ニュース
» 2007年02月23日 21時22分 公開

「え? ぼく? ぼくでいいの?」PHS販売ランキング(2月12日〜2月18日)

2007年の新機種「WX320K」の登場で、ウィルコムのランキングに大きな波乱が起こった。どの機種が1位になったのか。早速販売ランキングをチェックしていこう。

[岩城俊介,ITmedia]
順位 先週順位 メーカー 製品名
1 3 ネットインデックス nico.(WS005IN)
2 1 京セラ WX300K
3 2 三洋電機 WX310SA
4 4 ケーイーエス 9(nine)(WS009KE)
5 京セラ WX320K
この記事では、マーケティング会社GfK Japan調べによる全国の量販店(家電量販店、カメラ販売店、PC専門店)のPOSデータを集計し、モデル別のランキングで紹介しています。

 ついにこの日が来てしまった。

 PHSの販売ランキングを掲載し始めた2006年1月から前回まで、1度も明け渡すことなく王座に君臨し、「2006年に最も売れた端末」という栄誉も得た、“シンプル京ぽん”こと「WX300K」が今回、ついに王座を明け渡すことになった。

 新“王者”は、なんと「nico.」。

 9日に発売したタカラトミーとのコラボモデル「nico.neco」の評判は上々のようだ。甘噛みは効かなかったようだが、一転して“ねこぱんち”でも炸裂したのだろうか。

 それはさておき、WX300Kは新モデルの「WX320K」が比較対象端末の1つとして登場したことで購入者が分かれ、結果として販売数が減ったと予想される。また、店舗により、2月に入ってやや値下げ傾向のあった通常カラー版のnico.も、nico.necoと同様に販売数を伸ばしたとも思われる。

 うーん、ところでnico.に“王者”というたいそうな称号はなんだかしっくり来ない。もう少し“のほほん”とした称号、何かないだろうか。ともあれnico.に拍手を贈りたい。


 ウィルコムの直販サイト「ウィルコムストア」で公開されている売れ筋ランキング(2007年2月23日現在)は以下の通り。

  • 1位:9(nine) (前回:1位)
  • 2位:W-ZERO3[es] (前回:2位)
  • 3位:nico. (前回:3位)
  • 4位:WX300K (前回:4位)
  • 5位:W-ZERO3(WS004SH) (前回:5位)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう