ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「改造」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「改造」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

オランダ、市街地に突如「バットモービル」が出現! ランボルギーニ「ガヤルド」を魔改造したラリーカー
ゲーム版バットモービルを再現しています。(2019/7/9)

ゲームのセーブデータの改造代行、不正競争防止法違反で初摘発
18年11月の法改正で不正競争行為として規制されることになりました。(2019/7/1)

また英国か! JCB、1000馬力の魔改造「トラクター」で世界最速記録を更新 F1名門「ウイリアムズ」の協力で時速166キロに届く
速さを競う「F1」マシン開発のプロチームを巻き込むガチっぷり。(2019/6/29)

「T4」バイク型ターミネーター(本物)が米博物館で展示 ドゥカティを魔改造して制作した貴重な1台
撮影のために作られた貴重な実写モト・ターミネーター。(2019/6/18)

最高速度240キロオーバー 英ホンダ、魔改造「芝刈り機」新型でギネス世界記録を樹立
開発「新しいレベルに引き上げた」と豪語。(2019/6/12)

ひぇぇぇ! 1300ccエンジンに換装した魔改造「トゥクトゥク」時速119キロを叩き出してギネス世界記録に認定
約280万かけて改造した特製トゥクトゥクで挑戦。(2019/5/31)

人とくるまのテクノロジー展2019:
電子制御なしの後付け用踏み間違い防止装置、ばねとクラッチのシンプル構造
英田エンジニアリングは、「人とくるまのテクノロジー展 2019 横浜」(2019年5月22〜24日、パシフィコ横浜)において、電気的な改造が不要な後付け用踏み間違い防止装置「STOPペダル」を展示した。(2019/5/24)

自作ゲームキューブ・ミニがすごい グミの箱を改造した海外YouTuberの動画
製品化してほしい!(2019/5/22)

これがロシア流カスタム道……! 英ベントレー「コンチネンタルGT」を無限軌道に魔改造した「ウルトラタンク」がめっちゃ楽しそう
2500万円もする高級車になんてことを!(2019/5/16)

連邦の軍艦は化物か ガンダムの戦艦「ホワイトベース」が華麗なドリフトを披露、魔改造R/Cカーが話題に
赤い彗星より速そう。(2019/5/13)

なんて美しいシルエットなんだ! 1929年製ヴィンテージバイクを大改造 近未来をテーマに作り上げたカスタムバイクがめちゃくちゃイケてる
2029年の近未来をイメージして作ったカスタムバイク。(2019/5/10)

身をよじるように走る悪魔のR35 3000馬力を誇る魔改造「GT-R」が超スーパーすごい
ひたすら速さだけを追求したモンスターGT-Rがドラッグレースで大暴れ。(2019/4/26)

鍵付きだから傘泥棒には開けない! ビニール傘を「ダイヤル錠付き」に改造する天才現る
これは欲しい。(2019/4/9)

あの“カブトムシ”がまさかすぎる大変身! VWビートルをピックアップトラックに魔改造したマシンが話題に
街で見かけたら二度見しちゃう。(2019/4/1)

エリーゼやヴァンテージのパーツも流用 RX-7を魔改造した950馬力モンスターマシン「RX-777」がいろいろとすごい
見た目と音からは元ネタが分からない魔改造ぶり。(2019/3/27)

キーボードをキーボードに改造 タイピングで奏でられる「TYPEPLAYER」がビジネスマンを作曲家に?
ひょっとしたら、日々の書類作成の要領で名曲が生まれるかもしれない。(2019/3/25)

花粉症の季節にはこれガイル ティッシュが“ガイルの髪”になるよう改造した「鼻セレブ」に腹筋をKOされる人たち
鼻セレブーン。(2019/3/24)

表情に哀愁がありすぎる…… とんかつ屋にいる“豚に改造された狸”の置物が「やばい」「夢に出そう」と話題に
ブタになったタヌキは縁起物なのかどうか。(2019/3/23)

これが最強の耐氷雪タイヤか……! 海外YouTuber、クルマに丸ノコを装着した魔改造マシンで凍った湖面を走る
おいおいおい、あいつら沈むわ。(2019/3/12)

R33のエンジンと4WD機構をまるっと移植 GT-Rと化したトヨタ「86」魔改造マシンが凄すぎる
ニッサンの音がするトヨタ車という面白さ。(2019/3/8)

1000馬力のガチプロ仕様 トヨタと海外レーシングチームが開発した魔改造「オーリス」が競売にかけられる
FFをFRに改造する暴挙。(2019/2/28)

山岳トンネル工事の発破音を大幅に低減する「改造型防音扉」を開発、西松建設
西松建設と奥村組は、リース材として使われる一般的な防音扉を改造し、発破に伴う低周波音を効果的に低減する「改造型防音扉」を開発した。低周波音の減衰性能を向上すべく、防音扉の車両通行部のみを2層式とし、ローコスト・省スペース化も実現。山岳トンネル工事における周辺家屋に与える環境負荷を効率的に抑え込む。(2019/2/12)

意外とえぇやん! 日産「マーチ」をGT-R50 by イタルデザイン風に魔改造したカスタムカー爆誕、学生チームが制作
まさかの組み合わせにびっくり。(2019/2/8)

「ラブライブ!」フィギュアの頭付け替えオク出品の男、ガルパンフィギュア改造で再逮捕
茨城県警稲敷署は6日、著作権法違反の容疑で、千葉県八千代市勝田台の製造販売業、小山将美容疑者(39)を再逮捕した。容疑を認めている。(2019/2/7)

「スープラ」が話題:
東京オートサロンに国内活性化のヒント カギは顧客目線の車造り
個性をとがらせた車が国内外の自動車イベントで存在感を発揮している。1月に開かれた改造車の祭典「東京オートサロン」は、スポーツカーブランドの競演も原動力となって、過去最多の来場者を獲得。米ミシガン州デトロイトで同月に開かれた北米国際自動車ショーでは、トヨタ自動車が17年ぶりに復活させたスポーツカー「スープラ」が話題を呼んだ。そこには、車ファンの裾野を広げるヒントが隠されている。(2019/2/6)

「ロマサガ2」無改造で「ソウルスティール」習得法見つかる やり方は「サブフレームリセット」
やりたい放題かよ。【訂正】(2019/1/24)

日産、謎のクローラー推し セダン「アルティマ」をクローラー仕様に魔改造したマシン「Altima-te」公開
ジュークに続いてアルティマまで……謎のクローラー推し?(2019/1/21)

スズキ「スーパーキャリー」にスズキ「バンディット」のエンジンを移植!? スズキ愛の終着点とも言える魔改造マシンが海外で話題に
これがスズキストの境地か。(2019/1/19)

見るプロテイン? 女子高生が肉体改造するコメディー漫画『ダンベル何キロ持てる?』がアニメ化決定!
女子高生が筋トレに挑む漫画が原作。(2019/1/16)

タイヤでかすぎ、ベンツに和室にレンジローバー 「魔改造ジムニー」オートサロンに集結
ジムニーの改造ベース車っぷりは日本一ぃぃぃ。(2019/1/16)

86をランボルギーニ・ウルス風ピックアップに大改造 東京オートサロンで見た「なんじゃこりゃぁ!」ってなる魔改造マシンたち
おにぎりを履いた「ジューク」、ギンギラギンすぎる「インパラ」など。(2019/1/14)

ねとらぼで振り返る「この痛車がすごい2018」 戦車風プリンス・スカイライン、魔改造すぎるザクII「S2000」など
2019年も痛車特集、がんばります!(2019/1/7)

これを見逃すなんてとんでもない! 「ねとらぼ交通課」編集部が独断と偏見で選んだ「魔改造バイク2018」ベスト10
個性的にもほどがあるぜ!(2019/1/3)

もう元が何か分かんねぇ あの「クラシックS660」をさらに「オールドレーサー風」に魔改造、かっけぇぇ
中身は最新、カタチはオールドスタイル。発売はやく!(2018/12/26)

どのアングルから見てもカッコイイ ホンダ「スーパーカブ」をタイの人気ショップが大改造、渋いカスタムモデルを披露
落ち着いた雰囲気のスーパーカブ。(2018/12/18)

メーカー名はちょっと怖い、でも美しい…… “ロンドンの死のマッシーン”社がモトグッツィの事故車を魔改造
これがまた、ウルトラ美しいバイクに超変身。(2018/12/13)

唸りをあげる620馬力「GT-R」エンジン 魔改造ハイエースでレジェンド「のむけん」がドリフトに挑む
あぁー(車体が)ぴょんぴょんするんじゃー。(2018/11/16)

自然エネルギー:
石油火力をバイオマス発電に転換、2023年稼働へ改造がスタート
関西電力が兵庫県相生市で運営する火力発電所で、一部の設備を改修して燃料をバイオマスに転換するプロジェクトがスタート。営業運転開始は2023年を予定している。(2018/11/8)

2本のロボットアームでピザを焼く 米ピザハット、トヨタのトラックを魔改造したピザトラックを開発
焼き立てのピザをお届け!(2018/11/6)

またヤベーの出てきた! 神様ケン・ブロックの新型マシンは914馬力の魔改造77年式トラック
危険そうな雰囲気ばりばり。(2018/11/6)

「カローラ スポーツ」の鬼改造カスタムカーたちがSEMAショーで爆走 FR化してナイトロ噴出850馬力ですってさ
かっこいいケン・ブロック選手撮影仕様から、ガチでSUGEEEやつまで。【訂正】(2018/11/2)

スピン経済の歩き方:
新しく就任した大臣が「失言」を繰り返す、3つの理由
内閣改造の風物詩ともいうべき、「大臣の首を取りましょうキャンペーン」が本格化している。それにしても、なぜ新たに就任した大臣は「失言」を繰り返すのか。筆者の窪田氏の分析によると……。(2018/10/9)

ハンドスピナーを地球ゴマ風に魔改造した新製品登場 ベアリングを2つ搭載してめっちゃ回る
デザインもかっこいい。(2018/10/4)

山浦恒央の“くみこみ”な話(110):
バグ検出ドリル(10)“昔のバグ”は生命力が最強
バグは至るところに、しかも堂々と潜んでおり、自信満々なプログラマーほど、目の前のバグに気付かないものです。「バグ検出ドリル」の第10回では、生命力最強という“昔のバグ”がテーマです。前回の第9回で扱った迷路探索プログラムの改造版からバグを見つけ出してください!(2018/9/20)

「弘法筆を選ばず」のはずが……:
大坂なおみ選手のラケットは「市販品でなくプロ向け改造品」 ヨネックスが謝罪
テニスの大坂なおみ選手が使用しているラケットが、一般消費者向けの市販品と同じだとする情報は誤りだった。製造元のスポーツメーカー・ヨネックスが明らかにした。「弘法筆を選ばず」などとネットで話題になっていた。(2018/9/14)

なんだこりゃぁぁ プライベートジェットを魔改造したぶっ飛びリムジン「Limo-Jet」爆誕 やばすぎるこの存在感
億万長者「プライベートジェットとリムジンが欲しい」 Limo-Jet「よっしゃ任せろ!!」……で、こうなった。(2018/8/29)

CEDEC 2018:
ソシャゲのチートにも「海賊版サイト」 知識なくても使える不正アプリ横行
ゲーム会社が頭を抱える、一部ユーザーによるゲーム内不正行為(チート)。最近は知識がなくても不正アプリや改造ツールが入手できる海賊版サイトなどの存在もあり、企業側も対応に追われている。(2018/8/27)

新型「クラウン」が霊きゅう車に:
消えた「宮型霊きゅう車」の代わりに、葬儀業界で「つながるクルマ」が主流になる?
終活ビジネスの展示会「エンディング産業展2018」に、霊きゅう車に改造した新型「クラウン」が出展されていた。出展社に、かつて主流だった「宮型霊きゅう車」が街から消えた理由を聞いた。(2018/8/24)

のどかな山間部に突然のミニバン ルーマニアの林間鉄道を走るトロッコが魔改造すぎる
実在系矛盾ネタ。(2018/8/20)

二輪だけど四輪というロマン仕様 マセラティ製V8エンジンを搭載した魔改造バイク「LM847」がすごい
ヒーローが乗ってそうなルックス。(2018/8/15)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。