ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「W51CA」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「W51CA」に関する情報が集まったページです。

写真で解説する「W52CA」
ウォータープルーフ・ワンセグケータイ「W52CA」は、W51CAの使いやすさはそのままに、水回りでもワンセグを楽しめる防水性能を備えたモデルだ。(2007/5/23)

+D Style インタビュー:
カシオ×IDEEって?――ワンセグケータイで提案する新しいライフスタイル
“ペンギンケータイ”こと「W51CA」を開発したカシオ計算機が、インテリア雑貨を扱うショップ「IDEE」とのコラボキャンペーンを行っている。カシオ計算機にとってこの取り組みは、“新しいライフスタイルの提案”だという。(2007/3/8)

「W51CA」とIDEEがコラボ──“小さなテレビスタンド”が当たるキャンペーン
“ペンギンケータイ”こと「W51CA」を開発したカシオ計算機が、インテリア雑貨を扱うショップ「IDEE」とコラボ。抽選でW51CA専用テレビスタンドやネックストラップが当たるキャンペーンを実施する。(2007/2/15)

ソフトバンク「812SH」とau「W51P」「W51K」「W51CA」「W51H」がモバイルSuicaに対応
JR東日本はモバイルSuica対応機種にソフトバンクモバイルの春モデル「812SH」とauの春モデル「W51P」「W51K」「W51CA」「W51H」の5機種を追加した。(2007/2/5)

Mobile Weekly Top10:
「W51CA」の画面を“フルペンギン”にする方法
2月2日から順次販売が始まった、“アデリーペンギン”のグラフィックが人気の「W51CA」は、ある手順を踏むことで、アンテナピクトをペンギンモードに変えることができる。(2007/2/2)

「オープンアプリプレイヤー」版jigブラウザが登場――au新端末で利用可能に
jig.jpは同社の「jigブラウザ」を、auの「オープンアプリプレイヤー」に対応させた。「W51CA」など、オープンアプリプレイヤー搭載端末でjigブラウザが利用可能となる。(2007/2/2)

ワンセグ対応のペンギンケータイ「W51CA」、新規は2万円台前半
「W41CA」の特徴を継承しつつ、ワンセグとauの最新サービスに対応させたカシオ計算機製のWIN端末「W51CA」が、都内で店頭に並んだ。(2007/2/2)

「W51CA」の“ここ”が知りたい(3):
タスク切り替えは可能?──「W51CA」
auの2007年春モデルの多くに搭載されることになった「タスク切り替え機能」。W51CAの場合、どの機能で使えるか、ワンセグ録画中もタスク切り替えが可能かなど、具体的な使い勝手に関する質問が多かった。(2007/1/31)

「W51CA」の“ここ”が知りたい(2):
ポケベル入力ある?──「W51CA」
2006年の人気端末「W41CA」で評価を得た機能の多くを継承する「W51CA」。日本語入力系やUI、カメラなど、日常的によく使用する機能に関する質問が多く寄せられた。(2007/1/31)

「W51CA」「W51K」「W51P」、2月1日から順次発売
2007年春モデル「W51CA」「W51K」「W51P」の3機種が2月1日から順次発売される。(2007/1/31)

「W51CA」の“ここ”が知りたい(1):
PCサイト上の文字列、コピペできる?──「W51CA」
人気モデルだった「W41CA」の後継機として登場するのが、カシオ計算機製の「W51CA」。au新モデルの多くに搭載された機能拡張版PCサイトビューアーの機能に関する質問が多く寄せられた。(2007/1/29)

写真で解説する「W51CA」
“「W41CA」を2007年春モデルとしてリメイクした”──今回のカシオ計算機製WIN端末「W51CA」は、名作とも言うべきW41CAの長所に、連続5時間30分視聴可能なワンセグ機能を搭載したフルスペックモデルだ。(2007/1/17)

“ペンギンケータイ”が最新サービスとワンセグに対応──「W51CA」
カシオ計算機製のWIN端末「W51CA」は、前モデル「W43CA」の基本機能をおさえつつ、ワンセグ機能を統合したハイエンドモデルだ。「W41CA」で好評だった待受やメニューの“アデリーペンギン”も登場する。(2007/1/16)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。