ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「栄養ドリンク」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

新聞や雑誌が細る一方で、新たな売れ筋は? 変貌する「駅ナカ」事情
駅の中をよく見ると、さまざまな店がある。売店や駅そば店だけでなく、コンビニや薬局など便利な店がたくさんある。その一方で、消えていった商品もたくさんあって……。(2019/11/14)

マスクド・アナライズのAIベンチャー場外乱闘!:
「エーアイクエスト 〜そして分析へ〜」 辞令と社内調整とセキュリティと呪われし責任者
AI事業部を立ち上げるぞ――大企業で新規事業を立ち上げるときにはどんな困難を伴うのか。RPGっぽく解説してみた。(2019/11/1)

「Matsukiyo Ads」もスタート:
マツモトキヨシのデジタル戦略、オムニチャネルを加速し広告の世界をも変える
マツモトキヨシが生み出すデータが同社のビジネスのみならず、取引先であるメーカーのブランディング施策にまで貢献し始めている。同社が実践する最先端の取り組みについて幹部が語った。(2019/10/28)

関智一が生放送中に熟睡し放送終了まで目覚めなかったハプニングが逆に癒やしと話題に 「お疲れだったんだろうなぁ」「ほっこりする」
お休みなさい関さん。zzz……。(2019/10/8)

戦場はテレビからヨーグルトへ:
ソニーから森永乳業に転じたエリート女性マーケッターがつかんだ「販促の勝ち筋」
マーケッターの勝ち筋は一筋縄ではいかない。ソニーから森永乳業に転じ機能性ヨーグルト販促に奮闘したとある女性担当者は、どう立ち向かったのか。(2019/9/26)

リアルゴールドのエナジードリンク「ドラゴンブースト」10月7日発売 「内側からのパワーと持続力のブースト」がコンセプト
パッケージには東洋とパワーの象徴であるドラゴンを採用。(2019/9/10)

世界初「TENGA自販機」ついに爆誕! 24時間無人営業でいつでもTENGAが購入可能に
TENGAあります。(2019/8/6)

「吸うチョコミント」爆誕 吸うエナジードリンク「イーグルエナジー」新フレーバーにチョコミン党もにっこり
大人のハッカパイプかな?(2019/6/6)

「コカ・コーラ」初のエナジードリンク、7月に日本上陸 カフェイン3倍 ガラナエキスなど配合
250mlサイズ缶と、自販機限定の190mlサイズ缶が登場。(2019/5/29)

濃厚・強刺激のエナジードリンク「スティング エナジー〈ゴールド〉」発売 ゴールドとサソリが目印
Webムービーも公開。(2019/5/28)

イオンのエナジードリンク「トップバリュ エナジーハンター」発売 手ごろな価格で国内最高クラスのカフェイン量
キャップ付きが良い。(2019/5/20)

「負けたら腕立て、勝っても腕立て」 ケイン・コスギさん、ゲーム実況者になっていた
テレビや映画で活躍するスポーツマンが、なぜゲームの世界に足を踏み入れたのか、ゲーミングマウスの新製品発表会に登壇した本人に話を聞いた。(2019/5/17)

「春の大山 打つんだ」 小学生の詠んだ春の詩がタイガース愛いっぱいでなごむ
書き出しからして「あったかいし6時だ。サンテレビを見よう」……いい!(2019/5/14)

専門家のイロメガネ:
わたし、定時で帰れるの? 残業を強制できるラインはどこか
ドラマ『わたし、定時で帰ります。』が話題になる背景には、多くの人にとって定時で帰れず残業が当たり前の状況があります。本来、残業をせずに定時で帰っていいラインとはどこにあるのでしょうか?(2019/5/8)

「AIの遺電子」作者に聞く:
デジタル化は漫画家のワークスタイルをどう変えたか――連載作家が語る漫画制作の今
テレワーク、コラボツール、クラウド、そしてワーケーション……漫画制作現場で起きている新しい働き方をプロ漫画家に聞いた。(2019/4/29)

火10吉高由里子「わたし、定時で帰ります。」  無茶苦茶ブラック上司に立ち向かえ! 「定時で帰る」vs「死ぬ気でやろう」のお仕事ドラマ
「敵」はユースケ・サンタマリア? それとも向井理?(2019/4/16)

有害物質は不使用 タバコのような「吸うエナジードリンク」、日本上陸
タールやニコチンは入っていませんが、カフェインの過剰摂取も身体によくないので、これはこれで吸い過ぎに注意。(2019/2/8)

人件費10%減の見込みも:
クロネコヤマトのAI活用、倉庫スタッフの人員予測で「現場のカン超えた」
全国で配達トラック5万台を走らせ、24時間365日体制の物流を展開するヤマトホールディングス。そんな同社で「未来の競争力」を担うというデータ活用の実例とは?(2019/1/23)

苦戦する電通、ホワイト化するワタミ:
「24時間戦えますか?」から30年 平成の日本から“ブラック企業”は減ったのか
平成初期に「リゲイン」のキャッチフレーズ「24時間戦えますか?」が流行してから、約30年がたった。だが現在も、長時間労働が常態化している“ブラック企業”に苦しめられる労働者が後を絶たない。この30年間で、日本企業の労働環境は本当に改善されたのか。“ブラック企業アナリスト”こと新田龍さんに意見を聞いた。(2018/12/30)

萌え4コマ作家の生態を描いた萌え4コマ『がんくつ荘の不夜城さん』 作者が語る「きらら」作品の魅力
『まんがタイムきらら』で連載中の漫画家マンガ。作者の鴻巣覚先生に初のインタビューを実施しました。(2018/11/27)

メガネ、PC、プロゲーマー ――3つの「最高」はどんな化学反応を起こすのか
(2018/11/13)

ロックマン、レッドブルとコラボで翼をさずかる E缶ならぬ「R缶」も登場
ブラウザで遊べる無料ゲームを公開中。(2018/11/9)

目が覚めそうな新エナドリ 朝にキメたい強炭酸の「リアルゴールド ロケットスタート」が発売
どうしても目が開かない朝に頼りたい。(2018/11/5)

水曜インタビュー劇場(液色公演):
マツキヨのエナジードリンクが、たった1日で10倍も売れた秘密
マツキヨのPB商品「エナジードリンク」が売れている。2017年12月に発売したところ、あっという間に火が付き、売り上げが伸びているのだ。「マツキヨ=エナジードリンク」のイメージは強くないのに、なぜヒットしたのか。同社の仕掛人に聞いたところ……。(2018/10/17)

めっちゃうらやましい! 現実世界で彼女が“ログインボーナス”を届けに来てくれるゲーム脳カップル漫画
2人の関係性に憧れる人続出。(2018/10/16)

360°スピンからのドリフトかっけえぇぇ! 全米ドリフト王者がニュルブルクリンク"ほぼドリフトオンリー"攻略に挑戦
直線でもドリフトしっぱなし。(2018/10/12)

未知の飲料「コカ・コーラ プラスコーヒー」が気になり過ぎるので買って飲んでみた → 8割コーラ
後味だけコーヒー。(2018/9/18)

サントリー天然水ブランドからエナジードリンク 「南アルプスPEAKERビターエナジー」
「自然が育んだ素材」と「苦味と強炭酸による刺激」に着目して開発。(2018/7/25)

レッドブル、エナジードリンクじゃない「ORGANICS by Red Bull」を発売 リフレッシュできるオーガニックな味わい
オーガニックなレッドブルとは。(2018/6/7)

72時間連続で働け:
日本以上のブラック労働でも悲壮感はない、中国のある事情
かつて日本では「24時間戦えますか」をキャッチフレーズにした商品がヒットしたが、現在の中国は、その3倍の72時間働き続ける執着心が必要だと言われている。猛烈に働けば必ず成功するという信念は、かつての日本を彷彿とさせる。「工作狂」(中国語でワーカホリックの意)は決して悪い意味ではなく、できるビジネスマンの必須条件のように扱われているのだ。(2018/6/7)

46年前からあった「若者の○○離れ」と、今起きている「お金の若者離れ」
今若者が“離れる”理由。(2018/5/20)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
バカボンのパパは41歳、波平さんは54歳!――未来の身体作りのために知っておくべきポイント
確実にやってくる人生100年時代を、イキイキと生きられる身体作りにいかに取り組むか……。(2018/5/16)

「サボった分を一気に取り返す!」 高級栄養ドリンクに期待して徹夜した結果が身に覚えしかない
高級栄養ドリンクは仕事した。問題はそこからだ……。(2018/5/1)

モンスターエナジーからライム使った日本限定フレーバー「キューバリブレ」 4月24日新発売
春に合いそう。(2018/4/3)

PR:練習ゼロでもマンガ家(風)になれる、意識の超低いデジタルマンガ本の作り方
マンガを描いたことがないのにマンガ風の連載を始めたライターが、独自のマンガの描き方と同人誌を自分で作るまでの方法論を明かします。(2018/3/19)

アメリカで人気沸騰のエナジードリンク「キックスタート」が4月10日発売へ 自動販売機限定
味はグレープ果汁味。(2018/3/9)

かーずSPのインターネット回顧録:
「モバマス」が僕らに与えてくれたもの 〜かーずSPのソシャゲ狂想曲〜
「モバマス」に18万円突っ込んで得たものとは。……え、15万円じゃなかったっけ?(2018/2/9)

モバクソ畑でつかまえて:
スタドリが仮想通貨のように使えた時代のお話
今では考えられない、ソシャゲ興隆期のちょっと面白い昔話。(2018/2/6)

どんな味なの? トビウオを使ったエナジードリンク「トゥブーエナジー」 沖縄県八重瀬町で誕生
鮮やかなブルーがきれいです。(2018/1/31)

常見陽平のサラリーマン研究所:
社畜が悪いのではない “ダメな社畜”がいかんのだ
「自由な働き方をしましょう」と言われても、いきなり会社から離れるのは困難だ。手っ取り早く幸せになる方法は、今の会社で楽しく生きる方法を発見することではないだろうか。(2018/1/26)

来週話題になるハナシ:
苦戦が予想される「ダイエットコーク」に、立ちはだかる過去の壁
1982年に発売されたダイエットコークが岐路に立たされている。米国での炭酸飲料全体の売り上げが落ち込んでいることから大幅なリニューアルを行う予定だが、効果はどのくらいあるのだろうか。最大の壁は……。(2018/1/25)

ねっと用語知ったかぶり:
アイツ魔剤やってるって魔剤? ネットスラング「魔剤」の意味と使い方
魔剤が魔剤って魔剤?(2017/12/24)

「どん兵衛」「オロナミンC」など:
西友、年末年始の人気商品37品目を平均14%値下げ
西友は12月19日〜2018年1月8日にかけて、年末年始に需要が高まる食品・飲料品37品目を平均14%値下げする。(2017/12/18)

思ってた「異世界移転」と違う……! フリーターが異世界で地味に活躍する漫画が地味展開で新しい
こんな異世界移転見たことない……!(2017/12/18)

社運を懸けた大変革:
「うなぎパイ」の会社が和菓子に力を入れる特別な事情
年間8000万本も生産される「うなぎパイ」は、静岡・浜松を代表するお土産品だ。この菓子メーカーである春華堂が数年前から和菓子に力を注いでいる。その理由とは――。(2017/11/28)

ファミマ、「忖度」商品化へ Twitter投票で「けもフレ」に圧勝
「忖度」(そんたく)をテーマにしたグッズを、ファミリーマートが商品化する。(2017/11/14)

「最強のエコカーを手に入れた」 UVERworldがレッドブル・ボックスカート・レースで疾走! 単独インタビューで見えたUVERの素顔
(画像追加)どうだ? こんな感じがUVER!(2017/10/22)

学生フォーミュラ2017:
学生フォーミュラは「人づくり」の場
学生による自動車競技会「全日本 学生フォーミュラ大会」が今年も開催された。大会関係者はみな「学生フォーミュラはモノづくりだけでなく“人づくり”の場」と口をそろえる。日本最大級の学生モノづくり競技会を、人材育成の観点で紹介する。(2017/10/13)

常見陽平のサラリーマン研究所:
「エナジードリンク率高い系」はもう限界がきている
エナジードリンクは徐々に「社畜アイテム」に変わってきた。そろそろ、普段の食生活や睡眠時間のコントロールで難局を乗り切るという発想になってもいいと思うのだが、「気合いで何とかする」という日本人の体質は変わらないようだ。(2017/9/15)

ファイト不発! 「リポD」新CMがお約束無視で波紋を呼ぶ 「絶叫するのは時代錯誤というお声を多数いただき」
ジェネレーションギャップ!(2017/9/4)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。