ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「WX320K」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「WX320K」に関する情報が集まったページです。

ウィルコム、「W-VALUE SELECT」適用機種を拡大――「WX310K」や「9(nine)」も
ウィルコムは、割賦販売制度「W-VALUE SELECT」の適用機種を8月20日より拡大する。新たにWX310K、WX321J、WX220J、9(nine)が追加され、WX320TとWX320Kの新規契約時でも割賦販売を行う。(2007/8/16)

PHS販売ランキング(7月2日〜7月8日):
“あど”付き、フライング気味──でも許す
WX320K、9(nine)、nico.の3機種が現在のウィルコムの売れ筋。しかし、近日発売予定の6年ぶりの東芝製PHS「WX320T」や「Advanced/W-ZERO3[es]」が登場することでランキングはどう変化するだろうか。早速今回のランキングを見ていこう。(2007/7/13)

PHS販売ランキング(6月4日〜6月10日):
返り咲いた「9(nine)」、新色効果も期待
ウィルコムも携帯キャリアと同じく、Advanced/W-ZERO3[es]など2007年の夏商戦に向けた注目モデルを続々投入。その第1弾となるWX320Kの“新色”が今週発売された。そんな新機種登場前夜となる今回はどんな結果になったか。早速ランキングをチェックしていこう。(2007/6/15)

4代目京ぽん「WX320K」のグリーンとピンク、販売開始
ウィルコムは6月14日、4代目の“京ぽん”「WX320K」の新色「グリーン」および「ピンク」の販売を開始した。(2007/6/14)

“京ぽん4代目”「WX320K」に新色登場
ウィルコムは、高度化PHS規格の「W-OAM」と4xパケット通信に対応する音声端末「WX320K」の新色として「グリーン」「ピンク」を追加。6月14日から発売を開始する。(2007/5/31)

“WX320K+Opera”の魅力を紹介する「WX320K ブログ by Opera & Kyocera」開設
京セラとオペラソフトウェアは4月5日、京セラ製のPHS端末「WX320K」とOperaサーバーサービスを含めたOperaブラウザの魅力をアピールするブログ「WX320K ブログ by Opera & Kyocera」開設した。(2007/4/5)

+D Voice:
京ぽん、“neco”ぱんちに倒れる――ウィルコムの新モデル
音声端末3モデルと高速化したW-OAMデータカード、nico.のコラボモデルを発表したウィルコム。“京ぽん4代目”こと「WX320K」が本命と見られる中、1位を獲得したのは……。(2007/3/23)

PHS販売ランキング(2月12日〜2月18日):
「え? ぼく? ぼくでいいの?」
2007年の新機種「WX320K」の登場で、ウィルコムのランキングに大きな波乱が起こった。どの機種が1位になったのか。早速販売ランキングをチェックしていこう。(2007/2/23)

京セラ「WX320K」開発陣インタビュー
“京ぽん4代目”これまでとの違いは?――「WX320K」の進化ポイントを探る
久しぶりの“京ぽん”新モデル「WX320K」。アルミパネルによる高い質感のデザインに加え、独自のオンラインサービスに対応する。新しい京ぽんは、どんな進化を遂げたのか。京セラの担当者に話を聞いた。(2007/2/16)

PHS販売ランキング(2月5日〜2月11日):
「nico.neco」、“はむっ”と甘噛み。効果ナシ
2007年の新機種「WX320K」「WX321J」の発売が迫り、大きな変動が期待されるウィルコムの販売ランキング。今回はどのような結果となっただろうか。(2007/2/16)

「WX320K」「WX321J」発売──新規はどちらも1万円台半ば
高速通信規格のW-OAMに対応した京セラ製の「WX320K」と日本無線製の「WX321J」が、都内で店頭に並んだ。(2007/2/16)

PHS販売ランキング(1月29日〜2月4日):
尻を振って虎視眈々「nico.neco」
新機種「nico.neco」、「WX320K」、「WX321J」の発売が迫ったウィルコム端末。新機種の一挙投入が、ランキングにどのような影響を及ぼすのか楽しみになってきた。(2007/2/9)

ウィルコム、W-OAM対応の「WX320K」「WX321J」を15日に発売
ウィルコムは、最大204kbpsの通信を可能にする高速通信規格「W-OAM」に対応した京セラの「WX320K」と日本無線の「WX321J」を2月15日に発売する。(2007/2/8)

写真で解説する「WX320K」
W-OAMに対応した京セラ製の折りたたみ端末「WX320K」。背面パネルにアルミ素材を用いシンプルでソリッド感のあるデザインに仕上げ、1.3メガカメラとJava環境を内蔵した。(2007/1/22)

音声端末3モデルと高速化したW-OAMデータカード、nico.のコラボモデルも──ウィルコムの新モデル
ウィルコムは1月22日、「W-OAM」対応の新機種を発表した。「WX320K」「WX321J」「WX220J」の音声端末3モデルと、最大512kbpsの高速通信に対応するデータカード「AX530IN」をラインアップする。(2007/1/22)

ウィルコム、W-OAM対応の“京ぽん”「WX320K」を発表――発売は2月中旬を予定
ウィルコムは1月22日、4xパケット通信対応の京セラ製PHS端末「WX320K」を発表した。アルミ素材を使用したメタリックなデザインで、ボディカラーには、シルバーとレッド、ブラックの3色を用意する。(2007/1/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。