ニュース
» 2007年09月05日 14時25分 公開

日本無線、「WX321J」のアップデータを公開

日本無線は、ウィルコム向けストレート端末「WX321J」のファームウェアアップデートソフトを公開した。拡張した高速化サービスに対応する。

[ITmedia]
photo 「WX321J」

 日本無線は9月5日、ウィルコム向けストレート端末「WX321J」のファームウェアアップデートソフトを公開した。拡張した高速化サービスに対応したほか、動作の安定性を向上している。

 今回のアップデートによりファームウェアのバージョンはVer.1.20になる。アップデートは端末単体から行え、所要時間は約10〜15分程度。情報料及び通信料は無料だ。そのほかにWindows用(対応OS:Windows 2000/XP/Vista)とMacintosh用(対応OS:MacOS 9.2〜9.2.2/MacOS 10.2〜10.4.1、10.4.3〜10.4.10以降。Classic環境非対応)のアップデータを用意している。

 WX321JはW-OAMに対応し、最大204kbpsの通信が行えるストレート形端末。Webブラウザには「NetFront 3.4」を搭載し、指紋センサーをポインタとして利用できる機能を備える。同期ソフト「Intellisync」により、Outlookと電話帳やスケジュールの共有も可能で、WordやExcel、PDFなどのビジネスファイルを閲覧できるドキュメントビューアも搭載した。外部メモリはmicroSDを採用する。

関連キーワード

ウィルコム | W-OAM | Outlook


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー