同一賃金」制度が始まる。一方、厚労省が示した「均衡待遇」という言葉からは、正社員の賃金が下がったり、中高年のリストラが加速したりする可能性も見える。そんな時代の変わり目には、私たち自身も働き方と向き合い続ける必要がある。(2020/1/10)

高齢者の3割がキャッシュレス決済利用 政府の還元制度は「分からない」9割
高齢者の約3割がキャッシュレス決済を利用しており、そのうち半数がクレジットカードで決済していることが、モズエンタープライズの調査結果で分かった。QRコード決済などを利用する人は1割にとどまった。(2019/12/27)

モビリティサービス:
電動車いすのWHILLが国内外5空港で自動運転実証、高齢者から好評の声
電動車いすを手がけるWHILLは2019年12月26日、2019年に国内外の5カ所の空港で電動車いすの自動運転システムの実証実験を実施したと発表した。(2019/12/27)

スマホに慣れていない高齢者はiPhoneを買うべき? シニアのスマホ選びの注意点
シニア世代がスマートフォンを使う上で気を付けるべきことは? スマホ選びのコツなどを、シニアのスマホ事情に詳しいモバイルプリンスが解説。(2019/12/27)

シニアの73.7%がスマホ利用「難しい」、理由上位は「類似アプリ」 イオンの調査結果から
イオンモバイルは、12月26日に「2019年11月 シニアのスマートフォン利用に関する調査」の結果を発表。シニアの73.7%がスマホ利用「難しい」と答え、難しいと感じる理由上位は「似たようなアプリがたくさんあってどれをダウンロードしていいのかわからない」とだった。(2019/12/26)

高齢者向け一人乗り自動運転車いす 「年を取っても外を自由に動ける仕組みを作りたい」
自動運転後術を手掛けるベンチャー「ZMP」が開発した、高齢者向け自動運転車いすの試乗会が都内で行われた。「年を取っても外を自由に動ける仕組みを作りたい」とし、ビジネスかを目指す。(2019/12/26)

NTT-ATら、RPAツールを活用した金融機関向けコンプライアンス管理ソリューションを提供
「WinActor」に、英国のシニアマネジャー認証制度ソリューションやコンサルティングを組み合わせた支援を2020年春から提供する。(2019/12/24)

スピン経済の歩き方:
日本郵政の元凶は「多すぎる郵便局」と考える、これだけの理由
かんぽ生命の営業現場が、大変な騒ぎになっている。高齢者をだまし、契約を結ぶ。その一線を超えられない人に対して、「お前は寄生虫」などと罵声を浴びせる。典型的なブラック企業なわけだが、なぜこのような組織になってしまったのか。(2019/12/24)

4割強が被害を経験:
加害者は中高年男性がほとんど? 従業員へのハラスメント「カスハラ」調査
接客業を中心に問題になっている「カスハラ」。気に入らないことがあった際に、従業員に対して暴言や暴行を加える言動を指す。被害者の声を見ると、加害者は中高年男性が多いようだ。また、接客業経験者の方が、従業員に対して厳しい目を注いでいる傾向も。(2019/12/23)

どうかしているゲームの世界:
CGがまだ珍しかった時代の徒花 「CG昔話 じいさん2度びっくり!!」はなぜ狂気のカルトゲームと呼ばれるのか
珠玉の「どうかしているゲーム」を気まぐれに紹介していく不定期連載。第4回は、一部業界ではかなり有名な「CG昔話 じいさん2度びっくり!!」を取り上げます。(2019/12/20)

“サポカー限定免許”導入へ 事故歴のある高齢者には免許更新時に実車試験も
警視庁の有識者分科会は高齢運転者の事故防止対策として、安全運転サポート車のみの運転を認める限定免許制度や、事故歴や特定の違反歴がある高齢者を対象にに免許更新時の実車試験を導入する方針を示した。(2019/12/20)

シニアのスマホ所有による生活変化、所有期間が長いほど実感――ドコモ「モバイル社会研究所」調査
NTTドコモの企業内研究所「モバイル社会研究所」が、スマートフォンを所有するシニアを対象とした生活変化についての調査結果を発表。スマホの所有期間が長くなるにつれ生活変化を実感しているシニアの割合が増加するものの、その利活用にはある程度の期間を要する可能性が伺えることが分かった。(2019/12/19)

講師もシニアのスマホ体験会 同年代の指導で安心感
高齢者向けのスマートフォンを開発する富士通コネクテッドテクノロジーズは、高齢者が講師を務めるシニア向けスマートフォン体験会を開いた。開催のきっかけは参加者の「年齢の近い人に教えてほしい」という声だった。(2019/12/18)

自動ブレーキ義務化 高齢者の事故対策で世界に先駆け
国土交通省は、2021年11月から乗用車や軽自動車に自動ブレーキを搭載するよう義務付けると発表した。自動ブレーキの義務化は世界初だという。(2019/12/17)

深夜のコンビニで働く“ちょっとワケあり”のおじいさん 優しい姿描く漫画にじんわり
人にはいろいろな過去がありますよね。(2019/12/17)

導入には障壁も
医療サービスはECカートで買う時代? 「遠隔医療」が地方の高齢者医療に効果
地方都市はさまざまな要因で、十分な医療サービスを提供できない場合がある。地方の高齢者介護施設は大きなハンディキャップを抱えることになる。だからこそ遠隔医療は一つの解決策になる可能性がある。(2019/12/17)

UQ mobile、かけ放題やメールサービスが無料になる「シニア割(60歳以上)」
UQ mobileは、12月18日にキャンペーン「シニア割(60歳以上)」を開始。国内通話がかけ放題になる月額1700円(税別)の「かけ放題(24時間いつでも)」を最大1700円割引するほか、月額200円(税別)のメールサービスを無料とする。(2019/12/16)

乾電池とスマホだけで高齢者を見守り可能に ソフトバンクが新サービス
ノバルスの乾電池型IoTデバイスとソフトバンクの「みまもりサービス」を組み合わせた新サービスが登場。リモコンの電池を入れ替えるだけで高齢者向けの見守り用機器として利用できる。(2019/12/12)

2012〜19年を比較:
シニアのスマホ利用率、7年で5倍に 格安SIMは2割が利用
MMDLaboが運営するMMD研究所が「シニアのモバイル利用推移調査」の結果を発表。シニアのスマートフォン利用割合は、2019年に68.5%となり、12年と比べて約5倍に伸びた。(2019/12/11)

シニアのモバイル利用、3キャリアは減少も、格安SIMは増加
MMD研究所は、12月11日に「シニアのモバイル利用推移調査(2012年〜2019年)」について発表。2019年のスマホ利用者は68.5%と2018年と比べて7.0ポイント増加し、利用通信会社では「格安SIM」が18.9%と増加傾向にある。(2019/12/11)

新建材:
ベルギーの高齢者施設が高性能スマート調光ガラス「ヘイリオ」採用
太陽光や外気温に合わせてガラスの色を自由に調節できるスマート調光ガラス「ヘイリオ」が、ベルギーのシニア向け介護施設に採用された。ヘルスケア施設にヘイリオが導入されるのは世界初となる。(2019/12/6)

「ながら運転」の罰則強化など政府も本腰:
高齢者の自動車暴走事故はなぜ起きるのか ボルボの「世界的第一人者」に聞いた
池袋の自動車暴走事故から7カ月あまり。政府も「ながら運転」の罰則を強化など自動車事故への対策に本腰を入れている状況だ。高齢者の自動車事故はなぜ起きるのだろうか。ボルボで「Mr.セーフティ」と呼ばれてきたセーフティ部門の責任者ヤン・イヴァーソン(Jan Ivarsson)氏にインタビューした。(2019/12/11)

シニアの格安SIMユーザーが増加傾向に、スマホはiPhoneが最多 MMDの調査
MMD研究所は、12月5日に「2019年10月 シニアのスマートフォン、PC利用に関する調査」の結果を発表。2018年調査と比較すると通信会社は「格安SIM」が増加し、1日あたりのスマホ利用時間は「30分未満」が最多となった。(2019/12/5)

医療技術ニュース:
歯周病患者の歯茎で脳内老人斑成分が産生していることを発見
九州大学は、ヒトの歯周病の歯茎と歯周病因菌のジンジバリス菌(Pg菌)を投与したマウスの肝臓で、脳内老人斑成分のアミロイドβ(Aβ)が産生されていることを発見した。(2019/12/4)

人生設計をサポート:
新しくなった東急プラザ渋谷は「アクティブシニア」に支持されるか
東急不動産は12月5日、東京・渋谷駅西口の再開発ビル「渋谷フクラス」の中核商業施設「東急プラザ渋谷」をオープン。“成熟した大人たち”を主なターゲットとして、「人生100年時代」を見据えたライフスタイルを提案する店舗を展開する。(2019/12/3)

今日のリサーチ:
シニアの8割以上は5年以上前からネットショッピングを利用していた――アスマーク調べ
高齢者のIT利用率が増加し、ネットは若者のものというイメージは過去のものとなっているようです。(2019/12/2)

75歳以上医療費2割負担へ〜若い世代も他人ごとではない“厳しい将来”
やがて受給者となる若い人も高齢者と一緒になって政府と対峙する。(2019/11/30)

言動がイケメンすぎるじいさんの漫画『困ったじいさん』書籍化 ばあさんも読者も思わずドキドキ
こんなじいさんと結婚したい。(2019/11/22)

医療技術ニュース:
毎日の入れ歯の手入れが肺炎予防につながる
東北大学は、65歳以上の地域在住高齢者約7万人を対象にした研究で、入れ歯の手入れを毎日しない人は、過去1年間の肺炎発症リスクが1.30倍高かったことを発表した。毎日の入れ歯の手入れが、肺炎予防につながることが示唆された。(2019/11/21)

トイレのIoT電球で安否確認、孤独死を早期発見 バッファローなど開発
バッファロー・IT・ソリューションズなどが、高齢者見守りサービス「まもるむ」を開始。トイレの電球が2日間オン・オフされていないと、孤独死の可能性があるとし、オーナーや管理会社に通知する。(2019/11/20)

PR:インターネット老人会の皆さんに朗報 女子大生に「昔のホームページ」を見せた感想は「別に古いと思わない」でした!
そんな女子大生に「自分のホームページ」を作らせたらどうなるの、というお話。(2019/11/20)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
ヤリスの向こうに見える福祉車両新時代
還暦もそう遠くない筆者の回りでは、いまや最大関心事が親の介護だ。生活からクルマ消えた場合、高齢者はクルマのない新たな生活パターンを構築することができない。そこで活躍するのが、介護車両だ。トヨタは、ウェルキャブシリーズと名付けた介護車両のシリーズをラインアップしていた。そしてTNGA以降、介護車両へのコンバートに必要な構造要素はクルマの基礎設計に織り込まれている。(2019/11/18)

「池袋暴走」後、免許返納が急増 高齢ドライバー対策に「限定免許」検討も
池袋の車両暴走事故が発生した今年4月以降、東京都内で運転免許証を自主返納するドライバーが急増している。9割超が65歳以上の高齢者で、警視庁は「事故を契機に安全運転の意識が高まっている」と分析。運転できる条件を安全機能搭載車などとする限定免許の導入も検討されており、高齢ドライバー対策は大きな転換点を迎えている。(2019/11/13)

生活不安1位は「高齢者ドライバーによる交通事故」 7割超がニュースで話題の社会問題に強い不安
自分が対策できないものは不安だよね。(2019/10/24)

買い物難民救え!コンビニ商品もドローンでお届け
 高齢化、過疎化が進む岡山県山間部の和気町で10月から、無人航空機のドローンを使った生活物資の配送実験が行われている。配送先は、自動車でたどり着くには一本道しかない集落など。住人は高齢者が多い。買い物支援の一つとして期待されるが、土砂崩れなど災害時には孤立の恐れがあり、地域の新しいインフラとしても注目される。(2019/10/23)

買い物難民救え! コンビニ商品もドローンでお届け
高齢化、過疎化が進む岡山県山間部の和気町で10月から、無人航空機のドローンを使った生活物資の配送実験が行われている。配送先は、自動車でたどり着くには一本道しかない集落など。住人は高齢者が多い。(2019/10/23)

京セラ製:
シリーズ初の有機ELディスプレイ搭載 トレンドをつかんだ初心者向けスマホ「BASIO4」登場
auの初心者・シニア向けスマートフォンの第4弾が、2020年春に登場する。アスペクト比18.5:9で、シリーズでは初となる有機ELディスプレイを採用して“今風”に仕上げつつ、シリーズが培ってきた簡単操作機能は引き続き搭載している。(2019/10/10)

【新連載】人事ジャーナリスト・溝上憲文の「経営者に告ぐ」:
“高齢者版追い出し部屋”だけじゃない 70歳雇用義務化がもたらす「どの世代にも残酷な未来」
ベテラン人事ジャーナリストの溝上憲文が、人事に関する「経営者が対応すべき施策」を提言する新連載。今回は刻々と進む70歳雇用義務化について。この施策の先には、「現役世代の給与に手をつけなければならない」という厳しい現実が……。(2019/10/7)

セブン‐イレブンとタッグ:
「買うだけ」にストップ メルカリが封筒や段ボール発売 新規ユーザー獲得に前のめり
メルカリが10月3日、セブン‐イレブンでオリジナル資材を発売する。背景には、ユーザー拡大の狙いがある。メルカリでは、「買うだけ」のユーザーが圧倒的に多いという。また、シニア向けの教室を開くなど、新規ユーザーの獲得に向けて幅広い施策を展開している。(2019/10/3)

日本アイ・ビー・エム株式会社提供Webキャスト
高齢者や障がい者への支援をイノベーションに変える、少し未来の社会の姿
超高齢化社会に伴うさまざまなリスクを回避するには、高齢者が生き生きと活動できるような技術のサポートが欠かせない。AIやIoTをはじめ、高精度ナビゲーション、画像認識など最先端技術を生かした研究の現在地を紹介する。(2019/10/3)

「3Dフィギュア」身近に 社員をフィギュア化して飾るIT企業も 「『意味が分からない』という社員もいるが……」
立体でしか表せない全身から漂う個性……。人やペットを全方向から撮影して制作する「3Dフィギュア」が身近になってきた。従来は時間がかかっていた3Dスキャンが技術革新で一瞬で済むようになり、じっとしていられない動物の立体撮影も可能になっている。3Dプリンターによる毛並みや体つきはどこから見ても“ウチの子”。シニアペットの遺影としても注目される一方、社員のフィギュアを飾っている“変な会社”も見つかった。(2019/9/30)

【100歳時代プロジェクト】ネット活用「遠隔共食」 健康長寿阻む「孤食」解消へ
多くの人が100歳まで生きられるようになりつつある現在、さまざまな理由により、高齢者が独りで食事をする「孤食」が健康長寿の阻害要因と指摘されている。(2019/9/26)

人工知能ニュース:
AIトイレが便の形と大きさを自動判定、LIXILが高齢者施設向けに開発中
LIXILが高齢者施設の入居者の排便管理をAI技術でサポートする「トイレからのお便り」について説明した。排便のタイミング、便の形と大きさをAI技術により自動で判定、記録し、介護スタッフが詰める施設のステーションで入居者の排便状況を一括確認できるようにする。(2019/9/26)

電子回覧板や高齢者見守りにも効果:
Wi-SUN活用で「ネット環境が整わない地域」でもコンテンツ配信 NICTが開発
NICTのソーシャルICTシステム研究室は、Wi-SUNとWi-Fiを活用する無線ネットワークの構築技術を開発した。この技術を利用して、高齢者世帯を対象とした地域の見守りや、電子回覧板の配信の実証実験も始める。(2019/9/26)

2年でユーザー数が30倍に:
フリマアプリも高齢化? 2年で30倍に増えたシニアユーザー 見えてきた「意外」な利用方法
楽天のフリマアプリ「ラクマ」がシニア向けの教室を開催。ラクマでは、シニアユーザーが2016年から18年にかけて30倍に増加しているという。メルカリも同様の教室を開催しており、フリマアプリにも高齢化の波が来ている。楽天の調査では、シニアの意外なフリマ利用方法も明らかになった。(2019/9/25)

黒部市在住の高齢者世帯が対象:
NICT、Wi-SUNを活用し地域見守りなどを検証
情報通信研究機構(NICT)ソーシャルICTシステム研究室は、Wi-SUNとWi-Fiを融合活用した無線ネットワーク構築技術を開発した。この技術を用いて、黒部市在住の高齢者世帯を対象とした「地域見守り」と「電子回覧板」の実証実験を2019年10月より、3カ月間の予定で始める。(2019/9/25)

「すれ違いIoT通信」で地域見守り、NICTが無線ネットワーク構築技術を開発
Wi-SUNとWi-Fi、BLEの通信に対応したIoT無線ルーターを活用し、高齢者世帯の見守りや電子回覧板配信の実証実験を始める。(2019/9/20)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。