ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「宝島社」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「宝島社」に関する情報が集まったページです。

“いま”が分かるビジネス塾:
ビジネスチャット時代、確実に淘汰される「自己チュー社員」とは
日本企業でも浸透するビジネスチャット。社内コミュニケーションが変容する中で、淘汰されてしまう社員像とは?(2019/5/10)

小説投稿サービス「LINEノベル」がスタート 書籍化する出版社を選べる“スタ誕”的システムを導入
新レーベル「LINE文庫」「LINE文庫エッジ」の創刊も。(2019/4/17)

“いま”が分かるビジネス塾:
店舗消滅! 「駅前の光景」が“荒廃”するこれだけの理由
銀行や飲食店が集まる駅前の見慣れた光景が急変しつつある。リアル店舗の消滅によるものだが、その原因とは……?(2019/4/17)

“いま”が分かるビジネス塾:
GW10連休で問う 日本人が「休日多すぎなのに休めていない」真の理由
間もなくGWの10連休。実は日本の年間休日数は世界トップクラス。「休みがあるのに休めていない」ように感じるのはなぜか?(2019/4/3)

「#名画で学ぶ主婦業」書籍化 主婦たちの心の叫びと作品がリンク
「おまえ父親になった自覚あるんか」「息子の部屋からいつのかわからない弁当箱がでてきた」「わたし、洗い物します(義実家にて)」。(2019/3/29)

さまざまなジャンルの絵画を学べる:
SNSでバズった「#名画で学ぶ主婦業」書籍化 主婦たちの心の叫びと作品がリンク
「おまえ父親になった自覚あるんか」「息子の部屋からいつのかわからない弁当箱がでてきた」「わたし、洗い物します(義実家にて)」。(2019/3/29)

“いま”が分かるビジネス塾:
印鑑廃止、業界団体の反発で見送り これは「異常な光景」なのか?
業務手続きのオンライン化を進める法案が一部見送られた。印鑑業界が猛反発したのが原因。これは果たして「守旧業界の特殊事例」なのか?(2019/3/22)

“いま”が分かるビジネス塾:
大矛盾! 他社の残業を副業にする人も?
政府が「副業解禁」にかじを切ったことで、副業をする人が徐々に増えている。しかし一部では、一律に残業をカットしてしまい、その結果、処理できなくなった仕事を外注に丸投げするケースも。さらにはこうした業務を副業として請け負う人もいるという……。(2019/3/6)

これには埼玉県民もニッコリ 映画「翔んで埼玉」、初週の動員数であの東京を上回る快挙
埼玉県におけるオープニングの興行収入はこれまでの記録を4倍以上上回る。(2019/2/25)

“いま”が分かるビジネス塾:
バイトテロの社会問題化で何が進むのか?
飲食チェーンなどでアルバイト店員が悪ふざけする動画が次々と公開されたことが社会問題となっている。いわゆる「バイトテロ」だ。こうした事態に対して今後企業の取り組みも変わってくるだろう。(2019/2/21)

新時代ジョブ「ライバー」も掲載 さまざまな職業をRPG風に解説する「日本の給料&職業図鑑」シリーズの集大成版が発売
気になる職業の仕事内容や平均月給などが掲載されています。(2019/2/11)

全作完結済み! 「このマンガがすごい!」にランクインしなかったけどすごい!2019 
虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ! 第96回は、毎年恒例の特別企画。2018年の発表作からUK大おすすめのマンガベスト5を紹介。(2019/2/10)

“いま”が分かるビジネス塾:
どれほど深刻? 厚労省不正統計問題を「超」分かりやすく解説
厚生労働省が作成する統計で、不正が行われていたことが波紋を呼んでいる。本記事では可能な限り分かりやすく、今回の統計不正について解説してみたい。(2019/2/7)

“いま”が分かるビジネス塾:
キャッシュレスが進む日本、社会は二極化する
2019年は「キャッシュレス元年」という位置付けになるかもしれない。もし日本でもキャッシュレス化が進行した場合、これまで単一のマーケットだった個人向け金融サービスが二極化することが考えられるだろう。(2019/1/24)

「&ROSY」2019年3月号の付録が収納力抜群 「ロベルタ ディ カメリーノ」のドレッサーボックス開封レポ
コスメ収納以外にも使えそう!(2019/1/23)

“いま”が分かるビジネス塾:
「いきなり!ステーキ」は相次ぐ競合の参入を振り切れるか?
これまで破竹の勢いで成長してきた「いきなり!ステーキ」。ここへ来て競合となる店舗が次々と登場している。今後の展開はどうなるのだろうか?(2019/1/10)

加谷珪一の“いま”が分かるビジネス塾:
日本のために「手書きの領収書」をなくすべきこれだけの理由
多くの人が日常的に使用している「手書きの領収書」。社会のIT化が進むにつれて、従来の慣習が合理性を失うケースが増えており、こうした手書きの領収書や紙ベースの請求書などは、そろそろ見直す時期に来ている。(2018/12/19)

「劇場版 響け!ユーフォニアム 〜誓いのフィナーレ〜」新ビジュアルが解禁 新キャストに雨宮天、久野美咲ら
2019年4月19日公開。新入生加入で北宇治吹部波乱の予感。(2018/12/14)

「このマンガがすごい!2019」、オトコ編1位『天国大魔境』・オンナ編1位『メタモルフォーゼの縁側』に決定
どちらも掲載Webサービスで、記念企画が実施中。(2018/12/12)

“いま”が分かるビジネス塾:
リーダーがPCを使わないことがもたらす、想像以上に深刻な事態
桜田義孝五輪担当相が「自分でPCを打つことがない」と発言したことが大きな話題となっている。この背後にはもっと深刻な問題が横たわっており、PC操作は氷山の一角でしかないのだ。(2018/12/7)

“いま”が分かるビジネス塾:
ロボット開発の覇権、Googleにとって代わるのはソフトバンクか?
米Googleの持ち株会社であるAlphabetが二足歩行ロボットの開発を中止することが明らかに。一方で、ソフトバンクグループは、Googleからロボット会社を複数買収するなどロボット開発のリーダーとなりつつある。(2018/11/22)

映画「翔んで埼玉」、埼玉VS千葉の最新映像が解禁 出身地対決でYOSHIKIと高見沢俊彦の姿も
やりたい放題。(2018/11/12)

“いま”が分かるビジネス塾:
ニッポンの職場が激変? 年収大幅減、下請けに丸投げなどの懸念も
2019年4月に働き方改革関連法が施行される予定だ。しかし、対応が十分にできている企業は少ない。今の状態で法律が施行されると、年収の大幅減や中小企業におけるサービス残業の横行、生産の縮小などの悪影響が懸念される……。(2018/11/12)

本気のやつだこれ! 映画「翔んで埼玉」GACKT、二階堂ふみらの“濃すぎる”ビジュアルがついに解禁
ポスターでも全力でディスってくる。(2018/10/31)

家族にして欲しいワン モフモフで愛らしい「秋田犬ぬいぐるみポーチ」付きムック本が登場
目が合うたびに癒されそう。(2018/10/24)

“いま”が分かるビジネス塾:
マカオ転職で給料4倍! このままでは日本の賃金が危ない!
今や日本はアジアの中でも賃金が安い国となりつつある。日本人が仕送りなどを目的にアジアに出稼ぎに行くようになる日はそう遠くないのかもしれない。(2018/10/23)

“いま”が分かるビジネス塾:
ZOZO・前澤社長が月へ 宇宙旅行の投資対効果は?
ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」運営企業の前澤友作社長が月旅行計画を明らかにした。費用は公表されていないものの、数人で数百億円となる見込みだ。こうした宇宙旅行の投資対効果はどの程度と考えればよいのだろうか?(2018/10/11)

“いま”が分かるビジネス塾:
牙をむき始めたトランプ政権 対日貿易交渉で自動車産業はどうなる?
米国・トランプ政権が日本をターゲットにした貿易交渉に動き始めた。日本側が米国の要求をすべて拒否するのは難しく、何を捨てて何を取るのかという選択になるのはほぼ確実といってよい。(2018/9/28)

「なんてお綺麗なんでしょう」 第2子妊娠中の菅野美穂、花束抱いた癒やしの笑顔が女神級
41歳とは驚きだ。(2018/9/27)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
ヒップをきれいに見せたい女性が増加 「ブラジリアンビキニ」ブームの真相
露出度が高く、ヒップを美しく見せるブラジリアンビキニがブームになっている。縮小を続けた女性の水着市場も底を打ったとみられているが、背景には何があるのだろうか。ブームの仕掛け人に聞いた。(2018/9/25)

“いま”が分かるビジネス塾:
あなたも他人事ではない 「ひとり情シス」が意味すること
情報システム部門が1人しかいない「ひとり情シス」の会社が増えているようだ。この状況には2通りの解釈ができる。そしてさらに深掘りしていくと……。(2018/9/13)

「波平と出川哲朗さんは同い年」:
「カツオは将来、社長になる」 サザエさん好きの慶大名誉教授と考える、磯野家の未来
かつてのベストセラー「サザエさん」のトリビア本「磯野家の謎」の続編が四半世紀ぶりに出版された。著者は慶應義塾大学 名誉教授の岩松研吉郎さん(74)らのグループ。数十年にわたって同作品を愛し続ける岩松さんに、書籍を通じて現代人に伝えたいことを語ってもらった。(2018/9/5)

“いま”が分かるビジネス塾:
西友の買収にドンキが前向き、勝算はあるのか?
米ウォルマートが西友の売却を検討していると報道され、ドン・キホーテが買収に前向きな姿勢を示している。もしドンキが西友の買収に成功すれば、国内の小売業界の地図は大きく塗り変わるはず。ドンキはどのような将来像を描いているのだろうか。(2018/8/30)

「住みたい街」にメッセージ:
「満員電車ってどんな感じ?」 吉祥寺を「住みたい田舎」1位・鳥取市が“挑発”
「満員電車ってどんな感じですか? こちらでは人と人との間が広すぎて……」「船通勤の私は、電車通勤、憧れます」──こんなポスターが東京の京王井の頭線・吉祥寺駅(東京都武蔵野市)に8月27日から掲載されている。(2018/8/27)

映画「翔んで埼玉」の特報が解禁! W主演のGACKT&二階堂ふみ、“ゴメンなさいポスター”で埼玉県人に全力謝罪
特報映像では、埼玉県人役として「パタリロ!」の加藤諒さんが登場。(2018/8/17)

“いま”が分かるビジネス塾:
もはや融資は銀行の専売特許ではない 新型融資ビジネスが急拡大する背景は?
フィンテックを活用した新しい融資ビジネスが急拡大している。従来型の融資に頼る銀行のビジネスが危うくなるというのは以前から指摘されてきたが、他業種からの進出は予想以上のペースで進んでいるようだ。(2018/8/16)

“いま”が分かるビジネス塾:
ジムに通うと安くなる保険から考える、健康維持の秘訣とは
スポーツジムに通うなど、健康増進活動をすると保険料が安くなるという新しい保険商品が注目されている。運動好きな人を中心にどれだけ保険料が安くなるのかに関心が集まっているようだが、この商品の注目点はそれだけではないのだ。(2018/8/2)

あの宮崎駿も最初はうまくいかなかった:
“世渡り力”だけでは生き残れない ダメ人間のための「フリーランス入門」 
フリーランスには「40歳の壁」がある――。こんな指摘をしたフリーの編集者である竹熊健太郎氏の書籍が話題を集めている。どうすればフリーランスは40歳以降も生き残っていけるのだろうか。39歳のフリーライターが、竹熊氏に聞いてみた。(2018/7/23)

“いま”が分かるビジネス塾:
ソーシャルレンディングの不正問題に出資者はどう対峙すべきか?
ソーシャルレンディング最大手のmaneoマーケットで、融資先企業による資金不正流用問題が発生した。融資業務である以上、こうした不正が起きるリスクを100%回避することはできないが、出資者はどのような点に注意すればよいのだろうか?(2018/7/20)

“いま”が分かるビジネス塾:
働き方改革関連法の成立で仕事はどう変わるか?
働き方改革関連法が可決・成立した。国会審議では「高度プロフェッショナル制度(高プロ制度)」の是非が主な争点となったが、同法案がカバーする範囲はもっと広い。法案の概要と施行後にどのような影響が及ぶのかについて考察する。(2018/7/5)

“いま”が分かるビジネス塾:
転職が増えないと、社会のAI化は進まない?
AI化が進むと人間の仕事の多くが失われるという話は社会の共通認識となりつつある。しかし、現在の労働市場のままでは、AI化そのものがスムーズに進まない可能性もあるのだ。(2018/6/22)

“いま”が分かるビジネス塾:
「AIスピーカーに話し掛けるのが恥ずかしい」がもたらす、ちょっとした大問題
Google HomeやAmazon EchoといったAIスピーカーの普及が徐々に進んでいるが、思わぬ障壁が顕在化している。それは、恥ずかしくてAIスピーカーに話し掛けられないというものだ。これが後々やっかいな問題を引き起こすかもしれない。(2018/6/11)

「響け! ユーフォニアム」の新作映画が発表! 2019年春公開、新ビジュアルも解禁
きたああああああああ!(2018/6/3)

“いま”が分かるビジネス塾:
スルガ銀行のシェアハウス融資から見えてくる銀行の「ホンネ」
スルガ銀行による、シェアハウス向け融資が波紋を呼んでいる。不動産投資が一種のブームとなっていたが、カネを借りる側と貸す側の意識には天と地ほどの違いがある。スルガ銀行の融資問題を通じて、銀行のホンネを探った。(2018/5/24)

『磯野家の謎』に続く考察本『磯野家の危機』発売 現代“家族”の暮らしとのギャップを検証
「波平は出川哲朗、フネは石田ゆり子と同じ年!?」(2018/5/20)

“いま”が分かるビジネス塾:
電話やメールでのコミュニケーションが不要になる日は近い
AI社会の前段階としてツールを使った業務の自動化や効率化に注目が集まっている。近い将来、電話はほぼ消滅し、電子メールでのやり取りも激減している可能性があるだろう。(2018/5/10)

“いま”が分かるビジネス塾:
伊藤忠がファミマを子会社化、商社とコンビニの微妙な関係とは?
伊藤忠商事がファミリーマートを子会社化する。しかしながら、特定商社によるコンビニの子会社化は双方にとって諸刃の剣となる。商社とコンビニの微妙な関係について考察したい。(2018/4/23)

「気楽に流し見すればいい」 いろいろ攻めてるアニメ「異世界居酒屋のぶ」の見どころは? 小野監督や三森すずこらに聞いてみた
三森すずこ「ライブ感を味わって」。(2018/4/17)

“ガンダムより大変”な居酒屋アニメ:
ぐるなびがアニメ「異世界居酒屋」の製作委員会に加わるワケ
ぐるなびがアニメ「異世界居酒屋〜古都アイテーリアの居酒屋のぶ〜」の製作委員会に加わる。同社がアニメビジネスに取り組むのは初。日本の居酒屋の魅力を国内外に伝え、居酒屋業界を底上げするのが目的だ。(2018/4/12)

“いま”が分かるビジネス塾:
なぜメルカリはホワイトな労働環境をつくれるのか?
メルカリの福利厚生がホワイトすぎると話題だ。多くの日本企業は働き方改革を実践するため、残業時間の規制などに躍起になるが、根本的な誤解も多い。メルカリの取り組みを知ることで働き方改革の本質が見えてくるはずだ。(2018/4/12)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。