ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「報復」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「報復」に関する情報が集まったページです。

いや、これは、けっこう良いのでは……? 「鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー」レビュー
新キャストもハマりまくっていた。(2022/5/21)

山田涼介、実写版「鋼の錬金術師」続編は「厳しい声も含め反響を生かす機会に」 完結編公開前インタビュー
「原作がある作品をやる以上、いろんな声がつきまとってくることは百も承知」と山田さん。(2022/5/19)

竹内涼真&新木優子、「六本木クラス」で制服姿 高校卒業から約10年たつも「違和感ない」「高校生に見えてすごい」
29歳の竹内さんと、28歳の新木さん。(2022/5/12)

「オビ=ワン・ケノービ」最新予告にベイダーが 「興奮を抑えられない」「ついにきたか」再生半日で500万超
みんな待ってた!(2022/5/5)

「十津川警部」の舞台にも:
「1番」がないのに日本一が2つ JR京都駅の謎に迫る
古都の玄関口である京都駅。JR各線をはじめ、近鉄や京都市営地下鉄が乗り入れ、1日平均約60万人(新型コロナウイルス禍前)が行き交う関西有数のターミナル駅だ。(2022/5/1)

赤いシャムネコ・将来の終わりが語る:
劇場版「名探偵コナン」が25作目でたどり着いた新境地! コナンファンが語り倒す「ハロウィンの花嫁」
今年のコナンもすごかった!(2022/4/29)

コンプライアンス違反の通報と職場の変化【後編】
健全な企業になるには「コンプライアンス違反通報のしやすさ」が重要な理由
コンプライアンス違反の通報が多いことは、従業員にとっての働きやすさを示している可能性があると専門家は語る。従業員にとって「声を上げやすい仕組み」とは。米国における社会的潮流の変化と企業の動向を探る。(2022/4/26)

「六本木クラス」主演の竹内涼真、パク・セロイ“いがぐりヘア”は「いろいろ相談しました」 大ヒット「梨泰院クラス」の日本版
韓国ドラマではパク・ソジュンが主演を務めました。(2022/4/25)

CIO DIVE:
米政府がサイバー攻撃への準備を呼びかけ セキュリティ専門家が指摘するロシアの思惑
2022年2月末から続くロシアによるウクライナ侵攻を受け、米国と日本を含めた同盟国は対ロ経済制裁を実施している。米政府は重要インフラを抱える組織を招集し、情報を共有した。(2022/4/25)

「オビ=ワン・ケノービ」吹替に森川智之が続投 「オビ=ワンとダース・ベイダーの共演が観られたら、もう本望」
森川さん「僕の声優人生においても特別な存在であるキャラクター」(2022/4/22)

実写“ハガレン”に原作者も満足「一番泣いたのはフ―爺さんのところ」 豪華キャスト14人のポスター&予告動画が解禁
「鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー/最後の錬成」が5月と6月に全国公開。(2022/4/21)

「ただの隠し撮りです」 華原朋美、夫と息子の“手つなぎ2ショット”で「なんとも微笑ましい後ろ姿」と幸せ報告
たびたび華原さんのYouTubeに登場している夫。(2022/4/17)

CIO Dive:
ウクライナ侵攻に乗じた攻撃に注意 2022年に注目すべきサイバー脅威の4トレンド
マルウェア「Emotet」の活発化や相次ぐサプライチェーン攻撃などサイバー攻撃の激化はとどまることを知らない。2022年のサイバーセキュリティにおける4つのトレンドを紹介しよう。(2022/4/5)

ラッパー・ACEの逮捕に元交際相手が過去のDV訴え 妊娠中の暴行回想し「悪魔だよ」「あいつは変わらない」
2人は過去に交際しており息子が2人誕生。(2022/3/24)

この頃、セキュリティ界隈で:
ウクライナ侵攻で、闇社会にも分断 親ロシア派と親ウクライナ派に分かれるサイバー犯罪集団
ロシア軍のウクライナ侵攻が、闇社会にも分断を引き起こしている。サイバー犯罪集団が情報交換や取引の場として利用するロシア語の闇フォーラムでは、犯罪集団が親ロシア派と親ウクライナ派に分かれる「前例のないイデオロギー分断」が生じている。(2022/3/23)

サイバー攻撃、船舶運航補償……対応急ぐ損保
ロシアによるウクライナ侵攻で両国周辺を通航する貨物船の危険性が高まり、サイバー攻撃などのリスクも顕在化する中、損害保険各社が対応を迫られている。(2022/3/22)

サイバー攻撃に船舶運航補償…… 対応急ぐ損保
ロシアによるウクライナ侵攻で両国周辺を通航する貨物船の危険性が高まり、サイバー攻撃などのリスクも顕在化する中、損害保険各社が対応を迫られている。保険料の引き上げや、頻発するサイバー攻撃の損害を補償・防止する保険の普及を急ぐ。(2022/3/22)

「遺体引き取りに来て」「いやです」―― 3万いいね集めた壮絶漫画「毒親の喪主をバックれた話」作者に聞く“毒親を捨てる”勇気
毒親サバイバーの体験談を紹介しています。(2022/3/10)

ロシア政府、日本を「非友好国」リストに 対露制裁への対抗措置か
ロシア政府が、日本を含む48の国と地域を「非友好国」として承認したと、国営タス通信が報じた。対露制裁を課す欧米諸国への事実上の報復措置とみられる。非友好国の企業が取引する際は、今後、ロシア政府の許可などが必要になるという。(2022/3/8)

『鋼の錬金術師』実写映画が2部作で再び! 原作の最終話までを描ききる
『鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー/最後の錬成』が5月から公開。キャストが豪華。(2022/3/2)

ランサムウェア集団「Lockbit 2.0」、ロシアのウクライナ侵攻に関与しないと声明 「無害な仕事から得る金銭にしか興味がない」
ランサムウェア「Lockbit 2.0」を開発する犯罪グループが、ロシアによるウクライナ侵攻を受け、両国に対するサイバー攻撃に加担しない方針を発表。「私たちは無害で有益な仕事から生まれる金銭にしか興味がない」という。(2022/2/28)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
ロシアのウクライナ侵攻が半導体市場に与える影響は
ロシアのウクライナ侵攻によって、半導体価格や供給に影響懸念が高まっている。(2022/2/28)

ランサムウェアグループ、ロシア政府支持を一時表明 ロシアを標的としたサイバー攻撃に「持てるリソースを全て注ぎ込み報復」
ランサムウェア「Conti」を開発する犯罪グループが、ロシアとウクライナの情勢についてロシア政府を支持する声明を発表した。(2022/2/26)

NATOに代わって報復か:
国際ハッカー集団「アノニマス」がロシアを攻撃? 紛争はサイバー空間でも 日本企業にも脅威
ロシアが隣国ウクライナに軍事侵攻し、国際的な批判が高まる中、国際ハッカー集団「アノニマス」を名乗るグループが、ロシアにサイバー攻撃を行うとする声明をTwitter上で発表し、話題となっている。(2022/2/25)

投資家の95%が不支持:
「原油高騰」「ワクチン遅れ」「家計支援なし」の三重苦 専門家の声は?
ロシアのウクライナ侵攻に警戒感が強まるなか、エネルギー供給の混乱など世界経済のリスクも現実味を帯びている。長引くコロナ禍に苦しむ日本経済も正念場だが、ワクチンの追加(ブースター)接種遅れや、不十分な経済対策など岸田文雄政権の失策が影を落とす。(2022/2/18)

“働く場所”の今とこれから(1):
NTT、JTB、カルビーも“強制転勤廃止” それでも多くの企業に残る課題
コロナ禍のテレワークの普及に伴い、従来の“転居を伴う転勤制度”を見直す企業が徐々に増えている。こうした転勤廃止の流れは、どこまで広がるのだろうか? 「日本型雇用」の歩んできた道を振り返りながら、“働く場所”の今とこれからについて、人事ジャーナリストの溝上憲文氏が考察する。(2022/2/18)

丑の刻参りを見てしまった…… 目撃者の少年2人に襲いかかる心霊現象を描いたホラー漫画にゾッとする
古くの文献によれば、丑の刻参りを人に見られた場合は、呪いが成就せず無効となるだけだそうです。(2022/1/30)

米、露へのハイテク部品禁輸方針 欧州の代替エネルギー確保も
バイデン米政権高官は、ロシアがウクライナに侵攻した場合、ハイテク部品などの対露輸出禁止措置を発動する方針を明らかにした。ロシアの軍事・先端技術産業に打撃を与える狙い。(2022/1/28)

アプリで加工した顔を“現実”にできる!? 不思議なアプリにはまった少女の末路を描いたホラー漫画にゾクッとする
夢のようなアプリだけれど……。(2022/1/24)

マーベル作品だけど実は親しみやすい「学園もの」 “男らしさ”を超えるヒーロー映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」を漫画でレビュー
自称「マーベルにあまり詳しくない」ライターが漫画でレビューします!(2022/1/16)

夫を照れさせたい! 負けず嫌いな妻と夫の攻防描いた漫画に赤面が止まらない
仲良しかよー!(2022/1/10)

“クズ男が好きな彼女”に変えられてしまった彼氏の末路…… ある男性が魅入られた「怪異」を描いた漫画に震える
「悪い状態に望んで陥らせていく」という最悪のモノ。(2022/1/6)

この頃、セキュリティ界隈で:
狙われるクラウド、恐喝の手口は悪質化 2022年のセキュリティ動向予測
社会を支えるインフラを脅かしたランサムウェア攻撃や、取引先との関係を悪用するサプライチェーン攻撃など、2021年も世界的な影響を及ぼすサイバー犯罪が多発した。被害を防ぐためにはどんな対策が求められるのか。2022年の動向を探る。(2021/12/28)

PR:投票バトル「auネトフリ論争」に決着――『梨泰院クラス』VS『イカゲーム』、 『範馬刃牙』VS『終末のワルキューレのアダム』の結果は!?
Twitter上での投票バトル「#auネトフリ論争」、3ラウンドの結果が出そろいました。(2021/12/27)

【漫画】祖父にだけ心を許す元ノラ猫、病気の祖父と不思議なシンクロを見せ―― ふたりの絆の結末に涙する
動物と人間の不思議な絆。(2021/12/18)

【漫画】愛犬が天国へ、ペットロスで生きる希望を見失ったが―― 新たな家族を迎え悲しみを乗り越える話に涙
ペットロスはつらいけれど、その子を愛していた証拠でもある。(2021/12/16)

スピン経済の歩き方:
「前任者がやらかしたことを検証してはいけない」 なぜ日本の会社でタブーなのか
「前任者がやったことを細かく検証してはいけない」――。多くの日本企業でこのような慣習があるが、なぜ責任の所在をうやむやにするのだろうか。背景を探っていくと……。(2021/12/14)

PR:【これは迷う】ハラハラ、ドキドキしたいなら『梨泰院クラス』or『イカゲーム』どっち派!? 「auネトフリ論争」 の結果が気になる
Netflixユーザーも、これからデビュー派も、この結果は気になります。(2021/12/14)

「必ず呪い殺す」命を絶った少女がいじめっ子に残した言葉 呪いにおびえ許しを請う漫画に背筋が凍る
呪いよりも怖いのは人間。(2021/12/11)

もしストレスを「倍返し」できる貯金箱があったら? 上司に仕返しできると思いきや――復讐の連鎖を描いた漫画がホラー
ストレスの溜めすぎにご用心……。(2021/12/2)

「先輩! 俺と浮気してください!」から始まるリベンジラブコメ 恋人に裏切られた2人が聖夜に地獄の仕返しを決行するラノベが発売
「いっそ死にたい」と思うくらいの、後悔と絶望をプレゼント!【試し読みアリ】(2021/12/2)

発想の転換で意外な効果も:
PR:グループウェアが解決! テレワークで深刻化した「3つの分断」とは?
テレワークの普及に伴い、日本企業を「3つの分断」が襲った。お互いが顔の見えない環境で働く中、分断を乗り越えるカギといえるのが、グループウェアだ。本記事では、グループウェア「desknet's NEO」を提供するネオジャパンが主催したイベント「desknet's “NEO MEETING” 2021」から、有識者のパネルディスカッションや製品紹介セッションを通し、グループウェアがもたらす効果について解説していく。(2021/11/30)

人類を滅す力があるのに優しい魔界の子 優しさの理由を描いた漫画が泣ける
いろいろ考えさせられる作品。(2021/11/27)

Spotify、「Netflix Hub」で「カウボーイ・ビバップ」などのサントラやプレイリストを提供
SpotifyはNetflixとの提携で「Netflix Hub」を公開した。Netflixのコンテンツのサントラやプレイリスト、Podcastがまとまっている。実写版「カウボーイ・ビバップ」のサントラなどをストリーミングできる。(2021/11/24)

Twitter、偽情報対策「Birdwatch」はエイリアスでの投稿を可能に
Twitterは現在米国でパイロットテスト中の偽情報対策「Birdwatch」の協力者にTwitterアカウントとは別の「エイリアス」を提供する。これにより、嫌がらせを恐れずにツイートを評価できるようになりそうだ。(2021/11/23)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
パワハラを「禁止」できない日本 佐川、守るのは加害者のみか
パワハラによる自殺事件が後を絶たない。佐川急便では、パワハラの内部通報があったにもかかわらず、十分な対策が取られなかった。パワハラ防止法が施行されているのに、なぜこのような事件はなくならないのか──?(2021/11/12)

幽霊が見えてしまう先生が霊に懐かれる漫画 生徒と間違えて声をかけてしまい……
完全になつかれた。(2021/11/10)

デジタル防災を始めよう:
相次ぐ車両内刺傷・放火 テロや犯罪に巻き込まれないためにできること、やってはいけないこと
もしも事件の現場に居合わせたら。ビデオで撮影し、それをSNSに広めるのはいい? 自分を含め、巻き込まれた人の安全のためにすべきことを考える。(2021/11/9)

「G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ」レビュー 忍者と極道がバイクと日本刀で戦う超絶アクション問題作
「未曾有の忍者テロを阻止せよ!」というキャッチコピーは本当だった。(2021/10/22)

3つの主要な能力が今後どうなるか:
2022年以降の重要な展望をGartnerが発表、IT部門とユーザーに影響大
Gartnerは、2022年以降に向けた重要な戦略的展望を発表した。企業とITリーダーが近年学んだ教訓のうち、「人間中心志向」「レジリエンスの獲得競争」「期待を上回る結果を出す能力」という3つの側面を考慮に入れている。(2021/10/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。