ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

  • 関連の記事

「SafeNet」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「SafeNet」に関する情報が集まったページです。

サブスクで稼ぐ製造業のソフトウェア新時代(4):
サブスクリプション成功の秘訣は「カスタマーエクスペリエンスの向上」にあり
サブスクリプションに代表される、ソフトウェアビジネスによる収益化を製造業で実現するためのノウハウを紹介する本連載。第4回は、サブスクリプションという製造業にとって新しいビジネスモデルを成功させるのに必要な「カスタマーエクスペリエンス」について紹介する。(2020/4/13)

MONOist IoT Forum 大阪2020(後編):
住友ゴムがタイヤ製造で目指す工場データの「集中コントロールセンタ構想」
MONOist、EE Times Japan、EDN Japan、スマートジャパン、TechFactoryの、アイティメディアにおける産業向け5メディアは2020年1月30日、大阪市内でセミナー「MONOist IoT Forum in 大阪」を開催した。後編では、住友ゴム工業 製造IoT推進室長 山田清樹氏と同社 製造IoT推進室 金子秀一氏による特別講演と、日本OPC協議会 マーケティング部会 部会長の岡実氏によるランチセッションの内容、さらにその他の講演内容について紹介する。(2020/3/30)

サブスクで稼ぐ製造業のソフトウェア新時代(3):
製造業がサブスクリプションに踏み出す上で理解すべき3つのポイント
サブスクリプションに代表される、ソフトウェアビジネスによる収益化を製造業で実現するためのノウハウを紹介する本連載。第3回は、サブスクリプションや従量制に代表される新しいビジネスモデルに移行する上で理解しておくべき3つのポイントを紹介する。(2019/12/25)

サブスクで稼ぐ製造業のソフトウェア新時代(2):
稼ぎを生み出すデジタルトランスフォーメーションを実現する4つのポイント
サブスクリプションに代表される、ソフトウェアビジネスによる収益化を製造業で実現するためのノウハウを紹介する本連載。第2回は、収益化に直結するデジタルトランスフォーメーションを実現する4つのポイントについて紹介する。(2019/9/17)

サブスクで稼ぐ製造業のソフトウェア新時代(1):
製造業が今、ソフトウェアビジネスに力を入れるべき理由
サブスクリプション、IoT、AI、DXなどの言葉では、全て「ソフトウェア」が重要な役割を果たしている。本連載では、製造業がただ製品を販売するのではなく、販売した先から安定した収入を将来に渡って得ていくために、ソフトウェアによって価値を最大化させ、ビジネスを収益化していくノウハウについて紹介していく。(2019/7/9)

アドオン、レポート機能、モバイルサポートで比較
多要素認証(MFA)製品ベンダー4社を比較 自社に最適な製品はどれ?
企業にとって適切な多要素認証ツールとはどのように決まるのだろうか。本稿では、多要素認証の主要ベンダーであるRSA Security、Symantec、CA Technologies、OneSpanの製品を、複数の観点から比較する。(2019/3/27)

GDPR初歩の初歩(2):
GDPR対策は個人情報の暗号化から
EUの新しい個人情報保護規制「GDPR」には域外適用の規定があり、多くの日本企業が規制対象となります。規制に対応するには個人情報の暗号化が第一歩。3つのステップに従って暗号化を検討する必要があります。(2017/12/14)

管理ソフトウェアは日本語対応:
シスコ、HCIでオールフラッシュと40Gbpsに対応した新製品を国内発表
シスコシステムズは2017年3月14日、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)製品「Cisco HyperFlex」で、新版のHyperFlex 2.0を国内発表した。オールフラッシュ構成の実現、40Gbpsイーサネットインタフェースへの対応、データ保護関連の強化、管理コンソールの刷新と日本語化、などが新しい。(2017/3/15)

Computer Weekly製品ガイド
サポートスタッフがコントロールを手放す潮時
広く普及したBYODのトレンドは後戻りできない。IT部門は従業員へアプリケーションを配信するための新しい手段を採用する必要がある。(2016/4/28)

車載セキュリティ:
「TPMは車載セキュリティに機能不足」、ジェムアルトがEAL5+の独自チップ提案
デジタルセキュリティベンダーのジェムアルトが、コモンクライテリアでEAL5+を達成した独自開発のセキュリティチップ「M2Mセキュアエレメント」を車載セキュリティ向けに提案している。PC向けのセキュリティチップであるTPMが車載セキュリティにも拡張されつつあるが、「TPMでは車載セキュリティを満足させられない」(同社)という。(2015/11/30)

対談:
PR:なぜIoT時代にソフトウェアの重要性が高まるのか、サービスロボットを例に考える
IoTやIndustry 4.0では個別の機器がつながることで価値を発揮するが、その際は機器やネットワークだけではなく、制御するソフトウェアも重要となる。なぜIoT時代にソフトウェアの重要性が高まるのか、また、ソフトウェアライセンス管理によるビジネス拡大の可能性について、サービスロボットを例に考察する。(2015/11/4)

データ保護やIoTに注力、セーフネット買収のGemaltoが戦略発表
米Safenetを買収したGemaltoが、日本セーフネットにおける今後の事業戦略を明らかにした。(2015/9/9)

マイナンバー対策は「予防策」だけじゃない:
PR:漏えいが起こることを前提にした暗号化対策の本当のポイントとは
マイナンバー制度の本格開始に伴い、企業には、今まで以上に適切な個人情報の安全管理措置が求められることになる。必要な安全管理措置というと、不正アクセスを防ぐ「予防策」に目が行きがちだが、それだけでは十分ではない。万一漏えいが発生した際に備えた暗号化を、適切な鍵管理の下で実行することが重要だ。(2015/4/15)

Computer Weekly製品導入ガイド
エンドポイントを全方位から防御するセキュリティ対策
ユーザーコンピューティングは、IT部門が保有して厳重な守りを固める社内ネットワークの安全な囲いから踏み出した。組織のデータを守り続けるためにはどうすればいいのか。(2015/2/4)

クラウド上のデータ管理に難あり、IT担当者の悩み実態は?
企業でのクラウド活用が広まる中、IT担当者による機密情報の管理や統制が難しくなっている状況が浮き彫りになっている。(2014/11/6)

「金融情報を漏らした企業とは二度と取引せず」 日本人は82%
米セキュリティ企業が日米英独豪5カ国で実施した情報漏えいに関する調査で、銀行口座やクレジットカードなどの金融情報を漏えいした企業と一切取引したくないと答えた消費者は平均65%に上る。(2014/8/1)

2014年1Qのデータ漏えいは1時間あたり9万3000件
米SafeNetによれば、2014年第1四半期に世界中で発覚したデータ漏えい事件は254件あり、2億件以上のデータが紛失や盗難に遭っていた。(2014/5/12)

産総研高木氏の提案、試作機によるデモも:
本格化するMITB攻撃に備え、マイナンバーカードにトランザクション署名を
2014年3月13日に開催された「第2回 セキュアシステムシンポジウム」において、産業技術総合研究所の高木浩光氏が、独自の「MITB攻撃対策」を提案した。(2014/4/10)

エントリーモデルHSMの30日間無償トライアルを提供:
手軽な「鍵管理」でクラウド上のリソース保護を、日本セーフネット
日本セーフネットは、仮想環境やクラウド環境上で動作する、暗号鍵の集中管理を行うハードウェアセキュリティモジュール「Virtual KeySecure」の30日間無償トライアルキャンペーンを開始する。(2014/3/28)

「当社のデータ漏えいはヤバイ?」が分かるWebサイト公開
2013年に世界で漏えいしたデータは5億7500万件以上。これを分析した米SafeNetは、企業が自社のデータ漏えいの深刻度を知ることのできるWebサイトを開設した。(2014/3/27)

ET2013ニュース:
ライセンスによるハードウェア機能制御をアピール、日本セーフネット
日本セーフネットは「Embedded Technology 2013/組込み総合技術展」において、ソフトウェア保護と柔軟な管理を可能にする組み込みシステム向けソリューション「Sentinel Embedded」に関する展示を披露。スロットカーに同製品を組み込み、USBキーの抜き差しでスロットカーの走行機能を制御するデモを実演してみせた。(2013/11/22)

日本セーフネット:
PR:ハードウェアの不正コピーもソフトウェアで防御――セーフネットのIP保護ソリューション
グローバルでの製品開発が行われている現在、IP(Intellectual Property:知的所有権)の盗難やリバースエンジニアリングは大きな脅威となっている。多くの開発期間とコストを掛けて開発した製品が、いとも簡単にコピーされてはかなわない。こうした脅威に対し、世界有数の情報セキュリティプロバイダーとして知られるSafeNetは、グローバル時代に合った「データ保護」「ソフトウェア収益化」を実現する先進的なソリューションを展開する。(2013/11/13)

画像認証など認証方法が多様化
ID不正利用を払拭する「ワンタイムパスワード製品」10選
パスワード漏えいによる不正利用をいかに防ぐか。一度限りのパスワードを動的に発行する「ワンタイムパスワード」は、その有力な武器となる。主要な10製品をまとめた。(2013/6/13)

1台のHSMで複数のユーザーの鍵管理を実現:
マルチテナント環境でHSMを、セーフネットが独自ハイパーバイザ
日本セーフネットは2013年5月23日、ハードウェアセキュリティモジュール(HSM)をクラウド環境で利用できるようにする「Crypt Hypervisor」を発表した。(2013/5/23)

Androidデバイス対応は業界初:
日本セーフネット、組み込みソフトウェア収益化ソリューションを発表
米SafeNetの日本法人である日本セーフネットは、ソフトウェアの重要性が増す組み込み市場向けに、ソフトウェア収益化ソリューション「Sentinel RMS Embedded」を新たに発表した。(2013/4/23)

クラウド向け暗号化製品紹介
クラウドサービスを安全に利用したい――。その有力な策となるのが、クラウドサービス向けの暗号化製品だ。その機能や特徴などを解説する。(2013/1/18)

クラウド向け暗号化製品紹介:日本セーフネット編
暗号鍵は手元で管理、Amazon/VMwareクラウドを守る「SafeNet ProtectV」
クラウド環境の仮想マシンを暗号化で保護したいが、暗号鍵をクラウドに預けたくない――。こうしたニーズに応えるのが、日本セーフネットの「SafeNet ProtectV」である。(2013/1/18)

日本セーフネット、仮想化環境向けの暗号化ソリューションを発表
VMwareの仮想環境およびクラウド環境に対応するセキュリティ製品を日本セーフネットが発表した。(2012/11/1)

RSAの「SecurID 800」の暗号鍵を13分で抜き取れる――科学者が論文を発表
パディングオラクル攻撃と呼ばれる手段により、RSAやSiemens、Aladdinのセキュリティ端末のクラッキングに成功したと科学者チームが発表した。(2012/6/27)

日本セーフネット、クラウド型ライセンス管理サービスを発表
日本セーフネットは、SaaSやオンプレミス環境のライセンス管理などが可能なクラウドサービスの提供を発表した。(2012/5/16)

松阪市民病院、電子カルテシステムにワンタイムパスワードを導入
ソフトウェアタイプのワンタイムパスワードを導入し、院外からもiPadなどを使って電子カルテシステムに安全にアクセスできるようにするという。(2012/4/20)

日本セーフネット、光学読み取り装置内蔵のハードウェアトークンを発表
オンラインバンキングなどの取引データなどを元に画像情報を生成し、トークンでこれを読み取ることで認証を行う仕組みを実現する。(2012/2/9)

ホワイトペーパーレビュー
2011年、クラウド&SaaSで最も読まれたホワイトペーパーは? 〜ベスト10発表
2011年は東日本大震災の影響からか事業継続のためのクラウド活用を記したホワイトペーパーが人気を集めた。クラウド&SaaSに関するホワイトペーパーの中から、2011年にダウンロード数が多かった10コンテンツを発表する。(2012/1/11)

NEWS
顧客情報を守るデータベースセキュリティ、日本セーフネットが解説
PCI DSSを参考にしてデータ保護の考え方や新技術「トークナイゼーション」について日本セーフネットが解説した。(2011/8/29)

2011年上半期ホワイトペーパーランキング
2011年上半期、最も読まれたセキュリティ関連のホワイトペーパーは?
2011年上半期は、スマートフォンやタブレット端末向けのセキュリティ対策を記したホワイトペーパーが人気を集めた。ダウンロードランキングトップ10から、ユーザー企業の関心事項を探る。(2011/8/8)

ホワイトペーパー:
クラウドに最適な認証セキュリティとは 〜2要素認証で手軽かつ強力にクラウドの入口を保護〜
クラウドにアクセスする際に、IDとパスワードだけでログインしていませんか? これらはフィッシング・マルウェア等で簡単に盗まれる時代。クラウドに最適な2要素認証を活用して、クラウドの入り口を守る(提供:日本セーフネット)。(2011/4/22)

クラウドのデータ保護は暗号化と認証が最適解――米SafeNet
ネットワークの先にあるクラウドにデータを預ければ、ユーザーの手が届かなくなる――クラウドに対するユーザーの不安を解決する手段を米SafeNetが開発した。(2011/3/8)

ホワイトペーパー:
プラットフォームの仮想化とソフトウェアライセンシング: ソフトウェアベンダのためのベストプラクティス
注目の仮想化! 仮想化はソフトウェアライセンシングの世界をどのようにかえるのか? そしてその対応策は? (提供:日本セーフネット)(2010/12/14)

NEWS
日本セーフネット、フィッシング攻撃と情報漏えい対策が可能なセキュリティアプライアンス「eSafe 8.5」
コンテンツ保護と監視に特化したアプライアンス製品の最新版。ネットワーク外部からの脅威対策と企業内データの漏えい防止に有効とする。(2010/10/13)

ホワイトペーパー:
2010年、金融サービス企業に差し迫るオンラインバンキングへの脅威
2010年、金融サービス企業が直面するセキュリティ脅威とは? その脅威を分析し、防衛策を考える(提供:日本セーフネット)。(2010/7/8)

NEWS
日本セーフネット、PCI DSSのセキュリティ要件を基にしたデータ保護ソリューション
PCI DSSで定義されたセキュリティ要件を軸に、企業ごとに最適なスイート製品を構成する。暗号化とDLP、監査などを包括的にカバーした理想的な情報漏えい対策が可能だという。(2010/4/22)

日本セーフネット、PCI DSSに基づくセキュリティ製品スイート群を発表
データ保護やアクセス管理を強化する製品を3種類のスイートにした。(2010/4/21)

日本セーフネット、SaaS向けの認証とライセンス管理ツールを提供
日本セーフネットは、SaaSの利用に必要なユーザー認証とシステム開発者用のライセンス管理のツールをSaaS事業者向けに提供する。(2009/12/3)

ホワイトペーパー:
急務となる企業内データの暗号化はどのように実現すべきなのか?
企業内のさまざまなデータを、その運用状態に合わせていかに保護すべきだろうか? その解答として、コアからエッジまで、認証、暗号化ソリューションで実現する方法を紹介する(提供:日本セーフネット)。(2009/1/9)

“いたちごっこ”の情報漏えい対策はやめよう――米SafeNetのCOO
企業の情報漏えい対策は、「個々の原因に対処するよりも、データ自体を保護する仕組みに転換すべきだ」とSafeNetのクリス・フェッド社長兼COOは話す。(2008/10/21)

NEWS
日本セーフネット、レイヤー2暗号化装置の10Gbps対応モデルを発売
セキュリティとパフォーマンスを両立するインターネットVPN構築用アプライアンスに新モデルが追加。10Gイーサネットでも高速な暗号化通信が可能になった。(2008/10/16)

日本セーフネット、データの暗号化を包括的に提供するサービス
米Ingrianの暗号化ソリューションを自社製品のラインアップに統合し、アプリケーションやデータベースなどのデータを暗号化できるサービスを展開する。(2008/9/10)

ホワイトペーパー:
災害が起こったとき、本当にデータは安全か?
金融機関は顧客や取引情報など秘密性の高い情報を大量に保有している。事業継続性に対するリスクの見極めは成否を決定する重要な要素となる。リスクを軽減できる情報セキュリティ技術を解説する(提供:日本セーフネット)。(2008/6/5)

「VPNは、IPsecよりSSLよりレイヤ2で」――米SafeNet
「レイヤ2 VPNの需要は依然として高い」――。暗号化の高速処理技術を売りにする米SafeNetに、ネットワークセキュリティ戦略を聞いた。(2007/8/8)

アズジェント、レイヤ2での高速暗号化が可能なアプライアンス
アズジェントは、イーサネット暗号化アプライアンス「SafeEnterprise Ethernet Encryptor」の販売を開始した。(2007/7/25)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。