ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  B

「Brain」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Brain」に関する情報が集まったページです。

シャープ、キーボードとタッチの“2wayスタイル”が特徴の電子辞書発売
シャープのタッチ操作対応電子辞書「Brain」に、キーボードスタイルとタブレットスタイルを使い分けられる新ラインナップが登場した。(2013/12/26)

ビジネス向けモデルは中国語講座も搭載――シャープ、1月25日よりカラー電子辞書「Brain」シリーズ2機種を追加発売
高校生向けモデルにはセンター試験対策コンテンツが収録される。(2013/1/11)

英語の発音チェックもできる――シャープ、タブレット型のモバイル学習ツール「英語入門Brain」を1月25日発売
読み書きとリスニングだけでなく、英語の発音チェック機能で話す勉強にもチャレンジできるタブレット型の学習ツールがシャープから発売される。(2013/1/11)

シャープ、タブレット型モバイル学習ツール「受験Brain」を発表
受験学習向けコンテンツを収録したタブレット型モバイル学習ツール「受験Brain」が登場。タッチペンによる「書いて覚える」暗記学習や電子辞書、センター試験の対策講座を動画で視聴できる「学習動画」などを用意している。(2012/7/20)

シャープ、カラー電子辞書「Brain」の旅行モデルとTOEICテスト対策モデル
シャープから、スピーカー搭載のコンパクトカラー電子辞書「Brain」が登場。ラインアップは、旅行モデル「PW-AC11」およびTOEICテスト対策モデル「PW-AC21」の2機種。(2012/6/4)

製品リリース/組み込みデータベース:
より速く・より安全に、組み込みデータベース「Entier」の新版登場!
日立ソリューションズは組み込みデータベース製品「Entier」の最新バージョン、「Entier Version4」の販売を開始。検索性能の向上、セキュリティ機能の強化、開発生産性の向上に対する強化がなされている。(2012/4/5)

シャープの「SpaceTownブックス」、諸般の事情で終了へ
シャープが2006年4月から運営していた電子書籍販売サイト「SpaceTownブックス」が、“諸般の事情”により11月末でサービスを終了する。CCCの動きなども考慮すると、何かが起こりつつある。(2011/7/4)

読めない漢字やハングルの辞書が引ける――中国語、ハングル語の手書き検索対応の電子辞書「Brain」2機種が7月15日発売
手書き認識で入力した中国語、ハングル語から日本語が引ける電子辞書が発売に。中国語搭載モデルとハングル語搭載モデルがそれぞれ用意される。(2011/6/28)

シャープ、片手操作のコンパクトな電子辞書「Brain(ブレーン)」
シャープは、胸ポケットに収まるコンパクトな電子辞書「Brain」(PW-AC10)を発表した。2.4型カラー液晶を搭載し、片手で操作できるキー配置とした。(2010/7/27)

まるでBlackBerry シャープ、片手で使える電子辞書
BlackBerryのようなデザインの電子辞書「Brain」がシャープから。(2010/7/27)

仕事耕具:
4.3型カラー液晶搭載、胸ポケットサイズの電子辞書
シャープの電子辞書「Brain」シリーズに、ワイシャツの胸ポケットに収まるという新製品が加わった。(2010/2/15)

仕事耕具:
ペンでなぞって情報をクリップ シャープのカラー液晶電子辞書
ダウンロードコンテンツを利用できるシャープの電子辞書「Brain」シリーズの新製品「PW-AC910」は、複数のコンテンツから情報をクリッピングして1ページにまとめられる。(2010/1/12)

テキストメモを保存、PCに転送できる電子辞書 シャープ
キーボードでテキストを入力・保存し、PCに転送できる電子辞書を、シャープが発売する。(2009/6/25)

液晶もペンタッチ対応に シャープのワンセグ電子辞書「Brain」
シャープのワンセグ対応カラー電子辞書「Brain」新製品は、手書きパッドに加えメイン液晶もペンタッチ操作に対応したのが特徴だ。(2008/11/21)

仕事耕具:
ペンでなぞって単語検索 タッチスクリーン搭載のワンセグ電子辞書
シャープは、メイン画面にタッチスクリーンを採用したワンセグ搭載カラー電子辞書「Brain PW-TC980」を発売する。(2008/11/20)

シャープ、コンテンツダウンロード対応のカラー電子辞書
シャープが5型ワイド液晶を搭載した電子辞書“Brain”シリーズを発売。カラー液晶ながら80時間の連続使用が可能で、ネット経由のコンテンツ拡張にも対応する。(2008/7/28)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。