ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ロボカップ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ロボカップ」に関する情報が集まったページです。

インタビュー:
ヒト型ロボットは道具を超え「自分の鏡」に、ヴイストン大和社長に聞く
ロボットは道具の延長線上ではなく、心を持った「人間の相手」となる必要がある。ロボカップ連覇などの実績を持つヴイストンの大和社長は「ココロ」こそが、家庭用ロボットのカギだと語る。普及については「ここ3年が勝負」だ。(2015/9/3)

ロボット開発ニュース:
フラワー・ロボティクス、「RoboCup 2015」のグローバルパートナーに
フラワー・ロボティクスは2015年7月に中国にて開催される「RoboCup 2015 International Competition & Symposium」のグローバルパートナーに就任した。また、今大会より新設されるデザインアワードのサポートもあわせて行う。(2015/4/16)

ロボカップ@HOME リポート:
ロボットと暮らす生活は、実現可能な“夢の話”
身近な生活空間にサービスロボットがやってきたら――。キッチンやリビングで、ロボットはどのようなサービスを提供してくれるのだろうか。ロボカップ@HOMEリーグの模様を通じ、サービスロボット開発の難しさを知った。(2013/5/14)

人とロボットの秘密:
第5章-2 機械が生命に学ぶ時代 吉田教授の「3つの“し”想」
ロボットをif文によるシナリオベースではなく、生物の模倣で動かす――慶応大の吉田教授は「システム生命」の理論をロボットに導入し、ロボカップを戦っていた。(2009/6/2)

役にたってはいけない:
吉本興業、笑えるロボットコンテスト「バカロボカップ2007」開催
優勝賞金50万円。世界初の笑えるロボットコンテスト「バカロボカップ2007」を吉本興業が開催する。(2007/8/13)

ロボカップに送り込まれる「忍三人衆」
日本SGIと電通大の産学連携チーム「SHINOBI」が「ロボカップジャパンオープン2007大阪」に送り込む刺客は、姿こそゴツいが、被災地では救助を生業とする頼もしい存在だ。(2007/5/1)

ファンタジスタはロボット――ロボカップ2005開催
「ロボカップ2005大阪世界大会」では、「サッカー」「レスキュー」「ジュニア」の3部門で熱戦が繰り広げられている。さまざまなロボットが躍動する様子はもはやマニアだけの楽しみではない。(2005/7/15)

ロボカップまであと10日。前回優勝者の仕上がりは?
前大会で圧勝した「VisiON」。その後継機である「VisiON NEXTA」の仕上がり具合はどうか? 動画でチェックしていこう。(2005/7/4)

ロボカップ2005を、FOMAでライブ中継
ヒューマノイドロボットのiモードサイトがスタート。13日から始まるロボカップ2005のライブ中継映像が閲覧できる。ロボットの待受画面やキャラ電などを多数用意した。(2005/7/4)

サッカー“人vsロボット”への1歩――ロボカップ、ヒューマノイドも団体戦に
ロボカップ国際委員会は7月に大阪で行われる「ロボカップ 2005 大阪世界大会」についての記者会見を開催した。昨年のヒューマノイド部門で優勝した「VisiON」の新型「VisiON NEXTA」もお目見えし、2対2の団体戦を披露した。(2005/6/27)

ロボカップ優勝のノウハウを学べる? ヴイストンがロボット教材
ロボットサッカー世界大会で優勝した「VisiON」の制御技術を学べるロボット教材をヴイストンが開発。大阪の市立高校でこのロボット教材を使った授業が行われる。(2004/11/5)

ロボカップ優勝の「Visi’ON」発売、大阪でお披露目
視野360度、シュートやゴールキープできる2足歩行のサッカーロボット発売。大阪でデモンストレーションイベントも行う。(2004/7/15)

大阪チームの「Visi'ON」、ロボカップ世界大会で優勝
ヒューマノイドリーグ全種目でトップ。ベストヒューマノイド賞を獲得した。(2004/7/7)

FUMA(ふうま)は「ロボット界のLinux」を目指す
5月に行われた「ロボカップジャパンオープン2004大阪」のレスキューロボットリーグで優勝を果たしたのが「FUMA」。開発者の1人、電通大・松野文俊教授は「6月の世界大会でも好成績を残したい」と語るとともに、FUMAの目指す姿について触れた。(2004/6/4)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。