ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

  • 関連の記事

「SAMURAI REI」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「SAMURAI REI」に関する情報が集まったページです。

FREETELの「KIWAMI 2」が3万9800円に値下げ 最大1万円キャッシュバックキャンペーンも実施
FREETELのフラッグシップスマートフォン「KIWAMI 2」の販売価格が3万9800円(税別)に値下げされた。FREETEL SIMと一体で提供する「スマートコミコミ+」でKIWAMI 2を含む指定端末を購入した新規契約者(MNPを含む)に対するキャッシュバックキャンペーンも始まる。(2017/6/9)

FREETEL、月額999円からの「スマートコミコミ+」提供開始 機種変更サービスも利用可能
プラスワン・マーケティング(FREETEL)が、端末本体代金、通信料金、10分間の電話かけ放題サービスがセットになった「スマートコミコミ+」の提供を開始した。月額料金は999円からで、機種変更サービス「とりかえ〜る」や補償サービスなども標準付帯する。(2017/3/22)

FREETEL専門の「フリーテルショップ」が登場 第1弾は直営の6店舗
プラスワン・マーケティングが、FREETEL専門店「フリーテルショップ」の展開を開始する。第1弾は同社直営の6店舗で、3月1日(一部3月3日)にプレオープンし、4月以降に正式オープンする予定だ。(2017/2/28)

FREETEL、「REI」のメタルレッド発売中止 KIWAMIのAndroid 6.0や10分かけ放題の延期も
プラスワン・マーケティングは、Androidスマホ「REI」の新色「メタルレッド」の発売を中止する。また、「KIWAMI」のAndroid 6.0バージョンアップや、「10分かけ放題」の提供の延期する。(2016/12/7)

必要なら代替機も提供:
Y!mobileショップがHuawei端末の修理を取り次ぎ SIMフリー端末の販売も一部で開始
全国のY!mobileショップで、HuaweiのSIMロックフリー端末の修理依頼ができるようになる。必要な場合は代替機も貸し出す。さらに、一部のショップではSIMロックフリースマートフォンの販売も開始する。(2016/10/19)

SIM通:
格安SIM業界で話題の寵児FREETEL。利用者が語る魅力と実力
格安SIMなのに通信速度が速い、料金が安い、など利用者の評判の高さも話題の「FREETEL(フリーテル)」。実際に半年以上利用しているユーザーである筆者が、そのサービスの満足度や魅力について語ってみたいと思います。(2016/10/7)

10コアCPU・DSDS:
FREETEL、新フラグシップスマホ「SAMURAI KIWAMI(極) 2」を披露 12月発売予定
FREETELのフラグシップスマートフォン「SAMURAI KIWAMI(極)」の後継機種が、12月に登場する。10コアのプロセッサと大容量メモリ・ストレージ搭載し、国内における「デュアルSIM・デュアルスタンバイ(DSDS)」に対応する意欲作だ。(2016/10/6)

MVNOに聞く:
一般ユーザーに訴求すべきタイミングが来た――FREETELが大攻勢をかける狙い
FREETELが、「FREETEL 2.0」と銘打ってより広い層をターゲットにし始めた。5月と6月に1回ずつ発表会を開催し、新スマホ「REI」や新料金プラン、割引キャンペーンなどを発表した。FREETELがここまでの大攻勢を仕掛ける狙いとは? プラスワンの増田薫社長に聞いた。(2016/6/29)

FREETEL、Androidスマホ「SAMURAI REI(麗)」の未発売2色を7月に発売 「メタルレッド」モデルも秋までに登場へ
FREETELのAndroidスマートフォン「SAMURAI REI(麗)」で、未発売となっているピンクゴールドとメタルブラックの発売日が決定した。また、金属ボディーでは難しいとされる赤色をまとった限定モデル「メタルレッド」も2016年秋までに登場する。(2016/6/27)

SIM通:
モバイルプリンスがオススメするSIMフリースマホ5選
一見すると同じようなスペック・価格帯のSIMフリースマホが多く、何を選べばいいのか分からなくなっている方も多いのでは? 今回は、モバイルプリンスが独断と偏見でおすすめするSIMフリーススマホを選んでみました。(2016/6/23)

Mobile Weekly Top10:
ドコモが「ネットワーク利用制限」を拡大【5/16〜5/22の人気記事】
5月16日から5月22日のITmedia Mobileアクセスランキング。ドコモの「ネットワーク利用制限」拡大に注目が集まりました。(2016/5/24)

テレビCMも開始:
誰でも買いやすいSIMフリーを――「もう1つの選択肢」を目指す「FREETEL 2.0」の幕開け
FREETELブランドで端末・回線の両方を手がけるプラスワン・マーケティング。ブランドの刷新から約1年を迎えた同社は、「FREETEL 2.0」を掲げて大手キャリアと並ぶ選択肢となるべくサービスの拡充に取り組む。(2016/5/18)

5月20日から予約販売開始:
FREETEL、スマホ代+通信料コミコミの「プレミアムバリュープラン」を5月27日から提供
初期費用なしでスマホと通信回線をセット購入できる「スマートフォン0円スタートプラン」が、「プレミアムバリュープラン」に進化。新たにFREETELでんわの無料通話分、データ復旧サービスと32GBのmicroSDHCも標準付帯する。(2016/5/17)

「極」と「雅」の中間モデル:
FREETEL、スタイリッシュなAndroidスマホ「SAMURAI REI(麗)」を発売 20日から予約開始
FREETELの「SAMURAI」シリーズの第3弾が登場する。既存の「KIWAMI(極)」と「MIYABI(雅)」の中間に位置するモデルで、高級感のあるアルミボディーが特徴だ。(2016/5/17)

Mobile World Congress 2016:
FREETEL、新しいSAMURAIスマホ「REI(麗・怜)」を発表 日本と米国で16年度第2四半期に発売予定
FREETELのAndroidスマホ「SAMURAI」シリーズに新たなラインアップが加わる。2016年度の第2四半期に、日本と米国で発売する予定だ。(2016/2/23)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。