ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

  • 関連の記事

「Smartia」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Smartia」に関する情報が集まったページです。

NEC、7型防水Androidタブ新モデル「LifeTouch B」
NECが7型サイズの防水Androidタブレット新モデルを発表。営業・現場作業シーンのほか、納入先ブランドでのCATVリモコンやHEMS/ホームICT端末といった活用例も提案する。【写真を追加】(2011/11/9)

タブレット端末で読書できるカフェ、日本橋浜町にオープン
店内に用意された、さまざまなタブレット端末で読書を楽しめる――。こんなカフェが日本橋浜町にお目見えした。(2011/9/6)

CATV局に要望多数「リモコン使いにくい」:
Androidタブレットを簡単テレビリモコンに──CATV局とNECが実証実験
東京ケーブルネットワークとNECは、Androidタブレットを「CATVのリモコン」とする加入者向け実証実験を実施。「より簡単、便利」になるための新たなテレビサービス展開を模索する。(2011/8/30)

Android法人導入を意識:
NEC、セキュリティ機能を強化した「LifeTouch」ビジネスモデル
NECは、同社製Androidデバイスの「法人向け」モデルを販売する。Androidはセキュリティ性が不安と感じるビジネス層向けとし、キーボード付き/タブレット型の2シリーズを用意する。(2011/8/23)

電子書籍・教育サービス向け端末として展開:
NEC、2画面仕様のAndroidブック端末「LifeTouch W」を製品化
NECが重量530グラムの2画面Androidブック端末「LifeTouch W」を製品化。電子書籍サービスを行う企業向けなどへ納入する企業向けとして展開する。(2011/5/19)

写真と動画で見る「LifeTouch W」
本日発表されたキーボード付きのLifeTouch NOTEとともに、未発表の2画面タッチパネルスタイルの「LifeTouch W」も参考展示されていた。(2011/2/15)

“モバイルギア”の名称を使うかも悩んだ:
PCやスマートフォンの競合ではない 「3つ使い分けてもらいたい」──NEC「LifeTouch NOTE」発表会
キーボード搭載のAndroidノート「LifeTouch NOTE」は、“PC以下、スマートフォン以上”。これまで、ありそうでなかった──という新たな領域の製品として、主に個人ユーザー向けに発売する。(2011/2/15)

これは“モバギ”の再来か:
ATOKも“Ctrl+c”も使えるキーボード付きAndroidポケットノート──「LifeTouch NOTE」の実力検証
単に「キーボードを付ける」だけではダメっ。NECのキーボード搭載Androidデバイス「LifeTouch NOTE」は、かつての“モバイルギア”のようにモバイル環境でガッツリ使える特徴を備えるのか、外観や機能とともに日本語入力環境の仕上がりをチェックする。(2011/2/15)

Embedded Android for Beginners(Android基礎講座):
第6回 2010年が転換点となったAndroid
移動体通信事業者に続き、固定系通信事業者やインターネットサービスプロバイダー、さらにはデジタルカメラや音響機器のメーカー組み込み機器にもAndroidが広がってきました。グーグルの新しいサービスをすぐに利用したければ、Android搭載機器を持っておくことという流れがごく自然に広がってくると考えられます。(2011/1/12)

生活で使う英会話をAndroidアプリで検定 「検定!英語力」
生活に根ざした英会話の表現力を検定するアプリが登場。アメリカで小学生が話すレベルの身近な会話表現を400問以上収録したアプリだ。(2011/1/11)

Smartia開発者インタビュー:
「Androidやクラウドを意識させず」新たなネット生活シーンを提供──NECビッグローブ+Smartiaの戦略を聞く
Androidやクラウドなどと細かに言うより“多くの人が手軽に利用できる新しいインターネット機器”を目指したという「Smartia」。改めてSmartiaとは何か、NECビッグローブのSmartia開発チームに話を聞いた。(2010/12/22)

BIGLOBE、Androidタブレット「Smartia」発売 “ネットサービス一体”で初心者も簡単に
NECビッグローブのAndoridタブレット「Smartia」は、天気予報をプッシュ配信するホーム画面を用意するなどネットサービスを一体化して提供。初心者でも簡単に使えるタブレットとして売り出す。(2010/11/25)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。