ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  H

  • 関連の記事

「Hamee」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「StrapyaNext」から社名変更

子どもとスマホの関係:
子供向けのスマートフォン、iPhoneとAndroidのどちらを選ぶべき?
子どもに与えるスマートフォンをiPhoneにするかAndroidにするかは悩ましいところです。新しいスマホを買う、中古スマホを買う、親のおさがりを渡すなどの選択肢もあります。さらにキャリアかMVNOかも悩みどころでしょう。(2022/4/28)

iFace×AndMeshコラボiPhoneケースが発売 カーブラインとグラデーションメッシュが融合
Hameeが「iFace」と「AndMesh」のブランドを融合させたコラボレーションiPhoneケースを発売。カーブラインやグラデーションメッシュ、握り心地を取り入れ、両ブランドのロゴもあしらっている。(2022/4/15)

Hamee、AirPods(第3世代)向け「iFace Grip On Siliconeケース」発売
Hameeは、iFaceのAirPods(第3世代)対応「iFace Grip On Siliconeケース」を発売。柔らかいシリコン素材を使用し、カラビナでバッグやベルトループなどに取り付けられる。(2022/4/12)

AndMeshのiPhone SE(第3世代)対応ケースが発売 10%オフクーポンも
Hameeは、5月中旬にスマホケースブランド「AndMesh」のiPhone SE(第3世代)対応モデルを発売。先行予約は4月15日から行い、公式Instagramで10%オフクーポンも配布する。(2022/4/8)

Hamee、iFace/salistyブランドなどで「iPhone SE(第3世代)」対応ケースを発売
Hameeは、全店で「iFace」「salisty」「HIGHER」「PATCHWORKS」など各ブランドで「iPhone SE(第3世代)」対応ケースを発売する。ラインアップはクリアケースや耐衝撃ケースなど。(2022/3/9)

Pixio、WQHD表示に対応した27型ゲーミング液晶ディスプレイ
Hameeは、WQHD表示に対応した27型ゲーミング液晶ディスプレイ「PX274 Prime」を発売する。(2022/3/3)

AndMeshとKIBACOWORKSがコラボしたiPhone 13向け天然木ケース発売
Hameeは、スマホケースブランド「AndMesh」と「KIBACOWORKS」がコラボレーションしたiPhone 13専用ケースを発売。天然素材を使用し、レーザー彫刻加工を施した3モデルを展開する。(2022/2/25)

「極寒でもスマホを使いたい」ときにオススメのケース 自作もできる!
寒い日にはスマホのバッテリーが減りやすい、という記事の続編。温かい部屋から持ち出すときにスマホが結露してもよくないし、使い捨てカイロなどであたためるのもNG。ならば、スマホの防寒対策をしよう。有用に見えるグッズを数点紹介する。(2022/2/17)

Hamee、すりガラスのようなiPhone 13/13 Pro専用クリア耐衝撃ハードケース発売
Hameeは、女性向けオリジナルブランド「salisty」からiPhone 13/13 Pro専用クリア耐衝撃ハードケースを発売。すりガラスのようなセミマットの透明感を備え、黄ばみが目立ちにくいブルーイング加工も施している。(2022/2/14)

Pixio、VAパネル採用のエントリー22型フルHD液晶ディスプレイ
Hameeは、フルHD表示に対応したエントリークラスの22型ゲーミング液晶ディスプレイ「PX222」を発売した。(2022/1/31)

Pixio、VAパネルを採用した165Hz駆動対応の23.8型ゲーミング液晶
Hameeは、高リフレッシュレート表示をサポートしたVAパネル採用の23.8型ゲーミング液晶ディスプレイ「PX243」を発売した。(2022/1/26)

Pixio、144Hz駆動対応で2万円台の23.8型ゲーミング液晶ディスプレイ
Hameeは、「Pixio」ブランドから高リフレッシュレート表示対応の23.8型ゲーミング液晶ディスプレイ「PX248 Prime Advanced」を発売する。(2022/1/25)

Hamee、iFaceブランドのAirPods/AirPods Proケースを発売
Hameeは、iFaceブランドからFirst ClassシリーズのAirPods/AirPods Pro向けケースを発売。丸みを帯びた形状やTPUとポリカーボネートの一体構造で耐衝撃性を確保し、ベルトなどに取り付けられるカラビナも付属する。(2022/1/5)

Hamee、iPhoneケースや充電器などが最大80%オフになる福袋を発売
Hameeは、12月24日からiFace/salisty/AndMeshなどのアイテムを最大80%オフで提供する「冬のおでかけ福袋」を販売開始。「手袋福袋」「ケース福袋」をそれぞれ5500円(税込み)で提供する。(2021/12/22)

AndMesh、iPhone 13シリーズ対応ケースを6色展開 先行予約で10%オフ
Hameeは、メッシュケース「AndMesh」のiPhone 13シリーズ対応ケースを発売。ライトベージュ、テラコッタ、パープルの新色を加えた6カラーで展開し、12月22日から開始する先行予約で10%オフキャンペーンも行う。(2021/12/15)

Pixio、165Hz駆動に対応した27型WQHDゲーミング液晶など2製品を発売
Hameeは、高リフレッシュレート表示に対応した27型ゲーミング液晶ディスプレイ計2製品を発表した。(2021/12/13)

Pixio、144Hz駆動に対応した24.5型フルHD液晶 実売2万8980円
Hameeは、高リフレッシュレート表示に対応した24.5型フルHD液晶ディスプレイ「PX257 Prime」を発売する。(2021/12/10)

Hamee、小学生向けスマホ「Hamic POCKET L」を12月に発売 バッテリー容量が増加
Hameeが小学生向けスマホ「Hamic POCKET L」を12月10日に発売する。スマホの利用時間が増える高学年向けに、従来モデルからバッテリー容量を2倍に増やしている。待機状態で3日程度持続する他、専用の見守りサービスを多数備えている。(2021/11/25)

約6割の親が子どものスマホを取り上げた経験あり 理由は?――Hameeが調査
Hameeは、小学生の子どもにスマホを持たせる親550人を対象とした「小学生の親子におけるスマホ利用実態調査」を実施。約6割の親が子どものスマホを取り上げた経験があり、理由は「就寝時間を超えた利用」などが挙がった。(2021/11/24)

AndMesh、AmazonブラックフライデーでiPhone 12シリーズ向けケースを20%オフ
Hameeは、11月26日からAmazonで開催される「Amazonブラックフライデー」でメッシュケース「AndMesh」のiPhone 12シリーズ用を20%オフで販売する。(2021/11/22)

シンプルで安価! 165Hz対応の27型液晶ディスプレイ「PX273 Prime」で遊ぶ
Pixioの27型ゲーミングディスプレイ「PX273 Prime」は、フルHD表示ながら実売3万2000円前後と手頃な価格ながら、165Hzのリフレッシュレートをサポートする1台だ。実際の使い心地をレポートする。(2021/11/17)

Pixio、WQHD解像度に対応したType-C接続対応の27型ゲーミング液晶ディスプレイ
Hameeは、IPSパネルを採用した27型WQHDゲーミング液晶ディスプレイ「PX275C Prime」の販売を開始する。(2021/11/8)

Hamee、iPhone 13シリーズ向け軽量モデル「iFace」ケースを11月22日から順次発売
Hameeは、11月22日からiPhone 13シリーズに対応した「iFace First Class Floaty Standardケース」を順次発売。Hamee全店で10月20日に先行予約を開始する。(2021/10/19)

Pixio、165Hz駆動対応の27型フルHDゲーミング液晶ディスプレイ
Hameeは、Pixioブランド製となる高リフレッシュレート表示対応の27型フルHDゲーミング液晶ディスプレイ「PX273 Prime」の取り扱いを開始する。(2021/10/11)

Mobile Weekly Top10:
“ヨンサンパ”のスマホ、どちらが買い?/スマホのバッテリーを長持ちさせるには?
オウガ・ジャパン(OPPO)の「OPPO Reno5 A」と、シャオミ(Xiaomi)の「Mi 11 Lite 5G」は、想定販売価格が4万3800円と同額です。それゆえに、どちらを買おうか迷っている人も多いようで、違いを比較する記事が非常によく読まれました。(2021/8/26)

Hamee、メッシュ構造のiPhoneケース「AndMesh」全品10%オフキャンペーン
Hameeは、メッシュ構造のiPhoneケース「AndMesh」の全品10%オフキャンペーンを開催。対象機種はiPhone 12/12mini/12 Pro、iPhone 11/11 Pro/11 Pro Max専用で、販売予定数に達し次第終了となる。(2021/8/26)

Hamee、「iFace」の手帳型iPhoneケースを先行予約開始
Hameeは、スマホアクセサリーブランド「iFace」の手帳型ケース「iFace Cardina ダイアリーケース」の先行予約を開始した。対応機種はiPhoneSE(第2世代)、iPhone 8、iPhone 7。(2021/8/21)

スマホアクセサリー購入ガイド:
ハードに使っても大丈夫? 耐衝撃性ケースの選び方とオススメ製品
スマートフォンを使う上で欠かせないのが、万が一落下したときのための対策だ。「耐衝撃」をうたうケースは数あるものの、実用に耐える製品の基準は「MIL規格」に準拠しているかどうかだと考える。複数のメーカーから5つのブランドを厳選して紹介しよう。(2021/7/18)

Hameeが多機能充電タップを発売 ACコンセント、USB Type-A/Cポートを搭載
Hameeは2口のACコンセントと3つのUSB-Aポート、PD対応のType-Cポートを搭載したコンパクトな充電タップ「hurmor handy Plus」を発売。カラーはグレーブラック、クリームホワイト、マスタードイエロー、オリーブグリーンの4色。(2021/6/28)

DX銘柄2021発表 「伊藤レポート」伊藤邦雄氏が語る経営責任としてのDX
「DX銘柄2021」が発表された。企業のDXの実践状況を基に事業の成長性を投資家向けに示す取り組みだ。今後予定されるデジタルガバナンスコード改訂では、経営者陣の中のDX人材の有無などの情報開示を求められる見通しのため、株式市場に参加する企業はいよいよ経営課題としてDXを推進する必要性が高まる。(2021/6/8)

製造マネジメントニュース:
「DX銘柄2021」グランプリに日立、Lumada事業が高評価
経済産業省は2021年6月7日、東京証券取引所と共同で「DX銘柄」を選定し、「DX銘柄2021」の選定企業28社と「DX注目企業2021」20社を発表した。さらに、新型コロナウイルス感染症の影響に対する優れたデジタル対応の取り組みを実施した企業として「デジタル×コロナ対策企業」を11社選定した。(2021/6/8)

メッシュ構造「AndMesh」のiPhone 12/12 Pro/12 mini専用ケースが発売
Hameeは、スマートデバイスアクセサリーブランド「AndMesh」からiPhone 12/12 Pro/12 mini専用ケースを発売。通気性のよいメッシュ構造で、軽量なケースに仕上がっている。(2021/4/7)

子どもが持ってうれしくなるモノを Hameeがキッズ向けスマホを開発する理由
見守り機能を備えた子ども向けのケータイやスマホは、SIMロックフリースマホやMVNOではまだ珍しい。そんな中、「iFace」などのスマートフォン向けケースでおなじみのHameeが、小学生をターゲットにしたスマートフォンを開発。OSにAndroid 9 Go Editionを採用していたり、組み込み型のチップSIMを採用していたりと、技術的にもチャレンジングな取り組みが多い。(2021/1/26)

子ども向け「プレスマホ」登場 GPSや防犯ブザー付きなどキッズケータイとスマホをいいとこ取り
月額1000円から。(2020/10/5)

Hamee、格安SIM向け「こどもスマホ保険」提供 SNSトラブルの相談も可能
Hameeは、18歳以下を対象とした「こどもスマホ保険」を販売開始。端末の故障や破損などに加え、SNSでのトラブル発生時に弁護士へ相談できる法律相談サービスがセットになっている。対象端末は格安SIM利用のスマホで、月額料金は470円。(2020/10/1)

1000人の無料モニター募集も:
Hameeが小学生向け“プレスマホ”を発表 月額1000円で1GB、Google Playにも対応
Hamee(ハミィ)は9月30日、キッズ向けのスマートフォン「HAMIC POCKET(ハミックポケット)」を発表した。2021年の提供を予定しており、発売前に1000人の無料モニターを募集するキャンペーンも実施。端末価格は1万5000円(税別)、通信サービスはIIJが提供する。(2020/9/30)

SNSや課金のトラブルも弁護士に相談できる! 「こどもスマホ保険」の法律相談サービスが便利そう
いざというときに焦らずすみそう。(2020/9/30)

製造マネジメントニュース:
「DX銘柄」35社と「DX注目企業」21社を発表、グランプリはコマツとトラスコ中山
経済産業省は2020年8月25日、東京証券取引所と共同で「デジタルトランスフォーメーション銘柄(DX銘柄)」を選定し、「DX銘柄2020」選定企業35社と「DX注目企業2020」21社を発表した。(2020/8/27)

Web会議やオンライン飲み会で便利な「スマホスタンド」まとめ
テレワークが始まって以来、PCだけでなくスマホでも会議に参加するという場面も多いだろう。そのときに大事になるのがスマホスタンド。ただしいろいろな種類があって目移りする。そこで今回はおすすめのディスプレイスタンドをまとめてみた。(2020/7/29)

月額200円で画面割れの修理代を補償! いつでも、どのスマホでも加入できる「スマホ保険」販売開始
バキバキの画面で悩むことがなくなりそう。(2020/2/20)

純正から個性派まで 「iPhone 11」シリーズと一緒に購入したいケースまとめ
「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone Pro Max」が発売された。そこで、今回は純正ケースやサードパーティーのケースをまとめて紹介する。クリアケースから手帳タイプ、個性派キャラクターケースまである。(2019/9/26)

次期iPhoneはどうなる?:
新型iPhoneはトリプルカメラ搭載で、超広角レンズが追加?
2019年に発売される新型iPhoneのうち、「Pro」の冠が付くモデルは、3つのカメラを搭載することが報じられている。従来の「広角レンズ」と「望遠レンズ」に、「超広角レンズ」が加わるという。さらに、AIで写真の失敗を自動で補正する機能も付くという。(2019/9/9)

次期iPhoneはどうなる?:
新型iPhone用ケースに触れる iPhone XSに装着できるか試してみた
「第88回東京インターナショナル・ギフト・ショー秋2019」で、新型iPhone用とされるケースが展示されていた。ラインアップは3機種あることが判明。2018年に発売された「iPhone XS」でも装着できるのか、試してみた。(2019/9/8)

5年連続の企業は6社:
経済産業省が「攻めのIT経営銘柄2019」29社を発表、DXグランプリは?
経済産業省は「攻めのIT経営銘柄2019」と「IT経営注目企業2019」を発表した。上場企業の中から、中長期的な企業価値の向上や競争力の強化に向けて積極的なITの利活用に取り組んでいる企業を選定した。今回は特に、デジタルトランスフォーメーション(DX)を推進する企業を高く評価した。(2019/4/25)

食べちゃいたいくらいかわいい! とってもリアルなシマエナガおにぎりのスマホスタンドが登場
おいしそうだけど食べられません。(2019/2/18)

Hamee、話しかけるだけでメッセージが送れる音声チャットロボット「Hamic BEAR」発売
Hameeが音声チャットロボット「Hamic BEAR」を順次発売する。吹き込んだ音声がそのまま相手の「Hamic BEAR」で再生され、スマートフォンからもメッセージを送信可能。専用アプリから内容を確認できる「みまもり」機能や、未再生を知らせる人感センサーも備えている。(2019/2/14)

ピカチュウの「おしり」をモチーフにした充電器発売 ギザギザしっぽと丸いおしりがかわいい
ピカチュウで充電!(2018/8/27)

水に浮く、ポケモンデザインの防水・防塵ケース Hameeから
Hameeは、水に浮くフローティング構造を採用したポケモンデザインの防水・防塵ケースを発売。「ポケモン」の人気キャラクター「ラプラス」「ピカチュウ」「マリル」が描かれており、カラビナとネックストラップも付属。(2018/5/25)

Hamee、11色のiPhone用ガラスフィルムを発売 iFaceケースと併用OK
Hameeは、iPhone 8/7/6s/6専用のラウンドエッジ強化ガラスフィルムを発売。全11色の豊富なカラーバリエーションを用意し、既存のiFaceケースと併用することで360度iPhoneを保護できる。(2018/4/12)

ミッキーマウスがスマホを支えてくれるフレキシブルアーム
Hameeは、ミッキーマウスの手をモチーフにしたスマートフォン用アームスタンド「ディズニーキャラクター フレキシブルスマホスタンド」を発売した。(2018/3/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。