ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「シニア」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!シニアライフ→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でシニアライフ関連の質問をチェック
「シニア」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

関連キーワード

リノベ:
病院のリノベによる有料老人ホームが京都で竣工、三菱地所レジデンス初の取り組み
三菱地所レジデンスは、京都府京都市中京区で病院をリノベーションし開発を進めていた有料老人ホーム「プレザングラン京都円街」が2022年4月1日に開業することを公表した。病院を有料老人ホームにリノベーションする事業は、三菱地所レジデンス発足以来、初の取り組みになるという。(2022/5/23)

安全システム:
高齢ドライバー向け認知機能検査をタブレットで、DeNAと日本テクトシステムズ
ディー・エヌ・エー(DeNA)と日本テクトシステムズは2022年5月13日、高齢者認知機能検査の法改正に準拠した、タブレット式の認知機能検査システム「MENKYO」の提供を開始したと発表した。同日から、富山県の警察本部や教習所などで運用が始まった。2022年度中に19府県で運用を開始し、警視庁でも実証実験を開始する予定だ。(2022/5/16)

製品動向:
パナソニック ハウジングソリューションズが建材ショールームをリニューアルオープン
パナソニック ハウジングソリューションズは、東京都港区東新橋一丁目のパナソニック東京汐留ビル内に配置していた介護施設向け製品のショールーム「シニアライフ・プロスタジオ」を改修し、福祉施設や医療施設、教育施設をメインターゲットにした「ライフケア・ハウジング プロスタジオ」として2022年4月6日にリニューアルオープンした。(2022/5/16)

コンセプトは「好きなものだけ、ちょっとずつ。」:
ローソン、小容量総菜「マチのデリ」を全国で販売 食のパーソナライズ化に対応
ローソンは小容量総菜「マチのデリ」を全国で販売する。2021年に一部店舗で先行販売し、女性やシニア世代に好評だった。彩り豊かなサラダを中心に展開。(2022/5/12)

シニアスマホ所有のきっかけは家族――ドコモ「モバイル社会研究所」調べ
NTTドコモのモバイル社会研究所は5月9日、シニアがスマートフォンを所有するきっかけについての調査結果を発表した。調査対象は関東1都6県の60〜79歳の男女で、有効回答数は709件。「家族のすすめ」「周囲にスマホを持っている人が増えた」「使いたい機能・アプリがあった」が上位となった。(2022/5/9)

近所のスーパーに「姫とじいや」がやってきた? 買い物中のおじいさんと孫娘の見せたやりとりにほっこり
小さな女の子はお姫様に憧れるものですからね。(2022/5/5)

「SNS上での交友関係が豊かでも、現実世界でそうとは限らない」 中高年を対象にした調査で明らかに
Facebookの友人数をもとに調査。(2022/5/4)

バスや個室:
第3次サウナブーム過熱、なぜ?
新型コロナウイルス禍を背景に、サウナへの注目が集まっている。サウナを題材にした漫画やドラマが人気を博し、中高年から若者まで全国のサウナーがユニークなサウナに熱を上げている。(2022/5/3)

政府の「デジタル推進委員」制度案判明 任期は1年、給与はなし 高齢者ら支援
高齢者らデジタルに不慣れな人向けに講座を開くなどして支援する政府の「デジタル推進委員」の制度の概要が分かった。無休で任期は原則1年で5月下旬から募集を開始。専門家による研修を経てデジタル庁が認定する。(2022/4/27)

都市圏でも増加傾向の買い物難民:
軽トラが買い物難民を救う? コンビニとしのぎを削る移動販売「とくし丸」の挑戦
免許返納などで移動の足がなくなり、買い物難民と化す高齢者が増えている。そうした市場を突き成長を続けるのが移動販売型のスーパー「とくし丸」だ。(2022/4/27)

デジタル支援員、22年度中に1万人 構想骨子案判明
政府は「デジタル田園都市国家構想実現会議」の基本方針案に、高齢者らデジタル機器の取り扱いが不慣れな人たちを支援する「デジタル推進委員」を2022年度中に全国で1万人以上配置することや、23年度までに5G人口カバー率95%を達成することを盛り込んだ。(2022/4/26)

環境省の事業が始動:
月額2000円でエアコンのサブスク、埼玉県戸田市がモデル事業を実施
埼玉県戸田市は、エアコンを月額2000〜3700円で利用できるサブスクリプション事業を開始すると発表した。高齢者世帯と子育て世帯を対象に、4月25日〜5月13日の期間に募集する。(2022/4/22)

「生娘をシャブ漬け戦略」が生まれた背景は:
吉野家元常務の舌禍事件から考える マーケティング業界の病巣とシニア権力を持ち続けるリスク
「生娘をシャブ漬け戦略」という破廉恥ワードはなぜ生まれたのか。背景にはマーケティング業界の問題と、シニア世代の価値観があると筆者は指摘する。(2022/4/22)

プロジェクト:
渋谷区渋谷4丁目でペット持ち込み可能フロアを備えた老人ホームが竣工、ヒューリック
ヒューリックは、渋谷区渋谷4丁目で開発を進めていた老人ホーム「ホスピタルメント青山」が2022年3月に竣工したことを公表した。(2022/4/22)

動き出したエアコンのサブスク 戸田市は富士通ゼネラルの最上位機種で月額2000円から
高齢者世帯の熱中症対策を主な目的としたエアコンのサブスクリプション事業が動き出した。戸田市の場合は月額2000円(税込)から。(2022/4/21)

約7割が「働くことに対する不安が増えた」と回答:
「案件獲得にとても苦労している」 Miraieがシニアフリーランスエンジニアの実態調査結果を発表
Miraieは、「シニアエンジニアの将来への不安」に関する調査結果を発表した。以前と比べてフリーランスとして働くことに対する不安が「増えた」と回答した割合は71.8%となっており、シニア層(40〜60歳代)のフリーランスエンジニアが案件の獲得に苦労していることが分かった。(2022/4/13)

「1人だけジブリみたい」って言われた―― 古風なキャンパーが想像以上にラピュタのポムじいさん
小鬼じゃ、小鬼がおる。(2022/3/26)

「人生100年時代」はスマートモビリティ 大阪南部で実証実験 万博での活用も
「人生100年時代」といわれ、元気に外出したいと考える高齢者が増える一方、市街地から離れた地域は、鉄道やバスなどの公共交通機関が少ない。(2022/3/25)

「変な老人とガスマスク女が食事してた…」 街中に突如現れた2人組が話題、謎の正体を探った
どういうことなの……?(2022/3/24)

海外と比較:
「ネットを全く利用していない」66歳以上の33%、理由は?
ウイルス対策ソフトを提供するアバストは、「シニア層のインターネットの利用頻度に関する調査」を実施。その結果、国内の66歳以上の3人に1人がネットを全く利用していないことが分かった。(2022/3/23)

明治生まれのひいおじいさんの大好物「薄いせんべい」とは? 意外なお菓子の正体に「確かに薄揚げせんべいだ」
もっと和風なお菓子を想像していた……!(2022/3/22)

小川知子、全員70歳超の“子役会”を報告 柏木由紀子、音無美紀子、酒井和歌子ら大御所俳優がずらり
「高齢者の集まりですもの」と認知症の話題も。(2022/3/17)

越智岳人の注目スタートアップ(3):
転倒時だけ柔らかくなる床材、構造×素材×IoTで高齢者を守るMagic Shields
歩行時は硬いが、転倒時のみ柔らかくなり骨折を防ぐ床材「ころやわ」の開発を手掛けるMagic Shieldsは、独自の構造×材料技術によって高齢者の転倒骨折事故の防止に貢献している。その開発背景や創業から1年という短期間で製品化までこぎ着けることができた秘訣について、同社 代表取締役の下村明司氏に話を聞いた。(2022/3/10)

「働かないおじさん問題」のニュータイプ化:
「働かないおじさん」と本気で向き合い、解決するには
自社のミドルシニアが「働かないおじさん」となってしまっている――そんな場合、どのような対策ができるでしょうか。行動変容を促すための、5つのポイントを紹介します。(2022/3/14)

組み込み採用事例:
薄型圧電センサーをシニア向けスマホに採用、直感的なボタン操作が可能に
村田製作所の圧電フィルムセンサー「Picoleaf」が、FCNT製のシニア向け「らくらくスマートフォン」に採用された。高感度の押圧検知ができるPicoleafを組み込んだタッチパネルは、実際のボタンを押すような感覚で操作できる。(2022/3/11)

3Gサービス終了を「知らない」シニアは約16% MMDの調査より
MMD研究所は、3月8日に「2022年シニアの3Gサービス終了に関する実態調査」の結果を発表した。フィーチャーフォン利用者の3Gサービス終了を16.1%が「知らない」と回答し、終了する年の誤回答率は33.9%となった。(2022/3/8)

非営利法人の代表者らに聞いた:
非営利団体がシニア人材に求める「人物像・資質」 「コミュニケーション能力」などが上位に
日本NPOセンターは、「非営利団体のシニア人材受け入れの現状と今後のニーズ」について調査を行った。シニア人材が「社会貢献事業や非営利法人の活動に参画・活躍」することを歓迎すると答えた団体は7割に上ることが分かった。(2022/2/22)

石野純也のMobile Eye:
ドコモが“TONEのAndroidスマホ”を扱うインパクト 3G巻き取りを狙うが、ライバルも
ドコモのエコノミーMVNOに加わったトーンモバイルが、2月24日から自社端末をドコモショップで販売する。Android端末のみに実装されているシニア向けのサービスが利用できるようになるインパクトは大きい。狙うのは、3Gのフィーチャーフォンを使うユーザーだ。そのインパクトを考察していきたい。(2022/2/19)

約1万人に聞いた:
好きな菓子パン・総菜パンランキング2位は「カレーパン」 1位は?
好きな菓子パン・総菜パンランキング1位は「サンドイッチ」という結果に。2位「カレーパン」、3位「あんパン」と続いた。パンを1日1回以上食べる人は30%を超え、高齢者層に多いと分かった。(2022/2/19)

ドコモショップで「TONE for Android」開始 9980円の独自スマホでシニアにも訴求
NTTドコモの「エコノミーMVNO」向けサービス「トンモバイル for docomo」の新プランとして、「TONE for Android」が登場。2月24日から全国約2300店舗のドコモショップで提供する。サポート機能を充実させたことシニアにも訴求し、1年間月額0円からのキャンペーンも実施する。(2022/2/16)

ドコモ、京セラ製の「あんしんスマホ」を2月24日発売 4万1976円
NTTドコモは、シニア層向けのAndroidスマートフォン「あんしんスマホ KY-51B」(京セラ製)を2月24日に発売する。ドコモオンラインショップ価格は4万1976円(税込み)。大画面やシンプルで分かりやすい操作方法などが特徴。(2022/2/14)

ドコモ、5G対応の「らくらくスマートフォン」を2月24日に発売 5万1744円
NTTドコモは、シニア層向けのAndroidスマートフォン「らくらくスマートフォン F-52B」(FCNT製)を2月24日に発売する。ドコモオンラインショップ価格は5万1744円(税込み)。らくらくスマートフォンとして初めて5Gに対応し、従来製品の使い勝手を維持しつつも、カメラやバッテリーを強化した。(2022/2/14)

「働かないおじさん問題」のニュータイプ化:
これは立派な社会問題だ――「働かないおじさん問題」と正しく向き合うべき理由
「働かないおじさん」という言葉を目にする機会が増えた。一方で、実際にミドルシニアの問題に悩む企業の話を聞くと、「本人が意図的にサボっている」というサボリーマン的な内容はごくわずかだ。「働かないおじさん問題」はどこから生じているのか、その本質について考察する。(2022/2/14)

楽天モバイル、郵便局の申込カウンターを285局に順次拡大
楽天モバイルと日本郵便は、郵便局のイベントスペース設置している「楽天モバイル 郵便局店」を全国285の郵便局に拡大。健康寿命の延伸サポートサービス「楽天シニア」のチェックイン端末を順次設置していく予定だ。(2022/2/10)

キャリアニュース:
50代対象の求人は増加傾向、「70歳雇用確保努力義務」は半数が対応進まず
「ミドルの転職」が「定年延長によるミドル・シニアの活用」についての調査結果を発表した。50代対象の求人が「増えている」と転職コンサルタントの43%が感じていたが、「70歳雇用確保努力義務」には、53%が「対応が進んでいない」と回答した。(2022/2/10)

建設現場のベテランでも新人でも即扱える:
PR:大林組や竹中工務店で全社導入のビジネスチャットが切り拓く情報共有の未来
重篤災害が多発し、危険が日常と隣り合わせの建設現場では、何よりも「安全第一」が求められる。そこで重要なのが、安全確保とともに生産性向上にも欠かせない現場での情報共有だが、若年者から高齢者までかつ多職種の作業員が協働する建設現場では、立場の違いや高齢者を中心とするデジタルツールへの苦手意識などから、その徹底は困難を極める。こうしたなか、とあるビジネスチャットが建築現場での利用を急速に拡大させ、情報共有の効率化などで着実に成果を上げているという。CEOへのインタビューを通して、ツール普及の裏側とその導入効果に迫る。(2022/2/3)

転職コンサルタントに聞く:
50代の求人が増えている、その理由は?
エン・ジャパンは「定年延長によるミドル・シニアの活用」に関する調査を実施した。その結果、50代を対象とした求人は……。(2022/1/31)

日本全国実感年齢白書 2022:
「シニア」「おじいさん・おばあさん」「お年寄り」 イメージする年齢は?
サントリーウエルネスは全国の20〜79歳の男女に、「年齢意識に関する調査」を実施した。「シニア」「おじいさん・おばあさん」「お年寄り」という言葉からイメージする年齢を尋ねた。そのほか、実感年齢(実年齢ではなく、自分自身で感じている年齢)が都道府県のランキングも発表。(2022/1/29)

プロジェクト:
東京都目黒区で有料老人ホームと店舗から成る複合施設が着工、日本郵政不動産
日本郵政不動産は、東京都目黒区下目黒五丁目で、「(仮称)下目黒五丁目計画」として、有料老人ホームと店舗から成る複合施設の開発を進めている。下目黒五丁目計画は、グループ会社の保有資産を活用した開発で、有料老人ホームは長谷工コーポレーション(運営は長谷工シニアウェルデザイン)に、店舗はライフコーポレーションに賃貸し、竣工後は各社が運営する。(2022/1/28)

需要増も事故死亡率が高いシニアカーの踏切走行
大阪府東大阪市の踏切内で、シニアカーに乗っていた男性が横断中に転倒し、電車と接触して死亡する事故があった。同様の事故は全国各地で相次いでおり、死亡率も高い。高齢化が進む中シニアカーの需要は高まっており、安全対策は喫緊の課題だ。(2022/1/25)

耳がほとんど聞こえないシニア犬を保護した結果…… 子犬のように遊ぶ姿から愛情が伝わる 米
こんなに変化するなんて。(2022/1/23)

「ウイルス感染した」 PCサポート詐欺急増
PCがウイルス感染したように装い、利用者の不安をあおって対応の名目に、金銭を要求する「サポート詐欺」で、警視庁が男女3人を逮捕した。立件は全国初。サポート詐欺の被害は年々増加しており、PCに不慣れな高齢者を中心に被害が目立つ。(2022/1/20)

ソフトバンクと小田原市が高齢者向け「体験型スマホセミナー」を開催 小田原城付近を舞台に
ソフトバンクと小田原市が、体験型スマホセミナーを開催する。小田原城付近の屋外を舞台に、日常生活でスマホを利用する方法を学べるという。(2022/1/7)

東京都で高齢者が免許更新時に受ける「認知機能検査」、24時間ネット予約可能に
家族や若者世代は手伝ってあげましょう。(2022/1/7)

CES 2022:
LGのスマートTV、シニア向け医療サービスプリインストールに(北米で)
LGは、2022年に北米で販売するスマートTVに医療サービスアプリをプリインストールすると発表した。「Independa Health Hub」では、歯科医師との動画チャットやシニア向けフィットネスプログラムを利用できる。(2022/1/5)

除雪機の使用に注意 締め切った屋内での使用で一酸化炭素中毒で死亡する事故も
新型コロナウイルス感染症の影響で除雪作業の担い手が不足し、高齢者や作業に慣れていない人が作業する地域も。気を付けてください。(2021/12/31)

モス「獺祭シェイク」の特設サイトが懐かしすぎると話題 “インターネット老人会”ホイホイだ……
「ダサい」と「DASSAI」をかけているのか?(2021/12/30)

産業動向:
「建設業で若者就職者の減少は改善も、さらなる若者層の獲得が必要」年齢層別の採用状況
建設HRは、国内における建設業の人材市場動向をまとめた2021年12月分のマンスリーレポートを公表した。今月は、厚生労働省の「雇用動向調査」をもとに建設業における若者層と高齢者層の就職者について分析した。(2021/12/28)

4〜5年は使えるスペック ドコモから京セラ製「あんしんスマホ」が登場した理由
ドコモが2022年2月以降に発売予定のシニア向けスマホ「あんしんスマホ KY-51B」。現在販売されている「らくらくスマートフォン」と比較されやすい端末だが、どんなコンセプトで企画、開発されたのか。(2021/12/24)

いまさら聞けない自動車業界用語(18):
高齢者とクルマの運転、技術は何をできるのか妄想してみよう
皆さんは将来の自動運転車の在り方や、高齢者の移動問題がどのようになると思いますか。運転が好きな方は、自分の身体機能や認知機能が衰えたときに未練なく免許を返納できるでしょうか。それとも、いつまでも運転できる方法を探すでしょうか? 今の技術や社会から、ちょこっと妄想してみませんか。(2021/12/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。