ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  X

  • 関連の記事

「X01HT」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「X01HT」に関する情報が集まったページです。

ジャストシステム、ATOK for Windows Mobileを発売
ジャストシステムが、Windows Mobile端末向けのATOKを発売する。ATOKを搭載していない端末向けに発売するもので、ドコモの「hTc Z」やソフトバンクモバイルの「X01HT」、イー・モバイルの「EMONSTER」でATOKを使えるようになる。(2008/8/5)

「X01HT」の無線LAN切り替えを容易に──接続管理ツールを提供
ソフトバンクモバイルとバッファローが、HTC製スマートフォン「X01HT」向けに無線LANの接続管理ツール「かんたんWi-Fi接続」を提供する。(2007/9/25)

「X01HT」のUIとタスク管理を改善――「XRoof」を試す
ソフトバンクモバイルの「X01HT」用機能拡張ソフト「XRoof」が公開された。Windows MobileのUIはどのように改善されるのか、またどんな便利な機能があるのかを試した。(2007/6/19)

スマートフォン向け「NAVITIME」アプリにX01HT、hTc Z対応版
ナビタイムジャパンは、Windows Mobile搭載のHTC製スマートフォン向けの「NAVITIME」アプリを公開した。ソフトバンクモバイルの「X01HT」、ドコモの「hTc Z」で利用できる。価格は月額315円。(2007/6/13)

「X01HT」のUIをもっと便利に──ソフトバンク、UI向上アプリ「XRoof」を提供
ソフトバンクモバイル、BBソフトサービス、コネクトテクノロジーズの3社が、HTC製スマートフォン「X01HT」のUIを便利にするアプリ「XRoof」を無償提供する。5月11日から。(2007/4/27)

HTC モバイルインターネット Cafe:
カフェでの“一期一会”が、日本のためのスマートフォンを生む?
ソフトバンク「X01HT」などスマートフォンを展開するHTC Nipponが、端末を試せるカフェを新宿駅にオープンした。期間限定のこのカフェに、HTCが求めるものとはいったい何だろうか。(2007/4/12)

“シューカツ”に必須のWindowsケータイ――「X01HT」タッチ&トライイベント
ソフトバンクモバイルとHTC Nipponが、ソフトバンク原宿でWindows Mobile端末「X01HT」のタッチ&トライイベントを開催。「X01HTは就職活動に有利」というプロモーションを展開している。(2007/3/16)

HTC Nippon、原宿、新宿、福岡で「X01HT」のタッチ&トライイベントを開催
HTC Nipponは、ソフトバンクモバイルに供給しているWindows Mobile搭載機「X01HT」のタッチ&トライイベントを原宿、新宿、福岡で開催する。(2007/3/8)

「X01HT」「hTc Z」のソフト100本をレビュー付きで紹介──htc FAN Site
台湾HTC製端末のコミュニティサイト「htc FAN Site」が、Windows Mobile対応機の「X01HT」「hTc Z」向けソフト100本をレビュー付きで紹介している。(2007/3/1)

「X01HT」に春の新色「ホワイト」登場――S!メール対応ソフトも提供開始
ソフトバンクモバイルは、Windows Mobile搭載のHSDPA端末「X01HT」に、春の新色となる「ホワイト」を追加した。同時に、S!メールを利用可能にする専用無料ソフトを発表した。(2007/3/1)

エンタープライズモバイルを支えるセキュリティプラットフォーム
セキュリティベンダーのウティマコが法人モバイル向けのセキュリティソリューションを推進する。ソフトバンクモバイルのX01HTにも対応し、企業のモバイル活用を支える環境が整いつつある(2007/2/28)

AKIBAX 2006:
AKIBAX 2006のHTCブースで、「Windowsケータイ」に触れよう!
秋葉原で開催中のAKIBAX 2006にHTCがブースを出展。同社が供給するドコモ「hTc Z」やソフトバンク「X01HT」のタッチアンドトライが行えるほか、海外で展開中のWindows Mobile端末を展示している。(2006/12/22)

「hTc Z」「X01HT」のファンが集うユーザーサイト、「htc Fan Site」がオープン
NTTドコモとソフトバンクモバイルからリリースされている、フルキーボード付きスマートフォンの「hTc Z」「X01HT」。スマートフォンの普及に一役買おうというHTC端末ファンがユーザーサイトを立ち上げた。(2006/12/21)

ソフトバンク、「X01HT」をバージョンアップ
ソフトバンクモバイルは、Windows Mobile端末「X01HT」のバージョンアップを発表した。パケット通信網の改善により、端末側の最適化が必要となったもの。対象台数は全国で約1万6000台。(2006/11/29)

「hTc Z」ロードテスト No.2:
ソフトバンクの「X01HT」と比べてみる
同じ台湾のHTCが開発したこともあり、ドコモの「hTc Z」とソフトバンクの「X01HT」はとてもよく似ている。両端末の違いをチェックした。(2006/10/17)

Windows Mobile搭載のHSDPA端末「X01HT」販売開始──新規は3万円前後
Windows Mobile 5.0を搭載したPDAタイプのHSDPA端末である、台湾HTC(High Tech Computer)製の「X01HT」が店頭に並んだ。(2006/10/16)

スーパーボーナス契約が必須の「X01HT」でソフトバンクが狙う市場
HSDPAに対応したHTC製のWindows Mobile 5.0搭載機「X01HT」を10月14日に発売するのに合わせ、ソフトバンクモバイルは改めてその特徴とメリットを紹介した。X01HTを投入する狙いはどこにあるのか?(2006/10/11)

セキュリティソフト大手2社、「X01HT」向けセキュリティソフトを投入
ソフトバンクモバイルのHTC製スマートフォン「X01HT」向けのWindows Mobile対応セキュリティソフトが、シマンテックおよびトレンドマイクロからそれぞれ登場する。利用料は双方315円、2007年3月末まで無償で利用できるキャンペーンも実施する。(2006/10/11)

ソフトバンク、HSDPA通信サービスを開始
ソフトバンクモバイルは、QWERTYキーボード搭載のスマートフォン「X01HT」発売と同時に、HSDPA通信サービス「3Gハイスピード」を10月14日より開始する。(2006/10/11)

HTC製スマートフォン「SoftBank X01HT」、10月14日発売
ソフトバンクモバイルのHTC製スマートフォン「X01HT」が10月14日に発売される。同社はX01HT発売と同時に下り最大1.8MbpsとなるHSDPA通信サービスも開始する。(2006/10/11)

写真で解説する「X01HT」
ボーダフォン初のHSDPA端末である「X01HT」は、国内のコンシューマ向けとしては初の台湾HTC製Windows Mobile端末でもある。月額1万290円が上限となるパケット定額プランにも対応しており、高速なデータ通信サービスを安心して利用できる。(2006/9/29)

Windows Mobile搭載のQWERTYキーボード付きPDA、HSDPAにも対応──「X01HT」
QWERTYキーボード付きPDAタイプのHSDPA端末が登場。Windows Mobile 5.0を搭載したHTC製端末「X01HT」だ。無線LANやBluetooth、赤外線、miniUSBなど外部インタフェースも充実。(2006/9/28)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。