ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「スパイグッズ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「スパイグッズ」に関する情報が集まったページです。

知らないうちに外国にデータ送信……監視カメラやスマートウォッチに潜むリスク
スマートウォッチや監視カメラの中には、本来IoT機器を簡単に接続するために作られたプロトコルを悪用し、一種の「隠しチャネル」を通じて、外国と何らかの通信を行っているものがある――。ハッキングカンファレンス「DEF CON 26」のセッションで、そんな指摘が出た。(2018/8/28)

ベセトジャパン、音声検知録音もできるペン型ボイスレコーダー
ベセトジャパンは、ペン型ボイスレコーダー「VR-94N」の販売を開始する。(2018/5/8)

ベセトジャパン、30日間の待機録音が可能なボールペン型ボイスレコーダー
ベセトジャパンは、ボールペン型筐体を採用した小型ボイスレコーダー「VR-P005N」を発表した。(2016/9/5)

ドクター・ノオからスカイフォールまで Amazonプライム・ビデオで「007」23作品が独占見放題に
Amazonの動画見放題サービス「プライム・ビデオ」が「007」23作品を1月28日より独占配信します。(2016/1/27)

MP3も再生可能:
ベセトジャパン、マイク型ボイスレコーダー「VR-004SV2」を発売
ベセトジャパンは5月27日、単一指向性マイク搭載のボイスレコーダー「VR-004SV2」を発売した。(2014/5/27)

フルHD撮影が可能な「ビデオカメラボールペン」、サンコーから
1080/30pのフルHD動画撮影に対応したボールペン型ビデオカメラが登場。録画データは、付属のケーブルを使ってテレビで視聴できる。(2013/12/6)

【10月26日ナニコレLIVEアーカイブ】カタログ通販はエンターテイメントだ! 特別企画「ナニコレ de ニッセン」
あなたはまだ、カタログ通販の本当の面白さを知らない……。(2012/10/26)

ベセトジャパン、約12グラムの小型ボイスレコーダー「MQ-61」
ベセトジャパンは、小型ボイスレコーダー「MQ-61」を発売する。タバコケースにもすっぽりと収まる。(2011/10/31)

フルHD撮影可能なペン型ビデオカメラ、サンコーより
サンコーはフルHD撮影可能なペン型ビデオカメラ「ペン型HDMIビデオカメラ1080P」を発売する。HDMIでテレビへ撮影映像を映し出すことも可能だ。(2011/6/7)

サンコー、HD動作撮影できる「サングラス型ビデオカメラ」
サンコーはハイビジョン映像の撮影可能なカメラを内蔵したサングラス「サングラス型ビデオカメラ」を販売開始した。価格は5980円。(2011/5/30)

矢野渉の「クラシック・デジカメで遊ぶ」:
デジタルの迷宮に差す光明――サイバーショットU20
携帯電話カメラとの競争に負けた――サイバーショットUシリーズをそう評するのは簡単だが、ガジェット魂を刺激する存在感は今でも健在。シンプルであるために、デジタルの迷宮に迷わず、日常を淡々と写す楽しみがある。(2011/5/25)

防犯グッズにも:
手のひらすっぽりHD動画カメラに動体検知モデル
動体検知機能で自動ムービー撮影を行える『800万画素ミニカメラ「小っせいなぁ〜CAM」 動作検知モデル』をサンコーが販売開始。(2011/5/19)

ハードボイルドなあなたに?:
サンコー、ビデオカメラ付き腕時計「Analog Watch HD2 メタルバンド」
サンコーは、ハイビジョン動画および静止画の撮影が可能なビデオカメラ付き腕時計「Analog Watch HD2 メタルバンド」を発売する。(2011/5/18)

サンコー、動体検知機能も備えたペン型ビデオカメラ
サンコーは、ボールペン型筐体採用ビデオカメラの新モデル「USB動作検知スリムビデオペンHD」を発売した。(2011/4/15)

スパイグッズ?:
ビデオカメラ内蔵ネクタイが進化、サンコー
サンコーはリモコン操作で録画できるUSBビデオカメラ内蔵のネクタイ「USBビデオカメラネクタイ2」を発売した。ペットの決定的瞬間の撮影から大国の諜報活動まで、幅広く利用できる。(2011/4/4)

2段階操作で録音!:
サンコー、ボイスレコーダー内蔵ペン「らくらくボイスペン SD」
サンコーはUSB充電のボイスレコーダー内蔵ペンを発売した。(2011/3/17)

サンコー、高解像度録画に対応した“こっそり録り”向け腕時計型ビデオカメラ
サンコーは、腕時計型筐体を採用した超小型ビデオカメラ「VIDEO CAMERA Analog Watch HD2」の販売を開始した。(2011/2/1)

仕事耕具:
サンコーから万年筆型レコーダー 音楽プレーヤーにも早変わり!?
サンコーは、万年筆型ボイスレコーダー「USBボイスレコーダーMP3万年筆」を発売。価格は4980円。(2010/12/6)

味わいあるデザイン:
サンコーから、万年筆型ボイスレコーダー
サンコーは、万年筆型ボイスレコーダー「USBボイスレコーダーMP3万年筆」を12月6日より発売する。(2010/12/6)

サンコー、動作検知センサー付きのボールペン型ビデオカメラ
サンコーは、ボールペン型筐体採用のコンパクトビデオカメラ「USB動作検知スリムビデオペン」を発売した。(2010/2/3)

OTAS、ビデオカメラ内蔵のサングラス型MP3プレーヤー
OTASはビデオカメラを内蔵したサングラス型MP3プレーヤー「MG-F566V」の販売を開始した。(2009/11/6)

仕事耕具:
HDで撮影できるペン型ビデオカメラ
日本トラストテクノロジーは、1280×960ピクセルのHDサイズで動画を撮影できるペン型ビデオカメラを発売。音に反応して動画の撮影を開始する「自動撮影」にも対応した。(2009/10/6)

何につかうんでしょう?:
音声で自動録画、“欧米車のリモコンキーそっくり”ビデオカメラ
JTTは収納式リモコンキー型の極小ビデオカメラを発売。レンズを意識させないため、小動物の撮影などに向くとしている。4Gバイトのメモリを内蔵し、価格は1万2800円。(2009/8/17)

仕事耕具:
リモコンキーそっくりのビデオカメラ 日本トラストテクノロジーから
日本トラストテクノロジーは、リモコンキー型の極小ビデオカメラ「リモコンキー型 ビデオ&カメラ USB 4GB」を発売する。(2009/6/24)

“キーレスエントリーシステム”っぽいビデオカメラ登場
JTTオンラインショップで、“キーレスエントリーシステム”っぽいビデオカメラが発売されている。4Gバイトメモリを内蔵し、価格は1万2800円。(2009/6/23)

仕事耕具:
OTASがVGA録画の「ビデオカメラサングラス」、両手フリーで撮影も
OTASの「ビデオカメラサングラス8GB」は、「両手がフリーの状態で撮影できる」というビデオカメラ。AVI形式でVGA解像度の動画を記録できる。(2009/6/22)

OTAS、こっそり録り仕様のサングラス型ビデオカメラ
OTASは、ビデオカメラ内蔵サングラス「ビデオカメラサングラス8GB」を発売。内蔵メモリのほかmicro SDカードも利用できる。(2009/6/22)

仕事耕具:
胸ポケットにいつも――Zippoのような小型ビデオカメラ
海亀は、オイルライター型の小型ビデオカメラ「LC-4G」を発売した。Motion JPEG AVI形式で、解像度640×480ピクセルで録画できる。(2009/6/18)

USB“水中”ビデオカメラ登場、20メートル防水
サンコーレアモノショップに、“ヘッドマウント”対応の水中ビデオカメラが登場。20メートル防水の性能を持つ。価格は1万2800円。(2009/5/19)

仕事耕具:
さらに“こっそり”?――ベセトジャパンのボイスレコーダーペンに控え目ブラック
ベセトジャパンは、1台3役の多機能ペン「MQ-94BK:ボイスレコーダーペン」にブラックボディを追加する。(2009/4/23)

Biz.ID Weekly Top10:
新人イバがイバれない――あのー、電話取らせてください……
周囲の環境が変わり、新たな出会いも増えるこの季節。アイティメディアにも新入社員がやってきた。瞳はキラキラ、背筋はピーンと伸びて気合い入りまくりな新人さんたちの中で、Biz.ID編集部にやってきた新人さんは何かに悩んでいるようだ。(2009/4/21)

仕事耕具:
サンコー、スリムになったビデオカメラ内蔵ボールペン 静止画撮影も
サンコーは、ビデオカメラを内蔵したボールペン「SLIM VIDEO PEN」を発売した。解像度VGAでの録画に加え、1280×960ピクセルで静止画の撮影も行える。(2009/4/17)

サンコー、SXGA静止画撮影に対応した新“こっそり録り”ボールペン
サンコーは、ビデオカメラ内蔵ボールペンの新モデル「SLIM VIDEO PEN」を発売。本体を小型化したほか、静止画の撮影解像度も向上した。(2009/4/17)

仕事耕具:
相手の自然体をこっそり撮影――サンコー、ネクタイ型のビデオカメラを発売
サンコーからビデオカメラ内蔵ネクタイが登場。リモコン操作で相手に気付かれずに撮影できる。(2009/4/14)

自称“最強のスパイグッズ”登場:
たぶん誰にも見破られない“こっそり録り”可能なネクタイ型ビデオカメラ
サンコーは、ビデオカメラ内蔵ネクタイ「USBビデオカメラネクタイ」を発売。ピンホール式の超小型カメラを搭載している。(2009/4/14)

サンコーの“こっそり録れる”腕時計型ビデオカメラに高解像度版
サンコーは、腕時計の形をしたビデオカメラ「VIDEO CAMERA Analog Watch VGA 4GB」を発売する。今回はVGA解像度。(2009/4/10)

腕時計型ビデオカメラに、おしゃれっぽい「クロノグラフ」型
サンコーレアモノショップに腕時計型ビデオカメラの新型が登場。クロノグラフデザインを採用する。4Gバイトメモリ内蔵で価格は9980円。(2009/4/3)

仕事耕具:
OTASがビデオカメラ内蔵の腕時計、8Gバイトメモリ内蔵でUSBメモリにも
OTASは、ビデオカメラ内蔵の腕時計「Video CameraアナログWatch 8GB」を発売。8Gバイトの内蔵フラッシュメモリを搭載し、PCに接続して撮影した動画を確認できるほか、USBメモリとしても利用できる。(2009/3/27)

OTAS、“こっそり録り”なアナログ腕時計
OTASは、ビデオカメラ機能などを搭載したアナログ腕時計「Video Camera アナログ Watch 8GB」の取り扱いを開始した。(2009/3/27)

仕事耕具:
サンコー、VGAで撮れるビデオカメラ付きボールペン
サンコーは、録画/録音できるビデオカメラ付きボールペン「VIDEO PEN VGA 4GB」を発売した。解像度640×480(VGA)ピクセルを実現。Windows Media Playerなどで再生できる。(2009/3/9)

サンコー、VGAになったボールペン型ビデオカメラ
サンコーがボールペン型ビデオカメラ「VIDEO PEN VGA 4Gバイト」を発売。VGAサイズで撮影できるようになった。(2009/3/6)

仕事耕具:
胸ポケットにすっぽり、「ガムより小さい」ビデオカメラ エバーグリーンから
エバーグリーンは、スティック状の小型ビデオカメラ「DN-DPVR302 」を発売した。本体は72×22×15ミリと、「ガムケースより小さい」サイズだ。(2009/2/26)

エバーグリーン、人差し指サイズのmicroSD対応“こっそり録り”小型ビデオカメラ
エバーグリーンは、スティック状の小型筐体を採用したビデオカメラ「DN-DPVR302」を発表した。(2009/2/26)

ミノックスの「スパイカメラ」がデジタルで登場
駒村商会が独MINOXのデジタル“スパイカメラ”「DSC Digital Spy Camera」を発売。(2009/1/30)

ボンドちっくに:
1万3800円の秘密兵器
こちらエージェントA、“こっそり録り”できる腕時計型プレーヤーを入手。これより行動を開始する。(2009/1/28)

2008年ニュース総括:
PC USERニュース担当者がPC業界をなんとなく振り返る
2008年はやれ不況だの何だのと、例年以上にハプニングが多かった気がします。そんな中で、特に気になったPC業界の事柄を私的にランキングしてみました。そこ、いまさらとか言うな。(2009/1/22)

OTAS、ビデオカメラ内蔵の“こっそり録り”腕時計型プレーヤー「Video Camera MP4 Watch 8GB」
OTASは、ビデオカメラ内蔵機能も備えた腕時計型多機能プレーヤー「Video Camera MP4 Watch 8GB」の取り扱いを発表した。(2009/1/22)

サンコー、“こっそり録れる”腕時計型ビデオカメラ発売
サンコーは、腕時計型の小型筐体を採用したビデオカメラ「VIDEO CAMERA Analog Watch 4GB」を発表した。(2008/12/10)

いつでもビデオ撮影OKな腕時計型ビデオカメラ、サンコーから
サンコーが腕時計型ビデオカメラ「VIDEO CAMERA Analog Watch 4GB」を発売。一見しただけでは、ビデオカメラが搭載されているとは思えないデザイン。(2008/12/9)

仕事耕具:
録画、録音、手書きメモ 1台3役のビデオカメラ付きボールペン
アメックスアルファは、ビデオカメラ付きボールペン「AME-101 Good Luck」を発売する。2GバイトのUSBメモリを内蔵し、最大で6時間10分の撮影が可能だ。(2008/10/27)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。