ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  V

  • 関連の記事

「Visa payWave」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Visa payWave」に関する情報が集まったページです。

Kyashがカード決済技術を企業に提供 売上金やポイントをVisaで利用できる「Kyash Direct」
KyashがVisaのプリペイドカード発行ライセンスを取得し、個人向けウォレットアプリで培ったカード決済プラットフォームを企業に提供する。企業は、自社が管理する売上金やポイントなどを決済に利用できるクレジットカードを、提供できるようになる。(2019/4/25)

鈴木淳也のモバイル決済業界地図:
iOS 12と新型iPhoneを取り巻く「Apple Pay」最新事情
2016年10月に日本にもApple Payが正式上陸してから2年が経過した。Apple Payの登場は「モバイル決済」というジャンルに大きな変革を促した。そんなApple PayがiOS 12と新型iPhoneでどのように変化し、モバイル決済の世界にどのような影響を与えたのかをまとめた。(2018/12/25)

モバイル決済の裏側を聞く:
送金を身近に リアルカードで決済シーンも拡大 「Kyash」の戦略を聞く
個人間送金と決済の両方ができる「Kyash(キャッシュ)」をご存じだろうか。同サービスでは、送金にまつわるハードルを下げ、よりお金の移動を“滑らか”にすることでキャッシュレス化を支援する。同社の鷹取真一社長に、Kyashが目指す世界を聞いた。(2018/8/15)

モバイルNFC決済に不穏な動き?
日本国内でも「NFC決済」が普及する機運が高まってきました。しかし「モバイルNFC決済」には不穏な動きも……。(2018/8/14)

鈴木淳也のモバイル決済業界地図:
世界の決済事情から考える「日本でモバイル決済が普及しない理由」
日本ではスマートフォンを使ったモバイル決済の認知度は高いものの、利用率は低い状況が続いている。一方中国では、日本とは対照的に、AlipayやWeChat Payが急速に市民権得ている。今回は、日本を含む世界の決済事情について読み解いていく。(2018/1/22)

マクドナルド、クレジットカード決済を新たに導入
利便性を高めるために。11月20日から。(2017/11/14)

日本マクドナルド、クレジットカード決済を導入 11月20日から
日本マクドナルドがクレジットカードによる決済サービスを始める。「Visa」「Mastercard」「JCB」「JCB PREMO」「ダイナース」「ディスカバー」「アメリカン・エキスプレス」に対応する。(2017/11/13)

iOS 11の「Apple Pay」は何が便利になったのか
iOS 11によって「Apple Pay」は何が変わったのか。注目の新機能をはじめ、カード会社やサービスの対応状況、今後の見通しを解説する。(2017/9/24)

nanaco、全国の交通系マネーも:
マクドナルド、8月1日からSuica支払いなど可能に
日本マクドナルドで8月1日から、「Suica」「PASMO」「nanaco」のほか、「Kitaca」など全国各地の交通系電子マネーでの決済が可能になる。(2017/7/25)

マクドナルド、「Suica」で決済可能に 8月から
対応電子マネーに「nanaco」「Suica」「PASMO」などを追加する。(2017/7/25)

三井住友カードと提携:
マクドナルド、クレカ・「Suica」などで支払いOKに
日本マクドナルドは2017年下半期から、全国の2900店舗でクレジットカードと電子マネーによる決済に対応する。(2017/3/21)

マクドナルドがクレジットカード決済サービスを導入 2017年下半期から順次
全国のマクドナルド店舗約2900店舗で開始。(2017/3/21)

「楽天ペイ」が主要電子マネー14ブランドの決済に対応 2017年夏から
「楽天ペイ」の実店舗決済サービスにおいて、2017年夏から主要な電子マネー14ブランドの決済に対応する。これに伴い、非接触決済に対応するリーダライタの提供も開始する(2017/2/7)

一般的なNFCとは互換性なし:
おサイフケータイとは違う――iPhone 6/6 Plusで使える「Apple Pay」で何ができる?
新型iPhoneと共にAppleが発表した新サービス「Apple Pay」。NFC採用ということで「日本でもiPhoneがおサイフケータイのように使えるのでは」と期待している人もいるだろう。Apple Payとは何か、どんなことができるのか取材した。(2014/9/17)

iPhoneがおサイフケータイになる日:
おサイフケータイ登場から10年、未来のFeliCaはどうなる?
コンビニやスタバなどFeliCa電子マネーでお金が払えるところは増え続けている半面、iPhoneなどおサイフケータイ非対応のグローバルなスマホ人気もあり、ここ数年おサイフケータイの歩みは止まっているように見える。FeliCaとおサイフケータイは今後どうなっていくのか? 最新事情をレポートする。(2014/8/26)

ロンドンで見た世界の最新NFC事情――新技術「HCE」と公共交通機関の進展に注目
これまで遅々として進まなかったNFCの普及がここにきて急速に進みつつある。6月にロンドンで開催された「NFCP Global」での関係者との意見交換や、筆者が過去半年にわたって取材してきたNFCの今を、新技術「HCE」と交通機関のサービスを中心に紹介する。(2014/8/12)

カナダにみるNFCとモバイルペイメントの最新事情――北米は業界トレンドのリーダーになれるか?
日本では当たり前になりつつある「おサイフケータイ」だが、海外では国によって利用できるサービスや規格などが大きく異なる。今回はカナダのオンタリオ州政府の招待により、トロント周辺エリアでNFC/モバイルペイメント技術に取り組む各社と、現地での最新事情を取材した。(2013/12/19)

NFCスマホかざしてカード決済、3キャリアで9月スタート 三井住友VISA
NFCスマホを店頭レジ端末にかざすだけでカード決済できる三井住友VISAカードのサービスが9月にスタートへ。(2013/8/1)

NFC決済サービス「三井住友カード Visa payWave」、9月スタート
NFC(TypeA/B)対応のスマホ向け決済サービス「三井住友カード Visa payWave」が9月にスタート。国内だけでなく、米国/英国/韓国/香港/台湾でもおサイフケータイが利用できるようになる。(2013/8/1)

Windows Insider用語解説:
NFC(Near Field Communication)
「おさいふケータイ」「Suica」のようなサービスを実現する近距離無線通信の国際規格「NFC」。スマートフォンにもよく搭載されている(「iPhone 6」に搭載との噂も)。今後主流となりそうなこの技術のポイントや最新動向を解説する。(2013/3/25)

導入進むiPad利用のカード決済システム、「もっと日本のニーズに根ざしたものに」――フライトシステムの片山氏
iPhone、iPadを使ったクレジットカード決済システムで、来店者を待たせず、その場で支払い処理を――。普及が進む新たな決済手法を、日本のニーズを汲んだサービスに進化させているのがフライトシステムコンサルティングだ。(2012/8/23)

現地からリポート:
オリンピックに沸くロンドン市内で見た最新IT事情
オリンピックをきっかけに、公共交通機関や店舗などロンドン市内のさまざまな場所でITの活用が進んでいます。(2012/8/2)

VisaとSamsung、ロンドンオリンピックで「GALAXY S III」でのモバイル決済サービスを提供へ
ロンドンオリンピックのスポンサー企業であるVisaとSamsungが、NFC利用のモバイル決済システムを搭載した特別仕様の「GALAXY S III」を公式スマートフォンとして選手に提供する。(2012/5/9)

Open Mobile Summit 2011 San Francisco:
Google Walletは“広告”のため――キーパーソンが語る海外NFC事情
海外でも携帯電話を“おサイフ”として使うサービス立ち上がりつつある。米SFで開催されたOpen Mobile Summitのパネルディスカッションから、サービスを展開するプレイヤーの狙いや小売店側の思惑がかいま見える。(2011/11/28)

Mobile World Congress 2011:
MWCにみるモバイル業界NFC最前線――世界サービス共通化は近いか?
モバイル決済サービスなどへの活用が期待される、非接触ICカード通信の国際規格として、NFCの注目度が高まっている。世界的にどのような取り組みが始まり、またFeliCaが普及している日本でどうなるのか――MWC会場でその動きを追った。(2011/3/8)

せかにゅ:
「ソニーには勝った。将来の敵はApple」と任天堂
任天堂は「AppleとそのiPhone、iPad」を将来の敵と考えており、全力で対抗しようとしているという。(2010/5/11)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。