ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

  • 関連の記事

「SQL Services」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「SQL Services」に関する情報が集まったページです。

データベース管理者の生産性向上へ
徹底比較:AWS、Google、AzureのDBサービス 最適な組み合わせとは
Webベースのアプリケーションの運用基盤としてPaaSを選択し、移行する場合、データベースについても必ず考慮すべきだ。データベースを完全にサポートしているクラウドインフラに移行するメリットを以下で詳しく検討しよう。(2017/11/21)

「Azure Key Vault」との連携で実現:
Azure SQL Database/SQL Data Warehouseの透過的データ暗号化機能(TDE)で「Bring Your Own Key」をサポート
「Azure SQL Database」と「Azure SQL Data Warehouse」の透過的データ暗号化機能(TDE)で「Bring Your Own Key(BYOK)」がサポートされる。(2017/8/31)

“海の家×IT”が生み出す価値とは:
猛暑の中、30秒に1件の注文をどうさばく?――“海の家”が最適なIT活用の実証実験場である理由
海に行くと、さまざまなIT企業の“のぼり”が増えている。なぜなのか。2013年から海の家を運営しているセカンドファクトリーに、その理由を聞いた。(2017/8/30)

山市良のうぃんどうず日記(37:@IT 15周年特別編):
熟成されて15年、昔も今も変わらないActive Directory――でも、なぜ“Active”なの?
@ITの15周年、おめでとうございます。「Active Directory」も正式リリースから15周年。Windows周辺のIT環境はこの15年で大きく変化しましたが、当時から基本的には変わらないもの、筆者にとってActive Directoryはそんなイメージです。(2015/5/25)

マイクロソフトカンファレンス2014基調講演:
新生マイクロソフトは“チャレンジャー”――デジタルワークとデジタルライフをコアにビジネスを進める
日本マイクロソフトの年次イベント「The Microsoft Conference 2014」が10月23日、東京で開幕。基調講演に登壇した樋口泰行社長は「モバイルファースト」「クラウドファースト」を旗印に、サティア・ナデラ新CEOが進める“変革”の全容を紹介した。(2014/10/24)

組み込み開発ニュース:
マイクロソフトは「IoT」と「Azure」がともにある未来を描く
日本マイクロソフトは展示会「ITpro EXPO 2014」において、.NET Micro Framework対応ボード「Internet of Things Starter Kit」や、クラウドサービス「Microsoft Azure」など、IoT(Internet of Things)にまつわる同社の製品とサービスを展示した。(2014/10/17)

ホワイトペーパー:
今人気のクラウドデータベース5選、気になるところを詳しく紹介
「Microsoft SQL Server」ユーザーがクラウド環境で選ぶべきは「Windows Azure SQLデータベース」だけではない。これに代わる選択肢は幾つもあるが、今回は5社を取り上げて解説する。特に、4つのDBサービスを有する「Amazon Web Services」については詳しく扱う。(2014/9/3)

Microsoft Azureスマート解説【第6回】
インフラエンジニア不要論も? Microsoft Azureのインフラサービスを一挙紹介
Microsoft Azureが提供するSQLデータベース、仮想ネットワーク、ロードバランサ、CDNの4サービスを紹介する。いずれもハードウェアやミドルウェアを気にすることなくインフラを利用することができる。(2014/8/28)

「Windows Azure SQLデータベース」の代替になるのは?
ユーザーの人気を集めるクラウドデータベース5選
Windows Azure SQLデータベースに代わる選択肢を提供する5社のプロバイダーを取り上げ、各社のサービスが他社サービスとどう違うのかを見ていく。(2014/3/25)

中小企業のチカラを引き出すクラウド:
PR:巨大企業にIT活用で立ち向かう、社員50人の映像配信プロフェッショナル集団
(2013/7/10)

クラウドをめぐる提携の裏にあるもの
OracleとMicrosoftの歴史的提携は「晴れ時々曇り」
MicrosoftのクラウドプラットフォームであるWindows Azure上で、Oracle Databaseをサポートすると両社が発表。そうなるとSQL Azureはどうなるのか。SQL Azureの今後を懸念する声が多く挙がっている。(2013/7/8)

“弥生のSaaS”は個人店を変えるか 普及に向けた岡本社長の「次の一手」
弥生がクラウドサービス「やよいの店舗経営 オンライン」をスタートしてから9カ月。当初目標に比べてユーザー数が伸び悩む中、「課題を1つ1つ解決し、徐々に普及を図っていく」と岡本社長は話す。(2013/6/7)

クラウドデータベース選定のポイントも解説
AWSで試すべきクラウドデータベース四天王
クラウドの雄 Amazon Web Servicesのデータベースサービス担当者が、Amazon RDS、RedShiftなど4つの同社サービスの概要や機能の特徴を明かした。(2013/6/4)

IFS以外のERP環境でも利用可能:
フィールドサービス要員管理最適化ツール「IFS 360 Scheduling」
(2013/3/1)

企業向けシステムを構築するパブリッククラウド【第13回】
企業システムの発想を刺激する、Googleクラウドの構成要素
各種サービスの集合体で成り立ち、他社クラウドサービスとは根本的に発想を異にするGoogleクラウドは、良質なサービスと高度なインフラを安価で提供する。本稿では、企業利用の視点でGoogleクラウドの構成要素を解説する。(2012/11/28)

Database Watch(2012年10月版):
DBチューニングのキモはSQLにあらず!?
The Microsoft Conference 2012のDB関連セッションや、database.comサービスの勘所をウォッチ!(2012/10/11)

MSがWindows Azureを“パワーアップ” PaaS+IaaSで国内トップシェア狙う
マイクロソフトが過去最大規模というWindows Azureのサービス強化を実施。国内ではPaaSとIaaSを合わせた市場でトップシェアを狙うと表明した。(2012/6/8)

中堅企業で導入が進むクラウドソリューション:
PR:全国約900の個別指導学習塾をサポートするマネジメントシステムをWindows Azure Platform上に構築し年間の運用コストを削減
(2012/5/30)

クラウドビッグデータ元年のPaaS動向【前編】
パブリッククラウドのHadoop対応状況を比較する──Amazon、Google、Herokuの場合
パブリッククラウドのビッグデータ対応を最も進めているベンダーはどこか? 前編ではAmazon.com、Google、Heroku(Salesforce.com)のHadoop対応状況を紹介する。(2012/5/28)

基礎から分かるMicrosoft Virtual Academy(2):
クラウド学習のランクバトルで、日本1位を制した男
マイクロソフトが提供している無償のオンライントレーニングサイト「Microsoft Virtual Academy(MVA)」の基礎を解説。 (2012/5/18)

9つのPaaSの違いが分かる比較表付き!
主要PaaSの機能とユーザーの開発トレンドを解説
PaaSの多くは、複数のプログラミング言語や開発フレームワークなどに対応し、料金体系も多岐にわたる。本稿では、言語やフレームワークのユーザー動向、主要PaaSの機能、料金体系のトレンドを紹介する。(2012/4/26)

PHP開発で使える2大クラウドを徹底検証(3):
AWSとAzure、性能と運用機能を比較する
クラウド上でのJavaやRuby、.NETを利用した開発についての記事は増えてきていますが、クラウド上でのPHP利用に関する記事は、現時点では意外と少ないです。本連載では、PHP開発で利用することを前提に、Amazon Web Services(以下、AWS)とWindows Azureの2大クラウドを比較します。PHPのエンジニア以外でも参考になる内容になっていると思いますので、ぜひお読みください(2012/4/11)

事例が示すビッグデータの可能性と課題【前編】
Amazon、Google、NTTドコモの事例が示すビッグデータの可能性
販売促進、研究開発、公共など、さまざまなビッグデータの活用が国内外で進んでいる。アナリストが紹介したビッグデータ活用事例をピックアップして紹介する。(2012/3/22)

PHP開発で使える2大クラウドを徹底検証(2):
AWS×Azure PHP導入と開発環境の対決
クラウド上でのJavaやRuby、.NETを利用した開発についての記事は増えてきていますが、クラウド上でのPHP利用に関する記事は、現時点では意外と少ないです。本連載では、PHP開発で利用することを前提に、Amazon Web Services(以下、AWS)とWindows Azureの2大クラウドを比較します。PHPのエンジニア以外でも参考になる内容になっていると思いますので、ぜひお読みください(2012/3/7)

SimpleDBと比較して容量とパフォーマンスを大幅増強
Amazonのクラウドデータベース「DynamoDB」はSQL Azureの脅威になるか?
Amazon Web Servicesが立ち上げたNoSQL型クラウドデータベースサービス「DynamoDB」。ビッグデータ対応要求にも応えるというが、Microsoftの「SQL Azure」と競合するのか?(2012/2/21)

IT技術書・注目の新刊(2012年2月):
IT技術書新刊・近刊まとめ1
自分研編集部が独断と偏見でまとめた、「IT技術書の新刊・近刊情報」をお伝えします。(2012/2/16)

PHP開発で使える2大クラウドを徹底検証(1):
AWSとAzure、まずはプロフィールを比較する
クラウド上でのJavaやRuby、.NETを利用した開発についての記事は増えてきていますが、クラウド上でのPHP利用に関する記事は、現時点では意外と少ないです。本連載では、PHP開発で利用することを前提に、Amazon Web Services(以下、AWS)とWindows Azureの2大クラウドを比較します。PHPのエンジニア以外でも参考になる内容になっていると思いますので、ぜひお読みください(2012/2/6)

実験的クラウド「Social Analytics」
ソーシャルデータ分析に取り組むMicrosoftのアドバンテージとは?
米Microsoftは、ソーシャルメディアのデータをリアルタイム分析する実験的クラウドサービス「Social Analytics」のプライベートトライアルに乗り出している。ソーシャル分析市場の一角に食い込む考えだ。(2012/1/19)

実録・ETロボコンの裏舞台:
担当者が明かす、ETロボコン計測システム開発“秘話”
知られざるETロボコンの裏舞台。ETロボコンの審査員を務める筆者が中心となり、開発・提供を行っている「ETロボコン計測システム」にフォーカスし、開発概要やこれまでの道のりなどを紹介する。「常に最新技術を取り入れる」というポリシーとその開発スタイル、そして、ボランティア開発ならではの苦労話は必見だ!(2012/1/10)

Microsoftのデータベーススペシャリストを直撃
Microsoftのビッグデータ戦略は顧客に何をもたらすか?
米TechTargetはMicrosoftのデータベースプラットフォームスペシャリストに、同社のビッグデータ事業の抱負と、拡大を続ける同市場での戦略について話を聞いた。(2011/12/20)

「ぴあ」復活の原動力はWindows Azure 300作品の映画情報をクラウドで配信
今年7月に休刊した雑誌「ぴあ」の映画情報が、Windows Azureや電子書籍サービスを利用したWebサービスとしてよみがえる。(2011/12/15)

FAフォーラム・イベントリポート/SCF2011 Intelligent Systems:
データの可能性を最大限に引き出す!! 近未来の製造業向けシステム
組み込み市場向けにマイクロソフトが打ち出す「Intelligent Systems」。東京ビッグサイトで開催された「システム コントロール フェア 2011」では、パートナー企業のデジタルとオムロンのブースで、Intelligent Systemsを具現化したコンセプトデモが披露された。(2011/11/19)

クラウドの課題「パフォーマンス管理」を解決する【後編】
AWSとWindows Azureのパフォーマンスを管理するには
Amazon Web ServicesやWindows Azureは、それぞれのユーザーがクラウドサービスのパフォーマンスを管理するための手法や情報を提供している。(2011/10/19)

Windows Insider用語解説:
Visual Studio LightSwitch 2011
ほとんど何もコードを書かずとも、DBのフロント・エンドとなるアプリケーションを開発できるRADツール、Visual Studio LightSwitch 2011。その概要を解説。(2011/9/12)

次世代SQL Server“Denali”の姿に迫る(1):
エンジニアが注目すべき新機能はこれだ
Microsoft SQL Serverの次期版、開発コード名「Denali」。SQL Serverとしては第4世代となり、機能や性能で大きく飛躍すると期待している開発者も多いかと思う。本連載ではDenaliの姿に迫っていく。(2011/8/17)

Microsoft WPC2011 Report:
「競合各社とはこう闘う」――MicrosoftのターナーCOO
Microsoftのパートナー向け年次イベントではアワード授賞のほか、競合相手に対する“徹底抗戦”ぶりが披露された。それに呼応したゲストスピーカーのメッセージは実に印象的である。(2011/7/14)

無料クラウドでできるFacebookアプリ開発入門(2):
クラウドに載せてFacebookアプリを全世界に公開するには
(2011/6/13)

NEWS
SQL Azure開発支援ツールを提供開始 システムインテグレータ
クラウド型データベース「SQL Azure」の開発支援ツールのβ版を無償提供。2011年秋に製品版の発売を予定している。(2011/5/9)

Microsoft、Azureの無料試用プランをスタート
Microsoftはクラウドサービス「Windows Azure Platform」の普及促進のため、無料で同サービスを試せる「導入特別プラン」を開始した。(2011/2/23)

NEWS
CSK Winテクノロジ、メール誤送信防止製品「PlayBackMail」に月額150円のSaaS版を追加
「一時保留」「添付ファイルのパスワード付きZIP変換」「Bcc強制書き換え」などの機能で人的ミスから起こる誤送信を防止する。(2011/1/14)

オルタナティブ・ブロガーの視点:
PDC 2010に思うところ
マイクロソフトの開発者向けカンファレンス「PDC 10」を(日本で)見学したオルタナティブ・ブロガーの玉木栄三郎氏が、同イベントの感想と注目点を書いています。(2010/10/29)

Microsoftを去るレイ・オジー氏、同社の未来を語る
レイ・オジー氏がMicrosoftを去るに当たり、同社のこれまでの5年間とこれからの5年間について語った。(2010/10/26)

企業向けシステムを構築するパブリッククラウド【第4回】
オンプレミスとの連携を意識した「Windows Azure」
Windows Azure Platformは、オンプレミスで多数のWindowsアプリケーションを保有し、積極的にクラウドを利用したいと考えているユーザーにとってうってつけの環境である。(2010/9/14)

Javaから見た.NET(3):
将来性から見たJavaと.NETの違い、そして連携は?
システム開発がますます複雑化していく中、エンジニアには、テクノロジを理解して、さまざまな場面に適した選択が求められます。本連載では、Javaと.NETの基本的な仕組みから最新の傾向や技術などについて、数回に分けて紹介します(2010/8/27)

VBAがモダンに? MicrosoftのLightSwitchに注目
一昔前、VBAで書かれた業務アプリケーションが多く存在していたが、それらは今日の環境に適応できているのだろうか。Microsoftが新たに提供しようとしている「Visual Studio LightSwitch」は、ExcelやAccessに精通したユーザーが開発する意欲をかき立ててくれるかもしれない。(2010/8/6)

BI製品紹介:マイクロソフト
「Microsoft SQL Server 2008 R2」+「Excel 2010」が目指すセルフサービスBI
マイクロソフトはSQL ServerとExcelの組み合わせでBI環境を提供してきた。そしてOffice 2010により、同社のBIはエンドユーザー自ら分析環境を構築できる「セルフサービスBI」へと進化した。(2010/7/30)

Windows 7 SP1 βは7月末:
Microsoft、Tech・Ed 2010で「Windows Server 2008 R2 β」ほかを発表
ボブ・マグリア上級副社長は基調講演でクラウドコンピューティングへの取り組みを語り、「Windows Server 2008 R2」や「Windows Azure」など各種製品のアップデートも紹介した。(2010/6/8)

先取り突撃! DMS2010:
クラウド活用が製造業のグローバル競争力を強化する
2010年6月23〜25日の3日間、東京ビッグサイトで「第21回 設計・製造ソリューション展」が開催される。開催に先立ち、@IT MONOist編集部では、出展を予定しているマイクロソフトに展示の見どころを聞いた。(2010/6/7)

ユカイ、ツーカイ、カイハツ環境!(14):
AzureのストレージをJavaで扱えるWindowsAzure4j
(2010/4/15)

マイクロソフト、Azureを国内で本格展開
マイクロソフトは「Windows Azure Platform」を日本市場で本格展開すると発表した。(2010/2/23)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。