ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「テーパ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「テーパ」に関する情報が集まったページです。

FAニュース:
加工面品位を高め、加工時間を短縮する立形マシニングセンタ
OKKは、金型や精密部品向け立形マシニングセンタ「VB53α」を発表した。一般的な工場環境における温度変化に適応し、加工精度を安定化する環境熱変位補正「ソフトスケールCube」を搭載している。(2018/10/2)

FAニュース:
高速、高精度、高効率の研削が可能なCBN小型クランクシャフト研削盤
ジェイテクトは、CBN小型クランクシャフト研削盤「GF16S」シリーズの販売を開始した。設計を最適化し、ダイレクトドライブ砥石軸を採用したことで生産性が向上。消費電力を抑えながら高速・高精度な研削を可能にする。(2018/9/28)

FAニュース:
多様な加工形態のニーズに対応するマシニングセンタ用ねじ切り工具
タンガロイは、マシニングセンタ用ねじ切り工具「Solid Thread」を発売した。タップ加工で問題だった呼び径ごとの工具交換や大きな切削動力、工具折損時のワーク不良の発生などを解消した。(2018/1/10)

変調効率は従来の約10倍:
NTT、小型で低損失の光変調器を開発
NTTは、シリコンフォトニクス技術を用いた光変換器に、インジウムリン(InP)系化合物半導体を融合した、小型、低消費電力で低損失の光変調器を開発した。(2017/7/21)

機械要素:
トルクを低減し耐摩耗性を高めたホイール用テーパードローラーハブユニット
ジェイテクトは、低トルク化・耐摩耗性向上技術を適用したホイール用テーパードローラーハブユニットを開発した。従来比で40%もの低トルク化を実現し、寒冷地における車両輸送時の耐摩耗性能を高めている。(2017/6/8)

FAニュース:
最大加工径Φ920mm/最大加工長さ2000mmのCNC旋盤を発売
DMG森精機は、CNC旋盤「NLX6000」シリーズの心間2000タイプ9機種を発売した。最大加工径Φ920mm、最大加工長さ2000mmの大径・長尺ワーク加工に対応する。(2016/1/6)

“セキュリティ向上のため”詳細画像も非公開:
通常のドライバーでPCを開け閉めできなくするサイドパネル用特殊インチネジ――リンクス
リンクスインターナショナルは、デスクトップPCのサイドパネル用特殊インチネジ「セキュリティィィィインチネジ」を発表。専用工具でないと取り外しが困難な形状を採用している。(2015/9/2)

FAニュース:
機械幅1280mmの省スペース立形マシニングセンタを発売
ヤマザキマザックは、30番テーパ主軸の高コストパフォーマンス立形マシニングセンタ「VERTICAL CENTER PRIMOS 400 S」を発売した。高速加減速は1.0G、全軸早送り速度は分速60mで、小型マシニングセンタ特有の頻繁な軸移動に対応できる。(2015/6/6)

FAニュース:
毎分20m以上の高能率加工が可能な切削用正面削りカッター
三菱マテリアルは、高能率仕上げ切削用正面削りカッター「FMAX」を発売した。カッターボディにアルミ合金と特殊スチール合金を組み合わせることで、軽量化と高剛性を可能にした。(2015/4/5)

3Dモデリングコンテスト:
3Dプリンタで作る俺仕様の便利グッズ大集合――「3Dモデラボ コンテスト 〜2014秋〜」結果発表!!
“便利グッズ/カスタムパーツ”をテーマに行われた「3Dモデラボ コンテスト 〜2014秋〜」の審査がようやく完了した。今回は、総データ数183(全176作品)と、前回の夏コンテストを大きく上回る3Dモデルデータ作品が寄せられた。果たして、どんな作品が優秀賞に選ばれたのか!?(2015/1/5)

3次元って、面白っ! 〜操さんの3次元CAD考〜(41):
お手軽3次元CAD「MoI 3D」の新版を試してみた
お手軽価格な割に高機能な3次元CAD「MoI 3D」の新版が出ていたので、試してみました。(2014/12/26)

人工臓器研究における3次元 CAD 活用:
PR:3次元CADが人工心臓の実現に貢献、人間の臓器を“設計する”のに何が必要か
人工臓器はその臓器の機能や構造、生体としての仕組みを完璧に理解しなければ実現できない――。内臓の機能不全で苦しむ患者を救うために「人工心臓」によって未踏の研究にチャレンジを重ねる研究者がいる。3次元 CAD で心臓を設計し、人工心臓による動物の最長生存期間を目指す東京大学 大学院の圦本晃海(ゆりもと てるみ)氏に話を聞いた。(2014/11/19)

FAニュース:
三菱重工、精密光学系ヘッド搭載の微細レーザー加工機を開発
パルス幅が10ピコ秒以下の短パルスレーザー光を連射する高品質なレーザー発振器を採用。同社独自の精密光学系ヘッドなどを駆使し、各種穴あけなどの精密加工を高速かつ高精度に行える。(2014/11/12)

金型設計屋2代目が教える 「量産設計の基本」(2):
「勾配」と「テーパ」の違い、ちゃんと分かってる?
設計する製品には角度を付けなければ、金型からうまく抜けない。そんな角度の表現にもいろいろあるけれど、その違い、分かっていますか?(2012/5/11)

水野操の「Solid Edge って面白!」:
PR:シンクロナス・テクノロジで、勝てるコマを設計しよう
シーメンスPLMソフトウェアと@IT MONOistは、あの「全日本製造業コマ大戦」に参戦するべく「MONOist+Solid Edge連合」を結成! インポートデータを楽々活用できるSolid Edgeを使って、中小企業と一緒にコマを協調設計してみた。(2012/4/10)

甚さんの設計サバイバル大特訓(9):
プラレール電車を「断面急変」で切る!
最終回では、いままで学んだ設計サバイバル術が身についているか、テストで確認。身についていないと甚さんのゲンコツが……。(2011/2/10)

きゃどりる(8):
【解説2-3】サーフェスを使って押し出ししよう
【問題2】の解説、いよいよラストです。ちょっと面倒な押し出し形状にチャレンジ! 今回も手早く正しく形状が作れましたか?(2010/9/8)

隣のメカ設計事情レポート(3):
ポメラのメカ設計〜日中をつなぐ3次元モデル
デジタルメモツールの「ポメラ」を設計したのは、文房具メーカーのキングジム。機械設計者がいない同社の開発チームの力になったのは、中国・香港のメーカーだった!(2010/1/7)

製図を極める! 幾何公差徹底攻略(4):
幾何公差の基準「データム」を理解しよう
データムの配置位置の仕方には、さまざまなルールがあるので要注意。あなたの作成した過去図面は大丈夫?(2009/5/14)

いまさら聞けない エンジン設計入門(2):
本田宗一郎も苦戦したピストンリングの設計
ピストンリングは一見ただのリングだが、エンジン性能を高めるためのたくさんのノウハウが詰まっていて、設計の難易度も高い。(2008/2/25)

新世代パーツで構成された軽量「デル」ノート──デル「Latitude D420」
“大きい”“地味”というデルノートのイメージを一新したのが「Latitude X1」だ。その人気ノートの後継モデルを今回は紹介しよう。(2006/6/29)

手軽に使える「マルチツール」ノート──エプソンダイレクト「Endeavor NT350」
「Endeavor NT3xx」シリーズは多くのユーザーに支持されてきたB5ノートだ。秋に投入されたEndeavor NT350は内部構成を一新してパフォーマンスを改善した。ロングセラーノートはどのように変わっただろうか?(2005/11/4)

大人のエンターテイメントモバイルノート──ソニー「VAIO type T」
ソニーから登場したB5ワイドサイズの2スピンドルモバイルノート「VAIO type T」。このワイド液晶と搭載するノートPCはエンターテイメント指向の製品が多いが,VAIO type TRのポップな雰囲気から一転して,ビジネスツールとして気恥ずかしくない大人の雰囲気を醸し出すデザインに生まれ変わった。(2004/9/13)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。