ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  L

  • 関連の記事

「LifeTouch NOTE」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「LifeTouch NOTE」に関する情報が集まったページです。

Tech TIPS:
AndroidでGoogle Playストア以外からアプリをインストールできるようにする
社内アプリなど、AndroidでGoogle Playストア以外からアプリをインストールしたい場合、[設定]画面で「提供元不明のアプリ」にチェックを入れる必要がある。その方法を紹介する。(2015/9/11)

複数台持ちも、家族持ちも納得。これが“一歩先行く”LTEサービスだ:
PR:2930円/月でUIMカードが最大3枚まで利用可能!──進化した「BIGLOBE LTE」を徹底チェック
NECビッグローブの高速モバイルデータ通信サービス「BIGLOBE LTE」がさらに進化した。月額料金はそのままに、1契約で最大3枚までのUIMカード(SIM)が使える「シェアオプション」の魅力とは。そして、さらにオトクに利用できる新規申し込み特典の詳細をチェックする。(2012/12/14)

NEC、大雪で被害を受けた個人向け機器の特別保守サービス実施
NECは、今冬期の大雪で被害を受けたNEC製個人向け製品の特別保守サービスを展開する。(2012/2/3)

LifeTouchから印刷も――NECのA4プリンタ「MultiWriter」に新製品
NECはオフィス向けA4プリンタ「MultiWriter el」シリーズの新ラインアップを発表。有線/無線LAN接続インタフェースを搭載し、スマートフォンやタブレット経由の印刷に対応した。(2012/1/18)

Biz.ID Weekly Top10:
誠 Biz.ID読者が選ぶ2011年のトレンド1位は「節電」
先週まで受け付けていた「誠トレンド格付」の結果が出ました。スマートフォン、SNS関連のキーワードを抜いて誠 Biz.IDピックアップの中で1位になったのは、今夏の象徴ともいえる「節電」でした。(2011/12/20)

誠トレンド格付2011:
Business Media 誠の読者が選ぶ2011年のトレンドは?――投票お待ちしています!
あなたが選ぶ「2011年のトレンド」は何ですか? 編集部が厳選したキーワードの中から読者の皆さんにNo.1を決めてもらいたいと思います。回答者には抽選でAmazonギフト券(3000円)をプレゼント!(2011/12/1)

NEC、法人向け防滴Androidタブレット「LifeTouch B」
NECからLifeTouchシリーズの新機種が法人向けに登場。ハードキーなど表面の凹凸がほとんどない、フラットなデザインの防滴7インチタブレットだ。(2011/11/10)

読者プレゼント:
G-SHOCKやVAIO Eが当たる――Business Media 誠リニューアル記念
10月4日、Business Media 誠はソーシャルメディア連携を意識したサイトデザインのリニューアルを行いました。リニューアルを記念して、ソニー「VAIO E」やカシオ「G-SHOCK」などが当たるプレゼントキャンペーンを実施していますので、ぜひご応募ください!(2011/10/5)

読者プレゼント:
ドキュメントスキャナやVAIO Eが当たる――Business Media 誠リニューアル記念
10月4日、Business Media 誠はソーシャルメディア連携を意識したサイトデザインのリニューアルを行いました。リニューアルを記念して、ソニー「VAIO E」やカシオ「G-SHOCK」などが当たるプレゼントキャンペーンを実施していますので、ぜひご応募ください!(2011/10/5)

読者プレゼント:
VAIO EやG-SHOCKが当たる――Business Media 誠リニューアル記念
10月4日、Business Media 誠はソーシャルメディア連携を意識したサイトデザインのリニューアルを行いました。リニューアルを記念して、ソニー「VAIO E」やカシオ「G-SHOCK」などが当たるプレゼントキャンペーンを実施していますので、ぜひご応募ください!(2011/10/5)

厚さ9.9ミリ、350グラム、QWERTYキーボード搭載:
NEC、マボロシの極薄Android試作機を公開
NECが、“商品化を予定”していた極薄PCのプロトタイプを公開。7型有機ELディスプレイ、9.9ミリ厚、350グラムでQWERTYキーボードと3G内蔵など、モバイルユーザーにとって“おっ”と思うものだった。【動画を追加】(2011/9/28)

「5GHz帯無線LANルータ」導入のススメ:
第4回 最新ルータで実現する、カンタン解決「リモートアクセス」入門(後編)
最新無線LANルータに備わる機能を活用すると、外出先から自宅への「リモートアクセス」もかなりラクに行えるようになる。今回は、スマートフォン+スマートフォンアプリと連携した利用シーンの一例を実践する。(2011/9/20)

独自のセキュリティ機能を装備――NECの「LifeTouch」に企業向けモデル
Androidを搭載したNECの「LifeTouch」シリーズに、セキュリティ機能を強化した企業向けモデルが登場。紛失対策機能や不正利用防止機能、ウイルス対策機能を備え、社内システムにセキュアにアクセスするための機能も備える。(2011/8/23)

NEC、Android端末「LifeTouch」の新モデルを発売 セキュリティ機能を強化
NECは、Android端末「LifeTouch」シリーズの新モデルとして、セキュリティ機能を強化した「LifeTouch NOTEビジネス向けモデル」と「LifeTouchセキュリティパックモデル」を発売する。(2011/8/23)

Android法人導入を意識:
NEC、セキュリティ機能を強化した「LifeTouch」ビジネスモデル
NECは、同社製Androidデバイスの「法人向け」モデルを販売する。Androidはセキュリティ性が不安と感じるビジネス層向けとし、キーボード付き/タブレット型の2シリーズを用意する。(2011/8/23)

LifeTouch NOTEが無償アップデート、単体でのスクリーンショットが可能に
PC同等のフルキーボードとATOKを搭載したAndroid端末「LifeTouch NOTE」がファームアップ。スクリーンショットや一部キーバインド変更など、便利な機能が追加される。(2011/7/15)

7月12日開始、キーバインド設定や画面キャプチャー機能など:
「LifeTouch NOTE」の機能を改善、無償アップデート実施
NECは、キーボード付きAndroidデバイス「LifeTouch NOTE」の機能改善ソフトウェアを7月12日に公開。いくつかの機能やUIを改善・追加し、利便性を向上させる。(2011/6/27)

電子書籍・教育サービス向け端末として展開:
NEC、2画面仕様のAndroidブック端末「LifeTouch W」を製品化
NECが重量530グラムの2画面Androidブック端末「LifeTouch W」を製品化。電子書籍サービスを行う企業向けなどへ納入する企業向けとして展開する。(2011/5/19)

PC販売ランキング(2011年4月18日〜4月24日):
GWにPC買うなら──NECと富士通が浮上、ノートPC人気に若干の変動
今回は大型連休直前の集計。PCの販売状況はランクインする顔ぶれこそ変わらないが、若干順位の入れ替えが起こっている。【2011年4月第4週版】(2011/5/2)

「LifeTouch NOTE」の3G内蔵モデル、4月27日発売
NECのキーボード搭載Androidノート「LifeTouch NOTE」3モデルのうち、未発売だった3G内蔵モデルの発売日が決まった。(2011/4/25)

PC販売ランキング(2011年4月11日〜4月17日):
ランキングに大きな変動なし、“Sandy Bridge”モデルはやや伸び悩みの傾向か
4月も半ば、PC春モデルの販売ランキングは大きな変動がなくなり、TOP10圏内で細かく順位が入れ替わる程度になってきた。【2011年4月第3週版】(2011/4/22)

PC販売ランキング(2011年4月4日〜4月10日):
PC春モデルが早くも値下げ傾向、A4ノートPCの売れ筋は実売8万〜9万円台のモデル
PC春モデルがほぼ出そろい、順位の変動は少なくなっている。同時に、4月に入り多くの店舗で春モデルをかなり値下げして販売する動きが見られる。【2011年4月第2週版】(2011/4/15)

PC販売ランキング(2011年3月28日〜4月3日):
PC春モデル、ノートPCは「LaVie S」/デスクトップは「dynabook Qosmio D710」が人気
今回は2011年度1回目の集計。PC売れ筋の大まかな傾向に変化はないが、“Sandy Bridge”世代のモデルがじわじわ浮上するなど、若干の順位変動があった【2011年4月第1週版】(2011/4/8)

PC販売ランキング(2011年3月21日〜3月27日):
“Sandy Bridge”の新モデルも順調にランクイン──中でも人気は?
3月後半になり、売れ筋の大半は2011年の春モデルとなった。少し出遅れぎみだった“Sandy Bridge”世代の新モデルもじわじわ順位を上げている。【2011年3月第4週版】(2011/4/1)

PC販売ランキング(2011年3月14日〜3月20日):
ノートPCも“Sandy Bridge”モデルが初登場、現在の売れ筋は実売10万円前後のスタンダードPC
PCの販売状況は、新生活需要を担う春の新モデルが活況。ノートPCはTOP10圏内がすべて春モデルで占められた。【2011年3月第3週版】(2011/3/28)

PC販売ランキング(2011年2月28日〜3月13日):
PC春モデルの売れ筋争いにSandy Bridge/アップル製品も参戦、「MacBook Pro」がランクイン
3月に入り、PCの売れ筋は2011年PC春モデルへ順調に移行している。今回はノートPCの9割、デスクトップPCの8割が2011年発売の新モデルが占めた。【2011年3月第1週、2週版】(2011/3/22)

PC販売ランキング(2011年2月21日〜2月27日):
ようやくPC春モデルが売れてきた──ランキング一変、ノートPCは8割が新モデルに
春商戦を担うPC春モデルがランキングの上位を独占し、新旧モデルの売れ筋が逆転。ノートPCはランキングの8割を春の新モデルが占めた。【2011年2月第4週版】(2011/3/4)

PC販売ランキング(2011年2月14日〜2月20日):
春のPC新モデルがググッと浮上──現在の人気モデルは?
未定だったPC各メーカーによる新CPU搭載モデル発売日が晴れて決まり、心配された“インテルショック”は収束方向に向かいつつある。また、それ以外の新モデルもランキングの上位に浮上してきた。【2011年2月第3週版】(2011/2/25)

PC販売ランキング(2011年2月7日〜2月13日):
春のPC新モデル、ようやく少しずつランクイン──デスクトップPCで2モデル
2月も半ばにさしかかり、PCメーカー各社の2011年春モデルは“Sandy Bridge”以外の多くが発売された。ただ、売れ筋はまだ2010年秋冬モデルで占められている。【2011年2月第2週版】(2011/2/18)

誠編集長ヨシオカのライフタッチ日記:
PR:スマートフォンよりもすごいヤツ、「LifeTouch NOTE」って何だ
スマートフォンにできることは全部できて、しかもSNSやTwitter、ブログの更新もキーボードでラクラクという「LifeTouch NOTE」。まだ発売前の本製品を、Business Media 誠編集長の吉岡綾乃がじっくりテスト。3回にわたり、連載形式でレビューをお届けします!(2011/2/16)

仕事耕具:
これはAndroid版ポメラか、それともモバイルギアの再来か――LifeTouch NOTE
PC同等のフルキーボードとATOKを搭載、「いつでもどこでもテキストを打ちたい」人にぴったりなAndroid2.2端末が登場した。バッテリー駆動時間は9時間、価格は4万円弱から。(2011/2/15)

写真と動画で見る「LifeTouch W」
本日発表されたキーボード付きのLifeTouch NOTEとともに、未発表の2画面タッチパネルスタイルの「LifeTouch W」も参考展示されていた。(2011/2/15)

“モバイルギア”の名称を使うかも悩んだ:
PCやスマートフォンの競合ではない 「3つ使い分けてもらいたい」──NEC「LifeTouch NOTE」発表会
キーボード搭載のAndroidノート「LifeTouch NOTE」は、“PC以下、スマートフォン以上”。これまで、ありそうでなかった──という新たな領域の製品として、主に個人ユーザー向けに発売する。(2011/2/15)

これは“モバギ”の再来か:
ATOKも“Ctrl+c”も使えるキーボード付きAndroidポケットノート──「LifeTouch NOTE」の実力検証
単に「キーボードを付ける」だけではダメっ。NECのキーボード搭載Androidデバイス「LifeTouch NOTE」は、かつての“モバイルギア”のようにモバイル環境でガッツリ使える特徴を備えるのか、外観や機能とともに日本語入力環境の仕上がりをチェックする。(2011/2/15)

2011年PC春モデル:
7型液晶+3G+キーボード搭載のAndroidポケットノート──「LifeTouch NOTE」
NECは、“モバイルギアの再来”を思わせるキーボード付きのポケットデバイス「LifeTouch NOTE」を発表。デュアルコアのTerga 2+Android 2.2を搭載し、3G内蔵モデルも用意する。(2011/2/15)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。