ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「トイザらス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「トイザらス」に関する情報が集まったページです。

日本の数倍の“物量”だ……! 中国に行ったら「ウルトラマン」人気のすさまじさに驚いた
今回はとも子の中国・上海旅行記です。(2024/4/27)

「トイザらス→トイザらス・ベビーザらス」19店舗が変更、狙いは?
日本トイザらスは、トイザらス19店舗のベビー用品の品ぞろえを拡充し、「トイザらス・ベビーザらス店舗」として営業を開始する。(2024/4/12)

「イオンモール幕張新都心」第3期リニューアル、どう変わる?
イオンモールは、イオンモール幕張新都心の第3期リニューアルとして新規21店舗、移転改装を含めると31店舗をオープンすると発表した。(2024/3/14)

「廃墟モール」米で急増なぜ? バック・トゥ・ザ・フューチャーゆかりの地も
この冬、あるショッピングモールの惨状を伝えるニュースに米国中が騒然となりました。そのモールとは、日本の皆さんもよく知る映画の舞台になった場所です。一体、どうなっていたのでしょうか。(2024/2/6)

ドラクエ公式「そうびするとスライムになれる」ベビーウェア発売 「親子、孫との交流に」
スライムになりきれるベビーウェアなどがトイザらスから。(2023/9/14)

赤ちゃんスライムがあらわれた! そうびするとドラクエの“スライム”になりきれるベビー服が登場
トイザらスのベビー・マタニティ総合専門店「ベビーザらス」などで販売開始。(2023/9/14)

国内2店舗目:
関西初「トイザらス」のアウトレット店 大阪・貝塚に開業
玩具とベビー用品の総合専門店を運営する日本トイザらス(神奈川県川崎市)は、7月21日より国内2店舗目のアウトレット店舗として「トイザらス アウトレット貝塚店」をオープンする。(2023/7/14)

トイザらスの“うるさすぎるおもちゃ”、実は「寝かしつけのプロ」だった 稼働音の中ですやすや眠るきょうだいに驚きの声続々
不思議だなあ。(2023/2/10)

PayPayキャンペーンまとめ【10月30日最新版】 50%還元が目白押し
PayPayが2022年11月に実施しているキャンペーンをまとめた。目玉は最大10万ポイント&50%還元などの超PayPay祭だ。Uber Eatsでの最大50%還元も見逃せない。(2022/10/30)

「痩せましたね」 華原朋美、久々の“前髪ありロング”も別部分が注目集める 前日に“点滴治療”も告白 「いろいろ騒がせましたから」
かわいらしく若返った華原さん。(2022/10/17)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
デジタル化の2周目対応に失敗すると撤退も、もっとも好ましい対応は創造型の両利き――早稲田大学 ビジネススクール 根来龍之教授
マクロ的には既存企業は強いが、常に少数の企業は破綻している。一方、急成長する少数の新興企業も存在する。2000年以後の破綻企業は、デジタル化への対応失敗企業が多く、全企業が切迫度は異なるがデジタル化対応を求められている。(2022/7/4)

つるの剛士、2年ぶり「TFC」で釣り好き芸能人らとフィッシング対決 賞金30万円を手にした鈴木拓は満面の笑み
約2年ぶりの開催。(2021/11/18)

11月開業予定:
セブン&アイ、大阪府松原市に大型複合施設「セブンパーク天美」を開業
セブン&アイ・ホールディングス(東京都千代田区)は、大阪府松原市に「セブンパーク天美」を開業する。約6万7000平方メートルの敷地内に、約200の店舗やフードコート、イベント会場などがそろう大型複合施設だ。(2021/8/5)

前年比16%増:
低迷が長く続いていたのに、なぜ車いすに乗った「バービー」が売れているのか
米マテル社のバービー人形が売れていることをご存じだろうか。90年代半ばをピークに、その後は売り上げが低迷していたにもかかわらず、なぜこのタイミングで“復活”したのか。背景には同社の戦略があって……。(2021/5/29)

子連れでレジに並ぶパパママがまさかのコラボ!? “抱っこのあるある”が生み出した一体感を描いた漫画
思えばたまに見るかも!(2021/5/6)

ポケモン公式ベビーブランド「モンポケ」春夏コレクション 初のレインギア登場で、ピカチュウと過ごす時間がもっとたのしくなりそう
ゆるっとかわいいイラストが魅力です。(2021/2/24)

ハッピーセット → 幸せ御膳、マック → MK “子どもがはしゃぐ言葉”を隠語で話す夫婦の漫画に「うちもこれ」の声
口を滑らさないように、慎重に。(2020/12/4)

クリスマスプレゼントでもやっぱり「鬼滅の刃」が人気! トイザらスが「クリスマスに関する調査」を公開
意外な健闘を見せているキャラクターも。(2020/11/30)

コロナ禍でも安全に:
日本トイザらスが「デジタルサンタポスト」を設置 サンタ公式のコロナ感染対策マニュアルも
日本トイザらスは、「サンタさんへの手紙」をサンタクロースに届ける「デジタルサンタポスト」を11月6日に特設サイトに設置する。“リアル”なサンタポストも設置。投かんする専用ポストカードもスシローと組んで配布する。(2020/11/4)

わたなべ麻衣、長女誕生を笑顔の初家族ショットで報告 夫のJOYは愛娘の姿に「感動と言う言葉の向こう側まで行った」
とてもいいパパママになりそう!(2020/10/20)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
進まぬ大企業のデジタル化、均衡が壊れた今こそ変革のとき――早稲田大学ビジネススクール 根来教授
デジタル化によって、既存企業の多くがビジネスモデルの変化を強いられている。しかし、デジタル化は時に既存ビジネスとの矛盾を生み、共食いをも余儀なくするケースがある。制約を抱えた既存企業はデジタル化にどう対応すればよいのか。(2020/10/13)

これは毎日乗りたくなっちゃう 子ども用自転車を“ミッフィー仕様”にカスタマイズした投稿がステキ
カスタマイズのアイデアがステキ。(2020/7/20)

ポケモン公式ベビーブランド「モンポケ」より夏の新作アイテムが続々登場 デデンネの帽子&エプロンスーツだと……!?
プレゼントにもよさそう!(2020/7/10)

「としまえん」8月末で閉園 併設する庭の湯は存続
防災公園などに整備される。(2020/6/12)

スヌーピーのマタニティコレクションが使いやすそう! 授乳ケープやマタニティパジャマなど全11アイテム
トイザらスから2月上旬の発売。(2020/1/31)

米FOREVER 21が破産申請 店舗数を減らして事業を継続
現地の予想通りチャプター11を申請。(2019/9/30)

シリーズ初の“車椅子に乗ったバービー”が日本にも登場 「ファッショニスタ くるまいすつき」
「美の多様性や個性を認めることの大切さ」を目指したシリーズ。(2019/7/30)

バーチャルYouTuberが接客 創業127年の老舗・萩原が挑む、新世代の集客術
バーチャルYouTuberを店頭集客に利用する新しいビジネスが生まれている。リアル店舗の新しい取り組みを紹介しよう。(2019/6/30)

Google、Microsoft、AWSなどのツールを使ってデータ活用
打倒Amazonに「AI」(人工知能)と「データ分析」で挑む小売企業
小売企業で、実店舗とオンラインでの購買履歴を活用したマーケティングが進んでいる。AI技術の活用やデータ分析によって、顧客に合わせて商品を提案し、需要を生み出すことができる。(2019/4/3)

日本初の乳児用液体ミルクがついに発売 江崎グリコ「アイクレオ赤ちゃんミルク」、ママ&パパの反応は?
ねとらぼ編集部でも飲んでみました。(2019/3/11)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版:DockerとKubernetesのさらに先
特集は、拡大するコンテナエコシステムの最新動向。Dockerのさらに先に何があるのか? 他に、トイザらス破綻の考察後編、量子コンピュータの出現で生じる危機、「VMwareフリー」事例などの記事をお届けする。(2019/1/15)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
激化するオンライン vs. リアル店舗のはざまでMicrosoftが生き残るためには
WindowsやMicrosoft関連の情報を日々追いかけている本連載。鈴木淳也氏がPC市場とMicrosoftの今とこれからを考える。(2018/12/28)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版:トイザらスとAmazon成功の分かれ目
特集は今も成長を続けるAmazonと経営破綻したトイザらスの分析、SDSサプライヤー紹介の2本。他に、量子テクノロジーの基礎、NVMe over Fabrics導入事例、QLC NANDフラッシュ技術解説などの記事をお届けする。(2018/12/28)

盛者必衰のことわり
なぜあの巨大ソフトウェアベンダーは没落したのか
Oracleは過去7年間に4兆円近い額を買収に費やしたが、その間の増収は7%。規模は容易に測れないが、Oracleは衰退していると筆者は説く。その原因とは何か。(2018/9/11)

Computer Weekly日本語版
企業が導入をためらう「Docker最大の弱点」
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2018/9/9)

Computer Weekly日本語版
時代遅れな「複雑なパスワード」&「定期変更」をやめろ
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2018/9/8)

Computer Weekly日本語版
「AIが理解するのはパターン」が持つ重大な意味
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2018/9/8)

不自由な統一か、自由な断片化か
ECがGoogleに科した罰金の帰結はAndroidの分裂か
欧州委員会(EC)は、Googleに過去最高額となる43億4000万ユーロの罰金を科した。ECとGoogleの言い分の是非はともかく、両者の対立は何をもたらすのか。(2018/9/6)

Computer Weekly日本語版
欧州委員会の狙いはGoogleの解体!?
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2018/9/5)

それでもパスワードは滅びぬ
弊害だらけの「複雑なパスワード」と時代遅れの「定期変更」からの解放
パスワード認証がなくなることは当分ないだろう。このパスワードとうまく付き合うには、覚えにくいパスワードや定期的な変更の強制という時代遅れな運用をやめ、多層防御に移行する必要がある。(2018/8/29)

Computer Weekly日本語版
「ネット対店舗」はトイザらス破綻の原因ではない
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2018/8/26)

Computer Weekly日本語版
機械学習で生じる問題を解決するPythonライブラリ登場
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2018/8/25)

Computer Weekly日本語版
Windows 10(Sモード)を使おう
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2018/8/25)

各国で進む実証実験の現状
2020年東京オリンピックとともに実現する5Gネットワーク
東京オリンピックでは、中継に5G技術が活用される見通しだ。並行して、各国の通信事業者はさまざまな取り組みを行い、5Gの実現に向けて歩み続けている。(2018/8/23)

Computer Weekly日本語版
2020年東京オリンピックで活躍する5Gネットワーク
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2018/8/22)

Computer Weekly日本語版
どうしても「VMwareフリー」にこだわった理由
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2018/8/18)

量子コンピュータで揺らぐ暗号技術
セキュリティ担当者は量子コンピュータの出現に備えよ
量子コンピュータの高い演算能力は、暗号解読にも有効だ。暗号技術に依存したセキュリティ対策は、量子コンピュータによって無効化されるかもしれない。(2018/8/15)

Computer Weekly日本語版
自滅へ一直線、トイザらスが繰り出した戦略ミスの数々
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2018/8/11)

トイザらスとAmazonの成功の分かれ目(後編)
自滅へ一直線、トイザらスが繰り出した戦略ミスの数々
「トイザらスは時間をかけて自分の棺おけを作っていた。Amazonが棺おけを作って、トイザらスをそこに押し込んだわけではない」。トイザらスはどこで間違えたのか。何を間違えたのか。(2018/8/10)

トイザらスとAmazonの成功の分かれ目(後編):
自滅へ一直線、トイザらスが繰り出した戦略ミスの数々
「トイザらスは時間をかけて自分の棺おけを作っていた。Amazonが棺おけを作って、トイザらスをそこに押し込んだわけではない」。トイザらスはどこで間違えたのか。何を間違えたのか。(2018/8/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。