ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「宝島社」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「宝島社」に関する情報が集まったページです。

就労や起業支援も:
2020年版「住みたい田舎」ランキング発表 若い世代の間で地方移住への関心集まる
宝島社が「2020年版 第8回 住みたい田舎ベストランキング」を発表した。移住定住の推進に積極的な市町村を対象に、移住支援策、医療、子育て、自然環境、就労支援、移住者数などを含む230項目のアンケートを実施。629の自治体から集めた回答を基に、田舎暮らしの魅力を数値化し、ランキング化した。その結果は?(2020/1/9)

“いま”が分かるビジネス塾:
5G元年は結局「から騒ぎ」に終わる? 新技術が日本を変えられない真の理由
「日本の未来を開く」などとうたわれる5G。しかしユーザー・メーカー双方に大したメリットをもたらさない可能性も。5Gでどう経済効果を生み出せるかを問う。(2020/1/7)

「日本一売れている映画雑誌のまま休刊いたします」 雑誌『映画秘宝』『特撮秘宝』の休刊発表
ハッシュタグ「#映画秘宝の思い出」に救われたと編集長。(2019/12/21)

“いま”が分かるビジネス塾:
2020年「正社員の年収激減」の恐怖 賃下げの意外なターゲットとは
2020年から正社員サラリーマンの年収が激減する恐れ。ポイントは同一賃金同一労働の施行だ。意外なモノが「賃下げ」のターゲットになる可能性が。(2019/12/17)

『このマンガがすごい!2020』がインタビューページの不備により回収 再販については「検討中」
ランキングは公式サイトで確認可能です。(2019/12/12)

エクセルシオールの福袋はkippisコラボ! ハリネズミトートバッグが使いやすそう
カフェ レクセルも同じくkippisとコラボしてます。(2019/12/10)

“いま”が分かるビジネス塾:
日米貿易協定は“不平等条約”か――安倍政権が国民に隠す「真の欺瞞」
牛・豚肉などが焦点だった日米貿易協定。自動車の追加関税も「回避」となったがそこにはカラクリが。政府が隠そうとした協定の“欺瞞”を筆者は指摘。(2019/12/3)

“いま”が分かるビジネス塾:
パナソニックがGoogle部門長や「出戻り人材」を幹部に 目玉人事はただの話題作り?
パナソニックがGoogleの部門トップを幹部登用。これまでも外資出身者や出戻り人材を抜てきしてきた。「目玉人事」は奏功するか、それともただの話題作りか。(2019/11/19)

世界の国旗を“侍”に擬人化 海外でも人気の国旗図鑑サイト「ワールドフラッグス」が書籍化され発売
国旗侍がかっこいい。(2019/11/15)

“いま”が分かるビジネス塾:
アマゾン「置き配」の衝撃 「お客様が神様で無くなった世界」で起こり得る“格差問題”
配達員が荷物をユーザーの指定場所に置く「置き配」。アマゾンジャパンが標準配達方法にする実験を実施した。筆者はユーザー間で一種の「格差」が生じる可能性を指摘。(2019/11/6)

“いま”が分かるビジネス塾:
ホリエモン「お前が終わっている」発言に見る、日本経済が「本当に終わっている」理由
ネット上の「日本終わっている」にホリエモンが「お前が終わっている」と反論、発言は賛否を呼んでいる。筆者はここに、日本の賃金水準がもたらす本質的な問題を見いだす。(2019/10/23)

やったぜ! 屋久ユウキのラノベ『弱キャラ友崎くん』、アニメ化企画進行中であることが明らかに
屋久ユウキ「アニメ化してもエゴサはやめません」。(2019/10/11)

“いま”が分かるビジネス塾:
やっぱり複雑・理不尽な軽減税率とポイント還元、「超」分かりやすく解説
10月から消費増税がスタートした。特に軽減税率とポイント還元は複雑で理不尽な面も。経済評論家の筆者が「超」分かりやすく解説する。(2019/10/9)

クレパスそっくり! 『レトロでかわいい!サクラクレパスの文具たち』のふろくペンケースが便利
実際に使ってみました。(2019/10/8)

“いま”が分かるビジネス塾:
「外国人が働きたい国」で日本が33カ国中32位――この国の“真に深刻な問題”とは
「外国人が働きたい国」で日本が33カ国中32位に。賃金やワークライフバランスで高評価な国が上位となった。一方、全項目で評価の低い日本の本質的な問題とは?(2019/9/27)

「見た瞬間からゾクゾクがとまらない」 浅田真央、フェニックスをイメージしたメイク&衣装に反響
死しても輝きを取り戻す不死鳥に浅田さんの姿を重ねる人も。(2019/9/22)

eスポーツ大会、優勝賞金500万円が10万円に JeSUに批判が集中した「賞金490万円減額問題」の争点を解説
「何のためのプロライセンスなのか」「なぜ中学生だと賞金を受け取れないのか」などネット上で不満が噴出。(2019/9/19)

“いま”が分かるビジネス塾:
「公的年金なんて無意味」とうそぶく若者が将来確実に年金にすがる理由
若者から期待されていない公的年金。しかし著者は「20年後に今の若者も年金頼りになる」と指摘する。昔から繰り返されていた「年金絶望論」の真実とは?(2019/9/10)

京アニ容疑者発言「ぱくられた」可能性低く 各社投稿取り扱いは厳重・慎重
京アニ事件では、青葉真司容疑者(41)が事件直後に「ぱくられた」と発言し、京アニに小説を投稿していたとみられることが判明した。京アニ側は、投稿作品は形式的な問題で1次審査で落選するなどしており、「類似点はないと確信」と発信しているが、一部ファンには「もし類似していたら作品が見られなくなるのか」と不安がる声も。果たして一般公募の創作物がプロによって盗用される事態は起こり得るのだろうか。(2019/9/2)

“いま”が分かるビジネス塾:
タニタの「社員を個人事業主化」改革が日本で普及した際の“致命的な弊害”とは
タニタが「社員の個人事業主化」を打ち出している。筆者は仕事への意識を変える効果があると評価。一方、日本で普及した際は大きな弊害があると説く……なぜか?(2019/8/27)

“いま”が分かるビジネス塾:
れいわ新選組も掲げる異端の経済理論「MMT」って何? その“強烈な弊害”まで徹底解説
れいわ新選組も掲げる経済理論「MMT」。話題だが意外とまだ知らない人も少なくないのでは?人ごとでないその新規性と弊害を徹底解説。(2019/8/19)

“いま”が分かるビジネス塾:
AIGで話題 「転勤廃止」企業に勤める意外な“落とし穴”とは?
AIG損保など企業の「転勤廃止」が話題。多くのサラリーマンには朗報だろう。しかし筆者は「全ての人にお勧めの職場ではない」と見る……なぜか?(2019/7/31)

“いま”が分かるビジネス塾:
結婚式場のメルパルク炎上に見る、日本企業特有の「根深い欠陥」とは
結婚式場の口コミを巡りメルパルクが炎上している。同社は声明を出したものの逆効果に。筆者は背景に「日本企業特有」の欠陥を見る。(2019/7/17)

1年3カ月「売上ゼロ」で営業をやめた人
「人には向き不向きがある」の究極形。(2019/7/13)

“いま”が分かるビジネス塾:
トヨタ、EV“中国シフト”の陰に潜む「意外で重大なリスク」とは
トヨタがEV分野で中国シフトを進めている。中国の車載電池メーカーと提携する。その陰には意外で本質的なリスクが……?(2019/7/2)

「電子書籍に反対していた宝島社が電子化を解禁」 その理由を聞いた
著者からの要望が増えたことを受けて。(2019/6/21)

“いま”が分かるビジネス塾:
ソニーが「新卒に年収730万円」、最大のカベは中高年社員の嫉妬!?
ソニーが新卒に最大で初任給730万円を支払う。高度人材を確保するためだが、中高年社員の反発など背景には日本企業の本質的な課題が。(2019/6/20)

“いま”が分かるビジネス塾:
景気は結局回復した? 悪化? 「GDPの解釈」に潜むワナ、超簡単に解説
2019年1〜3月期のGDPが予想外の結果に、マイナス成長かと思われたが一見、正反対の内容となった。果たして「良かった」と言えるのか、徹底解説する。(2019/6/5)

“いま”が分かるビジネス塾:
日本型雇用は“幻想”に過ぎない トヨタ・経団連トップの「終身雇用難しい」発言で露呈 
財界トップが次々に終身雇用の継続困難に言及。人件費負担に企業が耐えられなくなったのが原因。終身雇用は日本の伝統ではないという背景も。(2019/5/22)

“いま”が分かるビジネス塾:
ビジネスチャット時代、確実に淘汰される「自己チュー社員」とは
日本企業でも浸透するビジネスチャット。社内コミュニケーションが変容する中で、淘汰されてしまう社員像とは?(2019/5/10)

小説投稿サービス「LINEノベル」がスタート 書籍化する出版社を選べる“スタ誕”的システムを導入
新レーベル「LINE文庫」「LINE文庫エッジ」の創刊も。(2019/4/17)

“いま”が分かるビジネス塾:
店舗消滅! 「駅前の光景」が“荒廃”するこれだけの理由
銀行や飲食店が集まる駅前の見慣れた光景が急変しつつある。リアル店舗の消滅によるものだが、その原因とは……?(2019/4/17)

“いま”が分かるビジネス塾:
GW10連休で問う 日本人が「休日多すぎなのに休めていない」真の理由
間もなくGWの10連休。実は日本の年間休日数は世界トップクラス。「休みがあるのに休めていない」ように感じるのはなぜか?(2019/4/3)

“いま”が分かるビジネス塾:
印鑑廃止、業界団体の反発で見送り これは「異常な光景」なのか?
業務手続きのオンライン化を進める法案が一部見送られた。印鑑業界が猛反発したのが原因。これは果たして「守旧業界の特殊事例」なのか?(2019/3/22)

“いま”が分かるビジネス塾:
大矛盾! 他社の残業を副業にする人も?
政府が「副業解禁」にかじを切ったことで、副業をする人が徐々に増えている。しかし一部では、一律に残業をカットしてしまい、その結果、処理できなくなった仕事を外注に丸投げするケースも。さらにはこうした業務を副業として請け負う人もいるという……。(2019/3/6)

これには埼玉県民もニッコリ 映画「翔んで埼玉」、初週の動員数であの東京を上回る快挙
埼玉県におけるオープニングの興行収入はこれまでの記録を4倍以上上回る。(2019/2/25)

“いま”が分かるビジネス塾:
バイトテロの社会問題化で何が進むのか?
飲食チェーンなどでアルバイト店員が悪ふざけする動画が次々と公開されたことが社会問題となっている。いわゆる「バイトテロ」だ。こうした事態に対して今後企業の取り組みも変わってくるだろう。(2019/2/21)

新時代ジョブ「ライバー」も掲載 さまざまな職業をRPG風に解説する「日本の給料&職業図鑑」シリーズの集大成版が発売
気になる職業の仕事内容や平均月給などが掲載されています。(2019/2/11)

全作完結済み! 「このマンガがすごい!」にランクインしなかったけどすごい!2019 
虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ! 第96回は、毎年恒例の特別企画。2018年の発表作からUK大おすすめのマンガベスト5を紹介。(2019/2/10)

“いま”が分かるビジネス塾:
どれほど深刻? 厚労省不正統計問題を「超」分かりやすく解説
厚生労働省が作成する統計で、不正が行われていたことが波紋を呼んでいる。本記事では可能な限り分かりやすく、今回の統計不正について解説してみたい。(2019/2/7)

“いま”が分かるビジネス塾:
キャッシュレスが進む日本、社会は二極化する
2019年は「キャッシュレス元年」という位置付けになるかもしれない。もし日本でもキャッシュレス化が進行した場合、これまで単一のマーケットだった個人向け金融サービスが二極化することが考えられるだろう。(2019/1/24)

「&ROSY」2019年3月号の付録が収納力抜群 「ロベルタ ディ カメリーノ」のドレッサーボックス開封レポ
コスメ収納以外にも使えそう!(2019/1/23)

“いま”が分かるビジネス塾:
「いきなり!ステーキ」は相次ぐ競合の参入を振り切れるか?
これまで破竹の勢いで成長してきた「いきなり!ステーキ」。ここへ来て競合となる店舗が次々と登場している。今後の展開はどうなるのだろうか?(2019/1/10)

加谷珪一の“いま”が分かるビジネス塾:
日本のために「手書きの領収書」をなくすべきこれだけの理由
多くの人が日常的に使用している「手書きの領収書」。社会のIT化が進むにつれて、従来の慣習が合理性を失うケースが増えており、こうした手書きの領収書や紙ベースの請求書などは、そろそろ見直す時期に来ている。(2018/12/19)

「劇場版 響け!ユーフォニアム 〜誓いのフィナーレ〜」新ビジュアルが解禁 新キャストに雨宮天、久野美咲ら
2019年4月19日公開。新入生加入で北宇治吹部波乱の予感。(2018/12/14)

「このマンガがすごい!2019」、オトコ編1位『天国大魔境』・オンナ編1位『メタモルフォーゼの縁側』に決定
どちらも掲載Webサービスで、記念企画が実施中。(2018/12/12)

“いま”が分かるビジネス塾:
リーダーがPCを使わないことがもたらす、想像以上に深刻な事態
桜田義孝五輪担当相が「自分でPCを打つことがない」と発言したことが大きな話題となっている。この背後にはもっと深刻な問題が横たわっており、PC操作は氷山の一角でしかないのだ。(2018/12/7)

“いま”が分かるビジネス塾:
ロボット開発の覇権、Googleにとって代わるのはソフトバンクか?
米Googleの持ち株会社であるAlphabetが二足歩行ロボットの開発を中止することが明らかに。一方で、ソフトバンクグループは、Googleからロボット会社を複数買収するなどロボット開発のリーダーとなりつつある。(2018/11/22)

映画「翔んで埼玉」、埼玉VS千葉の最新映像が解禁 出身地対決でYOSHIKIと高見沢俊彦の姿も
やりたい放題。(2018/11/12)

“いま”が分かるビジネス塾:
ニッポンの職場が激変? 年収大幅減、下請けに丸投げなどの懸念も
2019年4月に働き方改革関連法が施行される予定だ。しかし、対応が十分にできている企業は少ない。今の状態で法律が施行されると、年収の大幅減や中小企業におけるサービス残業の横行、生産の縮小などの悪影響が懸念される……。(2018/11/12)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。