ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「トルコ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「トルコ」に関する情報が集まったページです。

アメリカでニュース速報中に幼児が乱入 アナウンサーにじゃれつくハプニング
アナウンサーのリカバリーっぷりにも注目です。(2019/10/10)

お顔も模様もそっくりなネコ親子 わが子をかわいがるお父さんっぷりがステキ
優しいまなざしで子猫たちを見つめています。(2019/10/10)

鳥に囲まれているのは……猫? 大好きな鳥を抱きしめてスヤスヤ眠る猫ちゃんが幸せそう
心を温かくしてくれる仲睦まじさ。(2019/10/6)

「子供2人をどう抱えて避難したらいいの?」 トルコ在住の平愛梨、M5.8の地震発生に恐怖語る
ファンからは心配する声が寄せられています。(2019/9/27)

「わくわくした時間なんだったんだ」「かなしいたけ」 平愛梨、トルコのヘアサロンに行き”オーマイガー”な髪形になる
ハッシュタグの癖が強い。(2019/9/18)

写真集『必死すぎるネコ〜前後不覚篇〜』発売記念イベント 池袋と新宿で開催
撮影の裏話が聞けるかも。(2019/9/15)

前も後ろも分からニャイ 「必死すぎるネコ」たちの写真集の続編が登場!
Amazon.co.jp限定版にはオリジナルカバーが付いてきます。(2019/9/14)

製造業がサービス業となる日:
“暮らしアップデート”の基盤担うパナソニック電材事業、そのモノづくり力(前編)
“暮らしアップデート業”を掲げるパナソニックだが、その基盤を担うと見られているのが電設資材事業である。その戦略と、中核工場である瀬戸工場のモノづくり力を前後編に分けて紹介する。(2019/9/6)

トルコの「全部」が合わなかった 三瓶、ワイドナショーで“早すぎる帰国”の真相語る “ダメ人間”ぶり露呈でお説教も
ダメ人間なのか……?(2019/9/1)

「会いたくて1人で飛んできちゃいました!!」 平祐奈、姉・平愛梨の第2子に会うためトルコ弾丸旅行
愛梨さんの第2子は8月に誕生。(2019/9/1)

長友佑都、産まれたばかりのわが子抱いた“親子ショット”で第2子誕生報告 平愛梨は異国で出産
バンビーノはお兄ちゃんに。(2019/8/14)

東京、ガチで暑かった 約9割の外国人が「東京は自国より暑い」と回答
東京五輪のころ、大丈夫かな……。(2019/8/12)

Google Cloud Next ’19 in Tokyo:
「クラウドは旅路、我々が寄り添う」 ドラクエ、メルペイも採用するGoogle Cloudの今
Googleのクラウドを利用する、多彩な事例が披露された。(2019/8/6)

思わぬ誤算:
「世界に1000軒」HIS社長の野望の一歩に立ちはだかる壁
エイチ・アイ・エス(HIS)の沢田秀雄会長兼社長が、「ホテルを世界に1000軒」建設する構想をぶち上げた。ただ、国内100軒のために踏み切った、ホテル・不動産業のユニゾホールディングスへのTOBは、敵対的TOBに発展する公算となり、思わぬ誤算となっている。(2019/7/22)

電子ブックレット(FA):
工場ニュースまとめ ―― 2019年3月〜2019年6月
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は2019年3〜6月に公開した工場関係のニュースをぎゅっとまとめた「工場ニュースまとめ――2019年3月〜2019年6月」をお届けします。(2019/7/22)

「両親のいいとこ取り」「遺伝子が最強すぎる」 平愛梨、夫婦の幼少期と“バンビーノ”を並べた3ショット
動きは長友さんに似てきているもよう。(2019/7/17)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
Mazda3の最後のピース SKYACTIV-X
「ガソリンとディーゼルの良いとこ取り」を目指したマツダの新型エンジンSKYACTIV-Xがデビュー。ドイツで行われた試乗会から、この技術の意味と、実際のフィールについて解説する。(2019/7/16)

作曲、演奏はネコちゃんです ついにピアノをひくネコちゃんが登場!?
だんだん良いメロディに聞こえてくるかも?(2019/7/12)

世界を読み解くニュース・サロン:
高度化する“監視”の目 「顔認証」が叩かれるワケ
どんどん進歩する「顔認証」技術。犯罪捜査などで役立っている一方、人権侵害や乱用の懸念も広がっている。今、世界でどんな議論が起きているのか。そして、私たちは顔認証技術の拡散をどう捉えていくべきか。(2019/7/11)

待ってました! 「トルコ風アイス ヨーグルト風味」全国のファミマで7月9日発売
待望。(2019/7/9)

デーイジー、デーイジー:
「2001年宇宙の旅」の「HAL 9000」を、2019年のテクノロジーで解説しよう
スピルバーグが、手塚治虫が、そして全世界の子どもたちがあのころ夢見たテクノロジーは、2019年現在どこまで実現できているのだろうか?――映画や漫画、小説、テレビドラマに登場したコンピュータやロボットを、現代のテクノロジーで徹底解説する「テクノロジー名作劇場」、第5回は「2001年宇宙の旅」だ。(2019/7/1)

とめ・はね・はらい自由自在 フォークを使って流れるような曲線を描くカリグラフィーが美しい
フォークの新たなる可能性を見た気がする。(2019/6/30)

デジタルネイティブのためのフォントとデザイン:
空へ誘う旅はフォントがいっぱい
電車の次は空。空港はどんなフォントとデザインで彩られているのか。(2019/6/27)

今日のリサーチ:
CEO承継の課題、日本と世界の違いは?――PwC Strategy&調査
Strategy&は、世界の上場企業を対象に実施した、2018年におけるCEOの承継についての調査結果を発表しました。(2019/6/24)

“ハリポタGO”とポケモンGOは何が違う? 「ハリー・ポッター:魔法同盟」公開直前レビュー
“ハリポタGO”の公開直前デモバージョンをプレイしてみて分かったゲームコンセプトや、Pokemon GOとの共通点や違いなどをレポートする。(2019/6/21)

子どもにとっての「読みやすさ」とは? 累計170万部の『10歳までに読みたい名作』シリーズ編集部に聞いてみた
時代によって児童書も変わる。(2019/6/18)

「ママ似かと思ったら」「リトルパパだね」 平愛梨が公開した2歳の頃の長友佑都が“バンビーノ”そっくり
こんな似てるとは。(2019/6/16)

「ニャー!」「カア!」 因縁があるネコとカラスの口ゲンカが珍しくて面白い
異種間でケンカが成り立っています。(2019/6/3)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
中国が突き進む「一帯一路」と、ユーラシア鉄道網の思惑
中国が進める広域経済圏構想「一帯一路」。ユーラシア大陸全体に及ぶ構想において「鉄道」は重要なインフラだ。この鉄道網の整備の行方は、日本の政府や企業にとっても大きな影響を及ぼす。(2019/5/31)

LUPICIAのブルーの紅茶が美しい まるで夏の明るい星空のよう
トルコガラスの茶器に入れたい……!(2019/5/28)

今日のリサーチ:
世界のモバイルアプリ市場動向、インストール後1週間で約8割のユーザーが失われる――Adjust調査
世界のモバイルアプリ市場は今、どうなっているのでしょうか。(2019/5/28)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
ホンダの決算 バリエーション7割削減の意味
増収減益ながら、欧州の工場閉鎖など減益は一過性となるホンダの決算。そして来期に向けては、無駄な派生車種を3分の1に削減し、基礎設計を共通化する「ホンダアーキテクチャー」の導入も進める。(2019/5/27)

スーッとまぶたが閉じていく…… あっという間にスヤスヤ眠る子猫ちゃんが猛烈にかわいい!
このかわいさは罪……。(2019/5/25)

「冷蔵庫が汚いかどうかで、その人のデータ管理能力が分かる」と判明
カスペルスキーの調査によると、個人情報や機密データを含む文書を職場に保管している人はグローバルで72%(日本で59.2%)で、ほぼ同数の71%がアクセス権限を保証する責任は上層部やIT部門、セキュリティチームにあると回答するなど、セキュリティ意識の甘さが露呈した。(2019/5/27)

OECDがAI勧告を採択 「人権尊重」で中国に圧力
経済協力開発機構(OECD)閣僚理事会が22日、パリで開かれ、人工知能(AI)の運用で「民主主義的な価値観の尊重」を求める初の勧告を採択した。中国が国民監視の手段としてAIを利用しようとする動きを牽制した。(2019/5/23)

「支えてくれた妻に心から感謝」 長友佑都、“優勝決めたピッチ”で平愛梨&バンビーノと歓喜の家族ショット
家族愛にあふれている。(2019/5/20)

富士通がarrowsブランドの通訳端末「arrows hello」を発売
富士通コネクテッドテクノロジーズが通訳機「arrows hello AT01」を家電量販店で発売する。SIMは非対応で、Wi-Fi接続時は28言語、オフラインでは日本語/英語/中国語の3言語を双方向で翻訳できる。カメラで文字を撮影すると文字を認識して翻訳してくれる機能を搭載している。(2019/5/14)

「大物の兆し」「スターの器」 長友佑都、ピッチデビューでポーズ決める長男との親子2ショットにファン大興奮
スター性はパパ譲り。(2019/5/10)

平愛梨、“トルコ移住”三瓶シェフの手料理を初公開! 「どれも美味しそう」「めっちゃプロ感出てる」と絶賛の声
これは本当に天職なのかも。(2019/5/4)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
新型プジョー508は魅力的だが……
PSAグループのプジョーが新型プジョー508を発売。デザインとハンドリングに集中して開発を行うことで、カッコよく走って楽しいクルマを目指した。一方で、選択と集中の結果、犠牲になったものもいろいろとある。(2019/4/29)

平愛梨、トルコ移住の三瓶とイスタンブール散策へ 「気の知れた友達ってホント大事」と親友の存在に安心感
心細い海外生活もこれで安心。(2019/4/11)

もっちりのびる「トルコ風アイス」のカスタードプリン味が発売 ファミリマート限定で
練るともっちりのびるトルコ風アイスシリーズの新作です。(2019/4/9)

時計の中に小さなスチームパンクの世界 緻密でエキサイティングなミニチュアアート
独特の世界観があり、物語の中をのぞき込んでいるかのようです。(2019/4/6)

世界を読み解くニュース・サロン:
Amazonベゾス不倫騒動と、サウジ記者殺害をつなげる「デジタル監視」の実態
米アマゾンのジェフ・ベゾスCEOの不倫疑惑が国際問題に発展しそうな気配が漂っている。個人的な情報が流出したことについて、ベゾス氏の捜査では「ある国」が関与した可能性を指摘。その背景には、サウジアラビア人記者殺害事件があって……。(2019/4/4)

半径300メートルのIT:
「令和」時代の親たちへ――SNSのインフルエンサーに憧れる子どもたちを、犯罪からどう守るのか
平成に生まれたSNSが、社会にとてつもなく大きな影響を与える存在になりました。多くのインフルエンサーが子どもたちの憧れを集める一方、ユーザーの「承認欲求」に付け込む犯罪が出てきています。新元号「令和」が幕を開ける今、もう一度セキュリティを振り返ってみませんか。(2019/4/2)

長友佑都、三瓶のトルコ到着を報告 「強い覚悟を持ってここまで来てくれた」と男気に感謝
早速エプロン姿の三瓶さん。(2019/4/1)

「これからも姉をよろしく頼みます」 平祐奈、もしツア卒業&トルコ移住の三瓶と“いってらっしゃい”の2ショット
新たな旅立ち!(2019/3/30)

工場ニュース:
自動車用鉛蓄電池の新工場をトルコで稼働開始、年間生産能力は200万個
GSユアサは、トルコ共和国にある持分法適用関連会社IGYAが、2019年1月に自動車用鉛蓄電池の新工場を稼働したと発表した。年間生産能力は最大200万個で、2022年には既存工場の400万個と合わせて600万個とする計画だ。(2019/3/28)

休眠建機とユーザーをWebでマッチング、「建機シェアリングサービス」をヤンマーがなぜトルコで始めたか?
ヤンマーは、トルコ共和国イズミール州でテスト運用を行っていた建機シェアリングサービス「MakinaGetir(マキナゲテル)」を、2019年度より順次サービスを追加して、総合サービスを目指して、トルコ国内で本格運用をスタートさせる。(2019/3/28)

マルウェア被害を防ぐには
マルウェア「Mirai」摘発の舞台裏 FBI捜査官が語る
2016年の大規模DDoS攻撃に使われたマルウェア「Mirai」。米連邦捜査局(FBI)でMiraiの摘発に関わった捜査官が、捜査の舞台裏とマルウェア被害を防ぐ方法について語った。(2019/3/20)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。