ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「取材」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「取材」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

石野純也のMobile Eye:
BALMUDA Phoneの技適問題、新規参入メーカーが起こしがちなトラブルとは事情が違うワケ
「技適の認証で確認すべき事項が生じた」との理由で、BALMUDA Phoneの販売が一次停止された。スマートフォン市場に新規参入したメーカーは、技適に関するトラブルを起こすことが多かった。しかし取材を進めると、BALMUDA Phoneのケースは少々事情が異なることも見えてきた。(2022/1/15)

マクドナルドはなぜ国産じゃがいもを使わない? ポテト販売休止でTwitterに流れるウワサ、真相を取材した
理由は大きく「サイズ」「味」「消費量」。(2022/1/14)

ソニーのEVはどんなクルマに仕上がるか 開発責任者への取材などから予想する
ソニーは2022年春にEV参入を検討するための事業会社「Sony Mobility」を設立すると発表した。はたしてソニーが作るEVとはどのようなものになるのか? 開発責任者への取材などから予想してみよう。(2022/1/11)

越智岳人の注目スタートアップ(2):
安価で高品質な義足を途上国へ、3Dプリンタ×AIの生産技術で社会課題を解決
数多くのハードウェアスタートアップやメイカースペース事業者などを取材してきた越智岳人氏が、今注目のスタートアップを紹介する連載。今回は、3Dプリンタをはじめとする3D技術を活用し、製造コストを従来の10分の1に抑えた義足を提供するInstalimb(インスタリム)にフォーカスし、開発のきっかけやこれまでの取り組み、今後の展望などについて、同社 代表取締役CEOの徳島泰氏に話を聞いた。(2022/1/11)

若者の車離れに一石:
日産が提案する次世代のEVとは? 5年間で2兆円を投資
トヨタ自動車がEVの世界販売台数を2030年に350万台とする目標を発表した。米テスラをはじめとして世界の自動車メーカーは一気に「EVシフト」を進めている。EVの先駆けである日産リーフを発売した日産自動車は、この潮流をどう見ているのかを取材した。(2022/1/6)

アフターコロナはどうなる?:
本社がWeWork、オフィスを3分の1に……ユニークな「2021年のオフィス改革」事例5選
コロナ禍が2年目に突入した2021年。フィスの移転やリニューアルを実現する企業が企業が相次ぎました。ITmedia ビジネスオンラインが21年に掲載した記事の中から、オフィスに関するユニークな取り組みや、オフィス変革と共に業務改革を行った取材記事を5本ご紹介します。(2021/12/31)

売れっ子定員も登場:
【まとめ】無人店舗元年! 2021年にはどのような店舗がオープンしたのか?
2021年に盛り上がったビジネスの1つに「無人店舗」が挙げられるだろう。コロナ禍で対面接客が減らせたり、人件費削減につながったりと多くの利点があり、DX文脈でも注目を集めていたように感じる。今年、筆者が取材した3つの無人店舗を紹介していく。(2021/12/28)

「CES 2022」取材を断念した理由 「リアルイベントの価値」とは何かを考える
オミクロン株まん延で相次ぐCES 2022への出展中止。取材陣も大きな影響を受けている。取材を断念した西田宗千佳さんに、事情を説明してもらった。(2021/12/27)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「204円」弁当に「1080円」おにぎり! ハイレベルすぎるスーパー弁当の知られざる“進化”
ディスカウントスーパーでは200円前後の超安価な弁当が存在する。商品開発に注力し、ハイレベルな弁当を開発する企業もある。知られざるスーパーのお弁当を取材した。(2021/12/23)

宇都宮「生ハム押し寿司」(1100円):
車内販売の酒類提供復活にあわせて、静かに味わいたい新作駅弁とは?
車内販売での酒類販売がようやく再開。そうとなれば、やっぱり“酒に合う”駅弁を選びたくなるものです。ほろ酔い気分がよく似合う駅弁が生まれた背景を取材しました。(2021/12/19)

Weekly Memo:
クラウド中心へ「大転換」図るSAPジャパン 2022年、3つの戦略とは
SAPジャパン社長の鈴木洋史氏に、「2021年の総括と2022年の戦略」について取材した。2022年の目標は「クラウドカンパニーへ大転換」だという。その意味とは。(2021/12/13)

製造マネジメントニュース:
中長期視点で事業の種を育てる企業に、パナくらし事業本部 CEOの品田氏
パナソニック くらし事業本部は2021年11月26日、報道陣による同社 くらし事業本部長 CEO 品田正弘氏への合同取材に応じ、パナソニックが2022年4月に予定している持ち株会社移行後の成長戦略などをテーマに説明を行った。(2021/12/8)

製造マネジメントニュース :
「パナソニックに足りないのはスピード」CNS社CTOに就任した元MS榊原氏
パナソニック コネクティッドソリューションズ社は2021年12月1日、同年11月1日に同社CTO兼イノベーションセンター所長および知財担当に就任した榊原彰氏に対するメディア懇談会を開催し、報道陣の取材に応じた。(2021/12/3)

「凸してきたお前に困惑」 朝倉未来「1000万円企画」巡る週刊誌取材を非難 一般人の母親“激撮”へ「ヤバすぎる!」
「訴えてやる!」と法的処置を示唆。(2021/12/2)

一周回っちゃいました:
「俺たちのワークマン」再び “職人向け”の新業態「プロ」は何が違う?
ワークマンは12月2日、職人向けの新業態「WORKMAN Pro」の1号店、板橋前野本通り店をオープンした。ここ数年、幅広い客層をターゲットにした店舗を展開してきた同社。“原点回帰”と位置付ける同店は何が違うのだろうか。オープン前の店舗を取材した。(2021/12/2)

仏で動物愛護に関する法案が可決、ペット店での犬猫販売・水族館のイルカ飼育が禁止に 動物愛護団体と水族館の反応を取材
動物愛護に関する法案が可決されました。(2021/12/1)

越智岳人の注目スタートアップ(1):
大企業も注目のプラズマ技術で家庭用美顔器を開発、美容スタートアップの挑戦
数多くのハードウェアスタートアップやメイカースペース事業者などを取材してきた越智岳人氏が、今注目のスタートアップを紹介する連載。今回は、小型の家庭用プラズマ美顔器「Un」を開発し、既存の美容機器市場に一石を投じ、価格破壊を起こすDENSHINDO(傳心堂)の開発ストーリーを取り上げる。(2021/11/29)

小林麻耶、一部メディア記者らの行動に恐怖「尾行されて怖かった」 許可のない取材行為に強い訴え
水川あさみさん、戸田恵梨香さん、藤本慎吾さんも週刊誌報道に激高。(2021/11/22)

製造マネジメントニュース:
コア3事業を2030年までに2.5倍の9000億円に、パナソニックの描くデバイス戦略
パナソニック インダストリー社は2021年11月19日、2022年4月から持ち株会社制への移行を控えた新体制の方向性について、同社社長の坂本真治氏による社長懇談会を開催し、報道陣の合同取材に応じた。(2021/11/22)

正常な感覚が摩耗:
うのみにしてはいけない「販売好調」 新築マンション売主が「不振です」など言うわけがない
先日、ある週刊誌から電話の取材を受けた。今、日本で販売されている最大規模の新築マンションについて、今後の販売がどうなるのか…といったようなことをたずねられた。(2021/11/17)

宇宙が身近になる時代:
はやぶさ2のプロジェクトマネージャ津田雄一氏に聞く リュウグウ探査を成功に導いたチームワーク
はやぶさ2のプロジェクトマネージャ津田雄一氏へのインタビューを取材。津田氏がリーダーとして成功に導いた小惑星リュウグウ探査のプロジェクトについて、その裏側を語った。(2021/11/17)

ファミマの定番商品「ファミチキ」が品薄に 原因はタイのコロナ禍、12月中旬までは販売調整続く見込み
ファミリーマート本部に取材しました。(2021/11/15)

木下優樹菜、『FRIDAY』の直撃取材に苦言 記者との一部始終を公開し「ヤバくない?」「めちゃくちゃ怖かった」
視聴者からは依然として厳しい声が。(2021/11/14)

週末に「へえ」な話:
サントリーの「ほろよい」はなぜ91種類もあるのか 商品開発のキモは2つ
サントリーの「ほろよい」が売れている。低アルコールのRTD市場でトップを独走しているわけだが、なぜ多くの消費者から支持されているのか。開発の背景を取材すると、2つのキーワードが浮かんできた。(2021/11/14)

バービー、夫との初取材で2ショット公開も前日飲酒で“大失敗” 「ほうれい線まわりに見たことのない線が入ってます」
「顔をパンパンに腫らして現場入りしたことをここに謝罪いたします」(2021/11/12)

“存在しないはずの謎コイン”最終章 「奇跡体験!アンビリバボー」との青森・むつ小川原取材で浮かび上がってきた新説とは(前編)
青森で発覚した驚きの真実とは……。(2021/11/11)

匠の技をデジタルで再現する新しい「日本のものづくり」 日産の最新インテリジェント工場がすごいことになっていた
テクノロジージャーナリスト西川善司氏が日産自動車の栃木工場が「Nissan Intelligent Factory」を取材した、渾身のレポート。(2021/11/5)

「まともに取材もできないのか」 花田優一、女性巡る週刊誌報道に激高 “半同棲状態”の指摘に「いい加減にしろよ」
「適当なことばっかり書く」とも。(2021/11/3)

アドビのオリジナルフォント「ヒグミン」誕生秘話 画家ヒグチユウコ氏ならではの「つながる絵文字」とは
アドビが草むらや花畑を文字入力だけで表現できるフォントをリリースした。このちょっと変わったフォントが生まれた経緯を関係者に取材した。(2021/10/27)

電動化:
新たに発足したパナソニックのエナジー社、テスラ向け新型電池「4680」を披露
2021年10月1日付で新たに発足したパナソニックの電池事業を統括するエナジー社 社長 CEOの只信一生氏が報道陣の合同取材に応じた。只信氏は、テスラ向けに開発している新型電池セル「4680」を披露するとともに、2021年度内に量産化に向けた試作設備を国内拠点に導入し、早期に北米工場での量産につなげていきたい考えを示した。(2021/10/26)

製造マネジメントニュース:
「現場」起点で融合、パナソニックとブルーヨンダーが歩むサプライチェーン改革
パナソニックの新たな事業会社の1つ「パナソニック コネクト」となる予定のパナソニック コネクティッドソリューションズ(CNS)社の戦略について2021年10月22日、同社社長の樋口泰行氏、同社上席副社長の原田秀昭氏、2021年9月に買収が完了したBlue Yonder CEOのGirish Rishi(ギリッシュ・リッシ)氏が、報道陣の合同取材に応じた。(2021/10/25)

ドコモの通信障害、順次復旧 原因は「工事に伴うネットワーク輻輳」
10月14日午後5時ごろから発生していたNTTドコモの通信障害について、同社は取材に対し、午後7時57分ごろに復旧したと明らかにした。ただし、輻輳(ふくそう)の影響で今も一部で繋がりにくい状況が続いているという。(2021/10/14)

ねとTube:
「マイペース」「モザイクカケラ」歌うSunSet Swishの今 コロナ禍で見つけたYouTubeという新たなステージ
2025年、武道館に立つーーを目標にする彼らの今を取材しました。(2021/10/10)

週末に「へえ」な話:
動物病院の「往診車のナカ」はどうなっているのか 利用者がじわじわ増えている理由
動物病院の「往診」が増えていることをご存じだろうか。「ペットを家で診てもらいたい」といった人が増えているようだが、筆者が気になったのは「往診車」である。クルマのナカで、どんな治療が行われているのか。取材したところ……。(2021/10/9)

スキャナーや画像編集ソフト利用し制作か 偽版画事件
有名画家の偽版画が大量に流通した事件で、著作権法違反容疑で逮捕された元画商と版画工房経営者が真作などを基に、パソコンのスキャナーや画像編集ソフトを使って偽版画を制作していたことが捜査関係者への取材で分かった。警視庁は詳しい偽版画制作の手口を調べている。(2021/9/29)

「実証実験」の結果:
「おもしろい!」が95% コクヨの“実験店舗”はどんなところなのか
アナログとデジタルを融合させた実証実験の店が登場したことをご存じだろうか。場所は品川駅港南口から徒歩3分ほどのところにある、コクヨの「THE CAMPUS SHOP」だ。筆者が取材したところ……。(2021/9/19)

瀧澤信秋「ホテルの深層」:
ホテル1室のアメニティー、清掃費用は一体いくら?  ホテルの気になる“原価”あれこれ
コロナ禍で価格が下がっているホテル利用料金。そもそも原価はどのくらいなのだろうか。運営会社に取材を試みた。(2021/9/17)

図書館と契約したデータベースの情報を横流しさせる「違法バイト」が横行 被害企業は「売上に影響が出ている」
被害に遭ったA社に取材しました。(2021/9/16)

ペアローンの危険性:
マンション購入で「年収7倍」のレバレッジ、価格上昇が止まらない
東京のマンション価格上昇が止まらない。マンションデベロッパーの仕入れ担当に取材すると、開発用の事業用地は今も高騰を続けているとか。つまり、来年、市場で売り出される新築マンションは今よりも高くなるということだ。(2021/9/8)

「OLって何の略なんですか?」 2050年から2021年を振り返る漫画がリアルで興味深い
令和生まれの鈴木杏寿郎が大叔母に取材するお話。(2021/9/8)

バルミューダ、アイリスオーヤマなど:
家電メーカー7社から学ぶ、 ヒット商品を生む経営【まとめ読み】
毎年のように新製品が発表され、新メーカーが設立される市場で戦う家電メーカー。顧客に選ばれ、進化を続けるメーカーの強みとは何なのか。バルミューダ、アイリスオーヤマ、日立GLSなど7社の取材記事を通して、ものづくりと経営の秘訣を探る──。(2021/9/7)

“炭鉱のカナリア”は鳴いているか 時代の変わり目に最も早く反応する「工作機械」
 最近、工作機械業界から、電気自動車(EV)や充電インフラに関する取材や依頼が多くなってきた。工作機械は時代の変わり目に対して最も早く反応する。何らかの危機が迫っていることを知らせる、いわゆる「炭鉱のカナリア」的役割を果たすといわれている。(2021/9/2)

“中に餡を詰め込める”と話題のギョーザエコバッグ 開発者を取材したら商品への愛情がすごかった
開発者「中身の柄は実は最初のアイデアでは“餃子のレシピ”だった」(2021/9/5)

バイト感覚の「パパ活」SNSで蔓延 身を削る少女たち
新型コロナウイルス禍で学生のアルバイト収入が落ち込む中、男性から金銭を受け取って飲食に同行したりデートしたりする「パパ活」に手を染める少女が後を絶たない。SNSなどで簡単に相手を探すことができ、短時間で高額が稼げることから安易な気持ちで始めるケースも多いようだ。少女たちの補導に力を入れる大阪府警の捜査員に同行取材した。(2021/8/30)

軽自動車界のカリスマ、鈴木修語録(後編)
あるときはユーモラスに、あるときは人生訓を。43年間スズキのトップに君臨した軽自動車界のカリスマ、鈴木修氏の取材を通して得た修節・名言まとめ。後編です。(2021/8/27)

軽自動車界のカリスマ、鈴木修語録(前編)
あるときはユーモラスに、あるときは人生訓を。43年間スズキのトップに君臨した軽自動車界のカリスマ、鈴木修氏の取材を通して得た修節・名言まとめをどうぞ。まずは前編です。(2021/8/26)

瀧澤信秋「ホテルの深層」:
カプセルを大胆リノベーション! カプセルホテルの“安心お宿”がコロナ禍で打ち出す“秘策”
筆者が取材を続けてきた“カプセルホテルのトップランナー”といわれる事業者にフォーカス。アフターコロナに向けても新たな境地を切り開きつつあるリアルな現場について、これまでの取材の総括も含めレポートしたい。(2021/8/26)

ダイレクトな人々 第9回:
BAKE創業者の新たな挑戦「CHEESE WONDER」 酪農から始まる“発明的チーズケーキ”作りの舞台裏
話題のD2Cブランドと、そのオーナーの思想について考察するこの連載。第9回はチーズケーキブランド「CHEESE WONDER」のオーナーである長沼真太郎さんに取材しました。(2021/8/16)

「当時もこんな空だったのかな」──カラー化した原爆写真がネットで反響 AIと人力で戦時中などの写真を色付ける「記憶の解凍」
広島と長崎に投下された原爆の“きのこ雲”のカラー化画像がTwitterに投稿され、注目された。「記憶の解凍」という活動の一環で、AIツールと戦争体験者の証言、Twitterのコメントなどを反映してカラー化している。活動に取り組む、東京大学大学院の渡邉英徳教授に取材した。(2021/8/15)

リクルート創業者の肖像【後編】:
『起業の天才! 江副浩正 8兆円企業をつくった男』著者が見たリクルート成長の秘密
リクルートの創業者、江副浩正氏の生涯をたどったノンフィクション『起業の天才! 江副浩正 8兆円企業をつくった男』(東洋経済新報社)が、今年1月の発売以来5万部を突破した。著者の大西康之氏が取材を通して見たリクルート成長の秘密と、不確定な時代でも生き抜ける人材の育成について語る。(2021/8/13)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。