ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「報復」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「報復」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

犬のケージにいたのはまさかの……!? 当たり前のような顔をしてくつろぐリクガメがかわいい
リクガメのおむつ姿がかわいい。(2021/1/14)

Parler停止のAWSとトランプ氏アカウント凍結のFacebook、報復に警戒するよう従業員に通達
保守派の集うSNS「Parler」を停止に追い込んだAWSと、トランプ米大統領のアカウントを永久凍結したFacebookがそれぞれ、報復に警戒するよう従業員に通達した。(2021/1/13)

桃太郎へいざリベンジ!→ 既に没落し不幸のどん底 鬼の娘による復讐を描く漫画が熱い
行き場に困る振り上げた手を、どう下ろすのか?(2021/1/9)

「その間、実に2秒!!」 野菜スープを拒否する息子を「刃牙」っぽく描いた漫画がクスリと笑える
流れるような連続技。(2021/1/7)

GoogleとAlphabetの従業員、労働組合結成を発表
Alphabetとその傘下のGoogleの従業員有志が、労働組合「Alphabet Workers Union」を結成した。いわゆるminority unionで、非正規雇用者も会費を払って参加できる。(2021/1/5)

オンラインクレーンゲーム「トレバ」、従業員が証言 「景品獲得されぬよう裏操作した」「1000回やっても獲れない」
【動画】複数の関係者が「トレバ」の実情を告発しました。(2021/1/3)

「先生〜トイレ〜」「先生はトイレじゃありません!」の流れを描いた「よくある4コマ」に裏切られる
よくあるとは……?(2021/1/4)

ヒトラーと東條英機がカラテの力でガーナを侵略するカンフー映画「アフリカン・カンフー・ナチス」堂々帰還! 12月20日にオンライン上映会開催へ
あの問題作が帰ってきたぞ!(2020/12/15)

Amazon、ホリデーシーズンの“最前線従業員”に300ドル(約3万円)のボーナス
Amazonが、過酷になるホリデーシーズンに向けて、フルフィルメントセンターなどの従業員に総計5億ドルの特別ボーナスを支給すると発表した。フルタイム従業員には300ドル、パートタイムには150ドル与える。(2020/11/27)

ディープフェイク動画急増 一般人にも被害の懸念
ディープフェイク動画がインターネット上で増加し、世界中で懸念が高まっている。個人が被害に遭う可能性もあり、警察関係者も危機感を募らせる。SNS各社が対応策を打ち出している他、ディープフェイク動画を検知する研究も進んでいる。(2020/11/24)

大塚家具の二の舞か:
「2代目」が陥るワナ――大戸屋の、“愛言葉”を忘れた値下げ路線が失敗しそうなワケ
経営権を巡ってドタバタ劇を繰り広げる大戸屋。“愛言葉”を忘れた新体制による、祖業を見切った値下げ路線は成功するのか。大塚家具とともに、大戸屋でも起こっている創業家2代目が陥るワナとは?(2020/11/24)

「正体ヲ知ル者は消ス決マリ……」 かわいいAIロボット受付嬢の裏側を描いた漫画が闇しかない
これは、始まりの物語……かもしれない。(2020/11/10)

告発された「パワハラ」の実態:
【独自】ワタミ「ブラック企業に逆戻り」騒動 内部取材で明らかになった、衝撃のウラ話を暴露する
「ワタミの宅食」で起こった残業代未払い問題。それだけでなく資料改ざんやパワハラなど、「やっぱりワタミはまだブラックだったのか?」と思わせるような実情が告発された。本当にワタミはブラック企業へ回帰したのか。内部取材を敢行すると、思わぬ事情が見えてきた。(2020/11/5)

「どうして!? ママかわいいのに!!」 ママが大好きな幼稚園児が怒った理由がかわいすぎる
【エッセイ漫画】ええ子や……。(2020/10/28)

第五人格×ラスカルがコラボ! 楽天のキャラクターくじでサバイバー&ハンター仕様になったラスカルがキュート
こういうハンターだったら怖くない(かも)。(2020/10/27)

アマプラ11月見放題作品に「ボヘミアン・ラプソディ」が登場 アニメは「進撃」「ヒロアカ」「レベルE」「ヒカ碁」など名作がズラリ
「進撃の巨人」を復習しておこう。(2020/10/27)

毒親に虐げられた少女の復讐 “しゃべる花”との出会いが生き様変える漫画が心に刺さる
必死な生き様が胸に来る。(2020/10/22)

「モロッコのアクション映画」「フィリピンの低予算B級映画」ってどんな感じ? Amazonプライムで珍しい国の謎映画を観賞しよう
「砂漠のアウトロー」、おすすめです。(2020/10/17)

GACKTが失恋女子を全肯定&“背中ヨシヨシ”する姿に「底がない優しさ」とファンほれぼれ
GACKT様ぁあああああ!!!!(2020/10/10)

【1億部突破を勝手に記念】『鬼滅の刃』はなぜここまで人々を引き付けたのか――ねとらぼ編集部&ライター座談会
やいのやいのトークしました。(2020/9/26)

米、Huawei向け半導体禁輸を強化 スマホ生産に打撃
トランプ米政権が中国Huaweiへの半導体輸出を全面的に禁じる新規制を施行した。Huaweiはスマートフォンなどに使う半導体が入手できず大きな打撃を受ける可能性が高い。中国は米国に対抗措置も辞さない考えを示しており、両国の出方に注目が集まる。(2020/9/16)

いま再びの荘園へ 舞台『Identity V STAGE』Episode3「Cry for the moon」公開ゲネプロ
ビジュアルのこだわりっぷりは健在。(2020/9/11)

橋本環奈、「ルパンの娘」続編に「名探偵一家の娘」役で新登場 かれんな青いセーラー服姿も披露
これは見ないといかんな!(2020/9/9)

虐待を受け、殺したいほど憎んでいる母親を介護する相談者「どこかでまだ認めてもらいたいと思っている」 「テレフォン人生相談」先週のハイライト
人の気持ちって、なかなか整理がつかないもの……。(2020/9/7)

仮面の男に監禁されるだけじゃない 変わったルールの「デスゲーム映画」おすすめ7選
マラソン、サバゲ―、結婚挨拶、な〜んでも地獄に。(2020/9/8)

Epic、「フォートナイト」のAppleアプリストアでの復活を裁判所に申し立て
EpicがAppleを独禁法違反で提訴した裁判で、EpicはAppleによるiOS版「フォートナイト」の削除を差し止めるよう、改めて裁判所に申し立てた。(2020/9/6)

「アストロシティミニ」収録タイトル第3弾が明らかに 「アストロシティミニアーケードスティック」も発表
全収録タイトルが判明。(2020/9/3)

「旦那を拉致してみました」 おしどり夫婦のサプライズ旅行が“水どう”のようで話題、拉致した・された感想を聞いてみた
夫「大泉さんの気持ちが少しわかった」(2020/9/1)

「なんちゃってバステト神ですニャ」 黒猫さんがエジプトの神様に変身……!? 神々しいかわいさが話題に
フルーツキャップでこんなに楽しめる!(2020/8/31)

Apple、EpicのApp Storeアカウントを停止(Unreal Engineは無事)
Appleが警告通り8月28日にEpic GamesのiOSおよびmacOSのApp Storeアカウントを停止した。既に削除されているフォートナイト以外の同社のゲームもダウンロードできない。Unreal Engineを管理する別のアカウントは、裁判所命令により停止していない。(2020/8/29)

『スキップ・ビート!』『赤髪の白雪姫』がアプリで一挙無料公開 単行本65冊分を一気読みできる太っ腹仕様です!
これで最新刊まで追いつける!(2020/8/25)

「スパイダーマン:ホームカミング」「ザ・ボーイズ(シーズン2)」などが9月から見放題作品に追加【Amazonプライム・ビデオ】
「ザ・ボーイズ」の続きがいよいよ。(2020/8/25)

Epic対Apple訴訟の初審理、「Unreal Engineに関してはEpic寄り」と判事
Epic対AppleのApp Storeからの「フォートナイト」削除をめぐる訴訟の初審理がZoom経由で行われた。判事はフォートナイト削除についてはAppleに“傾く”が、Unreal Engine停止についてはEpicに“傾く”と語った。(2020/8/25)

セガ、アストロシティミニをゲーセン筐体っぽくするオプションパーツ発表 「台」と「イス」のセットで機能は特になし
コイン投入口からお金が入る貯金箱にも。(2020/8/21)

本田雅一の時事想々:
本当にAppleは“悪者”なのか 「フォートナイト」開発元の”宣戦布告”に覚える違和感
Epic GamesとAppleの争いは、「AppleがUnreal EngineごとEpic Gamesを自社プラットフォームから排除しようとしている」という話が出るほど、拗れてきた。問題の本質は……?(2020/8/19)

Apple、Epic Gamesの開発者アカウント停止を通告 Unreal Engine製ゲームへの影響懸念も
Epicのゲーム開発ツール「Unreal Engine」に影響が及びそうです。(2020/8/18)

少女漫画の「男に片思いする男」が希望を教えてくれた――一条ゆかり『デザイナー』『砂の城』と、恋愛にしっくりこない私
報われないキャラクターに救われた経験を、イラストつきで振り返ります。(2020/8/18)

スマホ版「フォートナイト」が相次ぎストアから削除に 背景にはApple/Googleによる“独占体制”への抗議
プラットフォーマーとゲーム会社が正面から対立する形に。(2020/8/14)

虐待を受けてボロボロになった少年が悪魔との契約で願ったことは―― 漫画「たったひとつの願い」に涙腺崩壊
みんな幸せになれますように。(2020/8/8)

「ダース・ベイダー誕生の理由だ」 ナタリー・ポートマン、結婚8周年ウェディングフォト公開もコメント欄が「アナキン」だらけになってしまう
そろそろ許してよ。(2020/8/6)

世界を読み解くニュース・サロン:
禁止か買収か TikTokがトランプの目の敵にされる「4つの理由」
人気アプリ「TikTok」を巡って、米中の混乱がさらに深まっている。なぜ米政府はTikTokの禁止や買収に言及しているのか。トランプ大統領がこのアプリを禁止したい理由は4つある。TikTokに逃げ道は残されておらず、こういった締め付けは今後も続く可能性が高い。(2020/8/6)

星暁雄「21世紀のイノベーションのジレンマ」:
Facebookのヘイト対策に「大穴」 〜ザッカーバーグの矛盾とは〜
米国で、Facebookにとって手痛い内容の報告書が公表された。報告書は、この2020年11月に米大統領選挙が控えている中で、差別問題やヘイトスピーチに対するFacebookの取り組みがまだ不十分であり、しかも「大穴」が空いていることを指摘している。(2020/7/22)

星暁雄「21世紀のイノベーションのジレンマ」:
インドのTikTok禁止と表現の自由
インド政府が、動画投稿アプリTikTokをはじめ59種類の中国製スマートフォンアプリの利用を禁じた。インド政府の命令に従い、AppleとGoogleはスマートフォン向けアプリストアから問題とされたアプリを取り下げた。TikTokもサービス提供を中止した。この事件は、単なる2国間の対立というだけでは収まらない問題を含んでいる。インターネット上の人権――表現の自由――という新しい概念と、国家の利害とが衝突しているのだ。(2020/7/15)

KAMIYAMA Reports:
米大統領選と経済と株価
共和党のトランプ氏(現大統領)と民主党のバイデン氏のどちらが大統領になっても、米国経済の成長率予想の差はほとんどないとみている。そもそもコロナ・ショックからの脱却において、政府や中央銀行のとるべき(とることが出来る)政策に大きな違いはない。また長期的に政策の差はあるが、経済成長全体に与える影響は小さい。(2020/7/13)

セガ「アストロシティミニ」12月発売 アーケード筐体を6分の1サイズで再現、「バーチャファイター」など全36タイトルで遊べる
HDMIでテレビ出力可能。別売のゲームパッドも用意されています。(2020/7/8)

世紀の駄作か、新たなマスターピースか―― 賛否両論の問題作「The Last of Us Part II」をそれでも評価したい理由
賛否両論となった「The Last of Us Part II」を“賛”目線でレビュー。【ネタバレあり】(2020/7/12)

意味がわかると怖い話:「旧友からの連絡」
放置していたFacebookに届いた、大学時代の友人からのメッセージ。(2020/7/5)

ゾクゾクッとする! 吉沢亮、鬼気迫る演技で圧倒 「青くて痛くて脆い」予告編が解禁
背筋が凍る。(2020/7/1)

インド政府、「TikTok」や「Weibo」など59の中国製アプリを国家安全のため禁止
インド政府が「TikTok」や「WeChat」を含む59の中国製アプリをブロックした。「国家安全保障のため」としている。インドと中国の軍が国境で衝突し、インド側に死者が出たことに対する報復とみられている。(2020/6/30)

世界を読み解くニュース・サロン:
「追加で8万円給付」の詐欺メール 背後に“外貨がほしい”北朝鮮の影
北朝鮮が新たな大規模サイバー攻撃を始めた。目的は、新型コロナで疲弊する国家財政を補う外貨の獲得。各国政府が給付する支援金をネタにした偽メールを大量に送付している。北朝鮮のサイバー攻撃能力は高い。手口を知り、冷静に対処することが必要だ。(2020/6/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。