ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「おさい銭」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「おさい銭」に関する情報が集まったページです。

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
結果を出す人はスケジュールに予定ではなく「〇〇」を書く
スケジュールに追われて来る日も来る日も、あるスケジュールをこなすだけの人生。それでは成長しないし夢はかなわない。夢を現実化させ結果を出すにはどうしたらいいのか?(2021/9/16)

週末に「へえ」な話:
盗まれないの? 東京の「無人果物店」は、なぜ“48時間”にこだわるのか
無人店舗が増えてきた。テクノロジーの進歩や人手不足などが背景にあるようだが、筆者が気になっているのは「無人果物店」である。どんなビジネスを展開しているのかというと……。(2021/9/12)

“オンライン賽銭”で物議をかもした「カミムスビ」、サイトの今後について発表 神社本庁にも経緯説明
神社本庁からは当初、金銭の絡む機能については「控えるように」といわれていたとのこと。(2021/7/13)

「“オンラインさい銭”に無断で名前使われた」──神社が相次いで注意喚起 運営元は「詐欺ではない」
オンラインでさい銭を奉納できるWebサイトに名前を無断使用されたと神社がコメント。「詐欺ではないか?」との声に運営元は「詐欺行為は断じて行っていない」としながらも、サービスを一時停止している。(2021/7/9)

神社データベースサイト「カミムスビ」、物議をかもした“オンライン賽銭”を一時停止に 複数の神社が注意喚起する事態に
あくまで善意で提供していた機能でしたが、いろいろとすれ違いや説明不足があったようです。(2021/7/9)

「もふもふ猫神社だニャ!」 猫さまがひょこっと顔を出す、神社モチーフの爪とぎハウスがかわいい
我が家の猫様、気に入ってくれるかな?(2021/2/2)

あえて食べて自分を追い込む「罪悪感ダイエット」 メンタルが強いのか弱いのか分からない彼女を描く漫画「ぼくの彼女、ヤバにゃん」
ダイエット道の世界は深い……のか?(2021/1/16)

「近づけない、集めない」 時代を生き抜く、企業の知恵:
2021年はオンライン初詣 密を避ける試み、オンライン投げ銭も
クリスマスを過ぎれば街は一気にお正月モードへ変わる。例年、初詣に行く人も今年はなかなか行きにくい。特に昨今の報道に鑑みると、3密がほぼ確定的な場所へ出かけて行って、コロナに罹患するようなことがあっては何のための初詣か分からない。そんな中で、オンラインライブによる初詣という新たなビジネスを立ち上げた会社がある。(2020/12/26)

成田山久留米分院がWeb賽銭箱を導入 通販機能で御朱印のダウンロードも可能に
現地でのお賽銭もキャッシュレス決済に対応します。(2020/12/24)

PR:スカルプD「今年はお家で、発毛DAY(はつもうでー)。」 オンライン初詣で御髪神社の「房々御守」が当たるかも
幸せと髪の毛がたくさんの1年になりますように。(2020/12/28)

愛猫が猫神様に! プロ設計士がダンボール製の「ネコ神社ハウス」開発 クラウドファンディングで支援受付中
猫が乗っても大丈夫な、神社型のダンボールハウス。(2020/11/21)

京都観光の現実から読み解く:
日本のインバウンドは「死ぬ」のか――コロナ後の観光生き残り策、観光社会学者に聞く
コロナで深刻な打撃を受けた観光業界。特に消滅したインバウンド需要はどうなるのか。京都在住の観光社会学者に聞く。(2020/10/30)

東本願寺が「キャッシュレスお賽銭」に対応 専用端末を使って参拝者がクレカ決済
お寺にもキャッシュレスの波がやってきた。(2020/10/12)

東本願寺、さい銭のクレジットカード払いに対応 新型コロナ対策で
東本願寺が、さい銭のクレジットカード払いに12日から対応。境内の各所に専用のPOSレジと職員を配置する。参拝者が現金に触れる機会を減らし、新型コロナウイルスの感染拡大を抑える。(2020/10/9)

猫神様が姿を現した―― 祠の前で雨宿りする猫ちゃんたちが神々しい雰囲気を放っている
福を招くニャ!(2020/10/8)

あなたの今週の運勢は? ねとらぼ12星座占い【6月15日〜6月21日】
(2020/6/15)

土地神様がなぜかギャル 霊感少年がとまどう漫画に「やっぱりギャル最強」
ギャル神様にスマホ持たせてみたい。(2020/5/18)

「コロナ終息を願って」 猫神様がチラリと見えるダンボール製「猫神社」がかわいくてありがたい
猫神さまのお力(癒やし)がありがたや。(2020/4/30)

小さなキツネの神様が願いごとをかなえるために奔走 一生面目な姿がかわいくて癒やされる漫画「GON」
(2020/4/28)

線路上に20基の鳥居がずらり! 山口・長門市駅に現れた真っ赤な鳥居のトンネルが話題に、JR西日本に詳細を聞いた
地元の観光名所「元乃隅神社」の100基を超える鳥居をモチーフしたそうです。(2020/4/4)

美術大学で暮らしていた2匹の猫ちゃん たくさんの愛を感じる思い出マンガに思わず目頭が熱くなる
10年ちょっと前のお話です。(2020/3/2)

キャッシュレス決済が増えた県は?:
貯蓄上手の福島県、お賽銭をたくさん入れる愛知県、消費増税で我慢する岩手県――47都道府県の「お金」意識が明らかに
ソニー生命保険が発表した「47都道府県別 生活意識調査2019」の集計結果。福島県の人に倹約志向が強い傾向があり、消費増税後に買いたいものを我慢するようになったのは岩手県の人に多かった。年末年始の消費に関する予算の違いも明らかになった。(2019/12/18)

「猫の手を(非常に)借りたいときの猫とはこんなもの」 猫ちゃんのマイペースっぷりが分かる姿にほっこり
現実とはこんなもの(かわいい)。(2019/8/24)

ねとらぼ編集部員の怪談「しゃんしゃろ」――怖い話とは一体なんなのか
奇妙な夢から始まる謎の事件について聞き書きを行いました。(2019/8/10)

お坊さんのIT活用を考えるイベント「テラテク!」開催 「誰も私たちの課題を解決してくれない」
freeeがお坊さんのためのIT活用イベント「テラテク!」を開催した。(2019/6/13)

お賽銭で神社はどれだけ儲かっているのか?
神に誓って羨ましいなどとは思っておりません!(2019/4/16)

「尊すぎて自然と涙があふれちゃうよな」 男子高生らが百合の良さを語らう漫画、ラストの悲劇が是非も無し
その空気で絶対言っちゃダメなやつ……!(2019/2/26)

水曜インタビュー劇場(2坪公演):
えっ、盗まれないの? 無人の古本屋は、なぜ営業を続けられるのか
東京の三鷹駅から徒歩15分ほどのところに、無人の古本屋がある。広さ2坪のところに、500冊ほどの本が並んでいるだけ。「誰もいなかったら、本が盗まれるのでは?」と思われたかもしれないが、実際はどうなのか。オーナーに話を聞いたところ……。(2019/1/9)

平成最後のお正月をバーチャル空間で 輝夜月の仮想空間で“卍運勢”も占える「バーチャル初詣」が開催決定
お正月でもおはよー!(2018/12/29)

寺のさい銭もスマホでキャッシュレス 徳島県の平等寺がコード決済を導入
徳島県の平等寺がコード決済サービスを導入。さい銭をスマートフォンで奉納できるようにした。(2018/12/26)

小銭を投げる、年齢確認拒否……コンビニの困った客に“筋肉”で対応する漫画に「気持ちはわかる」「ほんとそれ」
ちょっと力技、でも爽快!(2018/11/22)

「ゆるキャン△本栖高校学園祭」オタクの潜入レポート
数多のオタクをキャンプ場に誘った超人気アニメ「ゆるキャン△」。その聖地イベントに行ってきました!!(2018/11/11)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
副業の時代。運だけで、1000万円は稼げる
運を自分で上げる、日常生活におけるちょっとしたポイントとは?(2018/8/23)

「現金決済主義」は20代女性が最多、約2割がチャージ不足でもたついた経験あり KDDIの意識調査
KDDIは、15歳〜79歳の男女を対象とした「『さよなら現金』意識調査2018』」実施。「現金決済主義」という回答は4割に留まり、電子マネーやプリペイドカードの利用シーンでは7割が「チャージ不足でもたつくと恥ずかしい」と答えた。(2018/4/4)

御神木に硬貨を差し込む“さい銭”が「硬貨から成分が溶け出して悪影響」と物議 本当なのか専門家に聞いてみた
「参拝方法としてどうなのか」という点も取材しました。(2018/1/5)

猫ちゃんが御神体の「ダンボール神社」に参拝希望の声上がる 「御神体かわいすぎる」「御利益ありそう」
カリカリをお供えしたい。(2017/10/20)

麹町OLの週末ビジネス探検:
神社もIT化? 貴船神社の“QRコード”おみくじ
京都の観光名所・貴船神社が進化を遂げている。伝統あるおみくじ「水占(みずうら)みくじ」が、なんとQRコードを活用して多言語対応。経緯と効果を担当者に聞いてみた。(2017/10/7)

「アースアイズ for 寺社仏閣」:
AIでさい銭泥棒を察知 「寺社仏閣特化」の監視カメラ
さい銭泥棒や墓へのいたずらが増える夏に向け、アースアイズが寺社仏閣に特化した監視カメラを開発。犯行の動きを学習したAIが、不審人物の自動察知や検知を行う。(2017/7/31)

お坊さんが本気で考えた「お寺で きもだめし」の看板が話題に どんな内容なのか聞いてみた
これは思わず足を止める。(2017/7/31)

エスカレーターの下から大量の小銭が出てきた! 「その小銭どうするの?」関係各所に聞いてみた
みんな、こんなに落としてるの?(2017/6/8)

「えんとつ町のプペル」Amazonで1位に 無料公開で宣伝効果 「クリエイターの対価問題は別の話」 西野さん、批判に反論
キングコングの西野さんが絵本「えんとつ町のプペル」をWebで無料公開し、Amazonの書籍ランキング1位を獲得したことを報告。「クリエイターにお金が回らなくなる」などの批判に反論した。(2017/1/20)

初の“Suica連携3DSソフト”「めがみめぐり」公開 リアル駅とのコラボも
交通系ICカードと連動するニンテンドー3DS向けゲームソフト「めがみめぐり」が公開。太宰府駅や鉄道博物館とのタイアップイベントも行う。(2016/12/8)

小銭よりかつお節捧げなきゃ 猫さまがおさい銭箱の上でお眠りになられお参りができない事案が発生
にゃんということでしょう。(2016/7/1)

よーし、お兄ちゃんなんでもしちゃうぞー! 「<物語>シリーズ」千石撫子ちゃんの白蛇メデゥーサ姿をフィギュア化
白蛇ヘアーになった撫子ちゃんが賽銭箱に座っている姿を再現。(2015/11/26)

「ノラガミ」の舞台化決定、オリジナルストーリーで 夜ト役が雪音を構えるビジュアルも公開!
ティーザービジュアルが「デリバリーゴッド」感ゼロのカッコよさ!!(2015/11/17)

大仏の首を切り落とした住職
日本各地の「巨大仏」を巡るクロスケさんインタビュー。(2015/2/24)

【連載】ちょっと気になるWebキャンペーン:
第51回 2014年にNike+を使って走った距離、ニューヨークのランナーは地球76周分!
ナイキが昨年末(2014年末)、「Nike+」を利用する北米のユーザー10万名にあるアニメーションの「動画」を贈った。そのストーリーは、視聴するユーザーによって異なるものだった。果たしてどのような仕掛けだったのか――。(2015/1/16)

2015年初詣の大人気スポットは、猫さまがででーんとお迎えしてくださる「八猫神社」
御利益ありそう!(2015/1/8)

編集部通信:
冬の秋田では「かまくら」の交番が常識 幻想的な横手の雪まつりをご覧ください
雪のプロたち。(2014/2/18)

ついに楽天Edyで払えるおさい銭箱が登場 → ちゃんと御利益はあるのか神社に聞いてみた
シャリーン♪(2014/1/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。