ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「リオデジャネイロオリンピック」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「リオデジャネイロオリンピック」に関する情報が集まったページです。

WWDC 2019:
Macの性能を新次元に 新Mac Proの魅力とデザインに迫る
数々の話題が盛り込まれたAppleの世界開発者会議「WWDC 2019」だが、そこで発表されたモンスターPC「Mac Pro」を林信行氏とクリエイターの真鍋大度氏が読み解く。そこから見えてきたものは――(2019/6/5)

元AyaBambiのSato Aya、椎名林檎のMVで復活 元相方・仲万美も興奮「ずっとずっと待ってました」「僕もこうしちゃおれない!!」
これはアガる。(2019/5/22)

混乱が生じる可能性も:
五輪ゴルフは課題山積 都心から遠い、暑さ、シャッター音……
松山英樹(26)、畑岡奈紗(20)ら2020年東京五輪で男女ともメダルが期待される選手がそろうゴルフ。世界の一流選手が集結し、火花を散らす大会はメジャー大会にも劣らない注目を集めるはずだ。(2019/3/5)

サイバー攻撃の手口に変化? ランサムウェアや“勝手にマイニング”減少、カード情報の流出増加
シマンテックが18年の脅威動向をまとめたレポートを発表。18年は他者のPCリソースを悪用して勝手に仮想通貨の採掘を行う「クリプトジャッキング」や、ランサムウェアによる被害が減少した。その一方で、ECサイトなどから顧客のカード情報を盗み出す「フォームジャッキング」が増加した。(2019/2/27)

10点満点じゃ足りない! ノリノリの体操の床演技がとってもハッピー!
動画は4100万回以上再生!(2019/1/27)

「今の私があるのは本当に沙保里さんのおかげ」 登坂絵莉、リオ五輪での吉田沙保里との2ショットとともに熱い思いを吐露
多くの選手に影響力を与えた吉田さんが引退。(2019/1/11)

2位以下の漢字は:
2018年版「今年の漢字」は「災」に決定 その理由は?
2018年の「今年の漢字」は「災」に決定。19万3214票の応募の中で最多となる2万858票(10.8%)を獲得した。その理由は……?(2018/12/12)

観光名所やシンボルをデザイン:
コカ・コーラの「地域限定ボトル」が急増している理由
コカ・コーラの「地域限定ボトル」が外国人観光客などの人気を集めている。観光名所などをデザインしたパッケージで、26種類まで増えた。一気に広がったのはなぜか。担当者に開発の裏側を聞いた。(2018/10/17)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
「体操女子パワハラ」問題の陰で、スポーツ庁の鈴木長官は何をやっているのか
体操女子の宮川紗江選手が日本体操協会の塚原夫婦を告発したことによって、スポーツ界が再び揺れ始めた。悪質タックルや不正疑惑などの問題が起きるたびに、スポーツ庁の鈴木長官がコメントをしているが、どうも頼りない。このままでは……。(2018/9/6)

人間が「リレー」でサラブレッドに勝つことはできるのか?
馬が疲れるほどに人を増やすのだ。(2018/7/16)

2泊で7〜60万円:
1000室の豪華客船が「ホテル」に JTBが横浜で初、五輪限定で
JTBは、2020年の東京オリンピック期間中に大型クルーズ船を宿泊施設として活用する。利用するのは米Princess Cruisesの「サン・プリンセス」。試合のパブリックビューイングなどのイベントも適宜開催する。(2018/6/25)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
卓球王者の張本が、いまひとつ支持を得られない要因
全日本卓球選手権の男子シングルス決勝で、14歳の張本智和が王者・水谷隼を破って優勝した。最年少優勝の偉業を達成したのに、いまのところ“張本フィーバー”は起きていない。なぜ新王者がいまひとつ支持されないかというと……。(2018/1/27)

ビッグデータでアスリートの「戦い方改革」:
シスコが卓球の石川佳純選手を支援……って、どうやって?
シスコシステムズが、卓球の石川佳純選手および張本智和選手とアスリートアンバサダー契約を結び、アスリートの「戦い方改革」を推進する。(2017/12/6)

東京五輪へ連れてって:
体操界に遅れて来た“IT革命”――採点の常識覆す、富士通の挑戦
2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、富士通が体操競技の「自動採点支援システム」の開発を進めている。体操界に“IT革命”は起きるのか。(2017/9/14)

競泳で活躍:
オリンピックの経験を接客に 星野リゾート・山口美咲さん
北京そしてリオデジャネイロと、オリンピックに2度出場した元競泳選手の山口美咲さん。今年4月から星野リゾートの日本旅館「星のや東京」で正社員として働いている。アスリートからの転身の思いを聞いた。(2017/8/20)

実に“3兆行/月”のログを処理:
シマンテックがセキュリティオペレーションセンターをリニューアル 日本を守る“青い”部屋に潜入してきた
シマンテックが東京セキュリティオペレーションセンター(SOC)をリニューアル。日本を狙うさまざまな脅威に対抗していく体制を整えた。毎月3兆行レベルのデータを収集し、解析して、顧客にアラートを通知している。(2017/7/27)

【連載】戦略PRが世界を動かす 第2回:
本田哲也×佐藤尚之:「人が動く」とはどういうことか? コミュニケーションのプロと語る
インターネットとSNSの浸透で個々人の興味はさらに細分化されていく中、企業はどのように消費者とコミュニケーションすべきか。戦略PRのプロとコミュニケーションのプロが語る。(2017/6/23)

太田智美がなんかやる:
ライゾマティクス、120台のiPadで創立10周年を演出 HMDを用いた空間演出も
HMDを装着し指定の席に着席すると、会場のオブジェが伸び縮みする。(2017/4/28)

「同じ観光名所に行き同じ写真を撮る人々、それでいいのか」──民泊のAirbnb、日本で観光体験仲介サービス地域を拡大
旅行者と空き部屋の提供者をつなぐ「ホームシェアリングサービス」を手掛けるAirbnbが、旅行関連サービスを拡張。観光体験(ツアー)を仲介する「体験」サービスの実施地域を東京に続いて大阪に広げる。(2017/3/21)

紙媒体は減少傾向:
ネット広告、媒体費で初の1兆円突破
インターネット広告費が大きく成長し、初めて1兆円を突破した――電通調べ。(2017/2/24)

リオ五輪、セキュリティの舞台裏(2):
東京に生かすべき、リオにおけるサイバーセキュリティの教訓とは
連載「リオ五輪におけるセキュリティの舞台裏」の後編として、政府および重要インフラの対策に続き、リオにおける課題、東京に向けた教訓をお届けする。(2017/2/16)

リオ五輪、セキュリティの舞台裏(1):
リオ五輪のサイバーセキュリティ、対策はどう行われたのか
2016年8月に開催されたリオデジャネイロオリンピック。205カ国のアスリート1万1303人が参加、チケットは610万枚以上を販売したという。この全世界的スポーツイベントにおけるサイバーセキュリティ対策についての、現地担当者たちの講演の前編をお届けする。(2017/2/15)

200メートル平泳ぎで世界新、渡辺一平を北島康介が祝福 「素晴らしい瞬間に立ち会えたことに感謝」
史上初の2分6秒台をマークしました。(2017/1/29)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
大手プロダクションが切り拓く“8Kドラマ”というフロンティア
大手映像プロダクションであるイマジカ・ロボットグループのROBOTが、世界に先駆けて8K/HDRドラマ「LUNA」を制作した。その驚きの画質と表現手法には、“画質の鬼”こと麻倉怜士氏も納得。「従来の8K映像とは違う地平」と評している。(2017/1/17)

1位は「日本技術の集大成」――2016年、Facebookでシェアされたニュース【Best 20】
ITmedia ニュースの中で2016年にシェアされた話題の記事「Best 20」を振り返ります。(2016/12/30)

2020年の東京五輪に向けて:
スポーツ界はテクノロジーでどう変わる?
2016年に開催されたリオデジャネイロ五輪で、日本選手団は史上最多となる41個のメダルを獲得した。成功の要因のひとつに、「テクノロジーを活用したデータ分析があったから」とも言われている。2020年の東京五輪に向けて、2017年もテクノロジーとスポーツの融合は進むのだろうか。日本スポーツアナリスト協会の年次カンファレンスから、今後のヒントを探る。(2017/1/3)

山口義宏が聞く「最強ブランドのデジタル戦略」:
「コカ・コーラ パーク」から「Coke ON」へ、日本コカ・コーラがモバイル+自販機で打つ次の一手
会員数1300万人の「コカ・コーラ パーク」を2016年12月21日で終了する一方、自販機と連動するアプリ「Coke ON」を軸に展開する日本コカ・コーラの新たなデジタル戦略とは?(2016/12/22)

2016年「今年の漢字」は「金」 リオ五輪やトランプ、PPAPを受け 選ばれるのは歴代3回目
2位は「選」、3位は「変」。(2016/12/12)

2016年、最も心に残った音は“リオ五輪の実況音声”
補聴器や音響・振動測定器などを手がけるリオンが2016年に「心に残った音」の調査結果を発表した。2016年の第1位は「リオデジャネイロオリンピックで日本選手のメダル獲得や活躍時の実況音声」だった。(2016/12/1)

赤ちゃん名前ランキング 今年の1位は?
明治安田生命が、2016年の子供の名前ランキングを発表した。(2016/11/29)

女子バレー代表の木村沙織、現役引退の意向を明らかに 「私のバレーボール人生は最後、2番で締めくくります」
「今年で50周年を迎えるVリーグ。ここを自分のバレーボール人生最後の場所にしたい」とも。(2016/10/11)

一大商機を確実につかむために:
PR:今後増大する「トラフィック爆発」や「サイバー攻撃」から誰がインターネットを守るのか?
日本が、そして世界が熱狂したリオデジャネイロオリンピックでは、前回のロンドンオリンピックの2倍を超えるトラフィックがインターネット上を行き交ったという。インターネットのさらなる活用が見込まれる中、企業はどのような備えを行う必要があるのだろうか。アカマイに聞いた。(2016/10/3)

DDoS攻撃クロニクル(6):
IoT、FinTech時代のDDoS攻撃とは
DDoS攻撃の“歴史”を振りながら、有効なDDoS攻撃対策について考える本連載。最終回となる第6回では、連載開始以降に起きたDDoS関連の出来事や、IoT、FinTech領域でのDDoS攻撃対策の展望を紹介する。(2016/9/27)

反ドーピング機関のDBから五輪選手の個人情報流出、「犯行はロシア」とWADAが名指し
WADAの発表によると、ロシアのサイバースパイ集団がスピアフィッシング詐欺の手口でパスワードを入手して、国際オリンピック委員会のアカウントを通じてデータベースに侵入したという。(2016/9/15)

リオ五輪のDDoS攻撃から予想する東京五輪の影響 元凶はIoT機器のTelnetに
リオ五輪ではブラジル関連サイトやシステムに対するDDoS(分散型サービス妨害)攻撃が多発し、2020年の東京五輪では悪化が予想されるという。(2016/9/6)

セキュリティのアレ(32):
「ポケモンGO」に「リオオリンピック」、セキュリティ専門家はどう見たか
セキュリティ専門家が時事ネタを語る本連載。第32回は、「ポケモンGO」や「リオデジャネイロオリンピック」など、2016年7、8月に注目を集めたイベントを、情報セキュリティの観点から見ていきます。(2016/9/5)

週刊「調査のチカラ」:
2016年夏のテレビ的「話題」と「問題」
リオ五輪で注目を集めた日本人選手、パラリンピック選手の競技環境、テレビが健康に及ぼす影響など、今週も「調査のチカラ」から5本をピックアップしてご紹介します。(2016/8/27)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
カンボジア代表・猫ひろしの「素顔」と「日本人帰化問題」を追う
リオデジャネイロ五輪が閉幕した。日本人選手の活躍にいまだ感動に酔いしれている人も多いのではないだろうか。一方で、気になる元日本人選手がいる。カンボジア代表のお笑い芸人・猫ひろしだ。国籍を変更して五輪代表の座をつかんだが、今後のことを考えると……。(2016/8/23)

Weekly Access Top10:
日本やりました! 金メダルです! (演出も)
リオ五輪の閉会式、鳥肌が立ちました。ポケモンは時期的に間に合わなかったのでしょうね。(2016/8/22)

「安倍マリオ」にドラえもん――日本パートが話題のリオ五輪閉会式、NHKがさっそくネット配信
安部首相のマリオコスプレや日本を代表するアニメキャラの登場など、日本のプレゼンパートが話題になったリオ五輪閉会式。その模様をさっそくNHKが見逃し配信している。(2016/8/22)

まさかの「安倍マリオ」 リオ五輪閉会式、安倍首相がマリオ姿で土管から登場
リオ五輪の閉会式では、日本の安倍首相が、緑色の土管からマリオのコスプレ姿で現れた。(2016/8/22)

「世界に一つだけの花」が18日付オリコンデイリーシングルランキングで1位 300万枚突破に近づく
18日は中居正広さんの誕生日でした。(2016/8/19)

五輪レスリングでビデオ判定申入れは「大会マスコット人形を投げ入れる」 斬新なルールについて協会に聞いてみた
リオデジャネイロオリンピックのレスリングで、ビデオ判定を要求するときにセコンドが大会公式キャラのぬいぐるみを投げる光景が話題に。実は過去にはドラえもんが使われたことが……!(2016/8/18)

リオ五輪のかっこいい卓球台は「日本の技術の集大成」 ソニー出身のデザイナーが手がける
流線型の脚が目を引くリオ五輪の卓球台は日本製だ。デザインはソニー出身の澄川伸一氏が担当。木製の脚部には東日本大震災の被災地の木材を使い、天童木工が制作した。(2016/8/16)

「オリンピックの壁超えられた」 跳馬銅メダルの白井選手、Twitterに思い
「ゆかで超えられなかったオリンピックの壁を跳馬で超えれた気がします」――白井健三選手が、自身のTwitterでこんな思いを打ち明けた。(2016/8/16)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
女子マラソンで惨敗した福士加代子の発言は、本当に「KY」なのか
リオ五輪が盛り上がっている。特に女子マラソンの視聴率は22.6%(関東地区)を記録するなど、多くの人が注目した。にもかかわらず、日本の3選手は惨敗。中でも、14位に終わった福士加代子の発言が、物議を醸している。(2016/8/16)

週刊「調査のチカラ」:
天皇陛下の「お気持ち表明」、Twitterで主に反応したのは20代男性
天皇陛下の「お気持ち表明」にリオデジャネイロオリンピック開幕など、旬の話題にまつわる調査データをピックアップしてご紹介します。(2016/8/13)

卓球・水谷隼選手に似ている波田陽区さん 銅メダルに「今日は『残念!』ではなく『万歳!』」と祝福
ネットでは「銅メダルおめでとうございます! いつギターからラケットに持ち替えたのですか?!」と独特なお祝いの声も。(2016/8/12)

卓球・水谷銅メダル! 男子・個人種目での史上初の快挙達成でトレンドに「水谷」並ぶ
おめでとうございます!(2016/8/12)

リオ五輪の「君が代」に内村選手「すごくゆっくり」 JOC「実は意図してテンポを遅くした」
体操の内村航平選手が表彰台で流れた「君が代」に「すごくゆっくり流れた」発言、ネットでも共感の声。JOCに本当に通常よりテンポが遅いのか聞いてみた。(2016/8/9)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。