ITmedia NEWS >
ニュース
» 2005年06月27日 17時39分 公開

Mac対応TVレコーダー「EyeTV 200」

ソニック・ソルーションズは、FireWire接続のMacintosh対応TVレコーダー「EyeTV 200」を発売。ライティングソフト「Toast 6 Titanium」と連携しており、録画ファイルは手軽ににDVDディスクに書きこめる。

[ITmedia]

 ソニック・ソルーションズは、FireWire接続のMacintosh対応TVレコーダー「EyeTV 200」(日本語版)を7月15日に発売する。価格は3万9900円(税込)。

 同製品は、TVキャプチャー機能およびMPEG-1/MPEG-2/MPEG-4エンコード機能を搭載しており、Macintoshで高画質なテレビ録画が行えることが特徴。また、また、Macintosh用CD/DVDライティングソフト「Toast 6 Titanium」と連携しており、録画ファイルを簡単にDVDディスクに書き込むことが可能だ。

 そのほか、インターネット電子番組表「iEPG」に対応しているほか、追っかけ再生、巻き戻し再生、録画したファイルのカット編集などの機能も備えた。

 本体サイズは155×210×32ミリ。インタフェースは、アンテナ、コンポジットビデオ、Sビデオ入力がそれぞれ1ポートと、ステレオオーディオ入力×2、FireWire×2。FireWireケーブル、リモコンを付属する。対応機種は、PowerPC G4(500MHz以上)またはG5を搭載し、Mac OS X 10.3以降がインストールされたMacintosh。

パッケージ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.