ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「トランスミッション」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「トランスミッション」に関する情報が集まったページです。

名機「2JZ」エンジンを搭載 1200馬力オーバー「レクサス RC F」ドリフトカーが誕生
500キロ以上の軽量化にも成功。(2020/8/7)

VUCA時代のエンジニアに求められるコンサルティング力(4):
現場のエンジニアだからこそコンサル力が身に付く、日々の筋トレのように鍛えよ
VUCAの時代を迎える中、製造業のエンジニアという職業は安泰なのだろうか。本連載のテーマは、そういった不確実な時代でもエンジニアの強みになるであろう「コンサルティング力」である。第4回は、「実践の場」に身を置く現場のエンジニアだからこそ、コンサルティング力を身に付けやすい環境にあることについて説明する。(2020/8/6)

創業100周年:
新型コロナ禍でも、マツダが落ち込みを抑えている秘密
今年で創業100周年を迎えたマツダが、新型コロナウイルス禍でも業績の落ち込みを他社以下に押さえ込んでいる。(2020/8/5)

うお、まぶし 米ショップが作ったカスタムバイク「CB550 amber II」がかっこいい クロームメッキ加工でピッカピカに輝く
ベースとなっているのは、1977年製の「CB550」です。(2020/8/4)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
ダイハツ・タフトのターボが選ばれそうな理由
スズキのヒットモデル、ハスラーのライバルと受け止められるであろう、ダイハツのタフト。キャラクター面で見ても、デザインコンシャスなスタイルでどちらも道具性を押し出したデザインだ。最終的な印象ではタフトはかなり良いクルマだと思う。ただし、ターボモデルに限る。(2020/8/3)

マツダ100周年、セリカ50周年、ピーキー過ぎるニーハン6気筒 「往年の名車」のカッコよさにしびれる
ホントに「お前にゃ無理だよ」ってマシンがあった……。(2020/8/2)

さすがにレアすぎ!? 50年前の名車オブ名車「トヨタ 2000GT」の純正部品が復刻再生産
何台残ってるんでしょうか……。でも取り組み自体が熱いです。(2020/7/8)

VUCA時代のエンジニアに求められるコンサルティング力(3):
「コンサルティング3.0」で必要とされるエンジニアの現場力
VUCAの時代を迎える中、製造業のエンジニアという職業は安泰なのだろうか。本連載のテーマは、そういった不確実な時代でもエンジニアの強みになるであろう「コンサルティング力」である。第3回は、「コンサルティング3.0」の時代へ入りつつある中で、なぜエンジニアの力が求められるのかについて論じる。(2020/7/8)

今回も瞬殺? スバルから500台限定STIチューンモデル「WRX S4 STI Sport♯」が出るよぉぉ【写真17枚】
っておい、発表前に受注締切ってなんでやねん……。(2020/7/6)

太陽誘電 積層セラミックコンデンサー:
150℃対応車載向け積層セラミックコンデンサー
太陽誘電は、車載向けに使用温度範囲を150℃にまで拡大した積層セラミックコンデンサーを商品化した。AEC-Q200に準拠し、自動車のエンジンやトランスミッションなどパワートレイン向けのデカップリングやノイズ対策に適している。(2020/7/1)

おめめがジト目 マッチョなクロカン「新型ディフェンダー 110」がちょっとかわいい
「ビシッと箱型」からかなり大きくチェンジ。でもお顔が……何だかかわいいです。(2020/6/29)

いまさら聞けない自動車業界用語(2):
新車開発は時間との戦い、サプライヤーも参加する怒涛の試作イベント
今回は新車開発に関する専門用語を説明します。新車開発は自動車メーカーにおいて極めて重要なプロセスですが、専門用語がたくさんあります。(2020/6/22)

V8ツインターボを搭載 性能強化モデル「ポルシェ カイエン GTS」登場、460馬力で最高速度270キロ
最大460馬力、停止から時速100キロまで4.5秒で加速します。(2020/6/15)

つ、つよそう…… 写真で見る「新型タフト」 ビシッと四角いワイルド系デザイン
ごっつごつです。【写真25枚】(2020/6/10)

VUCA時代のエンジニアに求められるコンサルティング力(2):
エンジニアのミッションは依頼された業務を正確に遂行することだけなのか
VUCAの時代を迎える中、製造業のエンジニアという職業は安泰なのだろうか。本連載のテーマは、そういった不確実な時代でもエンジニアの強みになるであろう「コンサルティング力」である。第2回は、コンサルティング力の前に、まずエンジニアという職業の存在意義について論じる。(2020/6/10)

製品動向:
ICT施工に対応するCATの次世代中型ブルドーザー「D5」、生産性50%向上
キャタピラージャパンは、次世代モデルと位置付ける中型のブルドーザ「D5」を発売した。D5は、土木の造成工事や産業廃棄物処理場で、高い能力を発揮し、従来機に比べトン当たりのコスト低減が見込める。また、オフロード法の2014年基準をクリアする環境性能の他、国土交通省が推進するi-Constructionに対応している3次元マシンコントロールシステム「Catグレード3D」も、オプションで装着することができる。(2020/6/9)

RZ、RS、RCの3種類:
トヨタ、「GRヤリス」の全モデルを公開 20年9月ごろ発売
トヨタ自動車は、新型スポーツカー「GRヤリス」の全ラインアップを公開し、2020年9月ごろに発売すると発表。すでに先行予約を開始しているモデルに加え、気軽にスポーツカーを楽しめるモデル、競技ベース用のモデルの3種類をそろえる。(2020/6/3)

きたぁぁ、激烈マシン「GRヤリス」ラインアップ発表 高性能グレードはスープラと同じ「RZ」
初回版はモリゾウさんのサイン入り。【写真19枚】(2020/6/2)

製造業IoT:
製造の柔軟性と新規事業への挑戦がカギ、アフターコロナに向けた製造業経営
i Smart Technologiesと旭鉄工は2020年5月27日、「旭鉄工の考えるアフターコロナに向けた製造業経営」をテーマにオンラインセミナーを開催。i Smart Technologies CEO 兼 旭鉄工 代表取締役社長の木村哲也氏が登壇し、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響が広がる中で、製造業がどういう手を打つべきかについて旭鉄工での取り組みを踏まえて考えを述べた。(2020/5/28)

「斜め後ろから見て」「……う、宇宙船?」 ポルシェ、クラシカルスタイルを融合した「911 タルガ」発売
王道は嫌という人に。【写真22枚】(2020/5/26)

IT基礎英語:
重大なリスクをもたらすremote attackは、他人のコンピュータを遠隔操作する
IT関連ニュースに登場する英語を深掘りしていく連載、今回はリモート攻撃。(2020/5/18)

本当に使える「設計者CAE」とは:
PR:国内外で採用多数、メッシュレスCAE「SimSolid」が設計者に選ばれる理由
メッシュレスにより、解析の圧倒的な高速化、簡易化を可能にした「Altair SimSolid」を活用する設計現場が増えている。選ばれる理由はどこにあるのか、そして、設計現場では具体的にどのように活用されているのか。「本当に使える『設計者CAE』 大手メーカーも絶賛、SimSolidによる開発期間短縮セミナー」の内容を基に、SimSolidの魅力に迫る。(2020/5/15)

VUCA時代のエンジニアに求められるコンサルティング力(1):
新型コロナが終息してもエンジニアという職業は安泰なままなのか?
VUCAの時代を迎える中、製造業のエンジニアという職業は安泰なのだろうか。2008年のリーマンショックも現在の新型コロナショックと同様に厳しい状況にあったが、そのときエンジニアの強みになっていたのは「コンサルティング力」だった。(2020/5/13)

医療機器ニュース:
感染者搬送車両や知財開放、自動車業界が新型コロナ向け支援拡大
トヨタグループ、ホンダ、スズキ、ヤマハ発動機などが、医療支援の取り組みを発表した。(2020/5/8)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
ヤリスのトレードオフから考える、コンパクトカーのパッケージ論
ヤリスは高評価だが、満点ではない。悪いところはいろいろとあるが、それはパッケージの中でのトレードオフ、つまり何を重視してスペースを配分するかの結果だ。ヒューマンインタフェースから、なぜAピラーが倒れているかまで、コンパクトカーのパッケージに付いて回るトレードオフを、ヤリスを例に考えてみよう。(2020/4/27)

3Dプリンタニュース:
ジヤトコ、試作や研究開発用の3Dプリンタでフェイスシールドを製作
ジヤトコは新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の対策支援として、医療用フェイスシールドを製作し、静岡県富士市の医師会へ提供することを発表した。(2020/4/27)

ズン! と車高を上げて変身「ヤリスクロス」 2020年秋発売へ
モリモリッと力強いデザインになっちゃいました。【写真14枚】(2020/4/24)

製造マネジメントニュース:
トヨタ東芝村田TDKの工場従業員が新型コロナに感染、スバルは操業停止を前倒し
国内の製造拠点に勤める従業員が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への感染が確認される事例が増え始めている。2020年4月4〜6日にかけて、トヨタ自動車の他、東芝、村田製作所、TDKなどが発表した。(2020/4/7)

工場ニュース:
新型コロナで三菱自が国内3工場の操業を停止、日産も米国工場の閉鎖を継続
三菱自動車は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大によるサプライチェーンへの影響と需要減に対応し国内3工場の操業を停止する。日産自動車の米国法人も操業停止による閉鎖を2020年4月下旬まで続ける。(2020/4/3)

工場ニュース:
自動車の国内生産に新型コロナの影響広がる、スバルは17日間稼働停止
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大によって、日系自動車メーカーの国内生産拠点に影響が広がっている。乗用車メーカー8社全てが、操業停止もしくは稼働を減らすことを決めた。(2020/4/2)

新型コロナで需要縮小:
スバルは17日間停止 大手自動車工場が動かない4月、国内モノづくりの先行きは不透明
大手自動車メーカー各社は、4月に数日間から数週間にわたって国内生産を一時停止する予定を発表している。世界的な需要の落ち込みや部品調達の困難から、生産調整に動く。今後の影響がまだ見通せないことから、国内の製造業が打撃を受ける状況は続きそうだ。(2020/4/1)

リアに片持ちスイングアーム採用 ホンダ、次世代「CB」を示すコンセプトバイク「CB-F コンセプト」世界初公開
CBシリーズの名車「CB750F」をデザインモチーフにしています。(2020/3/27)

最高速420km/h超のブガッティ・シロンがまた別の怪物に 「シロン ピュアスポーツ」が恐ろしくも美しい……
ぷぉぉ、軽く3億5000万円超え。W16エンジンで1500馬力ですが1台いかが?【写真39枚】(2020/3/11)

怪物クラスの馬力、ゼロヒャク2.7秒とバカっ速!! 最上位「ポルシェ・911 ターボS」、ドカンと登場【写真21枚】
最新992型のトップエンドモデルです。(2020/3/4)

材料技術:
クルマ1台にペットボトル100本分のリサイクル素材、モーター3基の次世代4WDも披露
Audi(アウディ)は2020年3月3日、オンライン上でフルモデルチェンジした「A3」の新モデルと、3モーターシステムによるハイパフォーマンス電気自動車(EV)「e-tron Sモデル」を発表した。(2020/3/4)

今だからこそ!モデルベース開発入門(2):
モデルベース開発は、自動車メーカーと大手サプライヤーだけのものではない
モデルベース開発は、自動車メーカーやティア1サプライヤーだけのものではありません。ティア2以下のサプライヤーや中小企業にも無関係ではないのです。また、モデルの活用を「やらなければならない」と思うのではなく、自分のためでもいいのです。(2020/2/17)

Google、2020年2月のAndroid月例セキュリティ情報を公開 システムの重大な脆弱性などに対処
重要度「Critical」の脆弱性は2件。ユーザーには通信キャリアや端末メーカーなどのパートナー企業を通じてセキュリティパッチが配信される。(2020/2/5)

優雅な外観でパワフルな走りが楽しめる BMW、最上級4ドアクーペに600馬力を超えるチューンドモデル「M8 グランクーペ」を追加
ツーリングからサーキットまで活躍できる4ドアクーペです。(2020/1/31)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
変革への第一歩を踏み出したスバル
新広報戦略の中で、スバルは何を説明したのか? まず核心的なポイントを述べよう。今回の発表の中でスバルが「次の時代のスバルらしさ」と定義したのは、従来通りの「安心と愉しさ」で、その意味において従来の主張とブレはない。従来と違うのは、その「安心と愉しさ」とは何なのかについて、総花的にあれもこれもありますではなく、もっと具体的言及があったことだ。(2020/1/27)

太陽誘電 HMR105 B7103KVほか:
1005サイズ定格電圧100VのMLCC
太陽誘電は、1005サイズの積層セラミックコンデンサー11種を商品化した。いずれも定格電圧100Vで、車載向け電子部品の信頼性試験規格AEC-Q200に準拠する。静電容量が220pF〜0.01μFまでの幅広いラインアップとなっている。(2020/1/27)

製造マネジメントニュース:
スズキが四輪開発体制を3つの技術エリアに再編、品質と原価低減で横串を通す
スズキが組織改定や常務役員の委嘱の変更などについて発表した。組織改定では、四輪技術本部と開発本部を廃止して3つの技術エリアに再編するとともに、設計の根幹となる“技術品質向上”と“原価低減”の実現に向けて3つの技術エリアを横串で通す責任者を選定した。(2020/1/16)

うそ、だろ!? 「EVスープラ」すげぇ 東京オートサロンでキラリと光っていた「ブッ飛び学生カスタム」大集合【写真37枚】
分かりやすく「本気」なのがすごくいい〜。(2020/1/14)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
ヤリスGR-FOURとスポーツドライビングの未来(前編)
トヨタでは、このGRヤリスを「WRCを勝ち抜くためのホモロゲーションモデル」と位置づける。AWSシステム「GR-FOUR」を搭載したこのクルマは、ハードウェアとしてどんなクルマなのか。そして、乗るとどれだけ凄いのだろうか。(2020/1/13)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
2019年デビューの良かったクルマ(後編)
 恒例の新年企画は、1日と2日の連続で2019年に乗って良かったクルマについてだ。1日の前編では、デビュー順にトヨタRAV4、マツダMAZDA3、ダイハツのタントについて取り上げた。後編は、カローラとCX-30である。(2020/1/2)

オートモーティブワールド2020:
最先端の電動化ソリューションの数々を披露するボルグワーナー
Borg Warner(ボルグワーナー)は「第12回 オートモーティブ ワールド」内の「第11回 EV・HEV駆動システム技術展」に出展し、高効率の電気自動車(EV)向け最先端技術の最新ポートフォリオを発表する。(2019/12/13)

車両デザイン:
壊れにくく直しやすいクルマの保険料割り引き、軽自動車でもスタート
ダイハツ工業とあいおいニッセイ同和損害保険は2019年12月2日、2020年1月から軽自動車「タント」に車両保険料10%割引きを適用すると発表した。(2019/12/4)

自動運転技術:
日系自動車メーカーはメガサプライヤーから「系列重視に変化」、ZFの立ち位置は
日本の自動車メーカーと付き合うのは簡単ではなかったーー。2019年8月にZFジャパンの代表取締役社長に就任した多田直純氏は、複数の外資系サプライヤーで働いた経験を基にこう語る。自動車メーカー同士のアライアンスやサプライヤーの経営統合が相次ぐ中、メガサプライヤーの日本法人をどのように率いるか、多田氏が語った。(2019/12/2)

車両デザイン:
歌舞伎にインスパイアされたアヴェンタドール、ランボルギーニが日本を重要視
イタリアのアウトモビリ・ランボルギーニは2019年11月22日、大阪市内でオーナー向けイベント「Lamborghini Day Japan 2019」を開催した。(2019/12/2)

燃費やトルクを向上:
マツダ、「SKYACTIV-X」搭載のMAZDA3を発売 ガソリン初の圧縮着火エンジン
マツダは、新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」を搭載する「MAZDA3」を12月5日に発売する。独自の燃焼制御技術によって、ガソリンエンジンにおける「圧縮着火」を世界で初めて実用化した。(2019/11/25)

そういえばよく分かんない……! 「TNGA」「CMF」……クルマの「プラットフォーム」って結局何のこと?
IT用語に匹敵するくらい略語だらけの世界。(2019/11/21)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。