ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「みまもりカメラ Z001」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「みまもりカメラ Z001」に関する情報が集まったページです。

地震が起きたらパッと点くLEDライトの使い勝手
地震の揺れを感じて自動点灯するiPhone対応IoT LEDライト「MAmoria it」を試してみた。(2019/3/7)

ガイズ、アルミ削りだしのXperia Z専用メタルバンパー
ガイズは、Xperia Z専用メタルバンパー「SEALED Z001」を発売した。アルミ合金削りだし加工のカバーで衝撃から本体を守る。(2013/5/8)

おみくじも:
ソフトバンク、「おめでお父さん!赤飯」などをプレゼントする新春キャンペーン
ソフトバンクモバイルは2013年1月から、携帯電話の購入者にパックのお赤飯やおみくじ付きカードをプレゼントする新春キャンペーンを実施する。(2012/12/26)

ソフトバンクとウィルコムのスマホに、緊急地震速報の警告音が短くなる不具合
ソフトバンクとウィルコムのスマートフォンに、緊急地震速報の警告音が短くなるなどの不具合が見つかった。改善アプリの提供はこれからだが、操作方法によっては事象を回避できる。(2012/11/15)

ガンコ親父のうま塩味:
ソフトバンク、「白戸軒カップラーメン」を元日から無料配布
ソフトバンクモバイルは、お父さんのイラストがプリントされた「白戸軒カップラーメン」を1月1日から店頭で無料配布する。また期間中に新規契約や機種変更したユーザーには、お父さんラーメン箸をプレゼントする。(2011/12/27)

iPhone・iPadは対象外:
ソフトバンク、ケータイ・スマートフォンの修理をネットで受け付け
ソフトバンクモバイルは、同社の携帯電話やスマートフォンの修理・交換をネットで受け付ける「オンライン修理受付」を開始した。プリペイド端末やディズニー・モバイル端末も修理を申し込める。(2011/11/24)

ソフトバンク、「みまもりカメラ」を1月14日に発売――専用プランも提供
TVコールやメールを利用してペットや人物を見られる「みまもりカメラ」2機種が1月14日に発売される。(2011/1/12)

ソフトバンク携帯の新規契約で「お父さん福袋」がもらえる新春キャンペーン
ソフトバンクモバイルは、「歩くしめ縄お父さん」「お父さん土鍋」などが入った「お父さん福袋」プレゼントキャンペーンを2011年1月10日から10日まで実施する。(2010/12/27)

ワイヤレスジャパン2010:
「日本でもスマートフォンを必ず出します」――ZTE、Android端末への取り組みを強化
日本市場向けに端末ラインアップを徐々に拡大している中国の通信機器メーカー ZTEが「ZTEスマートフォン- ZTEアンドロイド携帯紹介」というテーマで講演を行った。今後はスマートフォンにも注力し、日本市場参入の可能性も示唆した。(2010/7/20)

開幕目前 ワイヤレスジャパン、端末メーカーブースの見どころは
7月14日の開幕を目前にひかえた、ワイヤレス・モバイル機器の専門展示会「ワイヤレスジャパン2010」。携帯端末メーカーブースの見どころをチェックした。(2010/7/8)

CommunicAsia 2010:
「Galaxy」新機種や14M CCDカメラ搭載のAndroid端末も――最新スマートフォンが集合
6月15日から18日まで、シンガポールで「CommunicAsia 2010」が開催された。固定インフラから衛星、携帯電話までさまざまな製品が展示されている中で、特に目立っていたのが“スマートフォン”だ。(2010/6/21)

目標は世界シェア5位、ニーズがあれば日本にスマートフォン投入も――ZTEに聞く端末戦略
データ通信端末を含む端末シェアで、世界第6位に躍進したZTE。2010年は日本市場向けに3G対応のネットワークカメラや音声端末を投入するなど、ラインアップの幅を広げつつある。日本、そして世界シェア拡大に向けた2010年の取り組みについて、ハンドセット部門で副社長を務める張氏に聞いた。(2010/6/2)

配線不要のみまもりカメラ「Z001」「Z002」
「Z001」「Z002」は、3G通信に対応する宅内用カメラ。ペットの見守りや防犯用途で利用できる。発売は2010年9月下旬以降の予定。(2010/5/18)

全機種Twitter対応、13Mカメラ、ガンプラケータイも――ソフトバンクモバイル 2010年夏モデル発表
ソフトバンクモバイルの2010年夏モデルは、音声端末全モデルにTwitterウィジェットを搭載。ケータイからでもTwitterが楽しめる仕組みを用意した。またガンプラ30周年を記念したコラボモデルも登場する。(2010/5/18)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。