ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「無重力」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「無重力」に関する情報が集まったページです。

VRゲームのイベント「Oculus Gaming Showcase」が4月22日午前7時から開催
Facebook傘下のOculusが、初となるVRゲームイベント「Oculus Gaming Showcase」を4月22日午前7時(日本時間)から開催する。TwitchやFacebook、YouTubeといったプラットフォームで配信される予定だ。(2021/4/13)

「宇宙人にさらわれる瞬間ですよね?」 宙に浮いているような猫と不思議そうに見上げる猫の面白写真に反響
急にフワ〜と浮き出した感。(2021/3/25)

宇宙開発:
宇宙空間未達や打ち上げ延期が続くMOMO、エンジンシステムを「根本的に」見直す計画
インターステラは2020年12月21日、同社が開発する低価格かつ量産可能な観測ロケット「MOMO」の改良開発計画について発表した。エンジンシステムに加えて、MOMOのコンポーネントを根本的に見直す方針だ。また、併せて新会社Our starsの設立も発表した。(2020/12/23)

タヌキにそっくりな猫ちゃん! 立ち上がる姿に「モッフモフ」「動くぬいぐるみですね!」の声
モフモフの極み。(2020/11/19)

「そろそろストーブつけてくれないかニャ?」 寒い時期に突入したことを知らせる猫さんの姿に今年もほっこり
毎年おなじみの「ストーブリリー」の出現に和みます。(2020/11/7)

食いしん坊ライター&編集が行く! フードテックの世界:
宇宙で造ったビールで乾杯 とある町工場が本気で挑む“宇宙醸造”への道
宇宙という無重力空間でのビール醸造に挑戦している町工場がある。名古屋市でバルブやポンプなどの製造を手掛ける高砂電気工業だ。なぜビール造りにチャレンジするのか? 地上と宇宙で醸造方法は違うのか? プロジェクトの担当者に聞いた。(2020/11/2)

アニメ「地球外少年少女」2022年初春公開へ 「電脳コイル」磯光雄の最新作に進展
2018年に構想が発表され話題を呼んでいた作品に進展!(2020/10/27)

ひょっとして無重力? 宙に浮いているように見えるテンセグリティ構造の椅子がすごい
紐でバランスを取っている不思議な構造。(2020/10/10)

「U.F.O.」が宇宙に:
日清食品が新たな宇宙食を開発 「U.F.O.」や「チキンラーメン」を野口聡一氏の携行品として提供
日清食品ホールディングスは開発した宇宙食4品が宇宙日本食に認証されたと発表した。4品を含む宇宙日本食7品が、国際宇宙ステーション(ISS)に滞在予定の宇宙飛行士、野口聡一氏の携行品として提供される。いずれもISS内で給湯可能な70度程度のお湯で作ることができる。無重量空間で飛び散らないよう一口大の塊状麺を採用した。スープやソースも粘度を高めた。(2020/9/14)

「ひんやりとフィット感がたまらんニャ」 水槽の中にスルリとおさまるモフモフ猫ちゃんに癒やされる
シンデレラフィットだニャ。(2020/8/23)

ロボット開発ニュース:
生コンからコンクリート気泡を自動消失させるロボットの商用機開発を開始
NejiLawとIHIは、型枠への打設において生コンクリートに変動的慣性力を印加し、コンクリート気泡を自動的に消失させるロボット「CB-zeROBO」の商用機開発を共同で開始した。(2020/7/14)

医療機器ニュース:
3Dプリント人工呼吸器の製図データを無償提供するプロジェクトが始動
国立病院機構新潟病院と広島大学の医師を中心とする「COVIDVENTILATOR PROJECT」が始動した。3Dプリンタで容易に作製可能な人工呼吸器の製図データを、全世界に無償提供することを目指す。(2020/4/21)

テック・イン・ワンダーランド:
ディズニーのアトラクションは「視線誘導強制装置」 米国「タワテラ」後継に隠れた“目を欺く”仕掛け
ディズニーのテーマパークには、来園者の視線を強制的に誘導する仕掛けが多数隠れている。「言われなければ全く気が付かない」レベルの技術を解説。(2020/3/24)

ご主人の頭の上が特等席 猫たちに大人気の猫仙人が癒やしの空間を提供する
順番待ちも現れるほどの本格的な人気ぶり。(2020/3/2)

SpaceXの「Crew Dragon」での民間人宇宙旅行、早ければ2021年にも実現
宇宙旅行会社Space Adventuresが、イーロン・マスク氏のSpaceXとの契約により、宇宙船「Crew Dragon」による民間人の宇宙旅行を早ければ2021年初頭にも実施すると発表した。乗船できるのは4人で、最長5日間宇宙で過ごせる。(2020/2/19)

医療技術ニュース:
宇宙の無重力空間で委縮した胸腺は、人工重力で軽減することを解明
理化学研究所は、無重力空間を経験すると胸腺が委縮すること、その委縮は人工的な重力負荷で軽減すること、委縮が胸腺細胞の増殖抑制によって起こるという仕組みを発見した。(2020/1/22)

無重力状態で女性のバストはどうなるのか?
ワコールの「重力からバストを守る」研究。(2020/1/15)

TensorFlow 2+Keras(tf.keras)入門:
第3回 ディープラーニング最速入門 ― 仕組み理解×初実装(後編)
いよいよ、ディープラーニングの学習部分を解説。ニューラルネットワーク(NN)はどうやって学習するのか、Pythonとライブラリではどのように実装すればよいのか、をできるだけ簡潔に説明する。(2019/12/16)

「宇宙食開発したぞ→お湯で戻す方法がないんだが……」でメーカーが考えたまさかの対応策 宇宙食マンガ「宇宙めし!」作者インタビュー
国際宇宙ステーションには設備があるけど、地球上の自社で試食したい。(2019/12/12)

宇宙ではコショウが使えるのに、ごま塩が使えない理由 宇宙食マンガ「宇宙めし!」作者インタビュー
というか、コショウ使えたんだ。(2019/12/9)

JAXAさん、何で「野沢菜の漬物を上手に食べる方法(ただし無重力)」が思い付くんです? 宇宙食マンガ「宇宙めし!」作者インタビュー
考えたことなかった。(2019/12/5)

実在の“宇宙食メーカー”に取材した異色のグルメマンガ JAXA協力で実現した「宇宙めし!」作者インタビュー
宇宙×グルメ(2019/12/2)

Virgin GalacticがUnder Armourと共同開発した宇宙服を披露
Virgin Galacticが宇宙服開発でUnder Armourと提携したと発表した。2020年に開始予定の民間宇宙旅行向け。創業者のリチャード・ブランソン氏が宇宙服を着て披露した。(2019/10/17)

自信満々だったお顔の豹変っぷりがかわいい! 「こんなはずじゃニャかった!」とのけぞるネコちゃん
アワワ顔の心中やいかに。(2019/8/11)

ロケットだけではないSpaceTech:
宇宙飛行士のコストの8割は交通費 GITAIが開発する宇宙ロボットが必要な理由
官から民へ宇宙開発事業が動いていく中で、宇宙に関わるスタートアップが成果を出しつつある。宇宙ステーションなどでの作業や実験を、宇宙飛行士に代わって行うロボットを開発しているGITAIもその1社だ。(2019/5/17)

ウオータースライダー型“流しそうめんマシン”に新モデル ニュートンもにっこりな下から上に昇る無重力機能を搭載
流しそうめんの無限の可能性。(2019/3/13)

2018年の3大ニュースは? PCメーカー各社の広報に聞いてみた
(2018/12/31)

“いま”が分かるビジネス塾:
ZOZO・前澤社長が月へ 宇宙旅行の投資対効果は?
ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」運営企業の前澤友作社長が月旅行計画を明らかにした。費用は公表されていないものの、数人で数百億円となる見込みだ。こうした宇宙旅行の投資対効果はどの程度と考えればよいのだろうか?(2018/10/11)

元日銀マン・鈴木卓実の「ガンダム経済学」:
ガンダムの月面企業、アナハイム・エレクトロニクスの境地
ガンダムの世界の中では、月も大きな存在感を発揮する。連載「ガンダム経済学」第2回目は、月面都市「フォン・ブラウン」と、その地における最大企業、アナハイム・エレクトロニクスの経済活動に焦点を当てたい。(2018/10/10)

「ぐでたま」宇宙へ行っちゃった JAXAとの異色コラボで「やる気のない宇宙飛行士」誕生
宇宙に行ってもぐでっとしてそう。(2018/9/7)

うぉぉ和製メッサー「飛燕」日本にここだけ!! 飛行機&戦ゲー好きの聖地「かかみがはら博物館」へ行ってみた
日本最大級、航空と宇宙を同時に体験できる博物館。航空機の魅力にたっぷり浸れます。【写真46枚】(2018/8/20)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
宇宙という新しい「市場」にチャレンジする時代が、ついに来た
宇宙開発というと国や政府が中心にやっていることだという認識があるが、民間による「商業の宇宙開発」は、この10年あまりで一気に加速している。(2018/6/21)

ぐでたまがエイリアンやプリケツ星に変身だと……? ぐでたま×宇宙のコラボカフェが池袋に期間限定オープン
ついに宇宙にも進出してしまったぐでたまさん。(2018/6/14)

予約待ち27万人!? 寝落ちヘッドマッサージの“悟空のきもち”に新フロア 絶頂睡眠を体験してきた
予約をどうしたら取れるのかも聞いてみた。(2018/4/23)

ぷにぷに桜色の肉球の詰め合わせ 無重力猫・ミルコの“裏側”がやわらかおいしそう
白い毛並みとピンクの肉球、ずっと見ていたい。(2018/2/6)

金井宇宙飛行士、「とんだフェイクニュース」と身長の伸びについて訂正・謝罪
国際宇宙ステーション(ISS)で活動中の金井宣茂飛行士が、地上にいるときより9センチ身長が伸びたとツイートしたのは“計測ミス”だったとして訂正・謝罪した。(2018/1/11)

12月4日開催:
宇宙に挑む植松電機社長も登壇! 中小企業に求められる新しい働き方改革とは?
ITmedia ビジネスオンライン編集部とITmedia エンタープライズ編集部が主催するセミナー「ビジネスを加速する『ITと働き方改革』カンファレンス 中堅中小企業から変える、日本の働き方 〜いま、そして2020年に向けて〜」が12月4日に開催!(2017/11/9)

ハンドスピナーは無重力下でどう回るかNASAが実験→宇宙飛行士がノリノリで一緒に回る楽しげな動画に
ニュートンの運動法則をハンドスピナーで実験。(2017/10/18)

「Portal」をマウスなしでクリア 4000時間を費やしたPortal狂が到達した未踏の領域
視点移動を使わずに37分でクリア。(2017/7/28)

国際宇宙ステーション、Googleストリートビューで探索可能に
Googleが国際宇宙ステーション(ISS)のストリートビューを公開。ISSの内部を360度のパノラマ画像で探索できるように。(2017/7/21)

宇宙飛行士の相棒ロボットへ JAXA初の自律移動型球体ドローン「Int-Ball」の映像が公開
緊急時の事故現場の調査などにも利用される予定です。(2017/7/15)

空中から発進! 最先端の「宇宙旅行ビジネス」を見てきた
宇宙旅行ビジネスを行う会社「Virgin Galactic」のCEOが語った。(2017/5/26)

写真展ニャ:
20万人が見た「ねこ休み展」巡回展 春の新作も登場
(2017/2/23)

医療技術ニュース:
無重力で発現が急上昇する骨関連遺伝子を発見、メダカの連続撮影で明らかに
東京工業大学は、国際宇宙ステーション「きぼう」でメダカを8日間連続で撮影し、骨芽細胞マーカーなどの骨関連遺伝子と、その他の5つの遺伝子の発現が無重力下で急上昇することを明らかにした。(2017/2/3)

FF15でバグ報告続く 「空中に吹っ飛ぶ」「イグニスのメガネが浮く」「イグニスが崖から落ちる」「イグニスがなんか薄い」など
イグニス、あなた疲れてるのよ……。(2016/12/2)

“2023年宇宙の旅”実現へ H.I.S.とANA、宇宙機開発ベンチャーに出資
2023年に宇宙旅行を事業化すべく、H.I.S.とANAが宇宙輸送機を開発するベンチャーに出資。約90分間の宇宙旅行が実現するかもしれない。(2016/12/2)

“Surface Pro 5”の単なる前座ではない
「Surface Studio」を先取りレビュー、“無重力ヒンジ”と「Surface Dial」に絵師が歓喜?
Microsoftが2016年10月に発表したディスプレイ一体型PC「Surface Studio」。“無重力ヒンジ”をはじめとする本体の機能もさることながら、周辺機器にもきらりと光るものがある。(2016/11/12)

火星まで20万ドルで80日間の旅:
SpaceXのイーロン・マスクCEO、火星コロニー構想を発表
SpaceXのイーロン・マスクCEOが国際宇宙会議(IAC)で「人類を多惑星種にする」と題した講演を行い、宇宙船「Interplanetary Transport System(ITS)」による火星への移民計画について語った。2022年目標の最初の旅のチケットは約2000万円という。(2016/9/28)

飛んで跳ねる猫「ミルコ」のLINEスタンプ登場! 自由すぎるポーズにトークもぴょんぴょん弾みそう
「既読」をすっとかわすやつが好きです。(2016/9/21)

大西卓哉さん、宇宙からGoogle+初更新 「いきなりトイレが故障して……」
9日にISSに到着した宇宙飛行士の大西卓哉さんが「Google+」を更新。ISSでの初仕事の様子などを紹介した。(2016/7/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。