ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「タイヤ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「タイヤ」に関する情報が集まったページです。

3年ぶりに実現 バイクファンの祭典「2りんかん祭り」5月28日に奥伊吹モーターパークで開催
国内外の有名メーカーやブランド80店舗のブースや、ブリヂストンのタイヤトークショー、鉄人・賀曽利隆さんのトークなど見どころ満載。(2022/5/21)

でかぁぁぁい! タミヤ「モンスタービートル」が実車化 迫力満点の仕上がりに「リアルラジコン」「カッコイイ!」
車高もタイヤも、がっつりオフロード仕様だ……!(2022/5/18)

電動化:
bZ4Xの月額利用料が決定、CEV補助金適用で月々8万8220円から
トヨタ自動車は2022年5月2日、フルサービスリース「KINTO」での新型電気自動車(EV)「bZ4X」の月額利用料を発表した。申込金77万円の他、月々8万8220円の支払いとなる(CEV補助金のみ適用。FWDモデルで18インチタイヤ、標準ルーフパッケージ、追加オプションなしの場合)。地方自治体の補助金を適用すれば、月額利用料をさらに抑えることもできる。(2022/5/3)

スゴい奴らだぜ……!! ケータハム・セブンに近未来の「エアレスタイヤ」履いて激走 「超クール」「これぞ車輪の再発明」
セブンに履いても大丈夫!(2022/4/25)

製造マネジメントニュース:
金属積層造形のノウハウを群馬発で、ミシュランが共創拠点を太田サイトに設立
日本ミシュランタイヤは2022年4月15日、ミシュランタイヤ太田サイト(群馬県太田市植木野町)内に金属積層造形技術の共創型技術拠点「ミシュランAMアトリエ」を開設した。群馬積層造形プラットフォーム(以下、GAM)や産官学の連携を進め、群馬県から新たなモノづくりの姿を発信することを目指す。(2022/4/19)

材料技術:
トヨタの材料解析クラウドサービスで住友ゴムがタイヤゴム材料開発を加速
住友ゴム工業は、オンラインで「材料解析クラウドサービスを活用した実証実験説明会」を開催し、2022年4月12日に発表した「ゴム材料開発における解析時間を100分の1以下に短縮〜トヨタ自動車の材料解析クラウドサービスを活用〜」の取り組み内容について詳しく説明した。(2022/4/14)

財布のひもは:
値上げラッシュの中「値下げ」企業の狙いとは? 伊藤園、すかいらーく、ワークマンに聞いてみた
食品や外食、タイヤなど、原材料価格高騰や円安によって各業界が値上げに踏み切り、消費者にとっては厳しい新年度になっている。そんな値上げラッシュの流れに抗い、値下げや、増量による「実質値下げ」を敢行する企業もある。どのような狙いがあるのか。(2022/4/8)

お気に入りのタイヤで遊ぶ子トラたち、池に落として→「あっ」 4コマ漫画のような展開に「いつかやると思ってました」
1歳になった子トラたちのコメディーな日常です。(2022/4/6)

ダレノガレ明美、高速道路でメルセデス・ベンツのタイヤが“バースト” 初の事故に無事も「お財布は寂しい事に」
車検後だったために「安心しきってました」。(2022/3/9)

昔のクルマは「タイヤ」もカッコよかった?
「昔のクルマはよかった」という人は多いです。雰囲気のあるクラシックカーの秘密、実は……。(2022/3/6)

ミニ四駆みたいでカワイイ F1をモチーフにしたオフロードバギー登場、プロトタイプが公開
ゴツいタイヤで悪路もなんのその。(2022/2/24)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
ArmとNVIDIAが作っているものは、エンジンとタイヤぐらい違う?
結構いろんな方が、ツッコミを入れていました。(2022/2/10)

男の子が転がるタイヤの穴に華麗なゴール! テクニカルなシュートに思わず歓声をあげてしまう
見事なトリックシュート。(2022/2/6)

彼こそがGOD DRIVE MASTER 狭い道路でクルマを無理やりUターンさせる猛者がすごい タイヤより細い倒木で渡河チャレンジも
よく運転できるな……!(2022/2/1)

高根英幸 「クルマのミライ」:
なぜクルマのホイールは大径化していくのか インチアップのメリットとホイールのミライ
振り返ればこれまでの30年間、全体的にクルマのホイール径はサイズアップされる傾向にあった。そのきっかけとなったのは、低扁平率なタイヤの登場だった。なぜタイヤは低扁平化し、ホイールは大径化するのだろうか?(2022/1/18)

2022年4月1日から:
ブリヂストンの市販タイヤ、7〜10%値上げへ 2年8カ月ぶり、原材料価格の高騰で
ブリヂストンは日本国内で市販するタイヤなどを4月1日から一斉に値上げすると発表した。原材料価格の高騰が原因。(2022/1/14)

村田製作所 タイヤ内蔵用RFIDモジュール:
小型で高耐久のタイヤ用RFIDモジュール
村田製作所は、ミシュランと共同で、タイヤ内蔵用RFIDモジュールを開発した。走行時の衝撃や埋め込み時の負荷にも耐えられる仕様となっており、タイヤのライフサイクルに匹敵する耐久性を備えた。(2022/1/13)

高根英幸 「クルマのミライ」:
スタッドレスタイヤはどうして氷上でもグリップするのか
雪道ではスタッドレスタイヤやタイヤチェーンなどの装備が欠かせない。スタッドレスタイヤに履き替えていれば、大抵の氷雪路では問題なく走行できる。しかし、そもそもスタッドレスはなぜ氷雪路でも走行できるのか、考えたことがあるだろうか。(2022/1/4)

組み込み開発ニュース:
ミシュランと村田製作所がタイヤにRFIDタグ埋め込み、2024年ごろから乗用車にも
村田製作所は2021年12月13日、ミシュランとタイヤ内蔵用RFIDモジュールを共同開発したと発表した。RFIDモジュールにより、タイヤを製造段階から使用後に廃棄するまでライフサイクル全体で管理する。他のタイヤメーカーも利用できるようにし、業界標準となることを目指す。(2021/12/14)

電子ブックレット(製造マネジメント):
ブリヂストンの“強烈な危機感”とは/「タイヤ力」のデータ価値
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、製造業で広がるサービタイゼーション事例を、過去のニュースから取り上げ紹介する「事例で見る、モノづくりからコトづくりへの挑戦」をお送りします。(2021/12/13)

スリップサインだけじゃない 冬タイヤの注意点「プラットフォームの確認」警視庁がTwitterで呼びかけ
あまり使わない人は知らないかも。(2021/12/2)

世界のスタンダードへ:
「売り上げがゼロになった」 埼玉県の町工場が、畑違いの医療分野でヒット商品を生み出せたワケ
埼玉県の小さな町工場から医療分野における「世界のスタンダード」が誕生するかもしれない。ミニ四駆のタイヤ製造で一世を風靡したものの、ブームが去り、売り上げはゼロに。そこから、畑違いの医療分野にて、町工場の強みを生かした製品をヒットさせた。現在はこんにゃくで模擬臓器を作っているという。売り上げゼロから立ち直った町工場、どんなストーリーがあったのか。(2021/11/24)

品質不正問題:
防舷材不適切検査を30年続けた住友ゴム、南アのタイヤ生産不正は日本人駐在員が主導
住友ゴム工業は2021年7月に判明した品質管理に関わる不適切事案について、特別調査委員会からの調査報告書を受領した上で、今後の対応や関係者の処分などを決定したと発表した。また、品質保証体制を強化するため、同年12月15日付で社長直轄組織となる「品質保証部」を新設することも決めた。(2021/11/10)

製造業がサービス業となる日:
TOYO TIREはタイヤのリアルタイムセンシングをいかにして実現したか
SASは2021年10月21〜22日にかけて、DX(デジタルトランスフォーメーション)の先進事例などを紹介するオンラインイベント「SAS FORUM JAPAN 2021」を開催した。本稿では同イベントからTOYO TIREが実施した、タイヤセンシング技術の行動実証実験に関する講演内容を抜粋して紹介する。(2021/11/2)

アマチュアチームが南極横断に挑戦 タイヤのない専用カスタムポルシェ356が超カッコイイ
挑戦は2021年12月に行われる予定です。(2021/10/21)

3分インタビュー:
SUV専用タイヤが靴底に 洋服の青山とブリヂストンが作った革靴は何が違うのか
青山商事が、ソールにSUV用タイヤのトレッドパターンを採用した革靴を発売している。(2021/10/20)

モータースポーツ超入門(10):
他社エンジンやモーター追加もOK、自由なルールでドリフト競う「D1グランプリ」
クルマを横滑り(ドリフト)させて、ダイナミックな角度と速度、美しさを競うモータースポーツが「D1グランプリ」だ。ドリフトと言えば、深夜の峠道や埠頭で違法改造車がタイヤのスキール音をかき立てて走り回るイメージがあるものの、D1はれっきとしたサーキット競技だ。2002年にシリーズがスタートした、日本発祥のモータースポーツである。(2021/10/18)

「突然の怪我で動揺」 ももクロ玉井詩織、動画収録で全治1カ月の重傷 大型車のタイヤ取り外し中に“指先挟む”
本人は現在落ち着いているとのこと。(2021/10/12)

Innovative Tech:
人を乗せたまま変形する「折り紙タイヤ」、ソウル大学が開発 オフロードと高速走行を切り替え
折り紙を応用した変形方法でオフロードと高速の両モードに対応。(2021/10/7)

【新連載】走るガジェット「Tesla」に乗ってます:
iPhoneにタイヤをつけたような「Tesla Model 3」を買ってしまった “人生最後のクルマ”になぜ選んだか
クルマでありながらデジタルガジェットとしての評価も高い、Tesla車を手に入れた山崎潤一郎さんによる新連載です。(2021/9/8)

「AKIRA」金田バイクのコマ撮りアニメが超絶クオリティ タイヤのスパークからスライドブレーキまで再現
オチまで完璧。(2021/9/7)

タイヤの奥で震えていた子猫を保護 救助されてなお怖がる心が優しい飼い主によって癒やされていく
徐々に表情が柔らかくなっていく。(2021/9/7)

ボルボ・カー・ジャパンCEOの組織論:
「iPhoneにタイヤを付けた」ような車が主流になる中、日本が世界に追いつくためにすべきこと
ボルボ・カー・ジャパンの代表取締役社長=マーティン・パーソン氏は、日本の現地採用でボルボに入社し、スウェーデン本社に異動したという異色のキャリアの持ち主だ。日本の現場と世界の潮流の双方を知るパーソン氏に、グローバルな視点から見た日本企業の現状や進むべき方向性について話を聞いた。(2021/8/23)

車両デザイン:
新型フェアレディZは米国で2022年春発売へ、240台の限定生産モデルも
日産自動車は2021年8月18日、米国市場で2022年春に発売する「Z」(日本名フェアレディZ)を披露した。これまで、プロトタイプを通して内外装のデザインやエンジン、車両サイズ、タイヤサイズについてのみ公表されていたが、グレードやトランスミッションなどの詳細についても発表した。日本市場向けの新型フェアレディZは2021年冬に発表を予定している。(2021/8/19)

たくましさに惚れそう 大自然の中を走るオフロード仕様に仕立てたマツダ「ロードスター」がカッコイイ
後輪のタイヤがかっけぇ……!(2021/8/6)

oricon MEが調査:
満足度の高い「車検」と「タイヤ専門店」ランキング 店の雰囲気や接客力の違いは?
oricon MEは実際のサービス利用者を対象に、満足度の高い車検とタイヤ専門店を調査した。それぞれの分野で1位になったのは?(2021/8/4)

品質不正問題:
住友ゴムが湾岸壁用防舷材で不適切検査、南アフリカのタイヤ生産でも問題発覚
住友ゴム工業は、加古川工場で生産している港湾岸壁用のゴム防舷材の検査と、南アフリカ子会社で生産している新車装着用タイヤについて、品質管理に関わる不適切事案が判明したと発表した。防舷材、タイヤとも、事案の判明後に安全性についての検証を行い問題のないことを確認しているという。(2021/8/2)

中尾明慶、スーパーカブのカスタムで“ガチトラブル” こだわりのタイヤがハマらず「俺がワガママを言うが為に!」
完成は次回動画に持ち越しへ。(2021/7/21)

大幅に短縮:
世界最速の「充電式空気入れ」 マキタから
電動工具メーカーのマキタが、世界最速で空気を充填できる「充電式空気入れ」を発売する。従来機に比べ最高圧力を上げることで、高圧が必要なロードバイクのタイヤなどにも対応可能に。(2021/7/12)

恐ろしすぎるコンボ技 トラックから脱落したタイヤが停車していたクルマに直撃 地上と空中の2方向から襲う
2本のタイヤがコンボ技を仕掛けてくるとか誰も予想できんて。(2021/6/29)

3Dプリンタニュース:
ミシュランと群馬県の企業が金属積層造形に挑戦、人材育成から量産まで確立目指す
日本ミシュランタイヤと群馬県の自動車部品メーカーなど8社は2021年6月25日、オンラインと群馬県庁で会見を開き、「群馬積層造形プラットフォーム」を設立すると発表した。(2021/6/28)

クルマのタイヤを「音速」で回転させたらどうなるの? 海外YouTuberのトンデモ実験映像がやばすぎる 測定装置は時速1332キロを記録
高速回転に耐えきれずふっ飛ぶ……!(2021/6/26)

ゾッとするほど怖いドラレコ映像 採石場で超大型トラックがクルマを踏み潰す事故、車内にいた3人はかろうじて無事
タイヤがクルマを向いてからの恐怖がヤバい……!(2021/6/15)

タイヤ技術:
住友ゴムがセンサーを使わないセンシング技術、タイヤの回転や共振、剛性がカギ
住友ゴム工業は、センサーを使わずにタイヤや路面の状態を検知する技術「センシングコア」の開発を強化している。(2021/6/1)

そのタイヤはいらんやろ タイヤonタイヤの謎すぎる8輪仕様カスタムカーが海外で話題に
インドネシアで2019年に発表されたクルマです。(2021/5/28)

高速道路を走っていたクルマが突如吹き飛ぶ 1本の野良タイヤが巻き起こした事故映像が恐ろしい
運転手が無事だったことが幸い。(2021/5/23)

「どうしてこうなった」「魔のコーナー」 欧州カート選手権で起きた「15台が同じコーナーでコースアウト」する珍事を捉えた映像が海外で話題に
雨、ドライタイヤ、下り勾配のコーナーという最悪のコンビネーション。(2021/5/21)

危ないと感じた時にはもう遅い 高速道路を走るバイクに向かってタイヤが転がってくる事故映像が怖すぎる
バイクの後ろにクルマがいなくて良かった……。(2021/4/8)

Innovative Tech:
氷の車体と氷のタイヤで走る探査車「IceBot」 極地、惑星、衛星での活躍を想定
氷が豊富な場所であれば、材料を手に入れられる。(2021/3/12)

材料技術:
スパコン「富岳」をゴム材料開発に、新品時の性能が長く持続するタイヤの実現へ
住友ゴム工業は、スーパーコンピュータ「富岳」を中核とする「令和3年度HPCIシステム利用研究課題募集」において、産業課題利用枠に採択されたことを発表した。同社が取り組むタイヤの「性能持続技術」の開発に向けて富岳を活用する。分子運動に加えて、化学変化まで表現できるゴム材料シミュレーション技術の実現を目指す。(2021/3/11)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。