京ぽん、“neco”ぱんちに倒れる――ウィルコムの新モデル+D Voice

» 2007年03月23日 17時30分 公開
[ITmedia]

 「WX320K」「WX321J」「WX220J」の音声端末3モデル、最大512kbpsの通信が可能な「W-OAM typeG」対応のデータカード「AX530IN」に加え、音声端末「nico.(WS005IN)」のコラボモデル――ボディに猫のフィギュアをあしらったタカラトミーとのコラボモデル「nico.neco」と、ベネトンとのコラボモデルを投入したウィルコムの新機種。ITmedia読者に人気だったのはどれか? 早速結果を見ていこう。

photo

 新モデルを抑え、nico.necoが1位を獲得した。通常のnico.と比べ、使い勝手やソフトウェア上の大きな違いはない。特徴と言えば、かわいい子猫のキャラクターが端末上部に乗っており、専用のコンテンツが用意されているぐらいだ。同じくコラボモデルのnico. ベネトンモデルは7%で4位。ITmedia読者には猫好きが多いのだろうか。

 約1年半ぶりに登場した“京ぽん”の新モデル――京セラ製のWX320Kは23%で2位に入った。PHS高度化通信規格「W-OAM」に対応し、RSS配信やオンラインストレージサービスが利用できる新バージョンの「Opera」、Java(MIDP 2.0)の実行環境を搭載するものの、「WX310K」で対応したBluetoothや外部メモリ、ミュージック/ムービープレーヤー機能はない。

 期待された機能を搭載していなかった点、ハイエンドではなかった点などが、nico.necoに破れた要因と考えられる。

 3位はビジネスユーザー向けに機能を強化したWX321J。機能ごとにアクセスを制限できる「ロック設定機能」、遠隔操作でロック/データ消去できる「リモートロック」に加え、指紋センサーには指表面のキズや皮脂の不一致による認識率の低下を防ぐ「真皮層検出方式センサー」を採用した。

 通信はW-OAMに対応し、ブラウザは最新バージョンの「NetFront 3.4」を搭載。「WX310J」からの正統進化といった感じで、既存ユーザーの支持を集めたと見られる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

最新トピックスPR

過去記事カレンダー