ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「産経デジタル」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「産経デジタル」に関する情報が集まったページです。

動画配信者からスター発掘 C Channelがオーディションアプリ「mysta」本格始動
C Channelが、集英社や松竹などと動画視聴アプリ「mysta」の本格展開を始めた。視聴者の応援に応じて動画に順位が付き、上位者にはイベント出演など活躍の場を用意する。(2018/4/25)

デジタル時代のスター発掘:
C Channel、オーディションアプリを本格始動 TBSや集英社らと連携
女性向け動画メディア「C CHANNEL」を運営するC Channelは4月25日、関連会社が提供しているオーディションアプリ「mysta」を本格始動させると発表した。(2018/4/25)

記事の価値、AIが判断――国内新聞社初、産経の新アプリは“AIが編集”
産経新聞の新アプリ「産経プラス」は、新聞社のニュースアプリとしては国内で初めて、人工知能による自動編集を採用した。(2016/12/7)

iOS版「Googleアプリ」アップデートで高速化やAMP対応など新機能追加
iPhone/iPad版「Googleアプリ」がバージョン15.1にアップデートされ、起動や検索結果の表示が速くなった他、AMP対応、「Google Now」のスポートハイライト動画などの新機能が追加された。(2016/5/30)

漫画家・望月三起也さん死去 「ワイルド7」で漫画界に絶大な影響
今年3月にはがんを告白。77歳でした。(2016/4/3)

ターゲットに親和性の高い記事をカスタマイズして提供:
博報堂、媒体社と連携して企業オウンドメディアのコンテンツ制作ソリューションを提供開始
博報堂DYグループ・次世代オウンドメディア・マーケティングセンターは2016年3月28日、企業オウンドメディアのコンテンツ制作ソリューション「PRECTORY」の提供を開始したと発表した。(2016/3/29)

伝説のハードボイルド漫画「ワイルド7」の望月三起也が作品展 在廊日にはファンからの質問にも回答
漫画家デビュー55周年を記念して。(2016/3/17)

次の10億人を見据えて――モバイル環境の多様化に注力するFacebook 日本市場は「未来を考える市場」
Facebook日本版でWeb記事を独自形式で配信する「インスタント記事」、全6種の感情表現ができる「リアクション」の提供が始まる。日間アクティブユーザー数(DAU)が10億人を超えたFacebookが注力するのは、モバイル環境の多様化への対応だ。(2016/1/14)

Google、モバイル高速化「AMP」採用ページをGoogle検索で表示へ LINEもパートナーに
GoogleがTwitterらと協力して立ち上げたモバイルWeb高速化プロジェクト/イニシアチブ「Accelerated Mobile Pages(AMP)」で、Googleは2016年2月からGoogle検索でAMP採用ページへのトラフィック送信を開始する。TwitterもAMPコンテンツへのリンク実験を来年早々に開始する。(2015/12/10)

Google、モバイルWeb高速化のオープンイニシアチブ「AMP」立ち上げ Twitterや大手メディアが参加
Googleが、モバイルでのWebページ読み込み高速化を目指す「Accelerated Mobile Pages(AMP)」を立ち上げ、「AMP HTML」をオープンソースで公開した。イニシアチブにはTwitter、Pinterestの他、BBCや朝日新聞など世界のパブリッシャー大手が多数参加している。(2015/10/8)

サンスポ創刊60周年記念、電子版をiOS/Androidアプリでリリース
記事のスクラップや、5月からは3カ月分のバックナンバーの閲覧も可能。(2015/2/3)

ソフトバンク、ニュースや旬な話題を動画で配信するスマホ向けサービス「スマトピ」開始
ソフトバンクは、国内外の主要ニュースやスポーツ、イベント情報などを動画で楽しめるスマホサービス「スマトピ」をスタート。多彩なコンテンツを楽しめる各種機能も搭載している。(2014/12/19)

国内最大級のネイティブ広告ネットワーク:
スマートニュース、モバイル広告事業を本格始動
ニュースアプリ「SmartNews」を提供するスマートニュースは12月1日、以前より実証を進めていた動画広告/ネイティブ広告の配信事業を開始した。モバイルニュース広告事業への本格始動となる。(2014/12/2)

SmartNews、広告事業をスタート SNS・メディア大手とネイティブ広告ネットワーク展開
SmartNewsが広告事業をスタート。「コンテンツとしての広告」を掲げ、良質な企業コンテンツをユーザーにマッチする形で届けることでユーザー体験を損なうことなく効果的な広告を配信できるとうたう。大手メディアらが参加するネイティブ広告ネットワークもスタートしたほか、「公共性」を打ち出した新しい取り組みも始める。(2014/12/1)

MSNが「20年で最大」のリニューアル 全世界でデザイン統一、マルチデバイス対応 パーソナライズ機能も強化
マイクロソフトのポータルサイト「MSN」がコンテンツ、デザインとも大幅リニューアルする。マルチデバイスに対応し、大手メディアと連携しコンテンツも拡充する。(2014/9/8)

「産経ニュース」に集約するため「msn産経ニュース」は終了へ オピニオンサイト「iRONNA」も新設
産経新聞が独自サイトを10月1日にオープンする。(2014/9/8)

「msn産経ニュース」終了 独自サイト「産経ニュース」にフルリニューアル オピニオンサイトも新設
産経新聞とMSNが共同運営するニュースサイト「msn産経ニュース」が終了し、産経新聞は独自に「産経ニュース」を10月1日にオープンする。(2014/9/8)

まるで“第二のキラ”:
遠隔操作ウイルス事件、コードプロファイリングから浮かぶ「気持ち悪さ」
IT関係者の関心も集めた遠隔操作ウイルス事件の意外な幕切れについて、クレイジーワークス 代表取締役 総裁の村上福之氏が緊急寄稿した。(2014/6/6)

より安価にニュース購読できる新聞系アプリが人気
ドコモ・ドットコムが「GooglePlay月平均ランキング(2013年9月)」を実施。「ニュース&雑誌」カテゴリで新聞系アプリに人気の有ることが明らかになった。(2013/11/6)

「新聞社が作る究極のまとめサイト」 産経「イザ!」リニューアル
産経のニュースサイト「イザ!」がリニューアル。注目のテーマに関するニュースや解説、関係者の発言などをまとめた「トピックス」などを新設。(2013/10/1)

産経デジタル、「産経新聞HD」新機能追加でiPadでのスクラップが可能に
iPadで新聞がそのまま読めるアプリ「産経新聞HD」に、スクラップ機能などが追加された。(2013/1/18)

アクセリア、広告配信システム&アクセス解析機能を備えたビューワアアプリ「eSTAND」
アクセリアは、広告配信システムとアクセス解析機能を備えたスマートフォン向けビューワアプリ「eSTAND」を開発。産経新聞アプリに採用され、1月16日から提供開始となる。(2013/1/17)

「産経新聞 HD」にストア機能追加、夕刊フジ、フジサンケイビジネスアイが購入可能に
iOS向けアプリ「産経新聞 HD」で、産経新聞だけでなく夕刊フジ、フジサンケイビジネスアイが購入可能に。複数の新聞を購読管理する「My 書棚」機能も追加された。(2012/5/14)

「産経新聞HD」アプリがiPhoneにも対応 「夕刊フジ」「ビジネスアイ」も配信
iPad上で産経新聞をそのまま読めるアプリ「産経新聞HD」がiPhoneにも対応。新たに「新聞ストア」と「書棚機能」を追加し、「夕刊フジ」なども購読できるようにした。(2012/5/11)

産経新聞とフジサンケイビジネスアイが購読できるAndroidアプリ「産経新聞」
産経新聞社と日本工業新聞社、産経デジタルは、産経新聞とフジサンケイビジネスアイの紙面をそのままの形で閲覧できるAndroidアプリ「産経新聞」をリリースした。3カ月間は無料で体験できる。(2011/11/1)

D89クリップ(24):
【Chrome+HTML5 Conferenceレポート 】HTML5づくしの1日
グーグルとHTML5 Developers JPが開催した「Chrome+HTML5 Conference」の模様を紹介する(2011/9/2)

災害時のケータイ活用を考える(2):
安否連絡から情報収集まで――災害時に役立つアプリ(iPhone編)
東日本大震災では、情報収集や安否確認、地震速報通知などでスマートフォンのアプリが活躍した。発信規制で電話が使えないときでも、インターネットを介してさまざまな情報をやり取りできた。そこで、これら災害時に役立つアプリを紹介しよう。今回は28本のiPhone向けアプリを取り上げる。(2011/4/28)

電子書籍に期待される「コンテンツ面での支援」
東北地方太平洋沖地震の影響に伴う、3月14日現在の電子書籍関連の動きについてまとめた。(2011/3/14)

期間は「当面の間」:
iPhone/iPad向け「産経新聞」の夕刊を配信
東北地方太平洋沖地震の情報需要に応えるため、iPhone向け「産経新聞」とiPad向け「産経新聞HD」の夕刊が期間限定で配信される。(2011/3/14)

総まとめ:
電子書籍もゲームも地図も iPad向けアプリ&サービスいろいろ
iPad発売に合わせ、iPad向けの電子書籍やゲーム、地図サービスなどが続々と登場。(2010/5/28)

MSN産経の記事を引用できるブログパーツ
MSN産経の記事や写真を引用できるブログパーツの提供がスタートした。(2010/1/8)

「IPから地域判別・コンテンツ切り替え」特許を活用 電通とJ-CASTが合弁会社
電通とJ-CASTが地域ターゲティングを展開する合弁会社を設立。IPアドレスからユーザーの地域を判別し、マッチしたコンテンツを表示するJ-CASTの特許技術を活用する。(2009/12/24)

経済ニュースサイト「SankeiBiz」オープン 独自記事と速報性で勝負 
フジサンケイビジネスアイのサイトが「SankeiBiz」にリニューアルした。速報性とビジュアルにこだわり、独自記事も多く掲載。読者増と広告主の獲得につなげる。(2009/12/7)

産経デジタル、総合経済情報サイト「SankeiBiz」をオープン
(2009/12/7)

産経新聞のiPhoneアプリに“動く広告” GPS連動で店舗検索も
「産経新聞iPhone版」で新型広告の配信実験がスタート。商品画像が紙面を駆け抜けるなど演出を加えたほか、iPhoneのGPS機能を使い、周囲の店舗を表示する機能も付けた。(2009/11/27)

iTunesにApp Store開設1周年を記念した特別ページ
7月11日に1周年を迎えるApp Storeに、スタッフお気に入りアプリを紹介する特設ページが用意されている。(2009/7/8)

「産経ニュース for BlackBerry Bold」β版開始――最新ニュースを無料で閲覧
世界初となる「BlackBerry Bold」向けの日本語版アプリ「産経ニュース for BlackBerry Bold」β版」が2月20日から配信された。「MSN産経ニュース」の最新ニュースを無料で閲覧できる。(2009/2/20)

初の「BlackBerry Bold」向け日本語アプリ 産経から
「BlackBerry Bold」向けの初の日本語アプリは、「MSN産経」の最新ニュースを閲覧できる無料アプリだ。(2009/2/19)

Weekly Memo:
「クロスメディア」が加速する新聞・テレビのサバイバル競争
新聞社やテレビ局を中心に、「クロスメディア」の動きが活発になってきた。共通する狙いはネットへの進出だが、既存メディアのサバイバル競争を加速することにもなりそうだ。(2008/12/29)

産経新聞、なぜ無料でiPhoneに 「失敗続き」の電子新聞チャレンジに手応え
産経の電子新聞サービスは15年間失敗続きで「自信をなくしていた」という。それでも「挑戦しなければ」とiPhoneアプリに取り組み、「どーん」と無料で出した。(2008/12/19)

App Town ニュース:
当日の産経新聞をiPhoneで丸ごと閲覧できる「産経新聞iPhone版」開始
iPhone 3G/iPod touchで当日の産経新聞を読めるサービス「産経新聞iPhone版」が開始した。(2008/12/13)

産経朝刊、まるごとiPhoneで 無料アプリ登場
「あなたのiPhoneに、新聞を“配達”します」――産経新聞朝刊の全紙面を、紙の新聞そのままのレイアウトで読めるiPhoneアプリが登場。(2008/12/12)

「YOMIURI ONLINE」に“あとで読む”ためのブクマ機能
「YOMIURI ONLINE」で、後で読みたい記事をブックマークしたり、ブックマーク履歴をもとにおすすめ記事を表示する新機能が公開された。(2008/5/12)

iPhoneよりマリオ、Googleより茶道――チームラボが考える「和製UI」
iPhoneのUIは効率的でかっこいいが、あまりに西洋的――チームラボの猪子社長は日本独自のUIを提案する。ヒントは「茶道」と「マリオ」。「目的ではなく、行為そのものに意味を与えたい」という。(2007/11/19)

21世紀にふさわしい瓦版の先駆けとなるか――「MSN産経ニュース」開設
マイクロソフトは、産経新聞社、産経デジタルとともに「MSN産経ニュース」を10月1日から開設すると発表した。コンテンツとテクノロジーの融合が新たなメディアのあり方を提示する――。(2007/9/25)

スクープも紙より先にWeb掲載 「MSN産経」の本気度
10月にオープンするニュースサイト「MSN産経」は、スクープ記事も新聞発行を待たずに掲載するなど、紙とネットの“壁”を破っていく。「もはや紙かネットかの択一ではない」(2007/9/25)

「MSN産経」が10月スタート 毎日新聞は独自サイトに
マイクロソフトと産経グループが提携し、「MSN産経ニュース」を10月1日に始める。「MSN毎日」は終了し、毎日新聞は新たにニュースサイトを始める。(2007/6/27)

東京をリアルに再現する“和製Second Life”
東京の街をリアルに再現した、Second Lifeのような3D仮想空間が今冬に公開される。アダルトコンテンツを排除し、操作を簡単にすることでSecond Lifeとの違いを打ち出し、子どもや女性も楽しめるようにする。(2007/6/5)

携帯からブログの閲覧や編集ができる「イザ!ケータイ」サービス開始
(2007/4/17)

産経新聞、連載企画案をブログで公開 ネットの声反映
「イザ!」などでネットへの取り組みを進めている産経新聞が、連載企画案をブログで公開し、ユーザーの声を反映させる試みを始めた。「オープンな取材手法に挑戦したい」と意気込む。(2007/1/17)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。