ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「逆再生」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「逆再生」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

水に飛び込む動画を逆再生して“アベンジャーズ・アッセンブル”! SNS投稿にメダリストも参戦
アスリートの演技が見事。(2019/10/11)

動画でわかる! 東京ビッグサイト南展示棟の(一般的な)行き方
イベント当日は余裕をもった移動を。(2019/8/9)

悪のリーダー「さあ、かかれ!」 プールで撮影された「悪の組織ごっこ」がすごく平和で楽しそう
今年の夏、プライベートプールでやりたい。(2019/7/18)

PR:美人配信者が失踪!? 某まとめブログが検証記事を書いたけど……、ヤバ過ぎる事態に
閲覧注意、音量注意。(2019/4/26)

「化けたね」「まるで別人」 SKE48須田亜香里、金髪ロングのギャルになりきるビフォーアフターで驚きの大変身
メイクの力すごいな。(2019/2/21)

こんなに大きくなるんだ! 子猫の成長を記録したタイムラプス動画が興味深い
きれいな毛並みの猫さんです。(2019/2/8)

「警戒モード発令!」 長いお耳をレーダーのように動かすチャーミングなうさぎさん
シャキーン。(2018/9/21)

今日のリサーチ(「調査のチカラ」より):
ミレニアルはInstagram、団塊ジュニアとバブルはLINEに投稿 世代別スマホ撮影事情──トレンダーズ調査
トレンダーズはミレニアル世代を中心とした「スマートフォン撮影事情」についての調査結果を発表しました。(2018/5/8)

前足で眼鏡をかけて本を読みはじめた……!? まるで人間のように読書をする猫ちゃん
え、中に人間入ってるんじゃ!?(2018/3/16)

Google、AI採用カメラアプリ3本をテスト公開
Googleが、AI技術を採用するカメラアプリ「Storyboard」(Androidのみ)、「Selfissimo!」(AndroidおよびiOS)、「Scrubbies」(iOSのみ)を公開した。いずれもテスト版で、ユーザーのフィードバックを求めている。(2017/12/12)

「Siri」やコントロールセンターを強化
iPhone Xだけではない 新旧iPhoneの利便性を向上させる「iOS 11」注目機能
Appleの「iOS 11」では「Siri」が強化された他、コントロールセンターの設計が見直されている。また「運転中の通知を停止」設定も追加された。本稿ではiOS 11の変更点を詳しく解説する。(2017/10/14)

間もなく配信! iOS 11の進化点をざっくりまとめる
iOS 11が9月20日に配信される。iOS 11では何が変わるのか? Appleが公開している情報をまとめた。(2017/9/19)

千円で散財「センポチ」ってみた:
素直になれない同期2人を「なかよし」にする方法
『なかよし』の力を借りて仲良しになった2人のお話。(2017/4/13)

登りかけていたツララがポッキリ……アイスクライマー危機一髪の衝撃動画
あってよかった命綱。(2017/1/29)

慶應義塾大学 GP-Arm:
人間の動作を記録・編集・再現できるロボットアーム
慶應義塾大学は、人間の動作を記録・編集・再現できる汎用ロボットアーム(General Purpose Arm:GP-Arm)を開発した。高精度な力触覚伝送機能を搭載し、人間のように柔軟で環境適応性の高い動作を生成できる。(2016/11/4)

医療機器ニュース:
人間の動作を記録・編集・再現できるロボットアームを開発
慶應義塾大学は、人間の動作を記録・編集・再現できる汎用ロボットアーム(General Purpose Arm:GP-Arm)を開発した。高精度な力触覚伝送機能を搭載し、人間のように柔軟で環境適応性の高い動作を生成できる。(2016/10/20)

スマホで簡単にループ動画・スロー動画を作れる「LINE MOMENTS」登場
スマホ向け動画作成アプリ「LINE MOMENTS」が登場。最大10秒の動画を撮影し、ループ動画やスロー動画などに加工できる。(2016/10/12)

次世代のロボットアームを目指す:
力触覚通信を35mm角のボードで実現
慶応義塾大学ハプティクス研究センターは「CEATEC JAPAN 2016」(2016年10月4〜7日/幕張メッセ)で、ロボットアームの位置情報・力情報を遠隔に伝える「力触覚通信」技術のデモを行った。同研究センターは、この力触覚通信技術を試作品などに手軽に実装できるよう、35mm角の小型ボードを開発、それもCEATECで披露した。(2016/10/13)

ぼくのかんがえた新泳法「Backwardsスタイル」がめちゃかっこいいと話題に
逆再生だと水系魔法使いになります。(2016/7/18)

ネットで話題になっていた“ルービックキューブでジャグリングしながら色をそろえる動画” CGだったことが判明
手品ですらなかったー!(2016/3/24)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
Live PhotosをSNSでも楽しむ方法――オススメは「LivePix」アプリ
「iPhone 6s」から追加された「Live Photos」。面白い機能なんだけど、どう使うといいのかが分かりにくい。SNSでLive Photosを楽しむことはできるのだろうか?(2016/3/15)

あなたは「秘密」に気づいた? 思わず二度見せずにはいられない、驚きのメイク動画
資生堂の本気。(2016/2/2)

広告会社自身のコンテンツマーケティング:
売れるネット広告社が「広告業界用語まとめ動画」をリリース
売れるネット広告社は、社員が出演した21本の短編動画からなる「あるある!『広告業界用語まとめ動画』」をリリースした。(2015/10/29)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
ポリフォニーを再解釈する現代ハイレゾ技術――「Auro-3D」でバッハは現代に蘇る!?
「Dolby Atmos」「DTS:X」といったオブジェクト型音響技術が話題になっているが、AV評論家の麻倉怜士氏は「Auro-3D」(オーロ3D)という第3の方式が音楽表現の新境地を拓くと指摘する。斬新なサラウンド表現で有名なレーベル「UNAMAS」(ウナマス)の新録音源を例に詳細を聞いた。(2015/7/31)

App Town スポーツ:
総再生数2500万回の人気プレイヤーによるフリースタイルフットボールのスーパースロー動画閲覧アプリが登場
トライグルとイースリー、大塚製薬がiPhoneアプリ「ポカリチャレンジ クールにフリースタイルフットボール」をリリース。人気プレイヤーの実演動画をスーパースローで楽しめる。(2015/3/9)

現役Fリーガーのフットサルテクニックをスマホで学ぶ「サルテク」
トライグルは、プロフットサル選手のテクニックを動画で学べるスマホアプリ「サルテク」をリリースした。動画はスロー再生や左右反転再生もできる。(2014/6/27)

「どうぞどうぞ」とエサを譲り合う優しいネコ……と思ったら?
信じる心。(2014/5/6)

話題のバカゲー「Goat Simulator」がシュールすぎる公式トレーラー公開 ヤギが空中をゆっくり吹っ飛んでいく
感動すると評判だった「Dead Island」トレーラーのパロディ。(2014/3/28)

雪まつりも仰天! ボディが氷のトラック、海外で誕生 バッテリーのPRで
「極寒でもバッテリー動くよ!」的PRのために、カナダの会社が氷のトラックを製作。ちゃんと走ります。(2014/1/26)

まぐろ→マグロ、いくら→サケ、かっぱ巻き→きゅうり お寿司が食材に変形するガシャポン発売
お寿司食べたい……。(2013/12/21)

お寿司が魚に戻るカプセルトイ、バンダイが発売
あっというまにイクラの軍艦巻がサケに――お寿司のフィギュアが“元の食材”の姿に変形するカプセルトイをバンダイが発売する。(2013/12/20)

小寺信良が見たモノづくりの現場(9):
富士通のPC工場、勝利の方程式は「トヨタ生産方式+ICT活用」
コモディティ化が進むPCで大規模な国内生産を続ける企業がある。富士通のPC生産拠点である島根富士通だ。同社ではトヨタ生産方式を基にした独自の生産方式「富士通生産方式」を確立し、効率的な多品種少量生産を実現しているという。独自のモノづくりを発展させる島根富士通を小寺信良氏が訪問した。(2013/10/17)

製造ITニュース:
ラティス、製造工程の3Dアニメーションを半自動作成する「XVL Studio」新版発表
ラティス・テクノロジーは、同社が展開する軽量3次元(3D)フォーマット「XVL」を編集・閲覧できる「XVL Studio」の新版をリリース。半自動3Dアニメーション作成機能を加え、海外への作業指示をより容易に行えるようにする。(2013/10/16)

PR:デジカメ動画の撮りっぱなしに No!―― 「PowerDirector」でデジカメ120%活用
最近のデジカメならばフルHD動画の撮影は当たり前。しかし、せっかく撮影した動画がPCの中で死蔵されていないだろうか? そんな動画を簡単に編集して、活用するための最適なソフトがある。それがサイバーリンクの「PowerDirector」だ。(2012/11/22)

Webグラフィックをハックする(1):
5分でわかるCSSグラフィック
知って得する、Webブラウザ上で利用できるグラフィック関連技術。アニメーションや3Dが表現できる「CSS3」をハックしよう(2012/4/18)

ふふふ、これは仮の姿さ メイクを拭き取るとタトゥーだらけの男がYouTubeで話題
突然カメラの前に現れた白人男性。男がタオルで体を拭くと、コンシーラーがはがれ落ち、全身を覆う骸骨のような模様が……。コンシーラーのカバー力と度肝を抜くタトゥーに2度びっくりな動画がYouTubeで話題になっている。(2011/11/23)

毛糸で編んだソフトクリームをコマ撮り、逆再生すると……こ、これはしゅげい!
容器から毛糸がびよーんと出てきて、ひとりでに渦を巻き、あっという間にソフトクリームに――そんな動画がニコニコ動画に投稿されています。これはしゅげい……じゃなくてすごい。一体どうやって作っているの!?(2011/11/9)

やれることが多すぎ:
有償アップデートも充実――「torne」オンラインアップデートver.3.00“リモート”を7月7日に実施
PS3専用地上デジタルレコーダーキット「torne(トルネ)」のオンラインアップデートが7月7日に行われ、ソニーBDレコーダーとの連携や外出先からの番組予約機能など20項目以上が追加される。(2011/7/5)

インタフェース一新、パフォーマンス向上:
コーレル、ビデオ編集ソフト「VideoStudio Ultimate X3」とフォトレタッチソフト「PaintShop Photo Pro X3」を同時発売
コーレルが、ビデオ編集ソフト「VideoStudio」とフォトレタッチソフト「PaintShop Pro」の最新版を発表。ダウンロード版の販売を開始した。(2010/3/10)

撮った動画を逆再生 iPhoneアプリ「Reverse Camera」
撮影した動画を逆再生できるiPhoneアプリ「Reverse Camera」が登場した。(2010/1/29)

日々是遊戯:
「Forza」と言えば痛車! またしても世界に向けて痛車文化を発信する職人たち
「Forza Motorsport 3」発売からおよそ2週間。前作に続き、今回もやはりネット上では職人たちによる「痛車」作りが話題となっているようです。ところでこの「痛車」、どうやって作られているかご存知ですか?(2009/11/4)

橘十徳の「いいトシして玩具三昧」第27回:
逆さ言葉を生成するICレコーダー「逆さマスタージャパン」
今回は、タカラトミーアーツが発売した「逆さマスタージャパン」を紹介しよう。録音した言葉を逆さ言葉として逆再生できるこのグッズ。シンプルながらも集中力や音感など、さまざまな感覚を刺激する新感覚オモチャだ。(2009/11/4)

“逆さ言葉”専用ICレコーダー「逆さマスタージャパン」
タカラトミーアーツは、逆さ言葉の学習に特化したICレコーダー「逆さマスタージャパン」を10月末に発売する。子どものころに体験した“テープレコーダーの逆再生遊び”を再現できる。(2009/10/8)

“逆さ言葉”専用ICレコーダー
「やおや」の逆さ言葉は「あよあい」? 逆さ言葉専用ICレコーダーが登場。(2009/10/8)

東京おもちゃショー2009:
あこは! 逆さ言葉で遊ぶ「逆さマスタージャパン」
「たけやぶやけた」と録音したテープを逆再生しても、なぜか「たけやぶやけた」には聞こえない。その謎がいま、解き明かされる。(2009/7/20)

ねとらぼ:
「88個、すべて売っちゃいます!」――カヤックがWebサービス大売り出し
「88個、すべて売っちゃいます!」――カヤックが2008年に公開した自社Webサービスを売り出している。(2009/1/6)

「任天堂カンファレンス 2008.秋」:
DSは1人1台の時代へ、Wiiはラインアップの充実を――新型DS「ニンテンドーDSi」を発表
任天堂は10月2日、「任天堂カンファレンス 2008.秋」を開催し、カメラ機能やオーディオプレイヤー機能などを追加した「ニンテンドーDSi」を発表。DSが1人に1台普及し、マイDSとするための施策が語られた。(2008/10/2)

最終章「澪尽し編」ムービーを公開――「ひぐらしのなく頃に祭 カケラ遊び」
(2007/11/22)

アップル新製品説明会:
iMacと新アプリケーションはMac移行の促進剤になるか!?
アップルは、8月7日に米国本社で披露された一連の新製品を国内でも正式に発表した。ここでは1時間にわたって行われた発表会の内容に、個別に行った質問の内容を追加して紹介したい。(2007/8/9)

ニコニコ動画のコメント付き「陰陽師」DVD、サントラCDの付録に
「レッツゴー!陰陽師」のプロモーションビデオ(PV)が、ニコニコ動画」のコメント付きでDVD化される。「新・豪血寺一族 -煩悩解放-」のCDに、付録として付ける。(2007/4/11)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。