ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「取材」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「取材」に関する情報が集まったページです。

「視聴率No.1宣言」をする真意:
フジ『ザ・ノンフィクション』プロデューサーが明かす「人殺しの息子と呼ばれて…」制作の裏側
フジテレビ系のドキュメンタリー番組『ザ・ノンフィクション』のチーフ・プロデューサーの張江泰之氏が、2017年10月に放送した「人殺しの息子と呼ばれて…」の取材アプローチについて講演した。(2019/5/23)

「Dell Technologies World 2019」から分析:
衝撃のEMC買収から3年 Dell Technologiesが遂げた“意外な成長”の理由
2016年、DellによるEMCの買収劇は、市場に大きな衝撃を与えた。それから3年、度重なる買収劇で生まれたDell Technologiesはどう生き残ったのか? 長年取材を続けるジャーナリストが、その戦略展開を分析した。(2019/5/22)

人生100年時代の「結婚」とは:
「夫婦観」をアップデートせよ――添い遂げる美徳より、今ベストを尽くすこと
今、われわれは「夫婦観」をあらためて問い直し、アップデートすべき過渡期にいる。公私ともにパートナーとして人生を歩むCRAZYの二人への取材を通して、これからの時代における「夫婦観」を考えたい。(2019/5/21)

多要素認証(MFA)が無意味だった可能性も
MicrosoftのWebメール「Outlook.com」で不正アクセス 何が起きたのか?
Microsoftは、同社のWebメールサービス「Outlook.com」のユーザーのうち、データが侵害された可能性のあるユーザーに警告した。同社への取材や「攻撃者からの声」だという報道を基に、攻撃の実態や被害を探る。(2019/5/12)

コナリミサト×高野ひと深:
対談取材時の作家と編集者の関係は「ポケモンとトレーナー」? 漫画家が恐れる“呪いをかけてくる”編集者とは
『凪のお暇』作者×『私の少年』作者。飲酒トークで本音を語ります。(2019/5/11)

いかにしてトップに上り詰めたのか:
シングルマザーだった私が“ニューヨークの朝食の女王”になるまで――「サラベス」創業者に聞く
「ニューヨークの朝食の女王」と形容されるサラベス・レヴィーンさん(76)に独占取材。シングルマザーだった女性はいかにして米国で成功を収めたのか?(2019/5/10)

マシーナリーともコラム:
ホスピタリティが完璧なのかよ マシーナリーとも子、輝夜月のライブを見に行ってきたの巻
バーチャルYouTuberがバーチャルYouTuberのライブを取材する時代。(2019/5/10)

「提供:明治・大正製薬・昭和建設・へいせい」――改元特番でまさかの“スポンサー元号ぞろえ”、背景を聞く
Twitterで「センスがいい」と大反響だった、改元特番の提供クレジットを元号絡みでそろえた演出。経緯をテレビ西日本に取材しました。(2019/5/9)

まだまだ現役:
「赤チン」は生産終了するけれど、昭和の元気な「家庭薬」のいま
昭和の市販薬として活躍してきた「赤チン」が生産を終了する。規制や時代の流れで消えゆく市販薬もあれば、何世代にもわたって親しまれている薬もある。学校の保健室にあったあの薬から、救急箱の中に入っていたその薬まで…。「超ロングセラー家庭薬」のいまを徹底取材した。(2019/5/7)

高効率な運用体制はどう作るか
Windows 10移行で変わるセキュリティ対策、運用設計のポイントは
Windows 10で大幅に強化されたセキュリティソリューションをどこまで効果的に使えるか? スキルの高いエンジニアやSOCチームがいない中堅・中小企業が、セキュリティと業務効率化を同時に解決する方法を取材した。(2019/5/8)

利用パパからは既に「GW以外もやってほしい」の声 大阪で話題の“お父さん預かりサービス”、運営会社を取材
運営会社「1日平均6人ほどのお父様が利用されています」。(2019/5/3)

DBを運用するチームを支える技術コミュニティー
1万超DBインスタンスをさばくLINEのDB管理者が頼る「意外な存在」
テックカンパニーであるLINEのエンジニアは、なぜDB運用に有償サポートを求めたか。そこには技術が成長の源泉となる企業ならではの2つの重要な理由があった。背景を取材した。(2019/5/14)

“Alexaの音声記録を聞くチーム”はユーザーの位置を特定できる──Bloomberg報道
Alexa改善のためにAlexaとユーザーの会話データを聞く従業員チームはこれまで、やろうと思えばツールを使ってユーザーの位置を特定できたと、Bloombergが数人の従業員への取材に基づいて報じた。(2019/4/25)

「NHK総合ドキュメント72時間」で「レンタルなんもしない人」に密着 4月26日放送
気になる依頼人たちや当日のやり取りを取材しています。(2019/4/24)

そろそろ会議やめませんか:
「会議は面倒」から考える、働き方改革の一丁目一番地
そもそも、会議の価値とは何か? 必要以上に時間をとられたり、無駄を強いられていたりと、実は働き方改革の一丁目一番地なのではないだろうか。本連載では、「会議」にまつわるあれこれを、各所への取材を通じて探っていく。(2019/4/24)

石川温のスマホ業界新聞:
三木谷楽天社長「5Gだからと高くチャージするということはない」――完全分離プラン除外は「許されても、そういう選択肢はとらない」
新規参入の楽天モバイルを含む国内4キャリアの「5G」基地局開設計画が認可された。その免許交付式で、楽天モバイルの親会社である楽天の三木谷浩史社長が囲み取材に応じた。(2019/4/19)

大阪で“ヤミ民泊”4200件撃退! 悪質業者と闘い続ける「撲滅チーム」の正体
東京に比べて家賃が安いことや、観光地が多いことから、大阪は営業許可がないまま客を泊める“ヤミ民泊”の温床になっている。この事態を改善するため、大阪市は警察OBなど約70人を集めた「違法民泊撲滅チーム」を昨夏に立ち上げた。今回は、同チームの現地調査に同行取材を実施。現状について、トップへのインタビューも行った。(2019/4/17)

なぜ出版不況の今、LINEが“小説ビジネス”を始めるのか?
LINEがコンテンツ事業「LINEノベル」をスタート。インターネット上で読める小説を配信する取り組みで、LINEオリジナルの作品を制作・提供する。提携する出版社の既存作品のデジタル版も提供する。一般ユーザーが作品を自由に投稿できる仕組みも設け、小説家志望者の創作活動を支援する。この事業を始める理由を取材した。(2019/4/16)

「魔法のiらんどは死んだ」と思っている“インターネット老人会”の皆さん ……それ、錯覚みたいですよ
KADOKAWAに取材したところ、無料ホームページ作成サービスは今も使われているとか。(2019/4/11)

渋谷スクランブル交差点にベッド置く動画、YouTubeで公開 警視庁が捜査
東京・渋谷のスクランブル交差点に、男性が寝そべった状態のベッドを置く動画がインターネット上で公開され、警視庁が道交法違反などの容疑で捜査していることが8日、捜査関係者への取材で分かった。(2019/4/9)

「フォント=プロデザイナー向けという概念を覆したい」 商用フォントが1書体100円ほどで使える「mojimo」はなぜ生まれたか
同人活動向けに36書体3600円など、ハードルの低いフォントサービスとして話題を呼んでいるフォンワークス「mojimo」シリーズ。誕生経緯や目指すものを取材した。(2019/4/12)

ラブライブ!公式サイト乗っ取りに使われた「ドメイン移管」の仕組みとは “10連休”に危険潜む?
サイト乗っ取りに使われた「ドメイン移管」とは何か。関係各社に取材したところ、今回の手法に加え、新たな危険も見えてきた。(2019/4/5)

雑誌「AERA」がまたまたネコ化 猫飼いには避けられない“ネコの病気と老い”を徹底取材
ずっと一緒にいるために。(2019/4/4)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
Appleは「iPhoneの価値」をさらに高められるか 新サービス発表の狙い
サンフランシスコで行われた米Appleの新サービス発表会を現地で取材。この発表が何を意味するのかについて考察する。(2019/3/26)

渋谷の仮囲いの絵、実は物語になっていた SNSで大反響 制作者「完成は1年前だったので驚いた」
再整備中の宮下公園――その仮囲いに描かれた絵が、実は感動的な物語になっていたことを示す動画がTwitterで話題に。制作した365ブンノイチに取材しました。(2019/3/26)

漫画「ルーツレポ」:
自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「登山(神奈川県 大山)」の取材をレポートする
感想「頂上だ〜! 頂上だ。頂上だ……」(2019/3/25)

人事トップ×社労士に聞く「働かせ方改革の終わらせ方」
人事部長と社労士から見た「働き方改革法」対策とは
厳格化される時間外労働の上限規制ルール。罰則にならない方法を探すような後ろ向きの思考では「この先、生き残れない」。働き方改革と事業成功を両立させた人物と労務人事のプロに、これからの労務管理の在り方を取材した。(2019/3/27)

「つけびして 煙り喜ぶ 田舎者」 「山口連続殺人放火事件」の裏側取材したルポ「つけびの村」書籍化決定
noteで公開され、大きな話題を呼んでいました。(2019/3/23)

ネット恒例「オタク川柳大賞」から見えたオタク社会 平成最後に主催とともに振り返る
主催のインターネットサービスプロバイダー「インターリンク」に取材しました。(2019/3/22)

中国のITインフラ、IoT基盤、誰にどう頼るのが「正解」か
中国IoTビジネス展開、日本企業がハマる3つの課題と「抜け道」
日本企業が中国でIoT事業を展開するには多くの障壁があり、従来は体力のある企業しかかなわなかった。だが現在は日本にいながら効率よく低コストで中国でのIoTサービス基盤構築の支援を受けられる。サービス詳細を取材した。(2019/3/27)

次なる挑戦、「はやぶさ2」プロジェクトを追う(13):
「はやぶさ2」は舞い降りた、3億km彼方の星に、わずか1mの誤差で
2010年6月の「はやぶさ」の帰還に続き、日本中を興奮の渦に巻き込んだ「はやぶさ2」の小惑星「リュウグウ」へのタッチダウン。成功の裏には、次々と起こる問題に的確に対処したプロジェクトチームの対応があった。打ち上げ前からはやぶさ2の取材を続けてきた大塚実氏が解説する。(2019/3/19)

旭鋳金工業:
未知なるジェネレーティブデザインを前に砂型鋳造の限界に挑んだ町工場のプロ魂
パーソナルモビリティを開発するWHILLからの要請を受け、ジェネレーティブデザインで設計されたフレーム部品の試作を砂型鋳造でやってのけた中小企業がある。旭鋳金工業(横浜市旭区)だ。砂型アルミ鋳造によるジェネレーティブデザインパーツの国内初事例はどのようにして生まれたのか。従業員7人の小さな町工場を取材した。(2019/3/12)

SNSで話題沸騰のお菓子「#平成最後のグミ」はなぜ生まれた? メーカー取材で分かったシンプルすぎるパッケージの理由
パッケージだけじゃなく中身のグミもちゃんとおいしい。(2019/3/11)

「5G時代」、MWCはどう描いたのか
バルセロナで開催されたMWC 2019を取材した西田宗千佳さんが考えた、5Gとモバイルの現在と未来。(2019/3/8)

「Twitterで嫁募集したら本当に嫁が来たので本日結婚した」 キセキの出会いから結婚にいたるまでご本人を取材
こういう出会いもステキ。(2019/3/4)

瓶入り「明治フルーツ」4月1日をもって生産終了 ファンからは「銭湯名物なくなる」と悲鳴
明治を取材しました(2019/3/4)

新婦「結婚式でドラムたたきたい!」 プランナーに「前例ない」と言われるもドレス姿で成功おさめた動画が話題
ドラマー新婦さんを取材しました。(2019/3/3)

「ZOZO離れ」歯止め不透明……割引表示「軌道修正」も新たな離脱組
有名ブランドの撤退が相次いでいるZOZO(ゾゾ)が、原因となった割引キャンペーン制度の価格表示について軌道修正した。一連の“ゾゾ離れ”についても公式に言及、「出品点数は増えている」と強調したが、夕刊フジの取材では新たな「離脱組」も出ており、歯止めとなるかは不透明だ。(2019/3/1)

封筒に赤字で「必ずご確認ください」 → 開けてみたら中身は広告 関西電力のDMに「不誠実」と批判、担当者の見解は
関西電力を取材しました。(2019/3/7)

ヤンデレな軍神が情熱に舞う 舞台「イケメン戦国 THE STAGE 〜上杉謙信編〜」ゲネプロ&囲み取材
ゲネプロと囲み取材の様子を動画とともにお届け。(2019/2/21)

漫画「ルーツレポ」:
自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「謎サウナ(下北沢高架下)」の取材をレポートする
感想「ふ〜……死ぬか〜……」(2019/2/21)

あの“貞子”もTikTokやってる時代だと……? 「見たら死ぬ」から「撮ったら死ぬ」呪いふりまく姿がどう見てもリア充
“無言”のまま脳内に語りかけてくるスタイルで取材対応。(2019/2/19)

脳が引っ張られる感覚:
「映像酔い」なぜ起きる? 日本の安全技術、世界標準へ
映像技術の進化により、実写と見まがうようなCGや迫力ある3次元映像を手軽に楽しめるようになった。一方で、映像は乗り物酔いのような症状を招くこともあり、その安全対策に関心が高まっている。日本が世界標準を目指す「映像酔い」の軽減技術とは、どのようなものなのか。開発の最前線を取材した。(2019/2/19)

漫画家メシ:
漫画家ってどんな食生活? 『響〜小説家になる方法〜』作者の執筆現場を取材、大ファンという“けやかけ”話も
“漫画家はどんなご飯を食べて執筆に励んでいるのか”に迫る「漫画家メシ」。(2019/3/7)

「映像酔い」なぜ起きる 日本の安全技術、世界標準へ
映像技術の進化により、実写と見まがうようなCGや迫力ある3次元映像を手軽に楽しめるようになった。一方で、映像は乗り物酔いのような症状を招くこともあり、その安全対策に関心が高まっている。日本が世界標準を目指す「映像酔い」の軽減技術とは、どのようなものなのか。開発の最前線を取材した。(2019/2/18)

年間2万円で食べ放題、話題のラーメン凪 AIで「顔パス」注文システムの狙いは
食券を都度購入しなくても、定額の会員登録をすると店頭に備えられたiPadがユーザーを認識し「顔パス」でラーメンを注文できる。こんな施策を始めた「ラーメン凪」を直撃取材した。(2019/2/12)

「これはやばい」「普通の人にはない感性」 自分の「顔面チョコ」を彼氏の誕生日にプレゼントした画家を取材
「顎から割りながら食べ進めました」とのこと。(2019/2/9)

むつ市の窓口「マスクなし対応」にネットで批判の声 担当者「必要な人はマスク着用している」と弁明
朝日新聞の記事をきっかけに、青森県むつ市が窓口職員への「マスク非推奨」施策がネットで批判を浴びています。実態を市の担当者に詳しく取材しました。(2019/2/6)

「全てのスマートフォンはICカードリーダー」:
「貼るSIM」は日本のFinTech普及を加速できるのか
既存のモバイルSIMの上に貼る、シール型のSIMが、一部で見られるようになってきたが、これを活用して認証インフラを構築しようという動きがある。これを取材した。(2019/2/6)

ラブホの壁一面に寿司、照明にも寿司、床にも寿司 奇抜な寿司コンセプトの部屋に「逆に行きたい」の声
なぜこんな部屋が……? 経営するSARAグループ担当者に取材しました。(2019/2/6)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。