ニュース
» 2007年06月13日 14時42分 公開

スマートフォン向け「NAVITIME」アプリにX01HT、hTc Z対応版

ナビタイムジャパンは、Windows Mobile搭載のHTC製スマートフォン向けの「NAVITIME」アプリを公開した。ソフトバンクモバイルの「X01HT」、ドコモの「hTc Z」で利用できる。価格は月額315円。

[岩城俊介,ITmedia]

 ナビタイムジャパンは6月13日、同社のトータルナビゲーションサービス「NAVITIME」のスマートフォン対応版となる、ソフトバンクモバイルの「X01HT」、ドコモの「hTc Z」向けアプリを同日から提供すると発表した。

photo X01HT、hTc Z向けNAVITIMEの画面イメージ

 同アプリはOSにWindows Mobileを搭載するスマートフォン向けとし、Windows Mobileに対応するネイティブアプリケーションとして開発。目的地までの電車、飛行機、車、徒歩を含めたルート案内機能に加え、渋滞情報表示や路線バスの運行情報、駐車場の満空情報の検索などが行える。スマートフォン版ではパケット接続に加え、無線LAN通信にも対応する。利用料は月額315円(税込み)、一部の詳細機能を除き30日間無料で利用できる「お試し期間」も設ける。

 スマートフォン向けのNAVITIMEアプリは、ウィルコムの「W-ZERO3シリーズ向け」やノキア製の「E61/X01NK向け」をすでに展開。今後登場するスマートフォンにも積極的に対応していくとしている。

 ダウンロードは http://www.navitime.jp/smartphone/index.jsp から。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう