ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ボールペン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

ゼブラ、筆記時の“ガリガリ感”を軽減したボールペンを発売
ゼブラは12月4日から、筆記時のガリガリ感を軽減する独自機構を搭載した極細ジェルボールペン「サラサナノ0.38」を全国文具取扱店にて発売する。(2023/11/24)

トンボ「モノ」とパイロット「フリクション」が初コラボ! 人気文具がおしゃれな“グレースケール”で登場
特徴的なモノトーンカラーのシャーペンやボールペンが登場します。(2023/11/2)

パイロット「フリクションボールノックゾーン」 開発のきっかけは?
文房具の歴史を変えた商品がさらに進化した。パイロットの消せるボールペン「フリクションボール」。2006年のヨーロッパ発売(日本では、07年)以来、世界100以上の国と地域で、累計41億本以上を販売している。(2023/10/18)

Apple Pencil(第2世代)をボールペンのように使える ノック式ペンケース発売
エレコムは、Apple Pencil(第2世代)向けノック式ペンケース発売。未使用時はペン先を保護し、使用時は先端のボタンを押せばペン先が飛び出してくる仕組み。装着したままiPad本体の側面に取り付けて充電することも可能だ。(2023/8/9)

偉い人が集まる会議で向かいの人を攻撃した「ボールペン」が話題 犯ペン「芯を出そうとした」
学生時代にこれでむしろ遊んでいた記憶。(2023/6/10)

ペンのノック音が気になる人へ カチカチ音を33%低減した静音ボールペン登場
くすみカラーかわいい!(2023/4/25)

男女150人に聞いた:
もらって困った入学祝い 3位「フラワーギフト」、2位「ハンカチ」、1位は?
買取専門店を運営するクオーレ(愛知県大府市)は、「もらってうれしかった入学・入社祝い、もらって困惑した入学・入社祝い」についてアンケートを実施した。その結果、もらって困った入学祝いの1位は「ボールペン・万年筆」(25票)だった。(2023/4/19)

材料技術:
トンボ鉛筆製ボールペンの表面に三菱ケミカルのバイオエンプラを採用
三菱ケミカルグループは、同社が展開する植物由来のバイオエンジニアリングプラスチック「DURABIO(デュラビオ)」が、トンボ鉛筆のデザイン筆記具ブランド「ZOOM(ズーム)」のキャップ式水性ゲルインクボールペン「ZOOM L1」の本体表面(外軸)に採用されたと発表した。(2023/3/15)

“周りから見えにくく自分からは見える”カラーボールペンがゼブラから登場! 人前で手帳を開く抵抗感を軽減
外で手帳を開くときの、「見られているかも……」と思うモヤモヤを解消!(2023/2/27)

成歩堂法律事務所のタオルにアンブレラの高級ボールペン カプコン公式グッズが“ゲーム世界で本当に配られてそう”と注目集める
タオルがリアル過ぎる。(2023/1/12)

あの会社のこの商品:
“ノック音”を66%も減らした! ぺんてる「Calme」の開発秘話 
店頭に並ぶ各社のボールペン。一度気に入ったモノが見つかると長く使い続けられスイッチが起きにくいが、いま「静音ノック」という付加価値で注目を集めているのが、ぺんてるの「Calme」である。状況によっては不快に感じかねないペン先を出すときのノック音をどのようにして低減したのか?(2022/11/17)

環境にやさしいボールペン:
三菱鉛筆、海洋プラごみでつくった「ジェットストリーム」開発
三菱鉛筆が、海洋プラスチックごみと、使い捨てコンタクトレンズの空ケースをリサイクルした油性ボールペンを新開発した。(2022/7/11)

「もののけ姫」サンの短剣がかわいいサイズのボールペンになって登場 公式ショップでは公開25周年キャンペーンも
見て楽しめるリアルな造形です。(2022/7/11)

ナチュラルな色合いに:
ジェットストリームに、新しい3色ボールペンが登場
油性ボールペン「ジェットストリーム」のシリーズから、新しい3色ボールペンが数量限定で登場する。ナチュラルな色合いにしたそうだが……。(2022/7/9)

「万年赤字」脱出に貢献:
6年ぶり黒字の銚子電鉄、これで「赤字」が消えた? 赤色ボールペン商品に脚光
6年ぶりに黒字転換した千葉・銚子市のローカル鉄道、銚子電鉄(銚電)のあるグッズが注目を集めている。(2022/7/2)

メロンパン好きのための作品……! 小さなメロンパンを閉じ込めた「メロンパンボールペン」が夢のようなかわいさ
見た目のザクザク感がおいしそう!(2022/5/25)

「会議とかでありがたい」「イベントのメモにも良い」とTwitterで話題に ぺんてるの静音ボールペンの仕組みを聞いてみた
使ってみたい……!(2022/4/6)

インクの減りが勉強の達成感に 現役高校生YouTuberが考えたボールペン、ゼブラが発売
ゼブラは、人気YouTuberの「ゆーぽん」さんと共同開発したジェルボールペンを2月10日から数量限定で発売する。インクの減りに応じて見える数字が変わり、勉強の達成感を得られるという。1本165円(税込)。(2022/1/24)

20〜30代のビジネスパーソンに訴求:
三菱鉛筆が「ジェットストリーム」の高価格帯シリーズに“多機能ペン” 「オフィスカジュアルのアクセントに」
三菱鉛筆が油性ボールペン高価格帯シリーズのジェットストリームプライムから「多機能ペン2&1」を発売する。(2022/1/13)

「左手だとボールペンがすぐダメに」「スープバーは右利き仕様」 いろいろな人に聞いてみた“左利きのツラいこと、良かったこと”
右利きだと意外と知る機会がない、左利きの体験談。(2022/1/21)

「アッ……」「らぶらぶ尊い」 梶裕貴、妻・竹達彩奈と同じ“カオナシ”ボールペンをツイートしてファン反応
色も同じだ。(2021/11/28)

静音油性ボールペン「Calme(カルム)」:
ぺんてる、“ノック音”を66%低減したボールペン発売 「音ハラ」意識を持つミレニアル世代に訴求
ぺんてるが、“ノック音”を低減させた静音油性ボールペンシリーズ「Calme(カルム)」を12月15日に発売する。(2021/11/26)

筆のようにしなるペンで“美文字”に ゼブラが練習セット発売 1100円
ゼブラは16日、美しい文字を書くための練習セット「ビモア」を発表した。筆のようペン先がしなるボールペンを使う。(2021/11/16)

分かりにくいけれど面白いモノたち:
大人のボールペンは300円台で 低重心・スタビライザー機構を備えた三菱鉛筆「ユニボールワンF」の凄さ
100円のボールペンに飽き足りない、高機能な使い心地を求めるユーザーが増えているという。そんな中投入された330円の製品がすごいのだ。(2021/10/30)

「色鉛筆でボールペン描きました!」 →意味がわからないけどマジだった 色鉛筆で描かれた作品に脳が混乱する
動画でまた脳がバグる。(2021/8/22)

「日ペンの美子ちゃん」のボールペン習字講座に左利き用テキストが登場 お手本や解説が右側→左手で隠れない
左利きも美文字練習できるように……!(2021/7/6)

「必殺!! クーゲル・シュライバー!!」 決めポーズでドイツ語を叫ぶとカッコイイ やってみた漫画が楽しそうでマネしたくなる
クーゲル・シュライバーはボールペンという意味です。(2021/6/24)

「思わず吹き出したww」「じわる」 ダイナミックにぶっ壊れたペンの動画が笑って元気になれる
ボールペンのエマージェンシーモード!(2021/5/29)

「13歳のときに描いた絵」が衝撃 ボールペンで緻密に描き込まれた“空想の街”に「才能の塊」「発想力がすごい」
頭の中を見てみたい……。(2021/5/8)

デザインは1本の棒:
なぜゼブラの「ブレン」は2年間で1000万本売れたのか こだわったのは”気が付かないストレス”の解消
発売初年度に500万本を売り上げたゼブラの「ブレン」。油性ボールペンの主力商品開発が課題だった同社が着目した”気が付かないストレス”とは(2021/4/2)

におってないか手軽に測れる“ボールペンde口臭チェッカー”が登場 ニンニク食べたあとの商談に最適
自分じゃ気づきにくいですからね。(2021/2/4)

1万円の“大人のボールペン”、サクラクレパスが創業100周年記念で 軸は金属削り出し
サクラクレパスは、創業100周年記念モデルとしてボールペン「Sakura craft_lab 001S」を発表した。(2021/1/13)

“ルマンドのボールペン”を作る方法 お菓子の包装を使ったアイデアに「天才」「真似したい」の声
お手軽に作れてかわいい!(2020/12/10)

新発想 手書きメモが書けるiPhone 12ケース コスモテックから
コスモテック(東京都立川市)は油性ペンなどで手書きのメモが書けるiPhone 12用のスマホケースを発売した。シリコン素材に独自のコーティングを施すことで、油性ボールペンでメモを取ることができ、消しゴムや指で消せる。水に濡れても消えない。(2020/12/10)

スマホケースがメモ帳に iPhone 12/12 Pro向けウェアラブルメモ「wemo」
コスモテックとkenmaは、ウェアラブルメモ「wemo(ウェモ)」シリーズからiPhone 12/12 Pro用ケースを発売。油性ボールペンで書いた文字などを消しゴムや指で消すことが可能で、繰り返し使用できる。(2020/12/9)

濡れた紙にもしっかり書けるボールペン「ウェットニー」、ゼブラが発売 頑丈さも備えたプロユース向け
建築や運送といった屋外で作業する職種から、アウトドアでの筆記シーンに。(2020/8/24)

書きづらい理由は「引く」と「押す」の違い?  「なぜ左利きはボールペンで書きづらいのか」に納得
文字の書き順がそもそも右利き向けという罠。(2020/8/15)

身近なモノから学ぶ機構設計“超”入門(4):
同じ動作で出たり引っ込んだりするノック式ボールペンの謎
身近にあるモノを題材に、それがどんな仕組みで動いていて、どんな機構が使われているのかを分かりやすく解説する連載。今回は、末端のキャップを押し込むとペン先が飛び出し、もう一度押し込むとペン先が引っ込むノック式ボールペンの機構に迫る。(2020/3/16)

どうかしているゲームの世界:
薪割り、心霊写真、ボールペン工場…… 電気グルーヴが手掛けたまぎれもない怪作「グルーヴ地獄V」を語ろう
薪割りは評価したい。(2020/1/25)

スタバのコーヒーが買えるボールペン「STARBUCKS TOUCH The Pen」発売 FeliCa搭載、かざすだけで決済
スタバのコーヒーが買えるボールペンが登場。FeliCaチップを搭載し、タッチ決済できる。「ペンとして書きやすく、スターバックスのコーヒーネスを感じられる」製品を目指したという。(2019/9/19)

体当たりッ!スマート家電事始め:
オフィスに溶け込むスマートデバイス、キングジム「インフォ」開発の舞台裏
キングジムの「インフォ」は、会議中でも通知の内容を自然に確認できるスマートボールペン。ユニークなデジタル文具はいかにして誕生したのか。企画開発担当者に聞いた。(2019/7/10)

司書みさきの同人誌レビューノート:
灰色のボールペンだけをひたすらレビュー 同人誌『色彩豊かな灰色のボールペンの世界』が究極にシンプル
作者さんは灰色のボールペンをどのように使っているんだろう。(2019/6/30)

ボールペンでスマホの通知が受け取れると便利か? 記者がキングジムのスマートボールペンを試した
キングジムが発表したスマートボールペン「インフォ」を実機レビュー(2019/5/16)

キングジムが“スマートボールペン”発売 スマホの通知を画面とバイブレーションでお知らせ
なぜ、ペン。(2019/5/16)

キングジムの戦略は「ニッチ」 スマホと連携するスマートボールペン、開発のきっかけは
キングジムがスマートフォンの通知を受け取れるボールペン型デバイスなど6製品を発表した。(2019/5/15)

電話やメールが届くと震える:
スマホに届いた通知や着信を確認できる「スマートボールペン」、キングジムが6月発売
キングジムがスマートフォンと連携して使うスマートボールペン「インフォ」を6月14日に発売する。スマホに届いた電話やメール、SNSなどの通知を、バイブレーション、LEDライト、小型ディスプレイで確認できる。(2019/5/15)

キングジム、スマホの新着通知を知らせる“スマートボールペン”発売
スマートフォンの新着通知を確認できる“スマートボールペン”がキングジムから登場。(2019/5/14)

指を当てるとコーヒーがポコポコ 知る人ぞ知る「サイフォンボールペン」の記憶が掘り起こされる
20年ほど前に、セーラー万年筆が出していた一品。(2019/2/14)

ゼブラ×明治チョコレート 「きのこの山」や「たけのこの里」のカラフルでかわいいジェルボールペンが登場
きのたけ戦争が文具界に飛び火!?(2019/1/16)

「壊れ方が何かムカつく」 テンポよく斜め上にぶっ飛ぶボールペン動画に「迫撃砲かな」「緊急離脱装置」の声
ボールの中身を虚空にシューッ! 超! エキサイペンッ!(2018/12/24)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。