ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  R

  • 関連の記事

「Robotics Studio」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Robotics Studio」に関する情報が集まったページです。

製造マネジメントニュース:
マイクロソフト、ロボティクスプラットフォーム「rapyuta.io」開発で連携
日本マイクロソフトは、Rapyuta Roboticsが提供するクラウドロボティクスプラットフォーム「rapyuta.io」に関する技術協力、ソリューション開発、海外市場への展開などで同社と連携する。(2019/6/20)

より簡単に機械学習の実験が可能に:
「モダンアプリケーション」「AI」「IoT」がポイント――Microsoft、次期Windows 10アップデートSDKの主な改良点を発表
次期Windows 10アップデートのSDKでは、「従来型デスクトップアプリケーションのモダナイズ」「Windowsでの人工知能(AI)活用」「Windows IoTによるインテリジェントエッジのサポート」を柱とするさまざまな改良が行われる。(2018/3/9)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/12/24)

人工知能、自律移動ロボットなどの研究・開発に:
ZMP、2足歩行ロボット「e-nuvo WALK ver.3&SDK 2011」をリリース
ゼットエムピーは、2足歩行ロボット「e-nuvo WALK ver.3」の開発環境を強化した「e-nuvo WALK ver.3&SDK 2011」をリリース。同日より受注を開始する。(2011/5/24)

最新ツールが支えるモデルベース設計
組み込みシステムの大規模化、複雑化が進むに従って、ソフトウエア開発の負担が大きくなってきた。そこで数年前から注目されてきたのがモデルベース設計である。本稿では、モデルベースのソフトウエア開発をサポートするために、どのようなツールが開発されており、どのように活用されているのかを紹介する。(2010/5/1)

日本工業大学による「教師型」ヒューマノイドも:
全長120センチ!! 研究・教育用ヒューマノイド発売
ロボット開発ベンチャーのZMPは、研究・教育に最適な人間サイズの大型ヒューマノイドプラットフォーム「e-nuvo HUMANOID」の販売を開始した。(2009/12/24)

無料で始める“自作ロボット”:
PR:そうだ、休日はロボットを作ろう――「Robotics Developer Studio」でロボット製作を体験
「ロボットを趣味にする」と聞くといかにもハードルが高そうだが、マイクロソフトが無料で提供している開発環境「Microsoft Robotics Developer Studio 2008」を使えば、手軽に“自作ロボット”の世界を体験できる。今回はMITとLEGOが共同開発した「MINDSTORM NXT」を使ってロボット製作にご招待。(2008/12/15)

海外ダイジェスト(11月19日)
IntelとFacebookがCGアニメの短編映画コンテストを開催、ロボットプログラミングプラットフォーム「Microsoft Robotics Developer Studio 2008」の一般提供開始、など。(2008/11/19)

Microsoft研究部門、Surface SDKや魔法のレンズなど先端技術を発表
ハイテクテーブル「Surface」のソフト開発キット、Surfaceの機能を拡張する“魔法のレンズ”のような「Second Light」を発表した。(2008/10/30)

プラットフォームが支えるロボット開発
ロボット工学が、大きな将来性が期待できる分野として脚光を浴びている。この流れを受け、その開発を支援するさまざまなプラットフォームやツールが提供されるようになってきた。本稿では、そうした製品のいくつかを取り上げてその概要を紹介する。(2008/4/1)

ZMP、Windowsで動きが“見える”二足歩行ロボ
ゼットエムピーは学習教材/研究用の二足歩行ロボット「e-nuvo WALK ver.3」を販売開始した。MSのロボット開発環境「Robotics Studio」に対応しており、効率よく学習/研究が行える。(2007/11/29)

二足歩行ロボットの歴史がまた1ページ――ZMPの最新ロボットが登場
Microsoft Robotics Studioを用いて制御する二足歩行ロボットが、世界に先駆けてゼットエムピーから製品化されることが明らかになった。(2007/11/29)

Robotics Studio活用術 はじめて作るサービス(5):
Robotics Studioの肝、“通知”の発行
Robotics Studioにおける「サービスの作成」の集大成! 今回は通知を発行するサービスを作り、動作検証を行います(2007/11/21)

Robotics Studio活用術 はじめて作るサービス(4):
SOAを支える2本柱「ポート」と「ハンドラ」
Robotics Studioの肝である“SOA”を理解するうえで、最も重要となるのが「ポート」と「ハンドラ」です(2007/10/26)

MS、動的言語のサポートを拡大
MicrosoftはIronPython、IronRubyに加えて、JavaScriptやVisual BasicのDynamic Language Runtime実装も目指している。(2007/10/24)

Robotics Studio活用術 はじめて作るサービス(3):
サービスはロボットの状態と連動して動くもの
Xbox 360のコントローラを用いて“通知”を発行し、ロボットの名前をダイアログに表示させるプログラムを作成します(2007/9/21)

ロボットのソフトをWindowsで共通化 MSとテムザックが協業
テムザックとMSが協業し、Windowsベースのロボットプラットフォーム採用を呼び掛け。異なる開発機関同士でもソフト部品を流用できるようにし、ロボット開発の効率向上を図っていく。(2007/9/7)

Robotics Studio活用術 はじめて作るサービス(2):
身近な例から学ぶ“サービス”
身近な「例」を用いて、MSRSのサービスを構成する“コンポーネント”と“その働き”について詳しく解説します(2007/8/21)

Robotics Studio活用術 はじめて作るサービス(1):
サービス開発の基礎と流れ
Robotics Studio企画第2弾。今回は、ロボットを動かすための「サービス」開発に必要な環境構築と開発の流れを紹介(2007/7/20)

WinHEC 2007 Tokyo:
これは“始まりの終わり”だ――マイクロソフトがVistaの最新動向を説明
マイクロソフトがWinHEC 2007 Tokyoを開催。記者説明会では、Vistaの新施策やWPFによる新しいWebコンテンツ、Windows Server 2008などを紹介した。(2007/6/19)

“The Toy Show”でゴスリング氏が狙ったもの
ジェームズ・ゴスリング氏はJavaOne最終日で“The Toy Show”と題した講演を行った。この中では、数々のガジェットを紹介したが、例年とは異なる雰囲気となった。その理由は何か?(2007/5/16)

解説! ロボット開発環境Robotics Studio(4):
シミュレータでロボットをグリグリ動かす!
物理学の法則を適用したシミュレータ「Visual Simulation Environment」を使って、ロボットを制御する!(2007/5/11)

解説! ロボット開発環境Robotics Studio(3):
ついに始動! Robotics Studioでロボット制御
タッチセンサーに反応して、『痛っ!』と音声出力するプログラムを「Visual Programming Language」で作成する(2007/4/6)

解説! ロボット開発環境Robotics Studio(2):
Myロボット選びと動作確認のポイント
「LEGO MINDSTORMS NXT」を例に、ファームウェアのアップグレード方法、PCとの接続確認までの流れを紹介する(2007/3/6)

解説! ロボット開発環境Robotics Studio(1):
ロボット業界は、フォードの出現を待っている
ロボット業界の現状と課題を説明するとともに、「Robotics Studio 1.0」の概念と各種ツールについて紹介する(2007/2/9)

2007 International CES:
iRobot、プログラム可能なロボットを発表
iRobotが、お掃除ロボットのRoombaをベースに、学生やロボット開発者向けに、安価でプログラム可能なロボットを開発した。(2007/1/11)

MS、ロボット開発環境「Microsoft Robotics Studio」の提供開始
Microsoftが、ロボット開発環境「Microsoft Robotics Studio」をリリース。学生や研究者は無料で利用できる。(2006/12/14)

「ロボットの互換性」目指し、MSが開発環境提供
Windowsベースのロボット開発プラットフォーム「Microsoft Robotics Studio」のCTPが公開された。業界の分裂問題を克服するための共通プラットフォームを提供するとMicrosoft。(2006/6/21)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。