ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  T

「talby」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「talby」に関する情報が集まったページです。

ジョナサン・アイブ、ダイヤモンドリングをデザインする
サザビーズの (RED) Auctionに、ジョナサン・アイブ&マーク・ニューソン両氏のデザインによる合成ダイヤモンド指輪が出品される。ニューソン氏はau talbyのデザインでも知られる。(2018/11/13)

発売前から大反響 フラットデザインのストレートケータイ「talby」(懐かしのケータイ)
マーク・ニューソン氏がデザインを担当した「talby」は、「au design project」から製品化された3機種目のケータイで、そのデザイン性の高さから、ニューヨーク近代美術館の永久収蔵品にも選ばれています。(2017/12/23)

幻の「SUPER INFOBAR」「G13」「talby 2」に出会える――「au Design project」15周年記念展覧会で
2017年に15周年を迎えた「au Design Project」。それを記念した展覧会が東京・丸の内で開催される。歴代のDesign Project・iida端末に加えて、世には出なかった“お蔵入り”端末のコンセプトモデルが展示される。(2017/7/20)

auも携帯フィギュア
ドコモ携帯のフィギュアに続き、au携帯のフィギュアが登場。「talby」「W22H」「W22SA」「A1403K」「W21CA」の40%縮尺モデルがコンビニなどで販売される。(2005/4/27)

マーク・ニューソンとBEAMSがコラボ〜talby専用ケース
talbyをデザインしたマーク・ニューソンが「最も製品化したかった」というtalby専用ケースが、BEAMSとのコラボで製品化された。auのショッピングサイトからの購入が可能。(2004/12/8)

携帯販売ランキング(11月22日〜11月28日):
talby参上〜ツーカーSはトップに躍進
話題のデザイン端末「talby」が、初登場で上位にランクイン。シンプルさを追求したツーカーSは、なんと首位を獲得した。(2004/12/3)

「talby」と「premini-S」、都内で店頭に並ぶ
都内量販店に「talby」と「premini-S」がお目見えした。premini-Sの新規価格は約1万円。(2004/11/26)

talby登場! 明日23日から大阪で発売
talbyが、明日23日から関西で発売に。他エリアでも11月26日から順次販売される。(2004/11/22)

talby、表参道デビュー
talbyが表参道にお目見え。ダイヤモンドホール前に展示されたデモ機の周りには人垣ができ、改めて薄さに驚く姿も。(2004/11/7)

表参道でtalbyのタッチ&トライイベント
au design projectの第三弾として、話題のデザインケータイ、talby。発売前に表参道の街に登場する。(2004/11/5)

「talby」の魅力は大人にはわからない?──C-NEWS調査
C-NEWSの調査によれば、auの新型端末「talby」に魅力を感じるかどうかは、年齢によって大きく異なるようだ。(2004/10/25)

WPC EXPO 2004:
talbyの“ちょっとした”工夫
au design project端末の第3弾として登場する「talby」。端末のさまざまなところに工夫が凝らされている。(2004/10/20)

WPC EXPO 2004の見どころ〜talbyもお目見え
東京ビッグサイトで、明日から開催されるデジタル総合展「WPC EXPO 2004」。携帯関連の話題をチェックしよう。(2004/10/19)

10月9日〜10月15日:
5分で分かる、今週のモバイル事情
KDDIが、携帯電話の音楽配信サービスを発表。対応端末4モデルもお目見えした。デザイン端末「talby」も発売が決まった。(2004/10/15)

こだわりのデザイン端末「talby」ついに登場
ジョン・カーペンターの映画「ダーク・スター」の登場人物の名を冠した薄型ストレート端末「talby」が商品化。QVGA液晶を装備、EZナビウォークに対応するなど、機能に妥協はない。(2004/10/13)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。