ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  T

  • 関連の記事

「TOYフォーラム」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「TOYフォーラム」に関する情報が集まったページです。

タカラトミーグループ トイフォーラム2013:
もっと跳ぶ「超飛び黒ひげ危機一発」や「プラレール」新作など、なんだか楽しくなるおもちゃが続々
年末年始が終わったと思ったら、玩具業界ではすでに春、さらには夏をにらんだ新製品を準備中。ということで、タカラトミーグループの新作玩具製品を見てまいりました。(2013/1/24)

新ジャンル対応:
缶ビールでも“生”気分♪ 「ビールアワー」発売
タカラトミーアーツは、市販の缶ビールに取り付けるだけで、まるでビールサーバーのように注ぐことができる「ビールアワー」を発売する。(2011/5/13)

TOYフォーラム2011:
七色の変化球が投げられる「野球盤 ドクターK」
エポック社は、さまざまな変化球が投げられる「野球盤 ドクターK」を4月に発売する。(2011/1/27)

TOYフォーラム2011:
人のカラダが楽器になる「にんげんがっき」
タカラトミーの「にんげんがっき」は、人の体を楽器に変えるユニークなアイテムだ。にんげんがっきに触れている人同士で手や顔に触れると、さまざまな音が出る。曲が演奏できる。変な音も出る。(2011/1/27)

TOYフォーラム2011:
“家飲み”をもっと楽しくする玩具たち
タカラトミーグループの玩具商談会「TOYフォーラム2011」では、自宅でお酒をたしなむ“家飲み派”を支援するアイテムがいくつも登場した。第3のビール対応の泡製造機? 「嘘ビール」って何だ?(2011/1/25)

本物そっくりのミニ「GAME&WATCH」キーホルダー
1980年代に大ブームを起こした「GAME&WATCH」(ゲームウォッチ)がリアルなミニチュアキーホルダーになった。(2010/2/24)

「ポテチの手」は6月24日発売、丸洗いにも対応
タカラトミーは2月1日、ながら食べ支援ツール「ポテチの手」を正式発表した。(2010/2/1)

Weekly Access Top10:
ルイーダさんいました
明日、いよいよオープンですが予言します。……ずばり、混雑します!(2010/1/27)

日々是遊戯:
「コーラで動くミニカー」など最新玩具が集結! 「TOYフォーラム2010」に行ってきた
今年も開催された、業界関係者向け玩具見本市「TOYフォーラム2010」。昨年に続いて、会場で見かけたオモシロ玩具を紹介します。(2010/1/20)

TOYフォーラム2010:
特別な日の星空を手のひらに 「ホームスター」の新ラインアップ
セガトイズは、家庭用プラネタリウム「HOMESTAR」(ホームスター)シリーズの新製品を公開した。防滴型の「HOMESTAR AQUA」、誕生日の星空を見られる「HOMESTAR BIRTHDAY」、音楽も楽しめる「HOMESTAR music」と、バラエティーに富んだラインアップ。(2010/1/19)

TOYフォーラム2010:
もう指先に油はつかない、ながら食べ支援ツール「ポテチの手」
ポテトチップスを食べながら仕事をしていると、指先についた油や青のりが気になって作業が進まない。そんな、ポテチ好きの抱えるジレンマを一掃する画期的なアイテムが登場する。(2010/1/19)

新たな定番モデル:
お手ごろ価格の「ホームスターPRO 2nd edition」4月下旬発売
セガトイズは家庭用プラネタリウム「ホームスターPRO 2nd edition」を発表した。(2009/3/26)

トイフォーラム2009:
“朝専用”から“学校のスピーカー”まで、最新目覚まし時計事情
朝は起きるのがつらい。そんな、ありがちな悩みを持つ方に、朝からテンションが上がる新作目覚まし時計の数々を紹介しよう。(2009/1/16)

トイフォーラム2009:
パンダにインベーダー、山の手線――みんな貯金箱に
貯金したいのに、なかなかためらない。そんな悩みを持つ方に、ついついお金を入れたくなってしまう新しい貯金箱を紹介しよう。(2009/1/16)

トイフォーラム2009:
超精巧! ぜったいに沈まない戦艦「大和」
タカラトミーブースで赤外線コントロール戦艦「大和」発見。航行する姿にも驚かされるが、近づいてみるとその精巧な造りに改めて目を見張る。(2009/1/15)

トイフォーラム2009:
セガトイズの「ホームスター」に廉価な“Ver.2”や天球儀が登場
セガトイズは、玩具合同商談会「トイフォーラム2009」で家庭用プラネタリウム「ホームスター」の新しい展開を明らかにした。「ホームスター PRO」には廉価なVer.2をラインアップ。(2009/1/15)

日々是遊戯:
「人生ゲーム」も不況で“極辛”に!?――「TOYフォーラム2009」で出会ったおもしろ玩具たち
毎年1月に開催されている、玩具メーカーらによる最新玩具見本市「TOYフォーラム」が今年も開催された。世界的な景気後退が叫ばれる2009年だが、こんな時でも元気なのが玩具メーカー。今年もユニークな商品が多数展示されていた。(2009/1/14)

東京おもちゃショー2008:
大人のための「東京おもちゃショー2008」見どころ案内
国内最大の玩具見本市「東京おもちゃショー2008」がいよいよ21日から一般公開。今まで以上に“大人向け”の玩具が増えたと言われるが、幅広い年齢層に訴求できるアイデア商品が多くなったように感じる。そんな製品をチェックしていこう。(2008/6/21)

ぐだぐだな犬もいます:
しゃべる猫に逆立ちする犬、“夢のロボット”に新種続々
人語を話す猫に逆立ちする犬、はては表情豊かな音楽ロボットまで――セガトイズは、2008年の重点商品としてさまざまな種類のロボット玩具を投入する。(2008/1/18)

TOYフォーラム 2008:
新魔球で“駆け引き”の幅が広がった「野球盤エース」
エポック社ブースには、野球盤50周年記念モデル「野球版エース(ACE)」が展示されている。今回の目玉は、ボールが空中に浮き上がる「新魔球」。しかし、エースの魅力はそれだけではない。(2008/1/16)

TOYフォーラム 2008:
レコードを“運ぶ”本格派、セガトイズ「Juke Box 19xx」
セガトイズは“逸品モノ”の新製品として、ミニチュアジュークボックス「Juke Box 19xx」など2製品を夏に投入する。本物の10分の1スケールながら、レコードをターンテーブルに載せるアクションをリアルに再現した。(2008/1/15)

二足歩行ロボットの価格破壊、「i-SOBOT」がやってくる
タカラトミーが10月に発売する「Omnibot 17μ i-SOBOT」は、17自由度の本格的な二足歩行ロボットだ。付属のコントローラで自在に動かすことができるほか、多彩なアクションとセリフをボタン操作だけで実行できるという。詳しい話をタカラトミーに聞いた。(2007/8/2)

東京おもちゃショー2007:
チャンネル争いに勝つ秘密道具「空気ピストル」
チャンネル争い――それは身近な骨肉の争い。一歩やり方を間違えると「アンタ、宿題は?」という凄惨な結果を招きかねない。そんなことになる前に、ドラえもんに泣きついてみよう。(2007/7/3)

タカラトミーTOYフォーラム2007:
ツンデレ標準搭載のワンセグテレビ
タカラトミーのワンセグポータブルテレビ「SEGNITY」は、1万9800円とリーズナブルな価格設定ながら、音声ガイダンスによる操作ナビゲーション機能を搭載する。しかも“ツンデレ”仕様だ。(2007/1/23)

タカラトミーTOYフォーラム2007:
世界最小ヒューマノイド「i-SOBOT」登場
タカラトミーが低価格のホビーロボット「Omnibot 2007 i-SOBOT」を発表した。身長わずか16.5センチの「世界最小ヒューマノイド」(同社)。2万9800円で7月に発売する予定だ。(2007/1/23)

「TOYフォーラム2007」:
KONAMIからDSと連携する「マジックリーダーシステム」が登場――第1弾は2007年夏に発売
ニンテンドーDSに装着してカードをリードできる「マジックリーダーシステム」。第1弾の製品としてカードゲーム「獣神伝 〜アルティメットビーストバトラーズ〜」が、2007年夏に発売される。(2007/1/23)

エアロソアラ、離陸延期
タカラトミーは4月1日の販売開始を予定していた“室内コントロールプレーン”「AEROSOARER」(エアロソアラ)の発売延期を発表した。新たな発売日は2006年初夏が予定されている。(2006/3/10)

大人(向け)の玩具が続々登場――タカラ商談会
最近、大人をターゲットにしたホビーが増えているが、その傾向は加速しているようだ。タカラの販売店向け商談会「TAKARA TOYフォーラム 2006」では、遊び心を持つ20〜40歳代の男性をターゲットにした玩具が相次いで発表された。(2006/1/24)

タカラ「秘密基地をつくろう!」シリーズ、発売日決定
タカラによる“ぐっ”とくるPC周辺機器「秘密基地をつくろう!」シリーズの発売日が決定した。第1弾発売は6月24日、価格は3990円から。(2006/1/23)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。