ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「タイヤ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「タイヤ」に関する情報が集まったページです。

「モルカーのタイヤ交換」「ドリフトするモルカー」 不思議カワイイ乗り物「モルカー」たちをレースゲームで再現した動画がおもしろカワイイ
野生のモルカーたちがいっぱい。(2021/1/15)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー
HPCで導き出す最短の新商品設計、TOYO TIREが目指す「逆問題」の解法とは
高機能化する自動車タイヤの設計・開発プロセスにおいて、重要な役割を占めるのがHPCシステムだ。TOYO TIREは、HPCを用いたディープラーニングにより「逆問題の解法」に取り組み、タイヤ開発のイノベーションを実現しようとしている。(2021/1/13)

製造業がサービス業となる日:
TOYO TIREが「タイヤ力」の組み合わせで切り開く価値、路面情報を活用
データアナリティクスの専門企業であるSAS Institute Japanは2020年11月25日にオンラインイベント「SAS FORUM JAPAN 2020」を開催した。本稿では、その中でタイヤから得られるデータを価値として転換することを目指した「TOYO TIRE タイヤセンシング技術コンセプト」について説明したTOYO TIRE 技術開発本部 先行技術開発部 榊原一泰の講演内容をお伝えする。(2020/12/1)

【意味知ってる?】ネット用語クイズ「Get Wild 退勤」
アスファルト タイヤを 切りつけながら退社。(2020/12/1)

自動運転技術:
自動運転車のパンクに備えて、遠隔監視でタイヤ整備店がかけつける実証実験
住友ゴム工業は2020年11月16日、レベル4の自動運転車のタイヤ空気圧を遠隔監視する実証実験を岐阜県岐阜市内で実施したと発表した。(2020/11/18)

「ランフラットタイヤ」はなぜパンクしても走れるの?
タイヤの側面に秘密があります。(2020/10/27)

ボンネットを開けると中から子猫が! タイヤショップ内へ逃げ隠れたところを保護
猫のためにも車のためにもエンジンルームの確認を!(2020/10/25)

メカ設計メルマガ 編集後記:
猫も夢中の「タイヤの付いた小さなゲーム機」が本当によくできている件
3Dゲームの“その先”を示した意欲作だと思います。(2020/10/20)

非接触で給油や洗車が可能な「スマホで給油オーダー」に新機能が追加
スマホアプリで給油の予約と決済ができる「スマホで給油オーダー」にフルサービスステーション向けの新機能が追加。窓拭きやタイヤの空気圧チェックなどの付加サービスも要不要を事前注文できるようになり、車の窓を開けることなく、非接触で給油と各種サービスを受けられる。(2020/10/13)

車の窓を開けずにスマホを見せるだけで給油可能に 「スマホで給油オーダー」の新機能
NECプラットフォームズは、スマホアプリでサービスの注文・決済が可能な「スマホで給油オーダー」へ機能追加。窓ふきやタイヤ空気圧のチェックなど、接客サービスをアプリ上で選択して店舗に通知できるようになる。(2020/10/12)

工場ニュース:
横浜ゴムがインドに新工場建設、オフハイウェイタイヤ需要の増加に対応
横浜ゴムは、農業機械用タイヤなどオフハイウェイタイヤの生産販売グループ会社ATGの生産能力を増強するため、インドのアチュタプラム工業団地に新工場を建設する。(2020/10/1)

エンタメ感満載のソニー製EVに試乗 自動車会社は余裕の反応
ソニーが同社初の乗用車型EVの試作車を本社で公開している。車体はエンタメ感満載だが、自動車業界は「タイヤとモーターを付けて走らせるだけなら誰でもできる」と余裕を示している(2020/8/21)

8月10日は「ハット記念の日」! イエローハットとピザハットのコラボで「帽子であり小屋にも見えなくはない」謎グッズ誕生
タイヤとピザのキメラ。(2020/8/6)

怪獣王の名は伊達じゃない GT-Rをオフロード仕様にカスタムした「Godzilla 2.0」発表
高めの車高と太いタイヤがゴツくてカッケぇ!(2020/7/13)

製造業がサービス業となる日:
「タイヤを売るだけでは生きていけない」ブリヂストンが抱える“強烈な危機感”
ブリヂストンは2020年7月8日、第3の創業(Bridgestone 3.0)として2020〜2030年を対象とした中長期事業戦略構想を発表した。タイヤ事業をコアと位置付けつつも、タイヤを取り巻くデータなどを活用したソリューション事業に大きく舵を切る方針を示した。(2020/7/10)

工場ニュース:
需要が拡大する低燃費タイヤ用シリカの生産拠点を韓国に建設
東ソー・シリカは、低燃費タイヤ用シリカ事業において韓国の南海化学と合弁会社「東ソー南海シリカ株式会社」を設立した。需要の拡大が見込まれる低燃費タイヤ用シリカの生産能力を増強する。(2020/7/9)

ビデオゲームで24時間耐久 「ル・マン24h」バーチャルレース開催、天候変化や給油、タイヤ交換の要素も
開催日は6月13日・14日です。(2020/5/21)

ドアが開く、タイヤも動く! トヨタ「ランドクルーザー」を再現した木工アートがすごい
ドアやトランクは開閉できるようになっています。(2020/4/5)

MONOist IoT Forum 大阪2020(後編):
住友ゴムがタイヤ製造で目指す工場データの「集中コントロールセンタ構想」
MONOist、EE Times Japan、EDN Japan、スマートジャパン、TechFactoryの、アイティメディアにおける産業向け5メディアは2020年1月30日、大阪市内でセミナー「MONOist IoT Forum in 大阪」を開催した。後編では、住友ゴム工業 製造IoT推進室長 山田清樹氏と同社 製造IoT推進室 金子秀一氏による特別講演と、日本OPC協議会 マーケティング部会 部会長の岡実氏によるランチセッションの内容、さらにその他の講演内容について紹介する。(2020/3/30)

タイヤ外してスケートつければ車も滑走できるんじゃね?→実際にやってしまった動画がおそロシア
スケート靴から外してホイールに溶接する荒技。(2020/3/5)

タイヤ技術:
深層学習で自動車の「タイヤ力」を可視化する技術を開発、TOYO TIREが発表
TOYO TIREは深層学習などのAIなどのデジタル技術を活用して、走行中の路面状態やタイヤの状態に関するデータから、「タイヤ力」をリアルタイムで可視化する技術を開発した。(2020/2/21)

そのタイヤ意味ある!? フィアットを“8輪車”化した魔改造動画がおそロシア
ちゃんと実用性もある……あるか?(2020/2/9)

製造業がサービス業となる日:
3つの断トツをデジタルで融合、ブリヂストンは「T&DPaaS」でコト売りに移行する
ブリヂストンが主力商材のタイヤを商品の売り切りではなくサービスとして提供していくためのビジネスプラットフォーム「Bridgestone T&DPaaS(Tire & Diversified Products as a Solution)」について説明。「ダントツの商品とサービス、拠点ネットワークをデジタル技術で融合し、ソリューションとして顧客に提供していく」という。(2020/2/3)

製造業×IoT キーマンインタビュー:
住友ゴムのスマート工場はミドルから発信、スモールサクセスの積み重ねが鍵に
大手タイヤメーカーの住友ゴム工業が、タイヤ生産のスマート化に向けた取り組みを加速させている。この取り組みをけん引する同社 タイヤ生産本部 設備技術部長 製造IoT推進室長の山田清樹氏に話を聞いた。(2020/1/29)

自動運転技術:
ドライバーがいない完全自動運転車、タイヤの状態は誰が見るのか
住友ゴム工業と群馬大学 次世代モビリティ社会実装研究センター(CRANTS)が共同で研究を進めているレベル4の自動運転車に対応したタイヤ周辺サービスについて説明。2020年内に、住友ゴム工業が大型トラックなどのタイヤ空気圧監視を行うタイヤ周辺サービスを、CRANTSがこれまでの研究成果を基にした自動運転サービスを始める方針を示した。(2020/1/22)

製造IT導入事例:
音声による自動車点検結果入力システムの運用範囲を法定12カ月点検に拡大
ダイハツ工業は「音声による点検結果入力システム」を法定12カ月点検で運用開始した。タイヤローテーション後の測定値の自動反映、点検結果シートのワンタッチ作成、印刷機能なども備えた。(2020/1/7)

製造マネジメントニュース:
高度自動運転に対応、タイヤ空気圧の遠隔監視システムを構築
住友ゴム工業は、次世代モビリティ社会実装研究センターとの共同研究において、自動運転車のタイヤ空気圧データをモニタリングする環境を構築した。遠隔監視によりタイヤトラブルを未然に防ぎ、自動運転車の安全運行に貢献する。(2019/12/16)

魔改造っぽさのあるメカメカしい装備、これがいい 欧州系e-bike「Tern Vektron S10」買っちゃった
ディスクブレーキにぶっといタイヤ、ミニベロらしからぬ「いい」装備なんですよ。(2019/12/3)

唸る1500馬力、宙を舞う5トンの化物トラック 迫力満点のモーターショー「モンスタージャム2019」を見てきたよ
タイヤを履いたサメが走ってジャンプすると聞いて飛んでいきました。(2019/11/24)

タイヤ技術:
新技術がてんこもりの新型「エナセーブ」、住友ゴムが技術説明
住友ゴム工業は2019年11月20日、東京都内で技術説明会を開催し、同年12月1日から販売を開始する乗用車用タイヤ新商品「エナセーブ NEXTIII(ネクストスリー)」の開発に貢献した次世代技術を紹介した。(2019/11/21)

東京モーターショー2019:
ベンチャーの駆動系にエアレスタイヤ、3Dプリントシャシー、未来のトラックの形は
日野自動車はモビリティプラットフォーム「Flat Former(フラットフォーマー)」を「第46回東京モーターショー2019」(会期:2019年10月24日〜11月4日、東京ビッグサイト他)で披露した。現時点では実際に動く車両ではないが、将来的に実現可能性の高い技術を取り入れて未来のトラックの形を示した。(2019/11/12)

変な911、過激スープラ、懐かしエボ5!! トーヨータイヤがSEMAショーで披露するカスタムカーがゴキゲンすぎる
うほほほ、過激でド派手でヤンチャで楽しそう!!(2019/11/5)

「ハレザ池袋」もオープン:
池袋の新名物「赤い電気バス」に乗ってみた 10本のタイヤでゆっくり走る
東京・池袋で、主要スポットを回遊する電気バス「IKEBUS(イケバス)」が披露された。地域住民の利便性や観光客の回遊性を向上させる。また、複合施設「Hareza池袋」もオープンし、街の景色が変わりそうだ。(2019/11/1)

東京モーターショー2019:
日野のコンセプト「FlatFormer」のエアレスタイヤ製作を支えた3Dプリント技術
日野自動車が「第46回東京モーターショー2019」に参考出品したモビリティコンセプト「FlatFormer」のエアレスタイヤのモデル製作に、ストラタシスの産業用3Dプリンタ「Stratasys F900」が採用された。(2019/10/29)

東京モーターショー2019:
左右のタイヤを別の角度で曲げる、ジェイテクトの左右独立ステアバイワイヤ
ジェイテクトは「第46回東京モーターショー2019」(会期:2019年10月24日〜11月4日、東京ビッグサイト他)において、左右独立型ステアバイワイヤシステムを発表した。(2019/10/28)

東京モーターショー2019:
こけを育て空気を浄化するタイヤと、陸・空の“ツーインワン”を実現するタイヤ
日本グッドイヤーは「第46回東京モーターショー2019」に出展し、コンセプトタイヤ「Oxygene(オキシジェン)」と「AERO(エアロ)」を参考出品した。(2019/10/24)

東京モーターショー2019:
ブリヂストンが3Dプリント製コンセプトタイヤを提案、新素材「SUSYM」で実現
ブリヂストンは「第46回東京モーターショー2019」に出展し、ゴムと樹脂を分子レベルで結び付けた「世界初」(同社)をうたうポリマー「SUSYM(サシム)」を用いた3Dプリント製コンセプトタイヤを参考出品した。(2019/10/24)

スマートファクトリー:
住友ゴムがタイヤ生産をスマート化、日立「Lumada」とPTC「ThingWorx」を採用
住友ゴム工業、日立製作所、PTCジャパン、AIやIoTを活用したプラットフォームにより、高品質かつ高効率なタイヤ生産を実現するシステムをグローバルに構築するための本格的な協業を開始する。今後は、2025年までに同システムを住友ゴムの国内外12拠点のタイヤ製造工場に導入する計画である。(2019/10/4)

組み込み開発ニュース:
タイヤの回転で摩擦発電するデバイス、TPMSの動作が可能
住友ゴム工業と関西大学は、摩擦によって発生する静電気を利用した発電デバイス(摩擦発電機)をタイヤの内面に取り付けて、タイヤの回転に伴う振動によってワイヤレス信号を送信できるレベルの電力を発電できることを確認したと発表した。(2019/7/24)

産業とくらしの関東グランドフェア2019:
後進用緊急ブレーキ装置を搭載したタイヤローラを開発、壁沿いでの作業も可能
酒井重工業は後進用緊急ブレーキ装置を搭載したタイヤローラ「TZ704 Guardman」を開発。工事現場の事故ゼロを目指し、普及を進めている。(2019/7/17)

CAEニュース:
タイヤの設計開発期間を数カ月短縮、TOYO TIREの設計基盤「T-MODE」はAIを融合
TOYO TIREは、AI(人工知能)技術を融合した新たなタイヤ設計基盤技術「T-MODE」を発表。「タイヤの設計開発にかかっていた期間を数カ月単位で短縮できる」(同社 執行役員 技術開発本部長 商品開発本部長の守屋学氏)としており、2019年末から同社内での本格的な運用を開始する方針である。(2019/7/11)

けっこうグニャン、だ、大丈夫かな……!? パンクの心配不要「エアレスタイヤ」ミシュランが開発
今後に期待です。(2019/6/10)

製造マネジメントニュース:
住友ゴム、IoT開発企業2社とタイヤ管理で業務提携
住友ゴム工業は、デジタルツールを用いたタイヤ管理ソリューションを展開するため、IoT開発企業のトライポッドワークス、SYSGRATIONの2社と、基本業務提携契約を締結した。(2019/6/6)

ふふふっ♪ シトロエンの近未来コンセプトカーが何だかミニ四駆とかチョロQっぽくて好き
ハミ出し30インチの巨大タイヤ、変形もしそうな「玩具感」がいい。(2019/5/20)

おぉぉ! スイスイ静か 「グッドイヤータイヤ」を履いたキャリーケース登場、何だかハイテクだぞ
F1ファンはちょっと胸熱、「グッドイヤー」タイヤ。(2019/5/13)

「真空竜巻旋風脚」とタイヤに回し蹴り イエローハットが不適切動画で謝罪、撮影は1〜2年前
関与者は6人。うち5人が在籍中とのこと。(2019/4/26)

「パンクしない自転車」、タイヤが外れる事故 カインズが自主回収、返金へ
直ちに使用を中止するよう呼び掛けています。(2019/4/4)

住友林業が床への衝撃音を大幅に吸収する“高遮音床”を開発、賃貸住宅に採用
住友林業、住友ゴム工業、マックストンは共同で、賃貸住宅のフローリング向けの“高遮音床”を開発した。創業以来「木」を軸に事業を展開してきた住友林業の木の知見と木造住宅のノウハウ、熊本城への制振ダンパー納入実績がある住友ゴムのタイヤ材料研究の知見、住宅建材の開発に携わり続けているマックストンの各技術を集結させ、業界最高レベルの高遮音性を備えた床を実現させた。(2019/3/26)

光るタイヤと自動走行 半世紀前(!)の幻コンセプトカー「Golden Sahara II」が再デビュー、何これすごい
もう映画な世界のカッコいいデザイン、そして「光るタイヤ」って何だぁぁぁ。(2019/3/22)

ドコモ、走った跡が広告になる自転車「STAMP BIKE」を開発 何これ? どんな仕組み?
ヌリヌリヌリヌリと水で描く特殊スタンプタイヤを装着。(2019/3/19)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。