ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「WX321J」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「WX321J」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

ウィルコム、「WX330J」「WX330J-Z」「WX321J」「WX321J-Z」のソフト更新を開始
ウィルコムの日本無線製モデル4機種の最新ソフトウェアが7月2日から提供された。(2009/7/3)

「WX321J」のアップデータ公開、Gmailへのアクセスが可能に
日本無線がウィルコム向けPHS端末「WX321J」のアップデータを公開した。Gmailサーバーへの接続性や電源オフ時の挙動を改善したほか、端末動作の安定性を向上させた。(2008/2/21)

「WX321J」のアップデータを公開――日本無線
日本無線はウィルコム向けPHS端末「WX321J」用アップデータを公開した。管理者ロック中でもソフトウェアの更新が可能になるほか、コンテンツダイレクトアクセス機能も追加された。(2007/10/15)

ウィルコム、音声端末向け「高速化サービス」の提供を開始
ウィルコムは9月11日、通信の体感速度を向上させる「高速化サービス」の音声端末向けの提供を開始した。対象端末はWX320K、WX320KR、WX321Jの3機種で、月額315円で利用できる。(2007/9/11)

日本無線、「WX321J」のアップデータを公開
日本無線は、ウィルコム向けストレート端末「WX321J」のファームウェアアップデートソフトを公開した。拡張した高速化サービスに対応する。(2007/9/5)

ウィルコム、音声端末向け「高速化サービス」を拡張──体感速度、最大400%高速に
ウィルコムは、通信の体感速度を向上させる「高速化サービス」を9月中をめどに拡張。最大400%、体感速度の向上が望める。対象端末はWX320K、WX320KR、WX321Jの3機種。月額315円。(2007/8/27)

ウィルコム、「W-VALUE SELECT」適用機種を拡大――「WX310K」や「9(nine)」も
ウィルコムは、割賦販売制度「W-VALUE SELECT」の適用機種を8月20日より拡大する。新たにWX310K、WX321J、WX220J、9(nine)が追加され、WX320TとWX320Kの新規契約時でも割賦販売を行う。(2007/8/16)

ウィルコムの「RX420AL」「WX321J」「WX310J」、バージョンアップソフト公開
ウィルコムの“赤耳”こと「RX420AL」と、日本無線製端末「WX321J」「WX310J」のバージョンアップソフトが公開された。(2007/4/27)

PHS販売ランキング(2月5日〜2月11日):
「nico.neco」、“はむっ”と甘噛み。効果ナシ
2007年の新機種「WX320K」「WX321J」の発売が迫り、大きな変動が期待されるウィルコムの販売ランキング。今回はどのような結果となっただろうか。(2007/2/16)

「WX320K」「WX321J」発売──新規はどちらも1万円台半ば
高速通信規格のW-OAMに対応した京セラ製の「WX320K」と日本無線製の「WX321J」が、都内で店頭に並んだ。(2007/2/16)

PHS販売ランキング(1月29日〜2月4日):
尻を振って虎視眈々「nico.neco」
新機種「nico.neco」、「WX320K」、「WX321J」の発売が迫ったウィルコム端末。新機種の一挙投入が、ランキングにどのような影響を及ぼすのか楽しみになってきた。(2007/2/9)

ウィルコム、W-OAM対応の「WX320K」「WX321J」を15日に発売
ウィルコムは、最大204kbpsの通信を可能にする高速通信規格「W-OAM」に対応した京セラの「WX320K」と日本無線の「WX321J」を2月15日に発売する。(2007/2/8)

写真で解説する「WX321J」
“Intelligent BLOCK”の愛称を持つ前モデル「WX310J」と同様、指紋センサーの搭載で高いセキュリティを実現した特徴的なデザインのストレート端末が「WX321J」だ。既存のモデルのマイナーチェンジに近い位置づけだが、見た目以上にブラッシュアップは進んでいる。(2007/1/22)

W-OAMに対応した“指紋+ビジネス”のセキュリティ端末──「WX321J」
日本無線製「WX321J」は、ビジネス向け機能や十字キーとして使える指紋センサーは従来機を継承し、新たにW-OAMに対応。セキュリティ機能をさらに強固にしたビジネスユーザー向けの高機能モデルだ。(2007/1/22)

音声端末3モデルと高速化したW-OAMデータカード、nico.のコラボモデルも──ウィルコムの新モデル
ウィルコムは1月22日、「W-OAM」対応の新機種を発表した。「WX320K」「WX321J」「WX220J」の音声端末3モデルと、最大512kbpsの高速通信に対応するデータカード「AX530IN」をラインアップする。(2007/1/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。