ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「Windows Intune」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Windows Intune」に関する情報が集まったページです。

Microsoftのマルウェア対策エンジンに深刻な脆弱性、臨時アップデートで対処
細工を施したファイルをMalware Protection Engineにスキャンさせる手口で、攻撃者がシステムを制御できてしまう恐れがある。(2018/4/5)

PR:Windows 10移行に潜む“落とし穴” 失敗しない極意はWindows as a Serviceを理解する「秘策」にアリ!
Windows 7のサポート終了を控え、多くの企業でWindows 10への移行が本格化しつつある。その一番の注目点は品質更新や機能追加を継続的に行う「Windows as a Service」。だがこの新たな仕組みへの配慮を怠ると業務に影響を与える可能性もある。何に注意を払い、どう対応すればよいのか。(2018/3/30)

Microsoft、マルウェア対策エンジンの脆弱性情報を連日公開
Microsoftは12月6日から7日にかけて、マルウェア対策エンジンの脆弱性に関する情報を相次いで公開した。月例セキュリティ情報は予定通り12日(日本時間13日)に公開予定。(2017/12/11)

Microsoftのマルウェア対策エンジンに重大な脆弱性、定例外で更新プログラム公開
細工を施したファイルをマルウェア対策エンジンがスキャンすると、リモートで攻撃コードを実行される可能性がある。(2017/12/8)

「Windows Defender」などで使用のマルウェア対策エンジンに脆弱性 MSが緊急更新で対応
マイクロソフトのマルウェア対策エンジンに脆弱性が見つかり、急きょセキュリティー更新プログラムが公開された。(2017/5/9)

モバイル管理は、もはや大企業だけのものではない
EMM導入を検討するIT担当者は約4割、中堅規模の組織にも拡大
IT担当者は、自分たちの環境にある多数のモバイル端末を管理し、セキュリティを守るニーズを認識する必要がある。多くの組織が2017年にEMMの導入を計画しているのも、それが1つの理由だ。(2017/3/1)

新機能「WIP」で業務用データを保護する
仕事と遊びを分けられない“困ったWindows 10ユーザー”を情報漏えいから守るには?
デバイス内の業務用データの漏えいを防ぐべく、Windows 10に新たに加わったセキュリティ新機能が「WIP」だ。その実力を探る。(2016/10/27)

Windows 10 PCも対象
「iPhone」「Android」も管理、Microsoft製とは思えないモバイル管理ツールの“柔らかさ”
米Microsoftの「Microsoft Intune」は、iOS/Android端末といったモバイル端末だけでなく、Windows端末を中心とした幅広い端末を統合管理できる。(2015/10/30)

PR:平日なのにオフィスが空っぽ? 日本マイクロソフトの「テレワーク週間 2015」が想像以上に本気だった
(2015/9/30)

初めてのOffice 365
Office 365を導入するときにIT管理者が知るべき2つのポイント
Office 365を導入するときにIT管理者が直面するであろう、Office 365の契約、Office 365 ProPlusのインストールの注意点について解説します。(2015/9/8)

PR:2015年度に知っておきたい、いますぐ働き方を見直す“3つの方法”
(2015/3/27)

これからのモバイル基盤:
クラウド・モバイル時代におけるActive Directoryの認証とは?
モバイルデバイスからクラウド上の業務アプリケーションを利用する場合、ユーザーの認証基盤としてActive Directoryを導入している企業ではどのような対応が必要になるのだろうか? 今回はAzureを利用した認証基盤について解説する。(2015/2/12)

Enterprise IT Kaleidoscope:
Windows 10の“新の姿”を予想 ビジネスモデルも変革か
Microsoftが新年早々に次期Windowsの「Windows 10」に関する発表を行うようだ。今回はイベントに先駆けてWindows 10や同社のビジネスモデルなどを予想してみたい。(2015/1/13)

Computer Weekly製品導入ガイド
出そろってきた企業内アプリストア構築製品
エンタープライズアプリストアでは、従業員向けに管理されたアプリを提供しなければならない。そのために何が利用できるのか。(2014/11/28)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(18):
Windowsの“Enterpriseエディション限定機能”の最新情報まとめ
Windowsの企業向け最上位エディションには、個人ユーザーが触れる機会がないであろう企業向けの“限定”機能がいろいろと入っています。いくつかの機能は新しいWindowsで限定解除されていたりします。ちょっとまとめてみました。(2014/11/10)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(17):
“Windows Defenderの定義更新は少ない?”の怪
前回は「Windows Defender」の「スケジュールスキャンの謎」を解明しました。今回はもう一つの謎、「定義ファイルの更新」に関する疑問に迫ります。(2014/11/5)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(16):
“Windows Defenderにスケジュールスキャン機能がない”ってホント?
Windows 8以降に標準搭載されている「Windows Defender」は、ウイルス対策も可能なマルウェア対策ソフトです。今回と次回は、Windows 8以降のWindows Defenderの“二つの謎”に迫りたいと思います。今回は「スケジュールスキャンの謎」を解き明かします。(2014/10/31)

マイクロソフトカンファレンス2014 セッションレポート:
クラウド/モバイル時代のITガバナンスは、いかにして担保すべきか
日本マイクロソフトの年次イベント「The Microsoft Conference 2014」(2014年10月23〜24日に開催)では、80以上セッションが行われた。ここでは、クラウド/モバイル時代のITガバナンスをテーマとしたセッションの内容を紹介する。(2014/10/28)

オンプレとクラウドをつなぐハイブリッドなID管理:
PR:自由なワークスタイルを実現し、生産性を向上させるには、強固で柔軟なID/アクセス管理環境の構築を
企業でのクラウド利用が広がるにつれ、オンプレミスでのID管理をいかにしてクラウドと連携させるかが課題となってきた。マイクロソフトの「Enterprise Mobility Suite」は、企業が抱えるID/アクセス管理の課題をトータルで解決するソリューションになる。日本マイクロソフトの安納順一氏に、Enterprise Mobility Suiteのコンセプトや特長を伺った。(2014/10/22)

クラウド時代はITガバナンスの強化が重要に:
人、デバイス、データを三位一体で管理せよ――マイクロソフトがモバイル/ID管理スイート「EMS」を解説
日本マイクロソフトは2014年10月7日、法人向けのモバイル環境管理ソリューションに関するラウンドテーブルを開催。ユーザーID管理、デバイス管理、データ保護を実現するスイートソリューション「Enterprise Mobility Suite(EMS)」を説明した。(2014/10/8)

「iPhone 6」も「Surface Pro」も「Nexus」もまとめて管理
iOS 8、Windows 8、Android端末を丸ごと管理できるMDM製品10選
米Googleの「Android」に加え、米Appleの最新OS「iOS 8」や米Microsoftの「Windows 8/8.1」の搭載端末を丸ごと管理可能なMDM製品が充実してきた。その中から、主要な10種を紹介する。(2014/9/26)

自動更新されるが注意点も:
Microsoft、起動不能トラブルがあった更新プログラムの“修正版”を公開【9月8日追記】
適用後に起動できなくなる場合がある8月13日公開のWindows更新プログラム。ようやくセキュリティ更新プログラムの修正版が公開された。(2014/8/28)

ITプロ必携の超便利システム管理ツール集(5):
オンラインで駆除できないマルウェアをオフラインでやっつける
Windows PCにマルウェア対策ソフトを入れることは、PCやデータを保護するための常識です。しかし、それで全てのマルウェアを排除できるとは限りません。すでに入り込んだマルウェアが、対策ソフトを欺きながらPCに居座り続けているかもしれませんよ。(2014/8/22)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(12):
迷走のスタート画面
2014年7月、米マイクロソフトはWindows 8.1アプリの“企業向け”ポータル「Windows Apportal」を発表しました。まだ情報が少なく、謎の多い新機能です。個人ユーザーはもとより、企業ユーザーのほとんども、完成品を手にすることはなさそうです。(2014/8/20)

「復旧方法まとめ」公開:
Windows UpdateでPCが起動不能になるトラブル発生――2014年8月13日の更新プログラムが原因【9月8日再追記】
Microsoftが8月13日に公開した更新プログラムを適用後、Windowsの異常終了や再起動に失敗するというトラブルが相次いでいる。復旧方法はTechNet Blogsで公開されている。(2014/8/18)

山市良のうぃんどうず日記(緊急特別編):
セキュリティ更新が受けられなくなる前に、Windows 8.1 Updateを!
Windows 8.1およびWindows Server 2012 R2を導入している企業は、1カ月以内にWindows 8.1 UpdateおよびWindows Server 2012 R2 Updateへの更新を完了してください。8月以降のセキュリティ更新を受けることができなくなります。(2014/7/9)

MDMツールでは足りないが……
無線LANとモバイルデバイスを管理する2つの注目ツール
無線LANとモバイルデバイスという2つの要素がからむことで、管理タスクは複雑化している。これらをそれぞれ異なるアプローチで管理する2つのツールを紹介する。(2014/7/9)

世界有数の厳格な基準にも対応:
PR:情報保護の観点で選ぶべきクラウドとは?
いま、企業がクラウドサービスを選択する際、意外と盲点となりがちなのが“データの取り扱い”についてだ。クラウドで顧客情報や個人情報を扱う場合には、国内外の個人情報保護法制への対応、さらには法改正の最新動向への配慮が必須だ。しかし、ユーザー情報を取り扱う上での規制や法対応の状況について詳細に説明しているクラウドベンダーはまだまだ少ない。そうした中、この問題に積極的に取り組み、世界でも厳しいとされるEUのプライバシー関連法を高い水準で満たしているのが「Microsoft Dynamics CRM Online」をはじめとするマイクロソフトのクラウドサービス群だ。(2014/6/6)

「Windows Intune」のモバイル向け新機能
iOS、Androidの「Microsoft Office」をも管理、Microsoftが狙うモバイル管理の覇者
2014年5月に「TechEd North America 2014」で発表された「Windows Intune」の新機能では、iOSやAndroid端末上のOfficeアプリケーションの管理ができるようになるという。(2014/6/6)

山市良のうぃんどうず日記(6):
最近のWindows Updateって……
「Windows Update」で毎月配信される更新プログラム。Windows 8.1やWindows Server 2012 R2に配信される量が、以前のOSに比べて半端なく多い気がします。もしかしたら気がするだけかもしれません。そこで、やってみました。(2014/5/29)

IT部門に突き付けられた新たな課題
最短6カ月ごと 高頻度アップデートの「Windows 8.1」に付いていけない人
「Windows 8.1」アップデートのリリースサイクルが短縮したことは、大企業のIT部門に大きな作業負荷をもたらすだろう。業界の専門家は、IT部門が更新プログラムを入念に検証する時間を確保できないと指摘する。(2014/5/22)

Microsoft Azure情報アップデート:
Azure上でSAPアプリケーションを動かし、OfficeからのSAPアプリケーション操作も実現へ
SAPの主要アプリケーションをAzure上で。米マイクロソフトとSAPが相互運用性強化に向けてグローバルで提携。Excelから直接SAPアプリケーションのデータも扱えるなど、オフィスソフトとの連携も。(2014/5/20)

「Office 365」、iOSやAndroidのOfficeからの企業内データ接続が可能に
OWAをインストールしたiOS、Android、Windows Phone上のOfficeスイートから企業内のデータに安全にアクセスできるようになる。(2014/5/13)

さよならWindows XP、そしてWindows 8.1:
Microsoftが展開する「Rapid Release」との付き合い方
今回はMicrosoftがOSのアップデート戦略として採用した「Rapid Release(ラピッド リリース)」の狙いや企業での対応などについて解説していこう。(2014/3/27)

山市良のうぃんどうず日記(1):
“Windows XPのサポート終了のお知らせ”のお知らせ
Windows関連のニュースは、情報源が英語の場合が多くなります。日本には日本の事情があるわけで、単に翻訳しただけでは事実とは違ってくることもあります。Windows XPの最近のニュースもその1つです。(2014/3/17)

さよならWindows XP、そしてWindows 8.1へ:
Windows 8.1とiOSやAndroidも使える情報活用のための機能とは?
Windows 8.1から対応した機能では、マルチデバイスによる業務活用を支援するものも注目される。今回は「ワークプレース ジョイン」「ワーク フォルダー」を取り上げてみたい。(2014/3/13)

Computer Weekly製品導入ガイド
Microsoftのクラウド/MDM戦略はユーザーに受け入れられるか?
Microsoftのプラットフォームとツールなら、MDMとクラウドに必要とされる安定性を確保できる――。Microsoftの主張はユーザー企業に受け入れられるか?(2014/3/10)

「XPサポート終了」の具体的影響:
Windows XP/Office 2003サポート終了後の「世界」
2014年4月9日にWindows XP/Office 2003はサポート終了日を迎えた。だが、そもそも「サポート終了」とは何なのか、その後の「世界」はどうなるのか、どのような影響があるのか? 判明している事実をまとめてみた。(2014/5/7)

【徹底解剖】System Center 2012 R2(4):
クライアント管理はConfiguration Managerにお任せを
「System Center 2012 R2」はプライベートクラウドの運用管理ツールとして注目されているが、企業クライアントの管理においても重要な役割を果たす。多種多様なOS/デバイスが利用されるようになり、ますます複雑化する運用管理は「System Center 2012 R2 Configuration Manager」にお任せしよう。(2014/1/28)

Microsoftは2015年7月まで定義ファイルを提供と発表
Windows XP向けセキュリティ製品のサポート継続でも安心できない理由
MicrosoftはWindows XPのサポート終了後も、ウイルス対策ソフトのXP向けアップデート配信は続けると表明。サードパーティーのメーカーも多くがサポートを継続する方針だ。(2014/1/27)

Microsoft、「Windows XP」のマルウェア対策更新を2015年7月14日まで延長
Windows XPのサポートは予定通り4月8日に終了するが、Microsoft Security Essentialsなどの定義ファイルおよびエンジンに関する更新プログラムの提供は2015年7月14日まで延長になった。(2014/1/16)

さよならWindows XP、そしてWindows 8.1へ:
企業にとって最適なWindows 8.1の選び方
本連載ではこれまでにWindows XPからの移行やXPにとどまることの問題点などを解説してきたが、今回から最新OSの利用に向けた解説に進む。まず導入時の検討事項となるエディションやライセンスにまつわる点から取り上げてみたい。(2014/1/16)

Windows Server 2012 R2登場(4):
“BYOD”時代に対応するリモートアクセス
Windows Server 2012 R2とSystem Center 2012 R2の注目の新機能を中心に、BYODデバイスの視点から、これからのIT基盤の姿の一端を見る。ドメイン参加とは異なる「ワークプレース参加」で、社内リソースへアクセス可能だ。さらに、BYODデバイスとの間でファイルを同期できるワークフォルダー機能も提供する。(2013/12/12)

【徹底解剖】System Center 2012 R2(1):
クラウド時代の運用管理を強力に支援するSystem Center 2012 R2
System Center 2012 R2は、Windows Server 2012 R2への対応とプライベートクラウドとパブリッククラウドを連携したハイブリッドクラウドへの対応強化が行われた最新の運用管理スイート製品である。企業においてはプライベートクラウドだけではなく、パブリッククラウドの利用も考慮する必要があり、両者のシームレスな連携は欠かせない。System Center 2012は、そうしたハイブリッドクラウド環境を効率よく運用管理するため、大幅にブラッシュアップされている。(2013/12/6)

【徹底解説】Windows Server 2012 R2(1):
Windows Server 2012 R2とSystem Center 2012 R2が企業のクラウド導入を強力に後押しする
マイクロソフトがビジョンとして掲げる「クラウドOS」。そのクラウドOSを具現化したサーバーOSが、Windows Server 2012 R2だ。では、クラウドOSとは何なのか。クラウドOSによってどのようなビジネスメリットがもたらされるのか。また、クラウドOSのコンセプトに沿って、IT基盤を構築し、サービスを提供、運用管理しようと考えた際には、何が必要になるのだろうか。(2013/12/5)

さよならWindows XP、そしてWindows 8.1へ:
XPマイグレーションのアラカルト、忘れてはいけない課題
古いOSをこれからどうしていくかについては、考えなくてはならないポイントが実に数多く存在するが、Windows XPの移行とは企業に別の課題も突き付けている。それはなんだろうか――。(2013/11/21)

マイクロソフト、Windows Server 2012 R2などの一般提供を開始
Windows Server 2012 R2およびSystems Center 2012 R2のパッケージ販売と、Windows Intuneの最新版サービスの提供を開始した。(2013/11/1)

Windows Server 2012 R2登場(1):
企業のIT基盤を変革する“クラウドOS”とは何か
2013年10月18日(日本時間17日)、Windowsの最新サーバOS「Windows Server 2012 R2」と統合管理ツール「System Center 2012 R2」が正式リリースとなった。前回のバージョンアップからまだ1年。この早いリリースサイクルは、ユーザーや管理者、開発者を少なからず動揺させているに違いない。本連載では、Windows Server 2012 R2とSystem Center 2012 R2の導入で、企業のIT環境やエンドユーザーの現場はどう変化するのか、新バージョンに実装された新機能を中心に探ってみる。(2013/11/1)

クラウドの知見をサーバーOSにフィードバック:
PR:最新のWindows Server 2012 R2はこう使う
(2013/10/21)

Windows Azure情報アップデート:
Microsoft、クラウドの新製品やサービスでAWSに対抗
米Microsoftは、企業向けの新しいクラウド製品やサービスを発表した。Windows Azureの値下げやビッグデータ分析サービスなどの強化を通じ、競合する米Amazon Web Servicesに対抗する。(2013/10/8)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。