ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「シュタインズ・ゲート」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「シュタインズ・ゲート」に関する情報が集まったページです。

世界線変動率もわかりそう? ニキシー管の腕時計が「シュタインズ・ゲート」感あふれるかっこよさ
時間表示前の変動具合好き。(2019/8/24)

令和1発目のワンフェス2019夏 フィギュアのようなコスプレレイヤーと精巧すぎるフィギュアをカチ盛りフォトレポート!
雨が降るかもと行けなかった人もこれで大丈夫。超ボリュームでお届けします。(2019/7/29)

MAGES.がドワンゴから独立 「5pb.」→「MAGES.」ブランドに順次統一
志倉氏が自ら買収するMBOを実施、KADOKAWAグループから独立します。(2019/7/26)

宮野真守出演「しゃべくり007」予告映像公開 原田泰造にイケボが襲い掛かる
「お風呂が……沸きました……」。(2019/5/20)

「しゃべくり007」に声優の宮野真守が出演決定 「神回確定」「画面がうるさくなる」
すごいことになりそう。(2019/5/19)

やっぱ春って最高だ! 「AnimeJapan 2019」、“長蛇の列”形成したコスプレイヤーさんレポート
2日目のコスプレ広場の様子をお届け。(2019/3/24)

世界を「数字」で回してみよう(54) 働き方改革(13):
政府の地雷? 「若者人材育成」から読み解くひきこもり問題
今回のテーマは「働き方改革」の「若者人材育成」です。「若者人材育成」をよく読み解いてみると、その根っこには、深刻な“ひきこもり”問題が存在していることが分かります。(2018/12/28)

アニメファンに最も愛された2018年度アニメランキング「みんなが選ぶベスト100」が決定 テレビ部門1位は「BANANA FISH」
総投票数は39万7145票でした。(2018/12/26)

女子高生AI「りんな」、スマホのカメラで「目」を獲得 ユーザーと同じ世界を見て会話可能に
胸ポケットにしまったスマートフォンに宿るAIが、あなたと同じ世界を見て話し出す。現在開発中で、一般公開時期は未定。(2018/11/5)

自分たちが吹き替えをしていることが最大の魅力になれば――宮野真守が明かす吹き替えの楽しさと難しさ
映画「スモールフット」でノリノリのお芝居を見せる宮野さんに話を聞いてみました。(2018/10/19)

期待の大型新人現る バーチャルYouTuber・姫鶴紗雪ちゃんがデビュー配信で圧倒的後輩力を見せつける
Tiv先生がデザインした新人VTuberです。(2018/10/11)

Over the AI(24)番外編 これがエンジニアの真骨頂だ:
「シュタインズ・ゲート」に「BEATLESS」、アニメのAIの実現性を本気で検証する
前回で最終回を迎えた「Over the AI」ですが、番外編として、私がどうしても、どうしても、書きたかったコラムをお届けすることにしました。SFやアニメに登場するAI(人工知能)の実現性です。今回は、「シュタインズ・ゲート」や「BEATLESS」に登場するAIを取り上げ、エンジニアとして、それらの実現性を本気で検証してみました。(2018/8/20)

ニコニコ「シュタゲゼロ」1話にエグいコメント職人登場 ED背景に公式としか思えない映像が追加される
視聴者コメント欄が大変なことに。(2018/4/26)

「シュタインズ・ゲート ゼロ」と知的飲料「ドクターペッパー」がコラボ! アキバの飲食店30店舗で開催
ktkr!(2018/4/26)

かわいいが止まらない! AnimeJapan 2018を彩るコスプレイヤーさん勢ぞろい
最終日、いっくよー!(2018/3/25)

「AbemaTV」に新アニメチャンネル誕生 独占&世界最速視聴できるアニメ作品も倍増
声優さんMCによるレギュラー番組の生放送も始まります(2018/3/9)

未来を変えるスタンプ完成 ゲーム版「STEINS;GATE」初のLINEスタンプが登場だフゥーハハハハハ!
こんなの買うに決まってるだろ、JK。(2018/1/11)

10年ぶりのホワイトコミケ! コミックマーケット93コスプレ写真まとめ(そして伝説へ)
今年も皆さんありがとうございます!(2017/12/31)

Over the AI ―― AIの向こう側に(18):
儲からない人工知能 〜AIの費用対効果の“落とし穴”
AI技術に対する期待や報道の過熱が増す中、「抜け落ちている議論」があります。それが、AIの費用対効果です。政府にも少しは真剣に考えてほしいのですよ。例えば「荷物を倉庫に入れておいて」と人間に頼むコスト。そして、AI技術を搭載したロボットが「荷物を倉庫に入れておく」という指示を理解し、完璧にやり遂げるまでに掛かるトータルのコスト。一度でも本気で議論したことがありますか?(2017/12/22)

勝利の時はきた! アニメ「シュタインズ・ゲート ゼロ」第1弾PV、オカリンの誕生日に解禁!
絶対助けるぞクリティーーーーーーナッ!(2017/12/15)

アニメ「ダーリン・イン・ザ・フランキス」の本編映像が11月8日に初公開 キャストと追加スタッフ情報も解禁
いよいよ本編映像がお披露目。(2017/11/7)

Over the AI ―― AIの向こう側に(16):
モノマネする人工知能 〜 自動翻訳を支える影の立役者
最近の機械翻訳の発展には目を見張るものがあります。なぜ、ここまで進化しているのでしょうか。AI(人工知能)による翻訳、通訳を取り上げ、その発展の理由を探ってみると、その根底には、あるパラダイムシフトが存在していたことが分かりました。(2017/10/30)

たつき監督が「アニサマ2017」会場用映像を公開 「けもフレ」メンバーがスーパーアリーナを修繕するアニメ
赤子の手をひねるように人を喜ばせる男。(2017/8/30)

Over the AI ―― AIの向こう側に(13):
弱いままの人工知能 〜 “強いAI”を生み出すには「死の恐怖」が必要だ
AI(人工知能)には、「人間のアシストをする“弱いAI”」と「知性を持つ“強いAI”」があるという考え方があります。私は、現在の「AI」と呼ばれているものは、全て“弱いAI”と思っています。では、私たちは“強いAI”を生み出すことができるのでしょうか。それを考えるには、人間にとって、恐らくDNAレベルで刻まれているであろう普遍的な感覚、「死への恐怖」がヒントになりそうです。(2017/7/27)

Over the AI ―― AIの向こう側に(12):
力任せの人工知能 〜 パソコンの中に作る、私だけの「ワンダーランド」
私はこれまで、人口問題や電力問題、人身事故などさまざまな社会問題を理解するためにシミュレーションを利用してきました。シミュレーションは、AI(人工知能)という概念を飛び越えて、「人間が創造した神」と呼べるかもしれません。今回は、シミュレーションに最適なAI道具の1つとして、「オブジェクト指向プログラミング」を解説します。これは、PCの中に“私だけのワンダーランド”を力任せに作る技術ともいえます。(2017/6/30)

原作レイプとは言わせない──日本IBMの“オタクマーケター”が倍率500倍のSAOコラボを実施できた理由
コラボイベントの応募者数は10万件。ファンの心をつかんだ理由は「原作リスペクト」。(2017/3/7)

世界を「数字」で回してみよう(38) 人身事故(10):
本当に怖い「飛び込み」の世界、知っておきたい4つの知識
「人身事故」を真面目に検証するこのシリーズも、いよいよ佳境に入ってきました。最終フェーズとして「人身事故物理シミュレーション」を行っていますが、今回は、このシミュレーションを、より深く理解してもらうための4つの予備知識を説明します。今回もツラいです。それでも、「飛び込み」をなくすには、「飛び込んでから」の痛みを想像できるようになることが重要だと、私は思うのです。(2017/1/18)

世界を「数字」で回してみよう(36) 人身事故:
飛び込みにまつわる「6つのなぜ」に新たな仮説が続々?
今回は、「なぜ7月に飛び込みが多いのか」「なぜ火曜日に飛び込みが減るのか」など、私が仮説立案できなかった6つの疑問に対して、読者の皆さまが寄せてくださった仮説の中から、私のハートにヒットしたものを紹介したいと思います。後半では、小田急線の人身事故に巻き込まれた人々の実際のTwitterを分析してみました。(2016/11/24)

あのキャラに花束を:
でかい、でかすぎる「オカルティック・ナイン」りょーたすのおっぱいが、爆弾級すぎる件
初回見たとき、あまりの胸の衝撃に、ストーリーが追えませんでした(2016/10/15)

「STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)」がSteamで全世界配信決定 日本語・英語両方の言語を収録
ああ、すべては運命石の扉(シュタインズ・ゲート)の選択のままに。(2016/8/19)

ついに兄貴が登場だぁ! 西川貴教さん、今夜放送のアニメ「B-PROJECT」に“ほぼ”本人役で出演決定
名前を変える必要はあったのか。(2016/7/23)

西川貴教×志倉千代丸によるアニメ「B-PROJECT」の最新キービジュ&キャストが公開 主人公・澄空つばさ役に金元寿子
公式サイトではWebラジオの配信も開始。(2016/5/9)

「俺だ、機関の妨害工作を受けている」 オカリンのスマホを自作した人現る これは欲しい!
エル・プサイ・コングルゥ……。(2016/4/23)

西川貴教×志倉千代丸のアイドルプロジェクト「B-PROJECT」がテレビアニメ化
7月放送開始。(2016/3/27)

世界を「数字」で回してみよう ダイエット(28):
今こそ問いたい――そのダイエット、本当に必要ですか
ダイエットシリーズも、いよいよ最終回です。今回は、私が、150日にわたりダイエットを行った結果として得たメリットとデメリットを紹介します。結局のところ、私たちは「ダイエットに失敗する」という運命から逃れられないのかもしれません。それでも、ダイエットに関する情報は日々氾濫し、その市場が縮小することはないように思われます。だからこそ、こう問いかけたいのです。「そのダイエットは、本当に必要ですか?」と――。(2016/3/23)

科学アドベンチャーシリーズの流れを組むライトノベル「Occultic;Nine〜オカルティックナイン〜」が2016年にTVアニメ化決定!
オカルトが世界を救う。(2016/3/20)

シュタゲの公式コラボ賃貸、関西に初登場! 近畿大学徒歩1分の立地で月額4万8500円
入居者を募集中です。(2016/3/3)

人気漫画「orange」がテレビアニメに 夏から放送
監督は「STEINS;GATE」の浜崎博嗣さん。(2016/2/17)

hukeさん描き下ろしの「セイバー・オルタ」がフィギュア化 すごい存在感ある
「STEINS;GATE」「FGO」でおなじみのhukeさん。(2016/2/10)

”キムタクはSMAP解散阻止のため何度もタイムリープしている説”が浮上 ここは何番目の世界線なんだ
時をかけるアイドル。(2016/1/19)

コミケ89コスプレ写真まとめ 「艦これ」「うまる」「スプラトゥーン」まで、2015年の話題作が集結!
画像クリックで別アングルに。(2015/12/31)

β世界線とSG、あなたの選択は……? ニコ生で「シュタインズ・ゲート」の一挙再放送があるよ、オカリン!
見逃してしまった人も、これでやり直せる。(2015/12/8)

海外オタク見聞録:
来日した取引先がオタクだった、そんな時の聖地巡礼ガイド
オタクな取引先や知人から案内を頼まれたけどよく分からなくて……という人向けのガイドです。(2015/12/5)

アニメ「シュタインズ・ゲート」再放送、次回は特番 改変版23話の裏側描く
改変版23話は「STEINS;GATEコンプリートBlu-ray BOX」に収録されることも決定。(2015/12/3)

アニメ「シュタインズ・ゲート」の再放送でまさかの新ルート突入 前代未聞の改変に「世界線が変わった」とネット騒然
志倉千代丸さんによると今夏再放送が始まってから「仕掛け」を思いついたとのこと。(2015/12/3)

「シュタインズゲート ゼロ」とローソンがコラボ! オリジナルブロマイドなどグッズを発売
第2弾はローソン神田明神店限定発売。(2015/11/17)

祝シュタゲ続編! カンロからゲルバナ色の「電話レンジ(飴)」が数量限定で登場!
「電話レンジ(仮)」をその手で組み立て、実験を開始せよ。すべては運命石の扉(シュタインズ・ゲート)の選択のままに……エル・プサイ・コングルゥ。(2015/11/16)

「シュタゲ」牧瀬紅莉栖の痛ネクタイが登場 疲れたときにペロンと裏返すとクリスティーナがいる生活をアナタに
かいばー。(2015/10/21)

「ふとんがふっとんだ」→「布団はなかった」 日本語を外国語に翻訳してから再翻訳する「折り返し翻訳」がカオスすぎる
どうしてこうなった。(2015/10/20)

ドワンゴ、ディープラーニング専用GPUサーバ「紅莉栖」構築 人工知能研究に貸し出し
ドワンゴは、ディープラーニング専用GPUサーバファーム「紅莉栖」(くりす)を構築した。人工知能研究用として一部の研究機関に無償で貸し出す。(2015/9/18)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。