ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  X

「X PLATE(WX130S)」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「X PLATE(WX130S)」に関する情報が集まったページです。

PHS×Androidスマートフォン:
ウィルコム、「WX01NX」と「Vision 007HW」のセットを発売――直販サイトでは「X PLATE」とVisionの組み合わせも
ウィルコムは、小型軽量のシンプルなPHS端末「WX01NX」と、Android 2.3を搭載したHuawei製のAndroid端末「Vision 007HW」のセット販売を開始する。オンラインストアでは、X PLATEとの限定セットも用意する。(2012/2/3)

PHS&データ通信端末販売ランキング(6月20日〜6月26日):
「X PLATE」と「DELL Streak」のセットモデル登場
ウィルコムの販売ランキングに「X PLATE」と「DELL Streak」のセットモデルが登場。データ端末の販売ランキングでは、初代「Pocket WiFi」がついにトップ10圏外に。(2011/7/1)

ウィルコム、「X PLATE」「DELL Streak」のセットを6月24日に発売
ウィルコムは、ストレート型のPHS端末「X PLATE」とDELLのAndroid 2.2スマートフォン「DELL Streak」のセット販売を6月24日から開始する。料金プランは「新ウィルコム定額プランGS」を適用し、月額1450〜6700円で2台を利用できる。(2011/6/16)

コンパクトサイズのストレート型PHS「X PLATE」に新色サクラとブルー
ウィルコムが、「だれとでも定額」の開始以降ニーズが高まっているコンパクトな音声端末のニーズに応えるべく、ストレート端末「X PLATE」の新色を発売する。(2011/4/7)

ウィルコム、「X PLATE」と「BAUM」の新色を10月9日に発売
ウィルコムのコンパクトなストレート型端末「X PLATE」と「BAUM」の新色が登場する。(2009/10/5)

PHS&データ通信端末販売ランキング(6月15日〜6月21日):
ジワリと勢いづくイー・モバイル――PHSは「X PLATE」が再び上昇
データ通信端末のランキングでは、イー・モバイル端末がジワリとランクアップ。PHSは、動きのなかったトップ3に変化が見られた。(2009/6/26)

PHS&データ通信端末販売ランキング(2月23日〜3月1日):
“対イー・モバイル”なウィルコムのお得端末が浮上
ウィルコム端末は、お得価格の「X PLATE」や春の新機種が人気でランキングもかなり大きく変動。データ通信端末は依然イー・モバイル端末が多くを占める状況は変わらず、大きな動きもなかった。(2009/3/6)

ウィルコム、「X PLATE」特設対応窓口の電話番号を変更
(2008/7/31)

徹底解説 ウィルコムのPHSを中国で使う方法:
第4回 北京にあった、“待望”のプリペイドPIMカード
日本のPHS「X PLATE」は、格安の通話料金が期待できる中国のPHS“小霊通”になる。今回は広州、上海に続いて、北京オリンピックを間近に控える北京で小霊通を契約した。店頭で役立つ「筆談用の会話文例」のおまけ付き。(2008/7/15)

月額525円でPIMカードを貸し出し──「ウィルコム海外レンタルサービス」
ウィルコムは7月10日、月額525円でPIMカードを貸し出す「ウィルコム海外レンタルサービス」を7月15日に開始すると発表した。対応端末「X PLATE」とセットでを1日210円で貸し出すサービスも同時に開始する。(2008/7/10)

ウィルコムの「X PLATE」、中国国内で日本語SMS送受信に対応──更新ソフトウェア公開
セイコーインスツルは、中国でも使えるPIMカードスロット搭載端末「X PLATE」の更新ソフトウェアを公開。中国語を含むSMS受信と中国国内でX PLATE同士の日本語SMS送受信に対応する。(2008/7/10)

ウィルコム、セイコーインスツル製「X PLATE」の販売を再開
ウィルコムが7月4日から、販売を中止していたセイコーインスツル製PHS「X PLATE」の販売を再開する。不具合については対策済み。(2008/7/3)

セイコーインスツル製「X PLATE」に不具合──すべて良品と交換
ウィルコムとセイコーインスツルは6月13日、ストレート端末「X PLATE」に本体が発熱する不具合があると発表した。販売済みの全製品を良品と交換する。(2008/6/13)

徹底解説 ウィルコムのPHSを中国で使う方法:
第2回 広州で“小霊通”契約──意外にあっけなく完了
中国のPHS“小霊通”の現地PIMカードを使用し、格安の通話料で中国で利用できるウィルコム「X PLATE」。中国南部最大の都市 広州市で果たして契約できるのか。契約できたとして、その手続きはどうするのか。実際に行って試した。(2008/6/11)

徹底解説 ウィルコムのPHSを中国で使う方法:
第1回 中国のPHS「小霊通」、格安通話が期待できる「PIMカード」とは
2008年8月に開幕する北京オリンピックはもちろん、ビジネスとして渡航するユーザーも多いであろう中国。この中国で、ウィルコムの「X PLATE」が使えるのはご存じだろうか。これを実現する中国PIMカードの購入方法や現状、そしてどのように中国で使えるのか──香港在住の筆者が、中国の主要都市を巡りながら解説していく。(2008/6/10)

PHS&データ通信端末販売ランキング(2月18日〜2月24日):
ウィルコム、春の新機種が首位に──ランキングは大変動
「HONEY BEE」と「X PLATE」、「9(nine)+」などウィルコムの新機種が大躍進。データ通信端末も、新料金や新サービスの開始でランキングが大きく変動する予兆が見られる。その中で、今売れている機種は何だろうか。(2008/2/29)

ウィルコム、「HONEY BEE」「X PLATE」「9(nine)+」カラバリを2月20日から順次発売
ウィルコムは2月13日、同社の2008年春モデル「HONEY BEE」「X PLATE」と「9(nine)+」のカラーバリエーションの発売日を発表した。2月20日から順次店頭に並ぶ予定だ。(2008/2/13)

写真で解説する「X PLATE」
ボディのコンパクトさが目立つ「X PLATE」は、中国で通話ができるPIMカード対応のエントリーモデル。カメラやブラウザは非搭載だが、基本的な使い勝手はどうか。「PIMカード」の詳細を含めチェックした。(2008/1/22)

中国でも使えるコンパクトなストレート型PHS――「X PLATE」
X PLATE(テンプレート)は、W-OAM対応の最小、最軽量音声端末として登場したストレート型PHS。中国で購入したPHS用SIMカードを差せば、オリンピック開催地の中国でも利用できる。(2008/1/21)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。